44歳を若者認定してくれるから、自治体の「正社員就職支援」には注目した方がいい

公開日: : 最終更新日:2017/01/12 仕事・キャリア, 就職・転職

このエントリーをはてなブックマークに追加

名著『お祈りメール来た、日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える』を読んでいたら、埼玉県の素晴らしい就職支援の存在を知りました。

他にも、いろんな地域で就職支援が行われていて、それがいい感じなので紹介しておきます。

なお、『お祈りメール〜』の作者は人材コンサルタントの海老原 嗣生さん。転職漫画「エンゼルバンク」にも登場する人事のプロです。

44歳以下の正社員就職を支援

埼玉県の正社員就職支援が手厚い

衝撃を受けたのが、埼玉県の「わかもの仕事チャレンジ事業」。若者向けに手厚い支援を行なっているのです。

この事業でまず驚いたのが、対象者の条件。以下の通りで、44歳以下でも支援の対象となるのです。

・埼玉県内の企業等に就職を希望する方
・39歳以下、もしくは正社員経験の少ない場合は44歳以下の求職者(学生を除く)

この辺から、埼玉県の本気が伝わりました。なお、他にも驚くべき要素があるのです。

スポンサーリンク

給料をもらいながら能力を身につけられる

それがこちら。

1. 就職基礎力を習得できる講習会を無料で受講できます。
2. 課題解決実習コースと企業実習コースのいずれかに無料で参加できます。(実習コースは面談により決定します。)
3. 実習中は時給950円(日給上限7,600円)と通勤交通費が支給されます。
4. 専任のキャリアコンサルタントが、参加者の就職活動をサポートします。

お金をもらいながら講習(5日間)を受けたり、企業で実務を経験することができるのです。

課題解決実習コース(3ヶ月間)
給与をもらいながら、企画営業等の実務経験を積み実践的な能力を身に付け、正社員就職を目指します

企業実習コース(31日間)
県内の企業で働いてみて、職場の雰囲気を理解し、その企業で求められる力を身に付け、正社員就職を目指します

参照:めざせ!埼玉で正社員!「わかもの仕事チャレンジ事業」(最終期参加者・10月1日募集開始) – 埼玉県

スポンサーリンク

3社も経験できる

しかも、本書ではこんな説明が。

実習期間はトータル3か月だが、この間に最大3社にまで勤務できる。

具体的には1社で2週間働いてもらい、双方の相性を見て、OKだったらそのまま、本人か企業のどちらかがOKの場合はさらに2週間延長。

双方ともNGだった場合、次を紹介する。2社目でも同じように駄目だったら、3社目を紹介する。

期間内でも終了後でも、お互いの意向が合えばめでたく正社員として就職が成立する

なお、埼玉の支援制度は転職サイト「DODA」を運営するインテリジェンスが委託運営しているようで、同様の取り組みは東京都でもなされています。

東京の若者就職支援
参照:東京しごと塾 (インテリジェンス)

こちらは、30~44歳と幅広い年齢が対象となっています。(東京、埼玉とも募集期間は終了。定期的に募集しているようです)

こうした自治体の就職支援は他にもあるそうです。

町ぐるみの就職支援

それが、広島県安芸(あき)高田市で行われている地域人材育成コンソーシアム。

広島県の壮大な就職支援
参照:あきたかたコンソ〜安芸高田市地域人材育成コンソーシアム

これは、地域内にある中小企業を「大企業の各部署」に見立て、職歴開発やミスマッチ解消のために「ローテーション」ができるようにしているのです。

街ぐるみの就職支援@広島

地方には中小企業が多く、そこでミスマッチがあると大企業のような「異動」ができず、転職する必要がでてきます。

そうなると、また職探しをする羽目になるわけですが、このプランなら町全体が企業になるので、そういった移動も楽になります。

このように、自治体も地元で働いてくれる人を増やすためにイケてる活動をしているんですよ。

自治体ではないがインターンシップもある

あと、自治体ではありませんが、高知で事業を興している方々がインターンシップの受け入れをしてくれています。

高知のインターンシップ
参照:インターンシップ情報!いなか体験|いなかパイプ » いなかビジネス教えちゃる!

ちなみに、インターネット内でも有名なぽっちり堂や、はたやま夢楽さんも受け入れてくれてます。

農業のインターンシップも

また、全国農業会議所でもインターンシップを募集しています。

農業のインターンシップ
参照:インターンシップ|新規就農相談センター

あと、僕が過去に取材した地域でも田舎で働く人を応援する取り組みを行っていました。

関連記事:家族で田舎暮らしをしたいなら移住支援に熱心な地域「島根県雲南市」へ!仕事も家も決まりやすいよ

関連記事:「地方移住支援は?仕事はあるの?若者でも大丈夫?」などの疑問に答えるイベントに参加してきました

こうした取り組みは、他の自治体でもあるはずなので、まずは地元の自治体HPなどで調べておくといいですね。

あわせて読みたい

>>「地方には仕事がない」じゃなくて「若者が就きたい仕事がない」に変わってきてるヤバさ

>>東京から宮城にIターン転職!仙台に移住したメディア編集長に東北の暮らしや仕事状況を聞いてきた

>>「転職で上京したいけど、仕事はあるの?お金はいくらかかる?」をオレと兄の事例から答えとく

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

次回予告
「気持ち次第で誰だって若者になれる」

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!