就職失敗は人生終わり?内定ゼロだった僕の末路は「狂った」どころか「見事な逆転」でした

どうも。1回目の就活で失敗し、人生に絶望していたタクスズキです。

この記事では、就活失敗からぼくがどのように人生を好転させていったかを紹介します

ネットでは、「就活がうまくいかなかったら人生終わり」といった悲観的な経験談もありますが、

ぼくはそうじゃなかったので、ネットにあまりないポジティブな話をしていきます

>>【就職以外の道も知ろう】1人で月600万稼ぐプロブロガーのコツを無料メルマガで読む

1度失敗しても、その後の人生を好転させられる

これから就職しようとしてる人や、就活がうまくいかず悩んでる人は参考にしてみてください。

※正直、1度失敗したくらいじゃ人生どうにもなりませんし、そこからいくらでも好転させられますので希望を持って記事を読んでください

>【働かずに月45万円稼げた】10円からのTポイント投資がオススメ

スポンサーリンク

ぼくの就活体験談(失敗も成功もあり)

なお、ぼくの就職活動の体験談は前に書いてますので、詳しくはそちらをどうぞ。

>>会社(就職)四季報と業界地図を見すぎて就活に失敗した話

この記事では、「こういった経験からわかったこと」、「就活に失敗してもやり直せるというメッセージ」を中心に伝えていきます

>>新卒で自分だけ就職できない人(大学生)はどうすればいい?

>>大学院を辞めて就職浪人(既卒)として就活してたけど不利になることはなかったよ

スポンサーリンク

【要点まとめ】この記事に書くこと

以降で書く内容は以下のとおり。

・【そもそもの話】就職以外働かずに稼ぐ方法を知ろう

1回目の就活は大失敗(うつになりかけた)

・失敗から学び、2回目の就活では行動しまくった

・インターンが今の仕事プロブロガー)のきっかけになった(インターネットの可能性に気づけた)

2回目の就活でも第一志望には行けなかったけど、それもよかった

就活に失敗したおかげで適職が見つかった

ファーストキャリア(1社目)で人生なんて決まらない

・まず働いてみて自分に合う仕事を探せばいい

では、それぞれについて書いていきます。

【そもそもの話】就職せずとも自由に生きられると知ろう

就職できずに悩んでいるなら就職せずともお金を稼ぐ方法があるのだと知りましょう。

実際、ぼくは就職せず、会社に所属せず1人でお金を稼いで生活しています。

>>【必読】1人で好きなことをして稼ぐぼくが「コツ」を無料で教えます

【つらい労働なし】働かずに稼ぐ方法を知ろう

あと、ぼくは投資でもお金を稼げており働かずに収入を得ています

>【遊びながら月45万円稼げた】10円からのTポイント投資がすごい

このように1人でも稼げるし、働かなくてもお金は入ってくるので、まずはこういった手法を知りましょう

>>確実に貯金の2,000倍増やせる裏ワザが人気(500円からOK)

1回目の就活は大失敗(つらくて激やせした)

では就活の話へ。

1回目の失敗はリーマンショック後で、企業が採用を絞ったこともあり、かなり苦戦しました。

30社くらいは受けたのですが、内定がもらえず、3次面接くらいまで進んでいた地方銀行でお祈りメールがきた時は絶望しました

>>【実践してわかったオススメ副業】月35万円も可能!その種類や実績を紹介

お祈りメールでネガティブになり、激やせ

当時は、書類に通らなかったり、面接で不採用通知をもらうたびに落ち込んでおり、かなりやせました。

このように、1回目の就活は大失敗に終わり、逃げるようにして大学院に行きました

>>きつい仕事ランキングまとめ!会社を辞めたいと思ったら参考にしてみよう

【追記】いまは就活失敗しても大丈夫な時代

なお、ぼくが就活をしていた2012年は、企業の採用活動が控えめで、1度失敗したらその後は苦労を強いられました。

しかし最近は、人手不足によって企業がかなり積極的に採用しており受ける側にとってかなりいい時代になってます。

それを証明するように、就職支援サイト「ハタラクティブ」ではかなりの就活成功例が生まれてます

採用されやすいこのチャンスを逃してはいけない

以下、ハタラクティブを使った就活成功者です

こちらのページ求人内容などを詳しく知れます

また、ハタラクティブでは長年かけて「隠れホワイト企業リスト」を作っており、サイトで無料登録すると、それを確認できます

なので、隠れホワイト企業など有利な情報を得るために、まず無料で使ってみてください

就活失敗から学んだこと(原因の把握が大事)

では、ぼくの体験談の続きを書きます。

1度失敗してから、大学院での就活は絶対に成功させようと、失敗の原因を考えました

結果、以下の原因がわかり、それを改善して2回目の就活にのぞむことに。

・軸が明確じゃなかった(「大企業で有名だから」という理由で受けまくっていた

学生時代にがんばったことを語れなかった(実績がなかった)

書類や面接のフィードバックを選考前にもらっていなかった

こんな感じで改善ポイントが見えてきて、「学生時代にがんばったこと」なら今からでも作れるということで、すぐ行動することにしたのでした。

まず興味を持ったインターンをやってみた

そこでまずやったのが、インターン。

当時、「企画職をやりたい」とぼんやり思っていたので、それが体験できるインターンをやりました

これは数日だけでしたが、企画の仕事を前以上にイメージできるようになり、この職種に興味を持つようになりました。

>>まったりと精神的に楽な仕事をしたっていい。仕事は辛くなくっていい

長期インターンで人生を変えた

そして次はもっと長期でやれるインターンを始めることに

>>給料のいい仕事ランキングから年収の高い会社、資格関係なく稼げる職業をまとめてみた

>【楽に稼げた】少額OKのTポイント投資とは?

渋谷のネットベンチャーでアプリの企画を始めた

当時、渋谷のベンチャー(創業間もないスタートアップ)で、スマホアプリ企画のインターンを募集していたので、それに申し込みました。

その会社を選んだ理由は以下。

未経験OK」で、自分でもやれそうだったから(社員は社長含め5人)

・企画もできるし、インターネットの分野にもちょっと興味があったから

・当時、大学院がつまらなくてやめようと思っており、ゆるそうなネット業界なら中退者でも新卒で雇ってもらえそうだったから

そして面接に行き、採用が決まりインターンを開始しました。

>>定時で帰れる仕事&休みが多い仕事はここにありました

インターンでインターネットのすごさに気づいた

実際インターンをやってみて、インターネットの可能性に気づきました。

>>ベンチャー企業でのバイトがめっちゃ役立ってるから、大学生はインターンした方がいいよ

その会社で作っているアプリが100万人もの人に使われていることがわかり、

「5人だけの会社でもそれだけ影響力のあるサービスを生み出せるか」と感動したんですよね。

ネットベンチャーは夢がある!人生逆転も可能

そして、「ぼくもいつかは多くの人に影響を与えられるようなサービスを作るぞ」と思えるようになったのでした。

働かずに稼ぐ>>確実に貯金の2,000倍増やせる裏ワザがオススメ(500円からOK)

>>高卒、既卒、大学中退後の就職事例:おすすめ職種(業界)や資格、もらえる給料まとめ

>>地方から東京への転職・就職を考える人が知らないとヤバいこと

アプリをリリースし成功体験をつかんだ

そんなインターン先では、日々アプリを企画して社員さんに提案しダメ出しをもらいながら、1つの企画を採用してもらえました。

そして、そのアプリをリリースするための作業をし、なんとかリリースでき、ストアカテゴリでTOP10入りも記録しました

このように、普通の学生ではできない成功体験をつめて、かなり自信を持てるようになりました

同時に、「これをやれたのだから、俺は他のこともやれそうだな」とも思えるようになったのです。

>>ぼくが人生を変えたブログがおすすめ!収入を得たい初心者のために稼ぎ方を解説

>>残業のない仕事が結構あることに最近気づいた

【追記】就職支援サイトの成功例を知ろう

また、さっき紹介したサイト「ハタラクティブ」では、厳しい状況から内定をもらえた人の事例もチェックできます

これを見ることで「がんばろう」と思えますので、こちらもチェックしてください。(短期での内定を目指しましょう)

内定をもらう人が続出!

>>【いま人気】ハタラクティブのサイト

成功体験のおかげで選考に通りまくる

ではぼくの体験談に話を戻します。

好調なインターンと並行して就職活動も始まり、1回目の反省点を踏まえしっかり準備をしました

その際は、以下のことをやりましたね。

軸を明確にした(インターネットの魅力に気づいたので、IT・Web業界に絞った)

・学生時代にがんばったことをうまくアピールできるように、伝え方を学んだ

>【働かずに稼げた】10円からのTポイント投資がオススメ
スクリーンショット 2019 09 26 7 11 48

社会人と接する機会を増やし助言をもらった

他でやったのは、こちら。

・書類を社会人に見てもらい、有料の就活塾に行き面接対策もしてもらった

こんな感じで万全の体制であったため、書類選考にはすべて通り、面接も好調で早い段階で内定をもらえました

>>無理しないで仕事しよう。働く時はもっと楽に

既卒ながらも上場企業から内定をもらった

なお、当初の想定どおり、インターンのおもしろさに気づいてからは大学院にいる意味がわからなくなり、中退しました

※就活は「大卒の既卒」という立場でやってました

ただ、そんな状況でも1社から内定をもらえて、その後は上場企業からも採用されました。

第一志望の会社には(最終面接で)落ちたのですが、それでも納得して就活を終えられました

>>未経験から公務員並みに安定したエンジニアになれる!スキルが身につく講義や就職支援も0円!

インターネットのすごさを知り発信も始めた

そして、正社員の新卒として入社するまでの間、インターネットのすごさを体感していたぼくはブログを始めることにしました。

インターンではアプリのすごさも理解してましたが、自分でアプリを作るのは大変だし向いてないことに気づいてました。

なので、より手軽で、自分にも適性がありそうな「書くこと」で世に影響を与えることに

結果、これが人生大逆転のきっかけになったのです。

>>【35万円稼いだよ】サラリーマン、主婦には副業ブログがおすすめ!やり方などを紹介します

>>アフィリエイト初心者向けにブログ(サイト)の作り方と稼ぐ方法、仕組みをまとめとく

なんとなく始めたブログで脱サラを決意

始めた当時は、「少し有名になれたらな」という気持ちでしたが、やっていくうちにかなり適性があるとわかり、ブログの成果が伸びていきました。

そして、採用された上場企業に入社する頃には月3万円くらい稼げるようになってました

また、入ってみて「自分はこの会社で長く続かないな。そもそも会社員向いてないな」と気づき、ブログで独立することを目指すように

>>ブログのおすすめ!収入を得たい初心者のために6サービス(無料&有料)を比較しました!

ブログを書くのが楽しいし好きすぎて、「この仕事でやってやるんだ」という気持ちがかなり強かったです

>>【保存版】ブログでアフィリエイト収入を得るのは可能なのか?始め方から稼ぎ方までまとめてみます

副業ブログでがんばり独立できた

その後はつらい会社員を続けながら、副業でブログを書き続け、1年後には会社の給料をブログ収入が超えました

そこで独立(フリーランスになる)を決意し、会社員を1年2ヶ月でやめて専業ブロガーになったのでした。

>>新卒1年で仕事を辞めた結果どうなったか(独立してからのその後)を書いておく

>>新卒1年目で転職したい、辞めたい新入社員は、辞めた人のその後を知ろう

就活に失敗したおかげで適職が見つかった

このように、学生時代の就活失敗から3年ほどで人生の満足度は大きく変わっていました。

失敗当時は、「この後の人生大丈夫だろうか?不安だ」と思ってましたが、

3年後は好きな仕事を見つけて、それで独立できるくらい稼げるようになったのですから。(すごい変化ですよね)

そして、こうした経験をしてみて「就活で失敗しても大丈夫その後にいくらでもいい方向にいけるな」と気づいたのです。

※ブログという適職を見つけられたのは、完全に「就活失敗」のおかげ

>>「地方には仕事がない」じゃなくて「若者が就きたい仕事がない」に変わってきてるヤバさ

2回目の就活でも第一志望には行けなかったけど、それもよかった

また、1社目で入る会社も関係ないとわかりました。

ぼくは1社目ではどうしてもサイバーエージェントに行きたかったのですが、最終で落ちて軽く落ち込んでました。

しかし、いま思うと「落ちてよかったな」と思えるのです。

その理由は、サイバーに入っていたら、おそらく独立することはなかったからです。

>>第二新卒で失敗を回避!転職の成功事例、大手は無理?、おすすめベンチャーはどこ?やり方は?を書いてみる

>>未経験から独学で新卒ゲームプログラマーになれたので、やりがいや仕事内容、転職状況まとめとく

居心地のいい会社にいたらブログがんばらなかった

ぼくは1社目で、しんどい会社にいたらかこそ「ここから抜け出そう」ということで副業ブログをがんばれました。

しかし、居心地もよく、社員定着度も高いサイバーにいたら、こうはがんばれなかったと思うのです。

「今の環境がいいから会社に居座ろう」と思っていたはず。

なので、就活当時は「第一志望に行けなかった」とへこんでましたが、今では「落ちてよかった」と思ってるんですよね。

そして、こういったことはぼく以外でも経験してる人がいます。

>>新卒で入った会社を後悔する必要なし!大企業以外のファーストキャリアの選び方(入るべき会社などない)

失敗しても、その後のがんばりで成功する

上の記事では、就活から付き合いがある友人のエピソードを書いてます。

彼はネット系ベンチャーに勤める社会人3年目。驚くことにMVPをとったそうです。

そして、その業績が認められ、次は会社の新規事業を立案する仕事をするんだとか。

彼の話から、

就活で狙った会社に入れなくても大丈夫。後から巻き返して楽しく仕事する道がある

ということを学びました。

順調に見える彼ですが、就活では苦戦していたんですよ。

バンバン内定を取るようなスーパー学生じゃなかったし、志望企業にも落ちていました

なので、こういった事例があることを理解し、就活での失敗(内定ゼロ、行きたい企業に落ちたなど)は気にしないでください。

>>【体験談】第二新卒の就活は厳しい?大手に就職できない?苦労や甘くない転職の現実も紹介

1社目での経験が今も役立ってる

あと、第一志望ではない会社でもいろんなことを学べて、今も役立ってます。

>>ソーシャルゲーム開発会社に転職したい人向けに実情書いとくから、求人チェックする前に読んでくれよな

このように、まず入社してみることで想像もできなかったことがわかるようになるので、1社目は気にしなくていいですね。

>>ゲームプログラマーになるにはどうすりゃいい?未経験で就職できた人間が年収などを書いてみる

安定した大企業でなく、ベンチャーに行ってよかった

特にベンチャーであれば、大企業よりも若いうちから責任ある仕事ができ、学ぶことも多いです。

>>ベンチャー企業ランキングは参考にならないので、経験者として転職したらお得な会社まとめとくわ

今、メディアのマネタイズでは、ソーシャルゲームのガチャでの経験が役立っていて、どこかで「昔やっていた仕事」と「今の仕事」がつながるのです。

なので、ムダな経験はないと思って、希望する会社でなくても働いてみることをおすすめします

>>【大企業とITベンチャー】リクルートなど副業・兼業OKな会社65社まとめ

まず働いてみて自分に合う仕事を探せばいい

そして、働いてみることで「実は第一志望じゃない会社でも楽しく働ける」なんてことがあります。(ぼくの友だちのように)

また、まず1社目で働きいろんな仕事をすることで、本当にやりたい仕事や適職が見えてくるケースもあります。

たとえば、以下のように。

入社前は営業なんてやりたくなかったけど、やってみるとおもしろく、自分に向いてることがわかった

・安定した上場企業に入ったけど、退屈でやめちゃった(この人は次に出版系のベンチャーに行きました。忙しい方が合ってるんですね)

・エンジニアで入ったけど、ディレクションのほうが向いてるからディレクターになった

誰もが憧れる会社に入ったけど、そこでどうしても解決したい問題が出てきて、世界を変えるために起業した

このように、働く前と後で「仕事への思い、考え方」は大きく変わるので、1社目とかは気にせず、まず働いてみることをおすすめします

>>20代におすすめの転職サイトとエージェント!職種未経験やフリーター、高卒でも就職できてます

2社目として公務員や会計士、教授といったキャリアも

他だと、1社経験したあとに公務員や、資格が必要な仕業(弁護士、税理士、会計士)をやる人もいます。

また、民間を経験してから学校の先生になったり、看護師になったりと実はいろんなキャリアが世の中にはあります。

なので、こういった事例も知りつつ就活とかファーストキャリアは柔軟に考えるといいです。

>>やりたい仕事が見つからない、何がしたいか分からない人におすすめの診断、適職の見つけ方を紹介

隠れホワイト企業の見つけ方

なお、「柔軟に」と言われても、どの会社がいいかわからん、というい人には以下の記事で紹介してるサイトオススメします。

>>定着率94%の衝撃!隠れホワイト企業を紹介してくれるジェイックでは「高卒から事業部長になった事例」も生まれてるよ

ジェイックには、13年かけてリサーチしたホワイト企業リストがあるので、チェックしてみるといいです。

というわけで、ぜひ。

みんなが知らない超優良企業も知ろう

>>隠れホワイト企業を見つけたい就活生、転職希望者は「みんなが知らない超優良企業」を今すぐ読むべき

>>毎日、充実した人生を送るためにやってはいけない7つの習慣

>>定時で帰れる仕事&休みが多い仕事はここにありました

つまらない環境にい続けるのは時間のムダ

>>【理系やめたい】国立大学の理系はやめとけ!工学部はつまらないし、遊べないし、レポートつらいから

>>研究室に行きたくない。研究がつまらないし嫌い。大学院つらいし、やめたい。

>>フリーター向けのおすすめ職種はIT系アルバイト!20代から正社員就職を目指す

ニートになっても人生逆転できます

>>20代フリーターの正社員就職(転職)でおすすめのサイト(高卒は難しいか2chの評判もチェック)

>>既卒や第二新卒で就職できないと人生終わるみたいな日本の風潮なんなの?

>>
既卒の就活成功者が実践した内定をもらう方法 【面接のコツも】

志望動機を明確に!自己PRでは会社への貢献を語れ

>>理系の学生が文系就職しても全然いいし、不利にはならないよ(もちろん大学院生も)

>>就活に失敗したその後は楽しく生活できているので安心して下さい

>>転職の履歴書作成時に!志望動機の書き方を例文と共に紹介します(IT、エンジニア、第二新卒)

>>評判「ハッシャダイ怪しい」はウソ!実績あるヤンキーインターンの就職先などまとめ

就活に失敗した人の話 by 2ch(5ch)

以下、2ちゃんねる(5ちゃんねる)における就職活動の体験談。

すべり止めで内定持ってるとこと友達が内定貰ったとこの評判を比べて安心してしまう

別に自分の内定先が全てにおいて勝ってる訳じゃなくて、一部分だけを見て心の中で優劣をつけてしまう

こんな自分ホント嫌いだわ

>>朝、会社(仕事)に行きたくない病だった僕が気づいたこと「休む、遅刻は意味ない」

就職先は、非正規で駐車場の警備員や。仮にも地元の国立なのに

参照:新卒で入った会社の辞め方とその時の退職理由、手順を共有しとく

周りやネットの成功者との比較をしないこと

ネットの書き込みや情報が大衆の総意と考えない事。

ブラック企業大賞だの「〇〇は負け組」だの。有名だから少しの事で突っ込まれるだけで知名度低かったり中小だったらそんなもん日常茶飯事だ、とか。

良いところほど行きたい人も多く、行けなかった人や挫折した人が恨み言吐いてくだけだ。

参照:ブラック企業の見分け方と特徴9つを知ってますか?

>>新卒でとりあえず就職したら後悔し転職したくなった:この就活は失敗だったのか?

就職は人生の墓場なのか?

あと、こういう意見を持った人がいるので、反面教師にしましょう。

>>【2ch】楽しい仕事、楽な仕事、やりがいのある「おすすめ職業」まとめ

>>新卒入社し実感!ベンチャー企業のメリット・デメリット(自由とやりがいはイメージ通り)

希望を持って仕事しよう!人生は明るいから

こうはならないように。

参照:在職中の転職活動はバレる?そんなことはありません。バレない方法を紹介します

>>新卒1年目で転職活動し社会人2年目で退職!正社員を辞める勇気がかなり必要だった

妥協せず就活を!起業もあり

>>とりあえず適当に就職はダメ!妥協すると後悔し転職したくなるよ!就活やらないのは論外

>>比較!既卒や20代フリーター・ニートにおすすめの就職サイト・エージェント(評判、口コミあり)

>>時間が自由な仕事、ストレスのない仕事をしていて思うこと(正社員時代の経験含め)

>>起業?新卒で就職できなかった大学生、高卒で就活がうまくいかなかった人はどうする?

フリーターから正社員就職は難しい?

>>フリーターから正社員就職は難しい?25歳〜20代後半の体験談、高卒バイトからの成功例もあり

>>「正社員経験なし」「フリーター」でも安定企業に就職できる時代!仕事探しの不安がなくなるサイトがいま人気

>>楽しい仕事と一生食っていけるスキルを見つけるために必要なこと

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。