【大丈夫】会社を辞めたらこうなった!仕事から逃げて苦痛が終わりスッキリしたよ

どうも。新卒で入った会社を1年でやめて独立したタクスズキです。(2014年からずっとフリーランスをやってます)

この記事では、仕事を辞めて精神面やお金の面はどうなったか、今はどんな生活を送っているのかという話を書きます。

「会社を辞めて大丈夫だろうか?」「辛い仕事から逃げたら終わりなの?」ガチで仕事辞めたい」と思ってる人は参考にしてください。

※この記事を読めば、しんどい仕事から解放される方法がわかります

【内容】記事を読んでわかること

以下、これから書くこと。

会社を辞めたらこうなった辞めても全然大丈夫

仕事を辞めて人生変わったつらいなら逃げるのもあり

ぼくの会社員時代の生活

・他にも会社を辞めてうまくいってる人がいる

次の仕事決まってないのに辞めるのは危険すぎるのでNG

では、それぞれを説明していきます。

>【働かずに月45万円稼げた】10円からのTポイント投資がおすすめ

スポンサーリンク

会社を辞めたらこうなった(辞めても全然大丈夫)

結論、会社を辞めても大丈夫ですし、ちゃんと生活できてます。(というか、生活水準が上がってます

なので、しんどすぎる環境にいて「会社を辞めたらヤバイ。絶対に辞められない」と我慢してる人は、考え方を変えましょう

ぼくのように独立でないにしろ、転職で人生を好転させた人はいますから。

>>第二新卒の転職って成功するの?大手に行ける?を求人サイトのエージェントに聞いてきた

スポンサーリンク

仕事を辞めて人生変わった

ちなみに、ぼくはしんどい仕事を辞めて人生が大きく変わりました

今は好きな仕事で生活できていますし、年収も格段に上がっています

副業での稼ぎがあれば、いつでも会社を辞められる

会社員時代「退職して大丈夫だろうか」と不安でしたが、その心配は不要でしたね。

>【働かずに稼げた】10円からのTポイント投資で収入源を持とう

>>フリーランスの仕事にはこんな種類がありますよリスト(34職種)を作りました

>>【貴重】1人で稼ぐ方法まとめ

つらいなら逃げるのもあり

あと、今の職場がしんどすぎるなら、逃げてもいいと思っています。

無理してメンタルをやられちゃうのはもったいないですし、会社員以外でも稼ぐ手段はたくさんあるので。

>>【副業】月5万円稼ぐ方法33コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

なので、「ヤバかったら逃げるのもあり」と気楽に考えましょう

>>自由に働けて個人で稼げる環境が整ってるのになぜ苦しみながら働くの?

ぼくの会社員時代の生活

ちなみに、ぼくの会社員時代の生活はこの記事や以下の記事で詳しく書いてます。

>>不安定?ベンチャー転職の注意点:厳しい、ついていけないという理由で退職する人も

>>【仕事で大失敗した経験談】ミスが続いてヘコみ、不安で気まずい時の対処法

ゲームプログラマーとして消耗していた

当時は向いてない仕事(プログラマー)をやっており、仕事がつまらなくてかなり苦痛だったんですよね。

また、業界的に忙しく、深夜2時まで働いたり、土日対応もあったりでかなり疲弊していました

こういった状況から一刻も早く抜け出したいと思い、副業でブログをやってました(結果、それで独立できた

>【今は投資で働かずに稼げてます】10円からのTポイント投資がおすすめ

つらい仕事(労働)から抜け出す方法

というわけで、じぶんの会社員時代の経験から、社畜を抜け出すために必要な考え方も載せておきます。

これはマジで大事なので、参考にしてみてください。(個人で稼げると、強いです)

>>小商いで月3万円稼ぐためのアイデア事例や種類、自由に暮らす方法まとめ

他にも会社を辞めてうまくいってる人がいる

なお、ぼく以外にも会社を辞めた後に満足して働けてる人がいます

>>地方から東京へ転職して成功した人の話

辞めることをネガティブに感じていた人はこういった事例も知りましょう。

>>【無料】仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

次の仕事決まってないけど辞めるのはNG

辞めてもいいとは言っても、次の仕事が決まってないのに辞めてしまうのはかなり危険なのでNGです。

これは転職エージェントへの取材でわかったこと。

退職してから転職活動をしたいんですが」といったご相談を受けた場合には、決しておすすめしません、とお伝えしています。

どうしてもリスクがありますので。

無職での転職活動は不利になる

要は、「無職で仕事を探すといろいろと不利ですよ」というお話。

転職活動が長引いてしまうと、その理由を企業から問われることもあります。

こういったこともあるので、転職活動はなるべく間を空けずにスムーズに進めたいところですね。

>>新卒入社6ヶ月で転職し年収170万アップ!若手が転職で成功するためのコツを聞いてきた

なので、こういったことも覚えておきましょう。

>【社畜をやめるために働かずに稼ぐ方法を知る】10円からのTポイント投資とは?
スクリーンショット 2019 09 26 7 11 48

退職した後のお金の話

退職後にやることは以下の記事でどうぞ。(主に年金、保険、税金、もらえるお金について)

>>【裏ワザ】確定拠出年金の脱退一時金を受け取る方法(解約金額はいくら?)

>>自由に生きる!仕事とお金の必須知識10こ(ランキング、求人情報まとめ)

ゆるい仕事も探してみよう

>>残業のない仕事が結構あることに最近気づいた

>>定時で帰れる仕事&休みが多い仕事はここにありました

>>日本で働くのが辛い、毎日辞めたいと苦痛やストレスを感じるのは当然

【なんとかなる】仕事辞めたら人生楽しすぎ

>>まったりと精神的に楽な仕事をしたっていい。仕事は辛くなくっていい

>>きつい仕事ランキングまとめ!会社を辞めたいと思ったら参考にしてみよう

>>時間が自由な仕事、ストレスのない仕事をしていて思うこと(正社員時代の経験含め)

仕事辞めたら楽になったし、いい意味で暇

>>給料のいい仕事ランキングから年収の高い会社、資格関係なく稼げる職業をまとめてみた

>>働きながら転職活動をする方法!辞めてからはNG!かかる日数、期間や遠方からの辛い体験記も

>>在職中の転職活動はバレる?そんなことはありません。バレない方法を紹介します

仕事辞めて正解だったわ(ニートになるのは非推奨)

>>早く転職したいのにできない!その原因と対処法をまとめてみた

>>自分の時間が欲しいなら、プライベートの時間がとれる仕事に転職!趣味も充実させよう

>>【2ch】楽しい仕事、楽な仕事、やりがいのある「おすすめ職業」まとめ

【スッキリ開放感】仕事辞めて一人旅もしました

>>男性も女性も「憧れ」で華やかな仕事を選んじゃダメ! 就職・転職での注意点

>>隠れホワイト企業を見つけたい就活生、転職希望者は「みんなが知らない超優良企業」を今すぐ読むべき

>>楽しい仕事と一生食っていけるスキルを見つけるために必要なこと

男性、女性関係なくだるい仕事には見切りを

>>【こんな会社は腐ってる】古い組織にいる若者は重要な仕事もできないし、結果も残せない

>>新卒1年で会社を辞めたけど後悔は一切なし!退職の切り出し方、必要な手続き・書類まとめ

>>失業保険のもらい方やハローワークでの手続きまとめ!もらえるお金の計算方法も紹介しとくよ

スキルなしの40代独身が辞めるのはリスキーかも

>>退職後、関東IT健保にて任意継続被保険者になるための手続きをまとめたよ

>>【国民健康保険の加入手続きまとめ】保険料の計算、関東IT健康保険組合(ITS)を脱退する方法も紹介 @埼玉県越谷市

脱サラして自営業になったら税金をしっかり

>>税理士紹介サイトを比較!個人や相続OKの相談所の口コミ、手数料などまとめ

>>税理士への相談料金の相場はいくらか?おすすめの紹介センター(会社)もまとめとく

>>【評判】税理士紹介サイト「ビスカス」で税理士さんを見つけて契約!その流れを紹介します

技能習得が無料でやれる

>>【評判あり】税理士ドットコムで契約した税理士さんと契約解除した!相談料金の相場なども書いておくよ

>>【評判&感想】税理士ドットコムに登録し相談してみた!料金相場(費用)や口コミ・評価もまとめ

>>【退職時のセーフティネット】失業保険の受給資格があるなら「公共職業訓練」!無いなら「求職者支援訓練」の活用を!

>>未経験から公務員並みに安定したエンジニアになれる!スキルが身につく講義や就職支援も無料

>>【リアルな口コミ】ネットビジョンアカデミーが講座、就職支援を無料でやれる理由、実態を生活者に聞いてきた

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。