「転職・就職で上京したいけど、仕事はあるの?お金はいくらかかる?」をオレと兄の事例から答えとく

公開日: : 最終更新日:2017/10/03 仕事・キャリア, 就職・転職

このエントリーをはてなブックマークに追加

兄が、東北地方から東京に転職してきて1年が経ちました。

4月で新生活を迎える人が多い時期ですし、この機会に満足度を聞いてみました。

あと、地方から転職するために必要なノウハウなども質問してみましたよ。

これから、転職で上京を考えている方は参考にしてみてください。(就職する場合は、こちらからどうぞ)

田舎のお堅い企業からベンチャーに転職した兄

兄から、仕事探しと選考(面接)、住む家探しの現実を伝えてもらい、

僕からは、東京で働くこと(求人など)の現実を伝えてみます

ちなみに、兄は東北のお堅い企業から東京のベンチャーに転職しています。

【大前提】東京の会社で活かせる強みを理解しておこう

まず大事なことはコレです。

兄いわく、東京で働く人たちは地方の人たちよりもレベルが高いそうです。

なので、最初はそのスピード感に慣れるのが大変だったみたいなんですよ。

このように、東京では地方よりも少し上のスキルが必要になるので、

そういった世界でも適応できるとアピールできるよう、以下の診断を使って自分の強みを理解しておきましょう。

おすすめ>>【無料】仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

そうすれば、面接でも自分の良さを伝えられて、選考を有利に進められるはずです。

貯金は50万円。上京のタイミングで50万円使った

では、本題へ。

まずは仕事探しに関する情報から。
以下、僕と兄のLINEのやりとりです。お金の話に注目してみてください。

僕「上京前に貯金とかしてた?」

してた。

いくらくらい?

50万くらい

なるほど。ちなみに、上京の時、賃貸の初期費用、引越しでいくらかかった?

50万くらいかかった。退職金のほとんど使った

スポンサーリンク

内定が決まってから退職の意向を

(東京への)面接では有給取って行ったんだっけ?

事前に有給取れる風土のある職場じゃなかったから、休日出勤の分の振り替え休日とった

会社に、その時点で転職の旨伝えてた?

伝えてない。会社に転職伝えたのは内定もらってから。

その時に辞める意思を伝えた。

エンゼルバンクに「内定前に言うと、選考のための休みは認められない」とか書いてたから。面接受けられなくなると怖いし、そのタイミングで言った

スポンサーリンク

面接の時の交通費補助は企業による

選考のための東京滞在は何日間?

1日。東京はいつも日帰り。

正直金はかかった。面接3回中1回しか交通費出なかったから

3回とも同じ会社?

同じ会社。一社しか受けてないから。

(企業とのやりとりは面倒だから)地方組はエージェント使って、いろんな企業受けて、面接日程をエージェントに調整してもらえばいいと思う

エージェント相談から内定までは5か月かかった

転職エージェントに相談〜面接〜内定までにかかった日数は?

エージェントに相談が7月で、今の会社にエントリーしたのが9月の終わりころ。

一回目の面接が10月頭、二回目が10月下旬、最終が11月中旬で内定が12月頭。

最終から内定まで2週間くらい空いたから落ちたと思った。

地方からのエージェントとのやりとりはメール・電話

エージェントとは、何でやりとりしてたの?どれくらいの頻度で連絡がきた?

やりとりはメールと電話。同じ頻度。

メール来て、それに対する電話が来る感じ

電話は、面接通過とかのたびに来る感じ。頻度は多くない

リクルートエージェント使ったけど、【内定した会社】の面接で過去に聞かれた質問とか教えてくれた

地方でも面談なしで求人を提案してもらえる

求人の提案はメール?地方からだと、どうやってニーズを伝えるの?

求人の提案はメール

ニーズは最初の面談で伝えておく

リクルートは面談マストだと思う。リクルートはその後、自分で非公開求人を探せるからね

リクルート、DODAは共に仙台で面談可能だっけ?

リクルートはオッケーで、DODA(インテリジェンス)は事業所あるけど、面談できるかはわからん。

DODAは面談してない?リクルートは面談したんだよね?

DODAは電話だけ。

リクルートは面談した。

なるほど!サンキュー!

こんな感じで仕事探しをしていたようです。やはり、地方から上京してきての転職では、エージェントが必要なんですね

ということで、上京して仕事に就くことを考えている方は、以下のサイトから登録しておきましょう。無料でサービスを利用できますので。

>>「DODA」のサイト

>>「リクルートエージェント」のサイト

あいまいに「上京しての転職」を考えているなら

兄は真剣に東京への転職を考えていたので、エージェントを使ったわけですが、それほど真剣でなく「将来的には転職しようかな」くらいに考えている人もいるはず。

そんな人は、スカウトが来る転職サイト「リクナビNEXT」に今のうちから登録しておくといいですよ。

リクナビに登録して、経歴を入力しておくだけで東京の会社からスカウトをもらえます。

d05d71f00d21cb9905d0bde9936dc4b7.png

これによって、自分が転職市場でどれだけ求められているかもわかりますから、腕試しのつもりで登録しておくといいですよ。

参照:通勤せずに地方からのリモートワークで月40万円の収入を得られる時代(在宅勤務OKの会社、求人まとめ)

上京して就職する場合(中卒・高卒・フリーター向け)

上京して就職したい場合は、株式会社ハッシャダイが提供しているインターンを利用するといいですよ。

参照:高校中退後のパチンコ生活から抜け出しセールス1位になった男が語ってくれた「大切なのは新たな世界に飛び込むことだ」と

スクリーンショット 2017 03 30 21 48 01

こちらは、地方在住の16~22歳が就職できるように、就職支援をしてくれます。

(研修での座学や実際に働く体験ができます)

インターンでビジネススキルが身につく

インターンの間は、東京に住みながら学んでいくのですが、その間の家賃などは無料なのです

2de819a133d16c808826114cb045bbd5.png

詳しくは、こちらの動画を見てください。詳しい内容がわかりますので。

このインターンによって生まれ変われた卒業生も出ています。

リクルートも就職支援をしてくれている

インターンはやってませんが、東京での就職支援であればリクルートもやってますので、

就職のアドバイス、就活支援を受けたい方は、以下のサイトからどうぞ。

無料で支援してもらう>>リクルートキャリアの「就職Shop」

【20~32歳向け】仕事と一緒に家を紹介してもらえる

ハッシャダイのインターンは、対象が16~22歳向けと若者向けですが、20~32歳向けに仕事と住む家を紹介してくれるサービスもあります。

それが、「TokyoDive(トーキョーダイブ)」。

仕事を家を紹介してくれる

こちらは就職先と、住む家を決める際のサポートをしてくれます。

すごいのが、住む家の初期費用が1万円とのことで、状況資金があまりなくても状況できてしまうこと。

初期費用1万円で上京できる

こちらも、ハッシャダイ同様、キャリアアドバイザーから仕事を紹介してもらえるようです。

状況時の仕事を紹介してもらえる

紹介実績として、以下のような職種があるそうです。

一覧データ入力・パソコン操作、マーケティング・企画、広報・宣伝

医療事務、貿易事務、受付、接客・窓口・サービス、販売(ファッション・アパレル)

秘書、営業・営業サポート・テレマーケティング(コールセンター) など・・・

業界は以下の通り。

旅行代理店、出版、貿易、通信スクール、警備関連、Web制作、ペットショップ、コールセンター

保険、銀行、建築・電気工事、アミューズ、 飲食、人材、通信、美容、不動産、物流など様々

いろんな業界と職種を紹介してもらえるんですね。

住む家はシェアハウスかワンルーム

上京後に住む家

なお、シェアハウスの場合でもプライベートは保たれるそうです。家賃は月5万円〜。(初期費用を考えると、最低10万円ほどあれば状況できそうですね)

キッチン・トイレ・洗面台等の水周りだけ、他の居住者と共有で使いますが、プライバシーを保てる設計なので、基本はおシャレな個室でプライベートな時間を過ごせます!

家具家電も揃っているので、スーツケース一つですぐに生活を始められます!

このように、「状況したいけど資金がない」、「フリーターなので、賃貸の審査に通るか不安」という方にはいいサービスなのです。

なので、まずはサイトで詳細を確認してみてください。(無料相談もできます)

サイトはこちら>>【TokyoDive(トーキョーダイブ)】

引っ越しはドタバタだが、なんとかなった

では、ここからは家探しの情報を。大変だったんですよ。

内定から、1ヶ月も経たないうちに入社しなければいけなかったので、家を決めるまでの時間・引っ越し作業に割ける時間が少なかったのです

以下、兄から来たLINE。

2014/12/16(火)
今週末にマンション決めたいんだけど、土日月で空いてる日ある?

20日に家を決めること。

2014/12/20(土)
ツタヤから不動産屋3分くらいだから、ツタヤに15分ころ集合にしよう。

そして、不動産屋に行き、その日に家を決めました。引っ越しが多い時期だったので、いい家がけっこう取られちゃってましたね

なので、事前に「家AGENT+」で家のリサーチをしておくといい、と思いました。

このサービスだと、深夜0時までチャットで不動産のプロに無料相談ができるので。

家探しは丸一日かかるから、前乗りが理想

あと、家探しは丸一日かかると思っていた方がいいです。

理想的なのは、前日から東京に来ておいて宿泊し、朝早くから探して最終の新幹線で帰る、という進め方。

あと、家賃の高さも覚悟しておきましょう。兄もそうでしたが、地方から来る人はそれに驚きます。こっちでは、場所にもよりますが、7~8万円で住めたらいい方です。

譲れない条件も持っておく

ユニットバスや部屋の狭さなど、妥協することも重要です。(逆説的ですが、これは絶対欲しい!という譲れない条件も必要です)

その際、妥協ポイントしておすすめなのは、部屋の広さ。これは、物を捨てるなどして工夫できます

実際、兄も狭い部屋を選び、物を捨てました。やってみると分かりますが、物を捨てると気持ちいいんですよ、すごく。断捨離ってやつですね。

「築年数」などは住む側で工夫しようがないので、広さに注目するのは大切です。物って無いなら無い
で、生活できてしまいますからね。

引っ越し業者の選定は早めに

と、そんな感じで引越し作業を進めることに。作業は家を決めてから一週間後に行いました。

そして、ここでも注意点がありました。12月、3月などは引っ越しする人が増えるので、引っ越し配送の依頼がしづらいし、値段も上がる、ということです。

なので、できるだけ早めに値段を調べておいて、安い業者に依頼することをオススメしておきます。

この時期は、高額な料金をふっかけてくる業者もいるので、注意が必要です。

あと、電気などのインフラ関係の手続きは「引越れんらく帳」を利用してサクッと終わらせてしまいましょう。

フリーター、無職は賃貸の審査に通らないことがある

僕も経験済みなのですが、フリーター、無職だと家を借りる際、審査に通らないことがあります。

僕はフリーター時代に東京で家を探しているとき、不動産屋さんで、「あ、フリーターには貸せません」と話すら聞いてもらえないことがありました。

こういったこともあるので、審査に通るか不安な方は先ほども紹介した「トーキョーダイブ」を利用するといいですね。

>>↑↑トーキョーダイブの説明へ↑↑

「仕事の満足度は高い。転職してよかった」

引っ越しはこんな感じで、肝心の「転職の満足度はどうなのよ?」って話ですが、非常に納得のいく転職だったようです。

転職して格段に忙しくなりましたが、仕事は面白く、やりがいもあるようです。

引っ越して1か月くらいは現場に慣れるのに苦労したようですが、それを乗り切ったら、仕事を楽しめるようになったんだとか。

前にいた東北の会社は、典型的な年功序列で仕事も面白みがなく、若手が活躍できない職場でした。そこに不満を持っていたようですが、今はそれが解消された、とのこと。

なので、地方の企業で鬱屈している方は、東京に出てくるといいですよ。こっちの方が仕事の数が多いですから

クリエイティブ、ネット系の仕事なら東京だ!

僕も働いていたので、痛感していますが、東京にはIT、Web業界の仕事や、ライター・編集者などクリエイティブな仕事がたくさんあります。

参照:東京で消耗?いや、都会で働かないでどこで働くんすかw 田舎には仕事ないですよ

なので、地方で「この仕事は違う」と思っているなら、東京に目を向けて選択肢を広げましょう。

前述した仕事は地方にないモノばかりです。視野を広げると、仕事の悩みも解決するかもしれないので、まずは色々調べてみてください

参照:「地方には仕事がない」じゃなくて「若者が就きたい仕事がない」に変わってきてるヤバさ

ということで、転職で上京し、仕事を探そうと思っている方は、以下のサイトを使いつつ、準備を進めましょう。

>>「DODA」のサイト

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

次回予告
「バンド好きの兄にとって、ライブに行ける立地もいいみたい」

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!