東京から宮城にIターン転職!仙台に移住したメディア編集長に東北の暮らしや仕事状況を聞いてきた

お馴染みとなってきた、いろんな方の生き方を紹介するシリーズ

今回は、仙台市に移住した安齋 慎平さんの話を聞いてきました。

興味深かったのは、フリーランスから正社員への転身であること、東京での経験がモロに生かせていること、移住後ゆとりが増えたことです。

これまで聞いてきた移住者とは違い、新しいタイプの生きた方をされている方です。

東京で消耗しているけど、ゆくゆくは地方でゆとりのある生活をしたいと考えている方は参考にしてみてください。

おすすめ>>【スゴすぎ!】不動産屋と1度も会わずに部屋決めできる「ネット完結型の賃貸サービス」が革命的!コストも半分になり、LINEがあればOK

メディア運営に場所は関係ない

仙台市に移住した安齋さん

安齋さんが移住したのは2015年2月。転職先では3月から働き始めました。現在は、株式会社イーディアスの仙台オフィスにてWebメディア「@人事」の編集長をされています。

移住した理由は、以前から仙台でメディアの仕事をやりたかったから。

仙台という場所を選んだのは、地元・福島に近いことと、大学時代を仙台で過ごし、現地の魅力を知っていたため

そうしたことがあって2014年8月から仙台での求人に目をつけていたところ、見つけたのが今の仕事。

働いてみての感想は、「東京でやっているのと変わらない」「場所によって不利になることはない」というもの。

理由は、ライターに原稿を送ってもらえば編集はできるから。現に、東京在住ライターとのやり取りも多いんだとか。

スポンサーリンク

東京で築いた人脈が大きい

なお、東京在住ライターに寄稿依頼ができるのは、フリー時代の経験が大きいようです。

フリーとして活動し、いろんなメディア関係者との人脈が築けたことで、原稿依頼や他媒体との協力ができています。

さらに、東京でフリーライターとして執筆していたことも財産になりました。

今の会社の採用面接でも「この記事を書きました」とアピールでき、

面接官も私の記事を読んでいたようで、すんなりと転職活動を進められました

このように、順調に仕事ができている安齋さん。

仕事は移住者にとって切っても切り離せない要素の一つなので、成功事例といえるでしょう。

では、もう1つの重要な要素である居住環境。これはどうなんでしょうか。

スポンサーリンク

仙台駅近く、家賃7万円で1LDK

現在の住居は、仙台駅から歩いてすぐの場所。家賃は1DKで7万円だそうです。

これ、東京と比べたら格安ですよね。東京の中心地である渋谷区だと10万円オーバーが当たり前ですからね。

さらに、住みやすさも仙台の魅力のようで。

おすすめ>>【スゴすぎ!】不動産屋と1度も会わずに部屋決めできる「ネット完結型の賃貸サービス」が革命的!コストも半分になり、LINEがあればOK

満員電車なし!車がなくても生活できる

仙台市はコンパクトシティーで市内(特に駅前)に必要なものが揃っているため、買い物に困らず、問題なく生活できます。

新宿や渋谷と違って、町並みも綺麗なので、その点も満足しています。

また、今の職場には徒歩で通えるため、東京のような満員電車で苦しむこともないです。

新卒で入った会社では、地獄のような通勤ラッシュを経験したので、その苦しみから解放されたのは大きいです。

会社員になってゆとりも増えた

仕事と住居の面でも満足している安齋さん。他にも、移住していいことがありました。それは、休みが増えたこと。

東京でフリーとして活動していたときは、土日も仕事をしていて、休みがありませんでした。

金曜に取材で週明けに初稿だと、土日も執筆になってしまいますから。

でも、仙台で正社員として働くようになってから、土日は休めるようになりました。こうしたゆとりも移住して得られたものです。

フリーランスとして地方に戻るのは危険

このように、安齋さんが移住を成功させられたのは、「正社員」として働いているから。

逆に、フリーランスとして地方に行くと、大変だそうです。

地方は仕事の単価が下がっているので、フリーでやっていくのは厳しいです。

なので、低リスクで独立を目指すなら、正社員として入ってみて会社内外で人脈をつくる、という流れがいいですね。

そうすれば、前の会社から受注で仕事をもらえて、暮らせるくらいは稼げるはずです。

仙台に移住の文化はなくてUターン者が多い

このように、仕事も普段の生活も順調で、移住先として魅力的に思える仙台市。

こうした好条件を求めて移住者も多いのかなと思いきや、そうでもないようです。

移住者は少なく、外から入ってくるとしてもUターン者が多いとのこと。特に、震災以降で戻ってくる人が増えたそうですよ。

おすすめ>>【スゴすぎ!】不動産屋と1度も会わずに部屋決めできる「ネット完結型の賃貸サービス」が革命的!コストも半分になり、LINEがあればOK

関西からの移住者もいる

関西出身で仙台の大学に来てそのまま現地のベンチャーに就職した方や、

大学まで仙台ではなかったけれど新卒で東北に配属されて仙台のベンチャーにジョインした方

がいるとのこと。

移住先で仕事で困らないためにやっておきたいこと

今の所、安斎さんの観測範囲では、移住者が少ないそうですが、

東北出身の自分としてはいい街だと知っているので、移住者は増えていくはずです。

なお、仙台限らず地方に移住するとなると、仕事が東京より少なくなるので、「なんでもやる」の姿勢が必要になるそうです。

そして、そうした状況で必要になるのが、「自分がやれること」を把握しておくことです。

「やれること」を把握しておけば、すぐに手を挙げられる

そうすれば、地方で「こんな仕事がある」と教えてもらったときに、自分のやれることであれば、すぐに手を挙げることができます

なので、移住して仕事で困らないように、「やれること」や「強み」を以下の診断で理解しておきましょう。

おすすめ>>【無料】仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

仙台では、農業で起業する若者も

あと、仙台の起業で面白いのが、仙台ならではの事業を始める人がいること。

例えば、復興支援、地域活性化のコンサル、農業の6次産業化など。

これは東京のスタートアップ文化と違って独自性を感じましたね。

また、仙台市と組んで移住促進事業を行っているベンチャーもあり、今後は移住先として仙台が盛り上がっていくことも考えられます。

実際、東北出身の僕としては仙台移住もありかなと思えるようになりました。(結構ガチで)

東京のIT企業から公務員になった人も

他の仙台への転職事例だと、公務員になった知人がいます。彼は仙台の大学を出た後、上京し東京のIT企業で働きました。

そこで3年ほど働いて、仙台の役所の試験を受け、見事合格。転職することになったのです。

彼は、もともと生まれが東北でしたし、帰りたい気持ちがあったのだそうです。仙台は都会でありながら、東京よりもずっと住みやすいので、彼がうらやましかったですねw

このように、公務員試験を受けて転職して行くケースもあるのです。

おすすめ>>【スゴすぎ!】不動産屋と1度も会わずに部屋決めできる「ネット完結型の賃貸サービス」が革命的!コストも半分になり、LINEがあればOK

会社員として移住するなら仙台が熱い!

ここまで書いてきたことから、「なぜこれまで移住先として、仙台市が注目されてこなかったんだろう」と感じました。

ほどよく都会で、ほどよく自然があり、町並みも綺麗で住みやすいです。さらに、他の地方に比べて求人もあります

転職求人サイト「リクナビNEXT」で検索したら、仙台市で484件もヒットしました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-15-20-03

仙台の求人にある職種

中には、大手金融機関の営業、IT業界のエンジニア(未経験OKも)、事務など多様な仕事の求人が掲載されていました

有名どころだと、某大手食品メーカーの営業、大手広告代理店の仙台支社、リクルート系の会社の求人がありました。

また、クリエイティブ系の仕事、安斎さんのようなWebメディア編集、ネット広告運用の仕事もあります。

あとは、研究職などメーカーの技術職種、ネットリサーチの求人(マーケティング系)、新聞社の求人がありました。

地方には意外と求人が眠っている

また、地方には求人票に出ていない求人情報もあるのです。

福島県の郡山市に取材に行った時に知ったのですが、地域には「人手不足だけど求人を出せない会社」もあるんだそうです。

その理由は「予算がない」「どこに出せばいいかわからない」など様々。

東北では仕事に恵まれている仙台

なので、まずは現地に行ってみて仕事を探してみるのもアリなのです。

特に、仙台出身であれば、地元にツテもあるでしょうし、そこから見つけていく手もあります。

このように会社員としての雇用に恵まれた仙台市。これから移住を考える人にはぴったりな街です。

仙台は意外と都会だから、一度行ってみるといいよ

意外と知られていませんが、仙台は都会です。東京にあるものはたいてい揃います。

地方都市で言ったら、福岡市と変わらない規模です。

現に、福岡市が移住先として盛り上がっていますし、仙台がそうなるのも時間の問題でしょう。

仙台は雪が少なく、住みやすい

なので、のんびり暮らすために移住先を探していた方は仙台市にも注目してみてください。

仙台は、東北の中でも雪が少ないし、夏も涼しいです。気候的にも恵まれていますよ

実際、移住して幸せになった方がいますからね。

地域おこし協力隊やカフェ開業について

>>【田舎への移住者募集も】鹿児島県で地域おこし協力隊として仕事する若者に現地の支援などを聞いてきた

>>【広島】コーヒー豆の販売店「MOUNT COFFEE」マスターから個人事業で食べてくコツを学んだよ

>>「ハンター(狩猟者)ってどんな仕事?給料は?」を調べてきた!〜広島の狩人たちに密着取材〜

移住してお店を開業!儲かるの?

>>もう花屋に店舗はいらない!元プロ格闘家のヤンチャ兄貴が切り開いた新時代の商売!これ、スゴいぞ。。

>>サラリーマン、主婦、学生におすすめの副業まとめ(アルバイトは非推奨)

>>東京から宮城にIターン転職!仙台に移住したメディア編集長に東北の暮らしや仕事状況を聞いてきた

>>【ブログで取材】熊本県への移住がおすすめ!仕事で失敗せず、家賃も安いし体験ツーもあるよ

Uターンして起業した人たち

こちらもどうぞ。

>>移住後、田舎暮らしに失敗する人と成功する人の違いを聞いてきた

>>地方で起業する方へ「地方は、どんな評判もすぐ広まる、シビアな環境だよ」

>>鹿児島でUターン起業した26歳と23歳コンビ「Web制作事業をアピールするために、まずは自社のサイトを本気で作りました」

移住はおすすめ?老後は大丈夫?

>>移住先で農業を仕事にした夫婦が!未経験ながら事業を起こすたくましさに感動した話 @宮崎

>>ゲストハウス経営と米作りで複業する25歳の移住者を発見!夢を叶えるコツを聞いてきたよ

>>お金のために働くことに疑問を感じ、島根にUターン!カフェとNPOの兼業でステキな生活を送る女性に話を聞いてきた

地方で開業・脱サラした人の話

>>「田舎に移住してカフェを開くと、どんな生活が待ってるの?」を聞いてきた @屋久島

>>【屋久島】移住者が開業したカフェ「Maruya」で「会社員が一番怖い」という名言を聞いた話

>>「機械でもできるモノづくりはもうやめました」カンボジアで、かごブランドを立ち上げた女性が目指す世界とは?

【ブログで取材】移住支援、仕事、費用を調査

>>【ブログで人生変えました】屋久島に移住して取締役になった女性のお話

>>「地方には仕事がない」じゃなくて「若者が就きたい仕事がない」に変わってきてるヤバさ

>>地域活性化の仕事がしたいなら「お金稼ぎ」と「片手間コミット」を重視すべき

移住コンシェルジュや補助金も頼る

※リモートワークOKの会社で働きたい方は、こちらから求人をチェックしてみてください

>>第二の人生を移住先で満喫する女性がいた!子供を育て上げたら屋久島でのんびりする生き方もあるんです

>>京都の移住支援者が言うに「東京でつけたスキルは地方の仕事で輝く」

>>消滅可能性都市での地域おこし協力隊は「ベンチャーで3年修行」以上のキャリアアップになる

>>イケダ氏より先に移住し月収100万円達成!千葉の田舎で活躍する89世代にリアルな話を聞いてきた

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。