仕事がだるいとき、行きたくないときの対処法8つ

公開日: : 最終更新日:2017/09/28 仕事を辞めたい, 仕事・キャリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事がだるい」「会社に行きたくない」。

こんなことを感じながら、いやいや仕事をしている人は多いはず。僕もそのうちの一人でした。

今は、フリーランスとして働いていますが、会社員時代は起きた瞬間から苦痛で仕方ありませんでした。

何度もそのまま眠りにつこうと考えてましたが、良心がなんとかそれを防いでいました。

そんな状況でも、僕が頑張って会社に行けていたのはある対策をしていたからです

それがどんなものか、これから紹介していきます。

【本題の前に】今の仕事がふさわしいか考える

毎日「だるい」と思っているなら、今の仕事がふさわしいか、続けるべきかは考えた方がいいです。

ぼくはエンジニアをやっていたのですが、全く向いておらず、

適職を考えた結果、「書く仕事」が向いてるとわかり、それを選びました。

結果、今の仕事について大満足しています

なので、自分の適職を見つけるために、以下の診断を受けてみるといいですよ。

おすすめ>>仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

これを受けて、適職を知ることで今の仕事を続けるべきか判断できます。

スポンサーリンク

1. 仕事に行かなかった時の最悪の状況を考える

仕事がだるくて、会社に行きたくない時は、「絶対に行かなければならない」と自分を思い込ませることが必要です。

では、そう思い込ませるには、どうするか。会社に行かなかったときに起こりうる最悪の状況を想定すればいいんです。

まずは会社から電話がかかってくる

だるいという理由で、無断で会社に行かない場合、会社から電話がかかってきます。そして、上司に怒られます。

そうなると、1日中その気持ちをひきずることになり、休んだ気がしなくなります。

次の日、会社に行っても「昨日はどうしたんだ?」と詰められ、チームメンバーからも冷たく対応されてしまいます。そうなると、信頼を失ってしまうでしょう

結果、職場にいづらくなってしまい、退職に追い込まれることになります。

その後、転職活動はするものの、その間は無職になります。もちろん、月に一回の安定した給料は得られません。今までより生活は大変になるでしょう。

そうなると、いろんなことを我慢する必要が出てきます。

最悪な状況を考えれば、自然と仕事しようと思えるはず

さらに、無職で行う転職活動はプレッシャーが尋常ではありません。仕事がだるいといって会社に行かなくなってしまったら、こんな思いをすることになるのです。

そうならないためにも、会社には頑張って行なければならないんですね。こうして、最悪な状況を想定すると、どんなに嫌でも会社に行く気になります。

なので、朝起きた瞬間に「ゆううつだ」「行きたくない」と感じたら、最悪なシーンを妄想してみましょう。

実際、オードリー若林さんも同じような方法を使っています。仕事のスケジュールがきつくて嫌になったときは、売れない芸人時代に住んでいたボロアパートを思い出すんだそうです。

そうなると、「苦労したあの頃には絶対戻りたくない!」となって、仕事のやる気が出るんだとか。最悪な状況を想定するのは、いろんな仕事で使える万能な方法なんですね。

スポンサーリンク

2. その日(月曜日)に楽しみを作る

仕事がだるいときは、仕事終わりに楽しみを作ってみましょう。例えば、趣味に取り組む、買い物に行く、飲みにいく、など。

そうすると、会社までの足取りも軽くなります。その日の仕事をなんとか乗り切ろうと思えるんですね。僕はこのようにして、ゆううつな気分を紛らわせていました。

僕の楽しみは、ブログを書くことでしたね。たまに、飲みに行くこともありましたが。

この方法は特に月曜日で効果を発揮します。休み明けの月曜日というのは、休日と会社のギャップから辛くなりがちです。僕が辛かったのも月曜日です。

しかし、仕事の後に、楽しいことがあると前向きに過ごせるようになります。なので、会社に行く前に、だるさを感じたときはアフター5に予定を入れてみてください。

3. 休日に仕事スイッチをオフにしない

逆説的ですが、仕事のだるさを緩和するには、休日の過ごし方を変える必要があります。

前述したように、平日と休日では気持ちにギャップが生まれます。平日のは「仕事がだるい」というネガティブなもの、休日のは「休める!」というポジティブなものですね。

仕事で憂うつになるのは、このギャップが原因なのです

これは、夢の国であるディズニーランドに行った帰り道の気分と似ています。

感情のギャップを小さくすれば憂うつも押さえられる

ディズニーにいる間は、テンションが上がっていますが、帰り道はその寂しさからテンションが下がってしまいます。

その時って、切なさを感じますよね。これが感情のギャップによる悲しみなのです。

これを仕事に置き換えて、感情のギャップを生まないようにするには、休日に仕事のことを少しは考える、といった対策が有効です

例えば、休日に仕事を忘れようとするのでなく、ビジネス書を読む、仕事に関する勉強をする、といったように

そうすれば、ギャップは軽減され、だるさも和らぎます。これはぜひとも覚えておくといいですよ。

4. 職場に好きな人を作る

職場の人間関係は重要です。明石家さんまさんも以下のように語っています。


職場に好きな人を一人作ると
仕事行くのが凄く楽しくなるんよね。

好き、というのは異性としての好きでも、尊敬の意味、どちらでも構いません。職場に一緒にいて楽しくなれる人がいると、会社への足取りも軽くなります。

僕もチームが変わってからは、人間関係が良くなりました。

職場に好きな人を見つけるために、まずは身近な人と関わる

職場に好きな人を見つけるには、まずいろんな人と関わることが必要です。量は質に転化します。いろんな人を知らなければ、好きと思える人を見つけるのは難しいんですね。

最初はハードルが高いですが、1人と仲良くなると、そこから交友関係が広がっていきます

僕が初めて配属されたチームでは知ってる人がいませんでしたが、教育係の先輩と仲良くなったのをきっかけにつながりが広がっていきました

プログラマーの先輩、その後にプログラマーに指示を出すディレクター、その後デザイナー、最後はチームリーダーといった感じで。

職場の人を外見で判断しないように

彼らと交流してみて優しい人たちだとわかり、職場に好きな人がたくさんできたんです。

中には、外見で「あの人は怖い」と判断していた人もいました。でも、関わってみて「シャイな人で実はすごく優しい」と気づいたんですね。

なので、仕事に行くのがダルいと思っている方は、職場の人間関係に目を向けて、好きな人を見つけてみてください。

5. 運動など朝活に取り組む

会社に行く前のダルさを解消するには、スッキリする活動を行うのがオススメ。僕は、毎朝ランニングしていました。

起きた瞬間は、モヤモヤしているんですが、走っている最中や、走った後は気持ちよくてスッキリするんですよね。仕事が嫌でも休まず会社に行けたのはランニングをしていたことも大きかったです。

このように、朝に気分の上がる活動をすると、仕事に行きたくない時でも頑張れます。最近だと、朝活と言って、ヨガ教室などいろんなアクティビティーも開催されています。

そこに参加して気分を上げてみてください。東京だと、朝食会なんてものもあるので、試してみください。

6. 仕事中のだるさはできる仕事だけをやって解消

ダルさは、仕事に行く前だけでなく、仕事中にもやってきます。いざ、座ってみたものの、「やる気が出ない」となってしまうパターンですね。

そんな時は、やるべきことをリスト化して、簡単に取り組める仕事から手をつけていきましょう。1つ仕事を片付けたら、他の仕事にも手が回るはずです。

人間は、やる前に億劫でも、初めてしまえばその後はダダッと取り組めてしまいます。お試しを。

7. あえて、忙しくなってみる

「仕事がだるい」「面倒くさい」と感じるのは、暇だからです。

忙しい人は、仕事に意識を取られ、余計なことを考える暇がありません。彼らは仕事をこなすことで手一杯なのです。なので、だるいと感じている方は、あえて仕事を抱えて忙しくなってみましょう。

他だと、副業をして忙しくなる手段もあります。会社が終わった後、副業をすれば暇な時間もなくなり、余計なことも考えなくなります

副業は以下の記事を参考にして取り組んでみてください。

参照:ブログのおすすめ!収入を得たい方のために5つを比較しました!

8. だるい時は休んでもいい

ここまで、仕事がだるい時は頑張ったほうがいいと書いてきましたが、本当に辛い時は休んでしまいましょう。

人間は、ずっと頑張り続けることはできません。疲れたら休むことも重要なのです。

休むことで、気持ちがリフレッシュされ、また仕事しようと思えるようになります。なので、無理はしないように

仕事でだるいときは環境を疑ってみる

ここまで、仕事がだるいときの対処法を書いてきましたが、そう感じた時は、今の仕事が適切なのかを疑ってみるのも良い方法です。

世の中にはいろんな職場があり、その中には憂うつと感じずに過ごせる会社もあります。なので、「仕事つらいなぁ」と思ったら、転職も考えてみましょう。

そしてその際に役立つのが転職サイト。その中でも一番求人数の多い「リクナビNEXT」は特に役立ちます。

グッドポイント診断で強みを知ることもできる

リクナビのような転職サイトを見れば、たくさんの求人が載っているので、自分の希望する条件に合う会社を探すことができます

転職したくなった時に確認したいサイト

また、「グッドポイント診断“”」を受ければ、仕事で生かせる強みがわかります。

スクリーンショット 2016 12 15 18 27 51

これによって、自分に向いてる仕事もわかるようになるんですよね

なので、次の環境を見つけるのに役立つリクナビNEXTを使ってみてください。


>>リクナビNEXTのサイトはこちら

そうすれば、今よりも楽しく働けて、仕事も生活も充実するようになるので。今よりも幸せな生活を送りたい方はぜひ。

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!