岡田斗司夫さん運営「クラウドシティ」は個人クリエイターが稼いでいくための参考モデル

公開日: : 最終更新日:2017/10/27 仕事・キャリア, 楽しい仕事を, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田斗司夫の毎日メルマガ~力尽きるまでその1の中に登場した「クラウドシティ」という仕組みが面白かったので紹介します。

今後、クリエイターが稼いでいく際のヒントになると思います。

クラウドシティの定額で使い放題という稼ぎ方

クラウドシティの内容は以下の通り。

『クラウドシティ』 では、発売中の電子書籍や、あらゆる書籍のデータを会員に公開しています。

で、私としては、単行本を一冊一冊買うよりも、電子書籍をひとつづつ amazon からダウンロードするよりも、月額904円を支払って、クラウドシティで映像見放題、テキスト読み放題にした方が、お得だと思うんです。

電子書籍だけなら 『クラウドシティ』 に入る必要はないけど、私の単行本は元になる 「講演」 が存在します。その講演映像では、岡田斗司夫自身の言葉と声で 「ついこないだ思いついたアイデア」 として、あらゆる書籍の内容が語られてるんですよ。

そのライブ感、「腑に落ちる感覚」 は書籍とはまた違った感動を呼ぶでしょう。私としては、本を読んだ人にはぜひそのライブ感を味わっていただきたい。普通に読むよりも何倍も理解が深まるし、納得も強くなる。なにより面白いからです。

そして 『クラウドシティ』 をオススメする理由のもうひとつ。著者である私や、FREEexのメンバーと直にやりとりができる。著作について何でも質問できるし、意見や提案、こんな本を書いてほしいと言うリクエストや、反論すらも大歓迎です。

そういう意見をクラウドシティに参加して書いて頂けると、岡田斗司夫がコメントをつけたり、次回の電子書籍に引用したりも、可能です。
『クラウドシティ』 は読書を孤独な 「情報の終点」 にしません。

読書からはじまる思索や対話の道場なのです。

以上、私がみなさんに 『クラウドシティ』 をオススメする理由でした。

つまりクラウドシティに入会すれば、電子書籍やイベントなどが定額で楽しめるようになると。
新たなマネタイズ「クラウドシティ」
参照:岡田斗司夫のクラウドシティ

こうした仕組みを考える際、「月額制にしてしまうと収益が下がるのでは?」と思ってしまうのですが、実はそうじゃないんですね。
月額制によって固定収入が入る事で書籍の売り上げに依存せず、安定した収入を得られるようになるんですよ。

これは以前紹介した「ex」でも登場した考え方です。

コンテンツを売って暮らそうとしたら、日銭で右往左往しなければいけません。自分が書いた本が売れるかどうかで、一喜一憂することになります。1冊1500円の本なら、1万部売れたら著者印税は150万円くらい。    

でも1万部売れたら、そのうちの5パーセント、500人くらいはぼくの考え方をおもしろいと思ってファンになってくれるんですよ。そういうファンのさらに5パーセント、25人くらいがオタキングexの「社員」になってくれれば、300万円の売上が立つことになります。    

1冊の本を出して150万円を稼ぐより、こちらのほうがずっと経営として安定しています

引用元:「コンテンツが無料に向かう中どうやって稼いでいくの?」に対する回答は「固定収入」

こちらの動画によると、

クラウドシティには約900名ほどが加入しているとの事ですから
900(人)× 907(円) = 816,300(円)

約81万円の売り上げになるわけですね。
これだけ安定した収入が入るのは相当大きいです。

こうした安定した収入を得るモデルは個人で食っていくクリエイターにとって、非常に参考になると思います。
これに似た定額モデルはシナプスのようなサロンがありますので、そちらもチェックしてみてください。

それでは!

スポンサーリンク

関連記事

>>【副業】月5万円稼ぐ方法27コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

>>19個の有料オンラインサロンに参加!作り方、おすすめ、ビジネスモデル、成功要因をまとめとく

スポンサーリンク

「自己啓発」の関連記事

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

>>【960万円投資中】20代から始めた資産運用と知っておきたい知識まとめ(30代になる前に)

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

コンテンツに対する考え方はこちらから

個人クリエイターが食っていくには「高い評価」が欠かせない!評価経済社会のススメ

クリエイター必見!グレイトフル・デッドがファンを虜にした4つの要因

【クリエイター戦略】無料でGiveし続ければ成功する事を歴史が教えてくれている

ネットコンテンツはこのまま無料に向かうのが正しいのか?

仕事で悩む人から人気の記事

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、仮想通貨などの投資で役立つ情報が手に入ります。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!