このカテゴリーでは、好きなことを仕事にするために必要なことを紹介していきます。

参照;これからは「好きなことを仕事にすれば大金を稼げる」が常識になっていく

参照:仕事はゲームだ!ハマれたら面白い。ハマれなかったらやめればいいだけ

現在、僕は好きなことを仕事にしています。「書く」という仕事で生計を立てているのです。世間的には、プロブロガーと呼ばれる仕事です。

ここまで来るのに、随分遠回りしました。自分ほど、学生時代の時間を無駄にして、悩みまくった人間はいないと思います。

僕の変遷を書いておくとこんな感じです。

2007年、地方国立大学に入学

大学3年生の秋、大学院に行きたくなくて就活するも、学生時代に頑張ったことがなく、選考で落ちまくる

結局、どこからも内定をもらえず逃げるようにして大学院に進学

好きではない研究を続け、このままでいいのか?と悶々と悩む

ある時、社会人と学生の交流セミナーで好きなことを仕事にして生きる人たちに出会い、自分もそうなろうと思うように

そのとっかかりとして、以前から憧れていた企画職を目指すことに。そこで、iPhoneアプリ企画職の長期インターンを開始

そこで、インターネットの面白さに気づき、大学院を辞めて、インターネット系の上場企業に入社

そこでは、エンジニアとして働き始めるが、自分には向いていないと感じ、ブロガーとして徳利することを考える。また、ネット系ベンチャーにありがちな、無理してまで仕事をして成長することが推奨される文化に疑問を感じ、自分なりのゆるい生き方ができないか模索し始める

この時期から、プロブロガーの先輩イケダハヤトさんのアドバイスなどもあり、ブログ執筆を頑張るように

会社員として働きながら、ほぼ毎日更新を行う
>会社員2年目になるタイミングでブログの収入が本業を越えて、独立を考える

その後、一度きりの人生を後悔したくないと思い、憧れだったブロガーで空道に挑戦

色々と大変なこともありながら今に至る

こんな感じです。

ちなみに、僕が好きなことを仕事にすることにこだわるのは学生時代の経験から来ています。

僕は学生時代(学部3年生から)、本当に最低な生活を過ごしていました。家に引きこもり、テレビやインターネットばかり見ていました。周りの友人たちはキラキラした生活を送っており、何度彼らを羨ましいと思ったかわかりません。

参照;大学院を辞めて就職浪人(既卒)として就活してたけど不利になることはなかったよ

参照;理系の学生が文系就職しても全然いいし、不利にはならないよ(もちろん大学院生も)

参照;就活失敗して、その後に大学院行ったら大変なことになったって話はしたっけ?

彼らのような青春を過ごしたいと思いながら、それが叶うことはありませんでした。なので、今は後悔の念が大きいです。

そんな過去の後悔を昇華させるためにも今ブログを頑張って書いて、毎日を充実させようとしているんです。

また、就活の時に言われた悔しい一言も今の活動を頑張るモチベーションになっています。それは、「好きなことを仕事にするのは難しい。仕事は辛いものだ。甘いよ」というもの。

これは、就活中、キャリアアドバイザーに言われた言葉。これを見返そうと毎日発信しているのです。

そこで、好きなことを仕事にするために始めたのは、まず「自分が好きになれそうな仕事に挑戦してみること」です。

そこで始めたのが、iPhoneアプリの企画です。これは大学院1年の夏に始めました。当時は、理系研究職は絶対に向いてないと確信していて、何が適職か考えていたのでした。

その際、「自分は昔から企画することが好きだから企画職をめざそう」というマインドになったのです。

いざ始まってみると、企画職のインターン自体は楽しかったんですが、自分には向いていないと気づきました。

企画職は、斬新なアプリを考えることが必要でした。でも、僕は発想が普通で「面白いんだけど、これってもうありそうなんだよね」と言われてしまっていたのです。

一方、僕と一緒にインターンをしていた同僚は、結構な確率で「おもしろい!」といってもらえる企画を出していました。

そこで差を感じたのです。

当時の自分は、「企画の作り方」のような本を読んでアイデアを出す方法を学んで吐いたものの、根っからの真面目さから斬新なものを考えられませんでした。

ですが、インターンで同僚よりも得意なことを見つけたのです。それが、データ入力などの事務作業です。

こういった淡々と地味にやれる作業は、同僚より圧倒的に得意で社員さんからも評価されていました。

それもあって、「自分の強みはコツコツやることだ。でも、これをどうやって仕事にすればいいのだろう?」と悩んでもいました。

そんな時、毎日続けていたアプリの企画が通り、公開までの作業をすることに。そのタイミングで出会ったのが、アプリエンジニアという人種です。

その会社には、1人しかエンジニアの方がいなかったんですが、その方にはアプリで必要なデータを渡して画面遷移なども確認しました。

この時、僕ができるのは指示を出すだけ。作ることはできなかったのです。そこで、「これって虚しいな」と思い、次はエンジニアをやるときめたのでした。

そう決めてからは、アプリ企画のインターンはやめて、次のインターン先に行くことにしたのです。

なお、1社目のインターンから2社目のインターンに行くまでには数ヶ月の期間がありました。

その期間は、就活だったので、就活に集中できるよう、仕事はやらず、興味のあったプログラミングを始めました。

そして、就活をしながら実績を作れるように、プログラミングで簡単なサービスを作っていました。就活では、そういった取り組みが認められ、無事、上場しているネットベンチャーからエンジニアとして内定をもらうことができました。

そこからは落ち着いたので、新たなにエンジニアをやらせてもらえる会社でインターンを始めました。

ここでの経験も大きく僕の人生を変えてくれました。

インターンを始めるまでは「エンジニアはものづくりができる楽しい仕事。企画したことを自分の手で実装できるなんて夢のような仕事だ」を思っていたのですが、やってみてそれは幻想とわかりました。

この仕事は適正がないと(プログラミングを書くのが好きじゃないと)、本当につまらない仕事なんですよ。

インターン当初は、新しい技術を取得して実装していけるのが楽しかったのですが、途中からプログラミングの奥深さを知り、ついていけなくなっていました。

そして、気付いた時にはプログラミングが苦痛になっており、内定先に入社するのが不安になっていました。

そんな時に始めたのがブログです。当時は、貯金が0になってしまった事もあり、お金が必要だったので始めました。(書くことが昔から好きだとは気付いていましたが、それが本業になるなんて思っていませんでした)

こうしてインターンと並行しつつブログを書いていったら、その楽しさにどんどんのめり込んでいきました。

その中で、1つ大きな出会いがありました。当時からプロブロガーとして有名だったイケダハヤトさんとの出会いです。

それまではプロブロガーというのは夢物語で、それで暮らせるとは思っていませんでした。ですが、ブログが面白いし、プロからアドバイスをもらったらもっと伸びるのかなと思い、会いに行くことにしたのです。

で、実際に会ってみて今後の目標ができたのです。「プロブロガーになるんだ」と。

会った時にイケダさんから「センスがすごい。いけますよ!」と言ってもらえたのです。ここからはより一層、ブログに割く時間が増えてブログ熱が上がりましたね。

そして、そこから1ヶ月後、内定先にエンジニアとして入社することに。

入社後は、やはり地獄でした。想像どおり、毎日嫌いなプログラミングに向き合うのは本当に大変でした。

もう入社して2ヶ月くらいで本気でやめたくなっていました。ですが、当時は10万円くらいしか稼げていませんでしたから、そうするわけにはいきませんでした。

なので、早く会社を辞められるよう、ブログで稼ぐことに真剣になっていました。

なお、当時の副業ブログで稼ごうとする自分について今思うのは「本業が忙しいのに、よく副業ブログもできたな」ということ。

ネットベンチャーで深夜2時に帰ることもあり、ブログに割く時間はフリーター時代より減っていました。

それでも、ブログで稼ぎ続けることができたんですよ。当時の自分からしたら、「会社辞めたいんだから当たり前だろ。会社辞めた後の給料確保しないといけないんだから」という気持ちなんでしょうが、今思うと「天職」だったから、それができたんだと思います。

つまり、好きな仕事ですね。

そうして、好きな仕事を副業として続けていたら、いつのまにか本業を上回り、会社を辞めて独立することができました。

その後も、好きなことを専業として仕事ができています。このように、好きなことを仕事にする方法はシンプルで以下の3つです。

・可能性のあるいろんな仕事を試す
・ダメならすぐやめて別のことをやる
・「これだ!」と思えるものを見つけたら、リソースを突っ込む

これまで書いてきたことからわかるように、僕はいろんな仕事を試してきました。

学生時代であれば、研究ですね。ここで絶対に向いてないとわかり、次は「企画」に手を出しました。

ここでも、「もっと向いているものがある」とわかり、次は「エンジニア」になりました。

ですが、ここでも「好きな仕事」は見つけられず、次に「ブログ、書くこと」に挑戦したのでした。

そして、ここでやっと「好きな仕事」を見つけたのです。

そして、それを本業にするために、副業時間も空いた時間をほぼフルで突っ込んでブログを書いていました。

このように、「好きな仕事を見つける努力」「見つけてからの努力」、この2つがあれば、好きなことを仕事にすることはできます。

また、このように書くと、「好きなことを仕事にするのは難しい」「それは無理だ。仕事は辛いものだから」「好きなことを仕事にするな」と言いたくなる人がいるはずです。

ですが、それは間違っています。そういった人は「好きなこと」の意味を間違えているんです。

「好きなこと」とは、「好きなもの、趣味」というわけでなく、「好きな作業」なのです。

よく、「旅行好きなのでそれを仕事にしたい」と語る人がいますが、このアプローチは間違っています。

旅行を仕事にするとなると、JTBなどに就職して窓口でツアーの案内をするわけですよね。その際は、窓口業務(事務作業、お客さんの要望を聞きながらのツアー提案)をずっとやることになります。

ここで必要な力は、「事務作業をやれるマメさ」と「人とのやりとりを苦に感じないストレス耐性」です。

これは旅行に全く関係ないですよね。旅行業界で働きたいなら「事務」「人と喋る」作業が好きでないといけないのです。

これは旅行に限った話ではありません。サッカー、食品などなんでも当てはまります。

僕はサッカーが好きだったので、サッカーに関わる仕事をやろうと思っていたことがありました。

でも、サッカー関係で働くとしたら、栄養士、クラブスタッフなど、サッカーとはあまり関係ない、専門的なスキルを使って働くことになります。

そうなった時僕は、「栄養管理」を楽しいと思えたでしょうか?

クラブ運営をする上で必要な資金集めのために営業、観客動員を増やすために会議、それにまつわる雑務を楽しめたでしょうか?

こう考えると、サッカーが好きでもそれを仕事にするのは違うなと思えるのです。

また、食べるのが好きだから、食品メーカーに勤めたいと思う人もそうです。

ご飯が好きだからといって、食品メーカーで食べる仕事は研究開発くらいです。

それ以外は、営業として棚を確保してもらうために小売店に頭を下げるなど、交渉能力が必要になる仕事をすることになります。

企画であれば、何が売れるかを分析して何度も会議を重ねなければならなくなります。

また、研究開発で試食をできたとしても、同じ商品、味をちょっと変えただけの商品を何度も食べることになります。これは僕にとって、苦痛でしかありません。

普段は食べるのが好きですが、強制されて同じものを食べさせられるのは絶対にやりたくないです。

実際、食品メーカーに勤める知人はそれが苦痛と語っていました。

このように、好きなことを仕事にする際は、「好きなこと」の意味を誤ると大変なことになります。

それは、「好きなもの、趣味」ではありません。「好きな作業」です。

僕の場合だと、「好きなこと」とは「書くこと」です。僕は「書く作業」が好きだから、今のように好きなことを仕事にできているのです。

書くことは、普段呼吸レベルでやってますし、ブログを書くことを辛い、大変だと思うことはほとんどありません。

周りからしたら、「努力がすごい」らしいですが、僕は努力してる感覚がありません。もう、趣味のレベルです。

さらに、好きなことを仕事にすることには、大きなメリットがあります。それは、毎日が充実するということです。

会社員時代の僕は、毎日が苦痛で、お金のために仕事を嫌々やっていました。

参照:web系プログラマーを辛い、辞めたいと思って1年で辞めた人間がその理由と当時の生活書いとくよ

でも、今は違います。先程も書いたように、趣味レベルで仕事ができているので、仕事を苦痛だと思うことはありません。

それによって、土日など関係なく仕事ができるようになるわけです。もう、みなさんがゲームをしてる感覚で仕事をしてるんですよね。

そして、そんな状態で得意な仕事をどんどんこなしたらどうなるでしょう?

そうですね。銭の話になりますねw

このように、好きなことを仕事にすると、ストレスからの解放、お金の両面でメリットがあるのです。

なので、みなさんには好きなことを仕事にすることを目指して欲しいと思います。

では、最後に好きなことを仕事にする際に役立った本を紹介します。以下の3冊です。

・夢をかなえるゾウ
・非常識な成功法則
・就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法

詳しい感想は以下の記事を参考にしてください。

参照:おすすめの自己啓発本でランキングを作ってみた

参照:【解約方法あり】Kindle Unlimitedのおすすめ本53冊(ビジネス書、マンガ、小説、雑誌)

参照:もう仕事したくないと思った時に読む!仕事を好きになるための15のアドバイス

と、こんな感じで好きなことを仕事にするためのアドバイスは終わりです。あとの詳しいことは、カテゴリーの記事を読んでみてください。

※このカテゴリーでは、葛藤しながら人生の後悔をなんとかプラスにしようともがく僕の実体験を綴っています。

その中で、編み出した好きなことで仕事をするための方法論もたくさん書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

まず読みたい記事>>憂うつな仕事、まだ続けるんですか?

「 好きなことを仕事にする 」 一覧

【1時間で時価総額310万円に】みんながパトロンになれる「VALU」、これクリエイターが絶対に使った方がいいサービスですわ

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。ネットで話題になっている「VALU」で審査に通ったので、今思っていることを書いてみます。 ざっくり結論を書いておくと、実名顔出しで活動してい

続きを見る

一流のクリエイターとそうじゃない人の違いは「直しの数」。一流はたくさん直しをもらう、そうじゃない人は「一発OK」がでると思ってる

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 ニュースアプリ「NewsPicks」のアカデミア会員になってので、会員限定のイベントに行ってきました。 参加したイベントは、佐渡島庸

続きを見る

500円でもいいから、まず「買ってください」と言ってみよう。その際は「この値段で売りたい」と思う倍の値段で。 #朝渋

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 小暮太一さんの新刊『どうすれば、売れるのか?―――世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方 』の発売イベントに行ってきました。

続きを見る

高校中退後、働きながら好きなことを突き詰めていったらいつの間にか飲食店2店舗のオーナーになってた88世代のお話

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 かなり面白い取り組みをしている同世代の磯川さん、千葉さんに話を聞いてきました。彼らは、水道橋でシーシャ(水タバコ)を提供する店舗「いわしく

続きを見る

【速報】タクスズキさん、ミレニアル世代の投資家として「日経ヴェリタス」に掲載される

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 資産運用ブログを書いていたら、日経さんに取材を受けまして、「ヴェリタス」の方に載せていただきました。 こちら、紙も電子も両方あります

続きを見る

会いたい人にはいつか会えて一緒に仕事ができる。生きて、自分を変化させ続けていれば

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 はあちゅうさんの本「半径5メートルの野望」を読んでから、強く意識してきたことがあります。それは、会いたい人、憧れの人には自分から会いに行か

続きを見る

物書きはいい仕事だ「原稿のギャラは1本5万円。テレビ出演のギャラは30分で8万円」なのだから

吉田潮×中川淳一郎×イケダオソト「コラム・エッセイの書き方講座&雑文執筆依頼を受ける方法」というイベントに行ってきました。 今回はリアルタイムツイートをしてなかったので、イベントで特に気にな

続きを見る

高校中退後のパチンコ生活から抜け出しセールス1位になった男が語ってくれた「大切なのは新たな世界に飛び込むことだ」と

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 ひょんなことをきっかけに、中卒・高卒者向けの就業支援インターンシップ「ヤンキーインターン」を運営する会社の人に話を聞いてきました。

続きを見る

【利用無料】フリーランス向けの福利厚生&エンジニアの副業支援!フリノベが予想以上にすごかった件

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 出版した本を献本させていただけるということで、ギークス株式会社さんのオフィスに遊びに行ってきました。 ちなみに、ギークスさんはフリー

続きを見る

地方で起業する方へ「地方は、どんな評判もすぐ広まる、シビアな環境だよ」

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 前編に続き、都内で起業し、その後鹿児島に新しい拠点を作った若者2人に話を聞いてきました。 【注:登場する田島さん(26歳)、しもつさ

続きを見る

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!