新卒1年目で転職したいと言う新入社員のおかげで大事なことを学べた

公開日: : 最終更新日:2016/11/20 仕事・キャリア, 第二新卒の転職を成功させる

このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!知恵袋を見ると、「仕事を辞めたい」と相談する新入社員が現れていました。この気持ちわかるんですよね。

僕も新卒1年目で転職したいと思っていたので。同じ気持ちの方は見ておくと救われますよ

なお、最後の方に解決策を書いているので、相談部分はサラッと読み進めてください

新卒1年目で転職したいと新入社員が相談

相談の内容は以下の通り。

私は高卒で就職しました。ホントに毎日がつらいです。ホントにやめたいです。うつになりそうです。

研修中に教えてくれる先輩もとても忙しく、質問してもそっけないです。

最初はこんなものなのでしょうか?慣れてくると、人間関係はうまくいくようになるのでしょうか?

引用元:4月から社会人になりました。 私は高卒で就職しました。 支店によってはいい先輩た…

社内の人とうまくコミュニケーションがとれないんですね。新卒1年目の新入社員らしい相談です。こうなると、辞めたい、転職したいと思うのも無理ないです

大卒から新卒になった人であれば、サークルなど社会人と話す機会があります。

しかし、高校から新卒になった人はその機会が乏しく人間関係において不安が残るはず

スポンサーリンク

最近は新入社員に求めるスキルも上がってきてるし、、

また、最近は新卒の新入社員でも、スキルを求められるようになっているので、能力に関する不安もあるのでしょう。

新卒1年目の新入社員なのですから、無理もありません。そりゃ転職もしたくなりますよ。

そんな中、印象的だったのが回答者の方々が優しく応えている点です。

私も新卒1年目の新入社員時代に辛い思いをしていたので、心を動かされた言葉が数多くありました

スポンサーリンク

新卒1年目で転職を判断する前に期限を設けてみる

まず1つが、1年目で転職を考えるよりも期限を設けてみては?という提案。

まだ続けるならやめるまでの期間を決めてみたらどうですか?覚悟できるし自分のなかで何かかわると思います。辛いけど頑張ってくださいね

優しい温かい言葉ですね。

せっかく新卒なのだから1年目で判断せずに、期限を決めてみるといいんですよ。その時にダメだと思ったら転職で環境を変えればいいだけなので。

新卒1年目、新入社員というメリットを最大限に生かす

また、1年目なのだからできなくて当然、という励ましも。

1年経ってようやく、会社の雰囲気、仕事の流れがすべて見られる状態なのに、『今からなんでも仕事こなせ』などと思う人はいませんよ。

それに、今のあなたの立場で、わからない事を聞いても何もおかしくはない

同じ新入社員の同期は最初の時点でスキルがあっただけで、そこからの巻き返しなんていくらでもできます

最初は良かったのに、今は使えない奴とレッテルを貼られている社員、毎年出てきます。最初は迷惑ばかりかけていた人が、今は役職についてます。

大事なのは、着々とレベルアップに努めていこうという志です。

新卒1年目の新入社員なんですから、自分を追い込まずにリラックスすれば良いと思います。

僕も配属したてのときに「チームに貢献しなくては」と自分を追い込んでしまって、しんどい思いをしていました

しかし、メンターがかけてくれた「できなくて当たり前」という言葉で救われたのです。当時は1年目にして「転職したい」と思っていましたが、なんとか踏みとどまれました。

新入社員は仕事ができないと思われてるから安心して

先輩方と上手くコミュニケーションがとれなくても最初のうち。

あなたが真面目に素直に仕事と向き合っていれば、必ず良い先輩は見てくれています。同期と比べず、昨日の自分と比べて評価していってください。

新入社員に期待している人なんていないんですよね。「新卒1年目なのだから、しょうがない」という前提で先輩は見ています

そもそも、新卒1年目社員の給料なんて一番安いんですから、それに見合った仕事をしておけば良いんです。「辞めたい、転職したい」なんて考える必要は無いです。

新卒1年目でも転職という選択肢はあり

あなたが若く独身ならまだまだやり直しできますよ。今の仕事をしながら、転職活動はできませんか?

あなたの場合、今の会社はすぐに辞めたとしても、「第二新卒」扱いで転職できますよ

実際、転職サイトを見ると第二新卒を募集している所は存在しています。それは「リクナビNEXT“”」を見るとわかります。

新卒で第二新卒として転職してみる

このように、営業職やエンジニア、デザイナーなどいろんな職種で第二新卒が求められています。なので、悩んでいるなら、まずは転職サイトを使って、求人を確認してみてください。

実際、僕も1年2ヶ月で新卒で入った会社を辞めてますが、楽しく暮らせています

キャリアアドバイザーに相談すれば、道が見えてくる

僕の場合、転職活動をした結果、独立という道を選びましたが、活動の中で「独立しても生きていける」という自信を持つことができました。

それは、転職サイトのエージェントと面談したからです。そこで、転職市場での自分の評価を教えてもらいました。

結果、「これだけの実績があれば、採ってくれる会社はたくさんあります」と言ってもらえたのです。

なので、1年目の新入社員でも仕事で悩んでいるなら、まずはエージェントに相談しましょう。僕の兄もそれで転職を成功させました。

参照:地方から東京への転職・就職を考える人が知らないとヤバいこと

新卒半年で転職成功した事例も

僕の場合は1年でしたが、中には新卒入社して半年で転職し、年収アップに成功したツワモノもいます。

参照:新卒入社6ヶ月で転職し年収170万アップ!若手が転職で成功するためのコツを聞いてきた

なので、3年以内にやめることをネガティブに捉えないようにしましょう。実際、僕の周りでも3年以内に転職して成功した人がいますし

1人は中堅ベンチャーからLINEに行きましたし、1人は大手ベンチャーからもう少し小さいベンチャーに行って今はチームリーダーをやり、年収も上がっています

3年以内に転職しないと第二新卒枠が使えない

あと、3年以内に転職しないと第二新卒として採用してもらえないので、転職するなら早い方がいいんですよ。

実際、僕の知人はそれで転職を決断できずに後悔していました。なお、一般的に第二新卒の定義は「25歳まで」なので、今の職場に不満があるなら決断した方がいいです

転職のタイミングは辞めたくなった時、つまり今と考えておいた方がいいでしょう。(ちなみに、周りの第二新卒としての転職時期は2年半〜3年が多いですね)

第二新卒の転職で失敗する場合もある

ただし、第二新卒の転職で失敗する人(Aさん)もいます。その人は大手IT企業の子会社からネットショップのベンチャーに行きました。

仕事自体はやりたいことだったのですが、転職先の経営状態が良くなく、いつまで持つか不安を抱えていました。そんな中、同じようなことをしている会社で求人を見つけ、応募し採用されました。

このように一度転職に失敗しても、しっかり経験を積んでおけば経験者として採用されるのです

転職サイトは複数使おう

では、なぜAさんは最初の転職で失敗したのか?

それは元いた会社以外の選考を受けなかったからです。第二新卒で経験がないといえども、それ以外に選択肢があったはずなのに。

もっと他を見ておけば、いい会社を見つけられていたはずなんですよ。なので、こうならないためにリクナビNEXTやエージェントのような転職支援サービスは複数使う必要があります。そっちの方がいろんな求人を見れますので。

サイトによって相性がある

あと、人によって相性がありますから、「Aというサイトは人気だけど合わない。中堅のBが合う」なんてことがあるんですよ。

なので、以下の記事で紹介しているサイトを使い分けてください。

参照:転職サイトを比較し、おすすめのエージェントもまとめてみました!20 代〜30代は参考に

その中でもリクナビNEXTは最大手で転職者がまず使うように、信頼できるサイトです。なので、ここだけは確実に登録しておきましょう。



リクナビNEXTのサイト>

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!