おすすめの自己啓発本でランキングを作ってみた

公開日: : おすすめ本, ビジネス書のおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。

これまで読んだ自己啓発本の冊数は3桁くらいでいい感じに「本オススメbot」になれる気がしてきたので、ここらで名作をまとめてみたいと思います。

年末年始に時間ができると思うので、そこで読んでみてください。

1. 夢をかなえるゾウ

1位は迷ったんですが、これですね。この本を読んだおかげで今の生活ができてるのは間違いないですから。

人生の暗黒期にどうしても変わりたいと思って、読んだのが「夢ゾウ」。

ホント、主人公には共感してしまいました。

若手のサラリーマンなんですが、彼が当時の自分のようにダメなやつで「ただただ変わりたい、バカにしてきたやつを見返したい。けど、そのやり方がわからない」と悩んでいるんですよ。

そこにガネーシャという神様が現れて、人生を変えるためのアドバイスを送るのです。

構成自体もすごく読みやすくて、やるべきことも事例を交えてわかりやすくまとまっているので、「どうした人生を変えられる?」と悩んでいる人にはぴったりの本です。

行動する勇気をもらえるので、これだけはぜひとも読んでほしいですね。

参照:好きなように生きるために「夢をかなえるゾウ」の教え29個をチェックしよう

参照:夢をかなえるゾウでも実践しているユダヤ民族の教えで幸せになろう

スポンサーリンク

2. 非常識な成功法則

1位にするか迷った名著。

夢ゾウと「非常識な成功法則」はマストで読んでほしいですね。こちらも読みやすくて自己啓発本の導入としては最高。

この本から得られた学びは、引き寄せの法則目標設定の仕方(SMART)、速読のコツです。

特に、引き寄せの法則(目標を紙に書いて毎日眺める)はすごく効果があるので、ぜひ試してみてください。

これも読んで行動する気になれる本です。

スポンサーリンク

3. 僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?

ビジネスマン必見の本。著者は、僕の大好きな木暮太一さん。

この本で強く印象に残っているのは、「仕事において大切なのは自己内利益を高めることだ」という箇所。

自己内利益の説明

労働者の幸福度を考える際に役立つ指標で、会社の利益に置き換えることができます。会社の利益は、「収入(売り上げ) – 支出(費やした労力)」で決まりますよね。

これを個人で考えたのが、自己内利益。つまり、自己内利益は「収入 – 費やした時間や体力的・精神的エネルギー」で計算できます

参照;社長賞は、仕事の自己内利益を増やすのに不可欠なんですけどw

仕事の満足度を決めるのは、収入以外に「やりがい」などがあるというお話です。

他にも、どのようにして給料が決まっているか?など興味深い内容が書かれていますので、今の働き方に疑問を持っている方はぜひ読んでみてください。

参照;楽しい仕事と一生食っていけるスキルを見つけるために必要なこと

4. 夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘

タイトルこそ刺激的ですが、夢を叶えたい人であれば、絶対に読んでおきたい本。過去に何度もブログで取り上げている名作です。

参照;「夢、死ね!」は真っ当に夢を叶えるための必読書

参照;夢を追うべきか考えよう →『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』

特に、「本気で夢を叶えたいなら、夢を叶える期日でなく、夢を諦める期日を設定せよ」という箇所は絶対に覚えておきたいですね。

人って〆切がないと頑張れないんですよね。

夢を叶える期日の設定だと、その日まで叶えなくても「まあ、しょうがないか」となあなあになってしまいますが、諦める期日の場合はそうではありません。

よく、テレビ番組で「半年後にCD10万枚売れなかったら即解散」という企画がありますが、あれのように逼迫感が出て本気になれるんですよね。

そのように、夢に向かって本気で取り組めるきっかけをもらえる本です。ぜひ読みましょう。

5. 企画脳

秋元康さんの名著。

タイトルの通り、面白い企画を出すためのノウハウが中心に書いてありますが、それ以外の部分でも大きな学びがあるんですよ。

それが、人はどうすれば成功できるのか?について言及されている箇所。

「成功は98%の運と、1%の才能と、1%の汗」

参照;努力は必ず報われるのか?それとも報われないのか?

これは本当にそうだなと思っていて、意外と結果って属している環境など、自分じゃどうしようもない部分に左右されるんですよね。

この本からは、「じゃ、それを受け入れた上でどうやって結果を出していこうか?」なんてことを学べるのです。

6. 君がオヤジになる前に

堀江貴文さんの名著です。

結局何をやるにしても気合と根性ということになります。ものごとを複雑に考えずにシンプルにやるべきことをやる。商売をやっているなら熱心にものを売ればいい。

コツコツ教が日本には蔓延していて、誰もがコツコツ教の信者になってしまっている。でも、それを否定するだけで、ショートカットの道が見つかるのだ。

僕がいつも言っていることは基本に忠実になれということです。基本に忠実なんて言うといやな顔をする人が多いかもしれません。なんだそんなことかと。

しかし、これは大事なことなのです。多くの人は基本に忠実にやらないで失敗するのです。

参照:堀江貴文(ホリエモン)の名言を聞けば前に進めますよ

独立前、こちらの本でも相当励まされましたね。

7. 未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

ちきりんさんの本もかなり好きなんですが、この本は特に好きです。会社員時代、仕事で悩んでいた時に励まされました。

新卒で日本的な終身雇用慣行が残っている企業に就職し、何十年もそこで働いている人にとっては、会社を辞めると言うのが物凄く怖いこととなります

その一方、外資系企業や新興企業、中小企業、もしくは金融やウェブ、ソーシャルメディアなどの業界では、数年ごとに転職することも、今やまったく珍しいことではありません。

そういう環境で働いていると、所属先の組織を辞めるのは(大事な決断ではありますが)恐れおののくようなことでもないのです

参照:ベンチャー就職で転職を考えるほど後悔してたけど「ちきりん本」に救われた

このように、ベンチャーで働くメリットに気づけた本でした。

あと、独立してみて気づきましたが、変化に柔軟になれる環境に身を置いた方がどの時代でも生き抜いていけます。

そっちの方が、時代に即した力を身につけられますしね。

8. マーケット感覚を身につけよう

これからの時代、どう生き抜いていこうか?を考える際に役立つ本です。

かつては、「この職についていれば安泰」と思われていた仕事でも、きつい状況になってるよということが知れます。

おすすめのビジネス本

この仕事とかね。

おすすめのちきりんさんの本

そして、その先の「生き抜く上で大切なことって何よ??」まで親切に書いてくれている本。

将来の不安を解決するためにも読んでみてください。

9. ハイブリッドワーカー 会社勤めしながらクリエイティブワークする

これからの時代、当たり前になっていく複業について考えたいなら、ぜひとも読んでおきたい本。

参照:好きなことをして生きるために必要なこと

参照:[正社員とのダブルワーク]ケツメイシのRYOさんも兼業してるって知ってました?

特に以下の一説を読むと、「行動しよう」と思えますよ。

──ナポレオン・ヒル(アメリカの哲学博士。成功哲学の祖とも呼ばれる)が、〝人が何か目標を掲げたとき、あきらめるまでにトライする回数の平均値〟を出したことがあるらしいんですよ。それって何回くらいだと思います? 

100回くらいトライする人もいるけど、普通の人は一~二回でやめちゃうから、平均すると二~三回くらいって思うじゃないですか。

でも答えって、一回未満らしいんですよ。やりもせずにあきらめてる人って、ものすっごいいるみたいで。だからその、とりあえず一日やってみるというのはとても大切

新しい働き方を模索したい方、本当にやりたいことに挑戦したい方は必見。

10. 人を動かす

文字どおり、人に前向きに動いてもらうためのノウハウを事例と共に書いてくれてます。

部下を持つ上司に限らず、読み手の気持ちを動かしたいと思っているブロガー、ライターも必見です。

11. こんな僕でも社長になれた

辛かった時にこの本を読んで救われました。「辛かったら逃げてもいい」、この一言のおかげで新しいことを始めることができました。

この本を読めば、前向きに生きられるようになります。

12. 就職しないで生きる

こちらも名著。

就職する以外にも働いて生業を作っていく方法があるんだと知れます。

参照:就職活動での面接対策に!「就活やめたい、もう無理」と思った時に役立つ本まとめ

参照:もう仕事したくないと思った時に読む!仕事を好きになるための15のアドバイス

13. 起業家

サイバーエージェント社長、藤田さんの自伝。

独立した人間からすると、社長のたどってきた道、苦労を読むと勇気付けられるんですよね。

辛いことがあった時に見ると、「今はこんなにすごい人でも同じようなことで悩んでたんだ」と励まされます。

14. 渋谷で働く社長の告白

こちらも藤田社長の本。こっちの方がサクッと読めます。サイバーエージェント創業期の話です。

将来、起業を目指している学生、若者が読んでも楽しめる本です。これを読んで、仕事のモチベーションをあげましょう。

15. ブログエイジ

これは、ブロガーなどネット上で情報発信してる人が自己啓発される本ですね。

イケダさんが今ほど稼いでない時期に書かれた本で、「この人にもこんな時期があったんだ、俺も頑張ってあのレベルまでいこう」と思える内容になってます。

ブログノウハウは、今でも通用するものですので、こちらもどうぞ。

16. 芸人迷子

芸人さんの自伝ですが、「仕事」という軸でも楽しめる本。

ユウキロックさんが、アメトーークに出るためにやっていた工夫、相手に選んでもらうための姿勢はすごく参考になります。

これ、仕事のプレゼンでも使えるので、ぜひ。

18. お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

これを読むと、せっかくリスクとって個人事業主になったんだから、マイクロ法人をたててお金持ちになってやろうと思えます。

あと、これからの時代は個人事業主になった方が金持ちになりやすいことも知れるので、独立したいと思ってる人は読んでおくといいですよ。

19. ぼくらの仮説が世界をつくる

この本では、今の活動を続ける勇気をもらいました。

ぼくの感覚では、3年続ければ、徐々に世の中から受け入れられてきます。「あれ? 今までと世の中の反応が違うぞ」という反応が出てきて、もう少し頑張れる。

そして、大爆発するのは、5年目くらいです。『ドラゴン桜』も『宇宙兄弟』も、どちらも3年ほど経った頃から、やっとヒットの兆しが出てきました。

多くの人は、だいたい1年ほど結果が出ないと、そこで諦めてしまいます。2年頑張れる人もかなり少ない。3年、自分を信じて、努力し続けることができる人はほとんどいません

20. 海賊とよばれた男

「本」ではないんですが、心が折れかけていた時期に自己啓発されたので、紹介します。

諦めない重要性、淡々と続ければ報われることに気づけます。

絶望的な状況から這い上がっていった主人公と部下たちの奮闘に心打たれますよ。

21. 一生お金に困らない生き方

人によっては、「薄いな」と思うかも知れませんが、僕はすごくいい本だと思っています。

自己肯定感の低い人、自己評価の低い人に読んでほしいですね。

特に、「もらえるお金は2種類。1つは、自分が価値を提供して稼いだお金、もう1つはもともと備わっている自分の魅力に出してもらえるお金」というところに大きな学びがありました。

後者は、おじいちゃん、おばあちゃんが孫にあげるお小遣いのようなものです。(もらう側が何もしなくてもお金を受け取れるもの)

日本人て、お金を受け取るのが下手なので、もっとこうやって価値を提供せずともお金をもらってもいいことを知ればいいのになあ、とはこの本を読んで思うようになりました。

自分の価値を甘めに評価できるようになるためにも、この本は読むといいですよ。

22. いつかティファニーで朝食を

こちらもマンガですが、自己啓発されるのでおすすめしておきます。

タイトルから「グルメ漫画」と思う人もいるかもしれませんが、これは人生を真剣に生きる女性たちを描いた自己啓発マンガです。

仕事、恋愛、育児と日々辛いことも経験しながら、自分らしく生きようとする主人公たちに心打たれるんですよね。

特に、アパレルの仕事を頑張る佐藤さんに肩入れしてしまいます。

参照:夏休みの読書にどうぞ!人生に行き詰まってる人が読むと救われる本とマンガ5冊をまとめたよ

23. 吉祥寺だけが住みたい街ですか?

こちらも自己啓発マンガ。

マキヒロチさんの描く女性は、頑張っている人が多いのでつい応援したくなってしまいます。

参照:東京は自分のために生きるにはピッタリな街

ちなみに、マキヒロチさんは電子版をほぼコンプリートしてるくらい好きな作家さんです。他の作品もおすすめですよ。

頑張りたい時に読むといいですよ

ランキングで紹介してきた自己啓発本はどれもオススメなので、好みに合いそうなものから読んでみてください。

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

次回予告
「ここで紹介してきた作家さんに対等な立場で会うのが夢」

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!