「起業(独立)したいけど何をすれば?」「アイデアがない、お金がない」と思ってる人向けに対処法書いたよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも。会社員辞め、独立してからついに法人化(起業)したタクスズキです。

>>【法人化】合同会社FaBallyを設立しました

今回は、起業したい人(大学生、主婦、会社員)向けに起業するために必要なことを書いておきます。

将来的に、起業・独立を考えている方は参考にしてみてください。

「起業したい」はよく聞くけど、、、

個人的には、独立や起業は案外カンタンで誰でもできると思ってるのですが、

以下の記事で書いた通り、「起業したい」とは言いつつも、なかなか起業しない人が多いです。

>>会うたびに「会社辞める宣言」してる人に限って辞めない

なので、まずはそういう人が起業に踏み切れない理由を考えてみます。

スポンサーリンク

起業したいけど、できてない人の原因(理由)

思いついたのは、以下の要因。

・会社員の安定を投げ出すのが怖い(起業はリスクが高いと思ってる)

・ビジネスプラン(事業アイデア)がない

・起業するために必要なお金がない

・事業資金がない

・独立の方法(個人事業でやる)がわからない

・法人化の方法がわからない

では、それぞれについて書いてみます。

スポンサーリンク

会社員の安定を投げ出すのが怖い(起業はリスクが高い)

おそらく、これが1番多い要因と思います。

確かに、会社員であれば、出社してそれなりに働いていれば、毎月安定した給料がもらえます

そうした状態からいきなり、自分で稼がないといけない環境に身を置くのは怖いですよね。

ぼくも会社員時代はそう思っていました。

独立したらなんとかなる

ですが、実際独立してフリーランスになったら、なんとかなって結果、起業(法人化)もできました。

また、僕以外でも会社員を辞めて、独立なり会社を作るなりした人がいますが、だいたいうまくいってます

才能を発揮できる分野で起業したら大丈夫

こうした人たちがなぜ成功してるか分析した結果、わかったのは「彼らは才能を発揮できる分野(業種)、仕事で起業した」ということ。

人間は得意なこと、社会でニーズがあることで独立すれば、だいたいうまくいきます。

>>やりがいのある仕事に必要なのは「やりたいこと」「やれること」「人の役に立つこと」

なので、起業を考えている方はまず「自分の得意なこと(強み)」を知りましょう

才能ある分野を見つける方法

そして、強みを知るには以下の診断が役立ちます。

おすすめ>>【無料】仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

僕の場合、強み(書くこと、発信すること)を理解して、それを本業にするようになって、仕事の満足度と年収が格段に上がっています

なので、強みの把握は非常におすすめです。

強みの生かし方、得意な作業を見つける方法

あと、以下の記事も役立つので、読んでみてください。

>>自分に向いてる仕事がわからない、向いてる仕事がないと悩んだ時に考えるべきこと

>>楽しい仕事と一生食っていけるスキルを見つけるために必要なこと

>>【仕事】いつまでも毎日楽しく生きるために実践してることまとめとく

才能あることでも、不安があるなら副業から始めよう

なお、才能あること、得意なことを見つけて「これなら独立できそう」と思えるビジネスプランを思いついた上でも不安があるなら、

まずそれを副業でやってみるといいです。

参照:【副業】月5万円稼ぐ方法33コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

実際、ぼくは向いてそうなブログを副業で始め、本業の収入を抜いてから独立しました

こんな感じで、まず副業でテストするとリスクを抑えられるので、独立を考えてる方には試してほしいですね。

>>フリーランスの仕事にはこんな種類がありますよリスト(34職種)を作りました

大企業に居続けるほうがリスク

あと、「会社員の安定を捨てるのが怖い」と思っている人には、スキルのつかない会社に居続けるリスク、

不毛な仕事を続けることによるリスクの方が高いことを認識しましょう。

独立した方がスキルはつきますし、生きていく力も養えます。

独立すると、かなり力がつく

独立(起業)して思いましたが、独立して自分で稼いでみるのがいちばんのスキルアップになります

なので、過度に恐れる必要はないです。

>>優秀な会社員は独立した方が年収上がるから会社辞めたほうがいい

ビジネスプラン(事業アイデア)がない場合

この場合、まず稼げそうなものを小さく始めるといいですよ。

そこで稼ぐ感覚(基礎体力)をつけておけば、事業アイデアが思い浮かんだ時、すぐ行動に移せます。

むしろ、「アイデア」より「どう稼いで事業を続けていくか」の方が大事なので、先にこっちを身につけておくのはいいことです。

起業する際は、小さく始める

あと、何かしらで商売感覚を養っておくと、いやでも事業アイデアは浮かんでくるので、まずはお金を稼いでおきましょう。

スガシカオさんも「やりたいことがないときに、やっておくべきは貯金だ」と言ってましたからね。

有名な起業家も、創業する前はあらゆる手段で開業資金を用意したわけですし。

起業するために必要なお金がない

会社を作るお金がないと言ってる人は、会社というハコを作る費用が意外と安いと知りましょう。

いまだと、「会社格安センター」を使えば、8万円くらいで法人設立できます。(合同会社の場合)

株式会社だと、25万円くらいかかりますが、株式会社でも合同会社でもやれることはそんなに変わらないので、ぼくは「合同」をおすすめします。

※収入印紙でいちばんお金がかかります

事業資金がない場合

僕の場合、事業資金はほとんどかかりませんが(サーバー代、ドメイン代くらい)、

他の業種だと設備、原資(資材)調達などで事業資金が必要なものもあります。

ただ、その場合でも、開業のための助成金制度があります

>>貯金が少なくても起業できる! 会社設立直後に利用できる助成金・補助金

クラウドファンディングなどでの資金調達も

他だと、クラウドファンディングpolcaなどで資金調達できますし、お金持ちから寄付金を募れる方法もあります。

>>ビットコイン寄付がすごかった!世界中の子供たちやNPOに気軽に支援できます @仮想通貨の取引所「コインチェック」

なので、こういった手段でお金を集めるのもありです。

ICOという手段もありますが、法理的にグレーなので、今は使えませんね

ブログを会社の事業にすることについて

参照:ブログで稼ぐ方法と収入の仕組み(アドセンス、アフィリエイト)を基本から説明してみます

参照:【保存版】ブログでアフィリエイト収入を得るのは可能なのか?始め方から稼ぎ方までまとめてみます

>>月25.6万PVで191万円稼いだので、そのために大事だったことまとめとく(売上の内訳も公開。海外取引所のアフィリエイトについても言及)

独立方法(個人事業でやる)がわからない場合

これはめっちゃ簡単です。管轄の税務署に個人事業主の開業届けをするだけ。(紙1枚だすだけ)

なお、独立の際の知識は以下の記事も参考に。

>>フリーランス(個人事業主)やサラリーマンが知らなきゃ損する節税対策

自営業として知っておきたいこと

>>フリーランスになる前に準備しておきたい「必要なもの」20コまとめ

>>会計ソフト「freee」を使った3回目の確定申告(青色)で気づいた注意点5つ @埼玉県の越谷税務署

>>【節税】小規模企業共済の加入手続きと必要書類、資格、メリットなどをまとめたよ

法人化の方法がわからない

これ、めっちゃめんどいので注意が必要です。以下のことが必要です。(会社格安センターを使うといいです

・定款つくる(外注がおすすめ)、法人印鑑つくる(アマゾンの1000円のでOK)

・会社設立に必要な書類を用意して法務局で手続きし、約1週間後、登記を完了させる

・これで法人ができたことになるので、税務署などで事務手続き(厚生年金保険とかの。これは税理士さんに外注した)

・法人口座作って、振込先をそちらに設定

こうした作業が必要です。

ぶっちゃけ、これは自分でやるの不可能なくらいに面倒なので、ぼくは税理士さんにお願いしました

※税理士さんは、「税理士ドットコム」で見つけました。

法人化するか個人事業主か

よく、「年商1000万円超えそうなら、法人化を」と言われますが、ぼくはもっと前から法人化してもいいと思っています。

その辺は、こちらの記事も参考にしてみてください。

>>【個人事業主へ】所得が900万円超えそうなら速攻で法人化しよう!3ケタ単位で税金変わってくるからw

会社を作った人はそれだけですごい

あと、これも知っておきたいですね。

これだけ行動できる人はたぶん成功するので、自信を持ちましょう。

起業(独立)しやすい職種

あと、(特に大学生は)独立しやすい職種も知っておくといいです。

以下の職種だと会社員としてスキルを積み上げしながら、独立後にもいかせますね。

営業、エンジニアプログラマー)、デザイナーライター、(web)マーケティング、PRする人

では、詳しく書いてみます。

ものを売る経験・スキルは貴重

営業はわかりやすいですよね。ものを売る力のある人は、自分で別で商品を持った時でもそのスキルを横展開して売れます

これは何も対面営業に限らずで、インバウンドでものを売れる人も強いですよね。

例えば、ブロガー(アフィリエイター)がメディアに集客して、ものを売るように

こんな感じで、(オンライン・オフラインで)価値を伝えて、相手にお金を出しててもらえるスキルがある人は強いです。

専門スキルがあると独立できる

あと、プログラマーのように自分で商品(アプリwebサービス)を作れる力がある人も独立しやすいし、

僕の知人もエンジニアとして会社を作ってます。

>>初心者時代、プログラミング独学に挫折したぼくが正しい勉強法やおすすめサイト、本まとめとく

同じ感じだとデザイナーもそうで、独立して地方に住み、都内の会社と契約して仕事をしてる人もいました。

マーケのスキルを活かしてPR案件の代理店をやってる人も

他だと、企業でWebマーケティングのスキルをつけて、起業した人もいますね。

その人は、PR案件の代理店みたいなことをやっていて、広告を出したい企業とインフルエンサーのマッチングをしています。

こんな感じで、独立後、武器として使えるスキル、それを身につけられる職種は知っておきましょう。

>>ITフリーランスで良かったなーと思えるメリット7つ、デメリット9つ

ちなみに、ぼくはエンジニアやってました

その体験記は以下のとおり。

参照:新卒1年で仕事を辞めた結果どうなったか(独立してからのその後)を書いておく

参照:ベンチャー就職で転職を考えるほど後悔してたけど「ちきりん本」に救われた

起業するならメンター(ロールモデル)を見つけよう

これはすごく大切です。

ぼくはプロブロガーの先輩をロールモデルにしたことで、独立できました

>>
人生を変えたいならロールモデルに出会いなさい

その方はメンター的に都度、アドバイスをくれたり励ましたりしてくれて、今もかなりお世話になっています。

こんな感じで、自分を引き上げてくれる人に出会うのはすごく大切です

主婦の方が起業する場合

なお、主婦の方が起業する場合は、紹介した専門スキルを活かしたり、在宅でできる事業を選んだりするといいですよね。

それでいうと、「ままはっく」のまなしばはかなりいいロールモデルだと思います。

彼女は妊娠中にブログを始め、地道に続けていき、ブログ(メディア運営)を本業にした方です。

すごくストイックで尊敬できるので、チェックしておくといいですよ。

カメラで手に職をつけた女性も

あと、地方に取材に行った時、カメラを覚えてスキルをつけ、会社も作った子持ちの女性の話を聞きました。

>>クリエイターの報酬(収入・単価)は覚悟の量で決まる

今は、女性のビジネス用写真を撮影する仕事をしていて、

自分がいなくても回るような仕組みを作っているそうです。(子供との時間をつくれるように)

カフェ開業という道も

インベスターZという漫画における話ですが、主婦の方が居抜き起業でカフェを始めてました。

こんな感じで、低コストで飲食店業を始めることも可能なんですね。

カフェ開業について

>>【屋久島】移住者が開業したカフェ「Maruya」で「会社員が一番怖い」という名言を聞いた話

>>「田舎に移住してカフェを開くと、どんな生活が待ってるの?」を聞いてきた @屋久島

学生起業について

あと、大学生とかの起業についてですが、ぼくはやってみればいいじゃんと思っている派です。

実際、知人で学生起業して大学も中退した人がいました。

その方はWebサービスの開発で起業したのですが、数年後、うまくいかず、サービスも停止しました

起業の経験はすごく貴重で役立つ

ですが、そのあとはベンチャーキャピタルとして働くようになり(会社員)、活躍されています

このように、学生起業して失敗しても、貴重な経験を生かし、その後も活躍できるのです。

こうした事例を知ってからは、学生起業もありだなと思うようになりました。

起業する際に読みたいおすすめ本

なお、起業したい方には以下の本をオススメしたいですね。(ぼくが勇気づけられた本)

・こんな僕でも社長になれた、夢をかなえるゾウ、非常識な成功法則、就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法

渋谷で働く社長の告白、起業家、漫画版:海賊と呼ばれた男

セミナーは行かなくていい

あと、高いお金を払ってセミナーに行くなら、まず実際に小さくてもいいので、事業を始めた方がいいですね。

ただ、数千円のオンラインサロンなどであれば、テストがてら少額試してみる価値はあります。

人とのつながりができるものには投資してもいいですね。

SWOT分析とかもいらない(まず手を動かせ)

あと、SWOTみたいなフレームワーク大好きで、実際に手を動かさないビジネスモデルオタクにはならない方がいいですね。

起業してビジネスを伸ばすのに大切なのは、まず試して改善していくことです。

なので、最低限の準備をしたら、自分の商品を世に出してみましょう。

起業したい人向けのメッセージ

あと、これも大事です。

心が折れそうになった時に見返したい

独立、起業すると不安になることもありますが、そんな時はこの言葉を思い出すといいです。

というわけで、以上です。

関連記事

>>【副業】家にいてもOK!ネットでお金を稼ぐ方法や賢いお金の稼ぎ方まとめとく

>>今より収入を増やす方法とヒントまとめ(副業したい会社員、主婦向け)

>>【仕事】ブログを書きつつノマドワーキングしてる身として年収や可能な職種(求人)をまとめてみる

>>天職を見つけたいならスキルに値段をつけてミニ商売をやってみよう

仕事で悩む人から人気の記事

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、仮想通貨などの投資で役立つ情報が手に入ります。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!