所ジョージさんの名言「苦労とか努力っていう人はたぶん才能ないんだと思う」から考える諦めの重要性

公開日: : 最終更新日:2017/07/22 仕事・キャリア, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

所ジョージさん、千原ジュニアさんの言葉から得た学びを紹介します。

「努力」「苦労」と感じる仕事に取り組んでいるのなら、向いてないから辞めた方がいいかもしれません。

所ジョージさん「苦労とか努力っていう人はたぶん才能ない」

タレントの所ジョージさんがテレビ番組でこんな事を語っていました。それが心に突き刺さったのです。

苦労とか努力っていう人はたぶん才能ないんだと思うよ

「ゆるい」イメージの所ジョージさんが、これだけグサリと刺してきた事に衝撃を受けたのですが、聞いた瞬間「まさにそうだな」と思ったのです。

関連記事:「仕事がつまらない=当たり前」ではない!会社辞めたい人向けに、その原因と対策まとめとく

関連記事:web系プログラマーを辛い、辞めたいと思って1年で辞めた人間がその理由と当時の生活書いとくよ

そして、「うたがいの神様」で千原ジュニアさんが語っていた事を思い出しました。

スポンサーリンク

千原ジュニアさん「失敗や反省を大変と感じるなら向いてない」

それが以下の言葉です。

「人を常に笑わせないといけないって、大変じゃないですか?」と訊かれても、やっぱり、別に大変だとは思わないですね。

失敗するし反省する事はありますけど、そこで大変だと感じるなら、向いてないってことじゃないですか?

それは、芸人以外のどの仕事でも同じ。反省したり失敗した時に、大変だと思ったり、メゲて仕事が手につかなくなる。

それは、その仕事が向いてないってことだと僕は思う。どんな悪い状況になったとしても、その仕事の事をどこかで面白がっていられるかどうか。

それが大事なんです。

これも所さんの言葉とほぼ同義で「反省の際に辛いな、自分は苦労してるなという実感があったら、その仕事は向いていていない」ということなんです。

関連記事:新卒1年で仕事を辞めた結果どうなったか(独立してからのその後)を書いておく

苦労している感覚がない分野で力を発揮しよう

僕もこれと同じ意見を持っています。

自分が取り組んでいる事に対して「苦労してる俺(ドヤっ)」みたいな感覚があったら、そこには嫌々やっているという感覚が混じっているんです。

現に僕はそういった経験を何度もしてきていて、その分野で大成する事はありませんでした。

なにしろ、嫌々やっているのですから。

参照:残業のない仕事が結構あることに最近気づいた

参照:ブラック企業の見分け方と特徴9つを知ってますか?

夢中でやれる仕事を見つけよう

それよりも、反省・改善するための取り組みを進んでやれる、気づいたらやっているくらいのレベルで取り組めることをやった方が成果は出ます。

実際、その状態を現在のブログ生活で実感しています。

参照:ブログで稼ぐ方法と収入の仕組み(アドセンス、アフィリエイト)を基本から説明してみます

参照:ブログのおすすめ!収入を得たい初心者のために6サービス(無料&有料)を比較しました!

参照:【プロブロガー直伝】WordPressでブログを作成する方法やおすすめのサーバー、使い方などまとめ

「仕事を仕事」と思わなければ最強

ブログ生活の中で、反省すべき点や改善すべき点はまだまだあります。

しかし、それを改善しようとする際、「苦労している」という感覚はありません。むしろ、進んでやっているというレベルです。

関連記事:フリーランスの仕事にはこんな種類がありますよリスト(34職種)を作りました

関連記事:やりたくない仕事はもうやめよう!「石の上にも3年で仕事しろ!」のウソに惑わされるな

少年時代のカブトムシを捕まえる感覚で仕事に取り組む

この感覚は大ヒットした自己啓発本「夢をかなえるゾウ」でも語られていた事です。

小学生のときの自分思い出してみい。
自分が一番力発揮できとったの、嫌々やる宿題でやったか?

ちゃうやろ。
カブトムシどうやって取るかとか、ドッヂボールやったり、ゲームやったり、そういうときに脳みそフル回転やったやろ

自分ででかい仕事しよう思ったら、成功しよう思ったら、あのカブトムシ取るときの感覚が仕事の中に少しでもないとあかんで

自分の持ってる能力100%発揮して、やっと人より優れた仕事出来んのに、嫌々やっとったら絶対小さい仕事しかでけへんよ。

引用元:仕事がつまらなくて悩んでるあなたに読んでほしい名言

「力を発揮するには、少年時代のカブトムシを捕まえる感覚が必要だ」という事なのです。そこに、嫌々やっているという気持ちは一切ないですよね。

イヤイヤ仕事をやっている毎日に疑問を持とう

こうしたことがあるので、毎日の仕事で「嫌々やっているな」という自覚があるなら、その仕事がふさわしいかは疑った方がいいです。

僕のように、環境を変えた方が毎日が楽しくなるかもしれませんから。

関連記事:仕事辞めたいって、日本で働いてたらそう思うのも無理はない

関連記事:やりがいのある仕事に必要なのは「やりたいこと」「やれること」「人の役に立つこと」

環境を変えることは悪いことではない

諦めは重要です。違うことに取り組んだ方が力は発揮できますし、仕事も楽しくなります。

仕事は今の環境以外にもたくさんありますし、最近は人材不足が深刻化しています。

参照:通勤せずに地方からのリモートワークで月40万円の収入を得られる時代(在宅勤務OKの会社、求人まとめ)

参照:新しい仕事がしたいと思った時に転職できそうな業界・職種を見つける方法

今の環境に固執する必要はない

1つの職場に固執せず、新しい環境を探せば自分が楽しいと思える職場を見つけられるかもしれません。

なので、以下の記事を参考にしてふさわしい環境を探してみてください。

参照:仕事のモチベーションが低下してた会社員時代にやっておきたかったこと <<Check!

参照:天職を見つけるために必要な17のこと <<おすすめ

スポンサーリンク

他にもある所ジョージさんの名言

本題からは逸れますが、他で好きなのは「年をとる」ではなく「年をもらう」と表現しているところ。

これは、千原ジュニアさんが所さんと番組共演して語っていたこと。

一般的には、「年をとる=老いる」というネガティブなイメージがありますが、所さんは「年をとる」という表現で尊いこと、ポジティブなこととして捉えているんですね。

こう考えておけば、30すぎて年齢が気になっても誕生日をポジティブに考えられるようになりますね。

所さんの相手への気遣いが素敵

言葉として発していませんが、文章で表現する気遣いもすばらしいのです。

芸能界では、大物に新人が楽屋挨拶にいくという暗黙のルールがあるんですが、そうした手間を若手にかけさせないために、所さんは楽屋に「打ち合わせ中なので、ノックしないで下さい」と張り紙をしてるんですよ。

こうした優しさもぜひみにつけたい所です。

夢は持たない方がいい

あと、妻夫木聡さんと共演したビールのCMで語られた名言も良かったですね。

夢は持たない方がいい。

何かやってて夢が見えてくる。それが見えるまでは、夢を見ない方がいい

反省ってのは結果が出て反省。

結果が出てないうちは反省に及ばない。

これは、すぐに夢を諦めてしまう人に響く名言ですね。こちらも覚えておきたい言葉。

合わせて読みたい>>片道1時間のきつくて辛い電車通勤をやめれば月に12万円も得をする

こちらも>>【保存版】一人でできる仕事に就くために必要なこと、仕事の種類、求人まとめ

ではまた!

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!