脱サラしても失敗しにくい仕事・職業は何?独立の成功例からおすすめを解説

この記事では、「脱サラ経験者」として、低リスクで成功しやすい仕事・稼ぎ方を紹介します。

「脱サラするなら何を、どんな仕事をすべき?」「20代〜50代でも可能?」「お金が不安」と思っている方は参考にしてください。

結論、脱サラしたいなら、まず自分の強み、得意なことを知りましょう

筆者
強みを知ることで、成果の出せる仕事を見つけられるんですよ。

ぼくは「書く、発信する」という強みを見つけて、

それを活かせる仕事に就き、仕事の満足度と年収が格段に上がっています。

なので、起業・脱サラを考えてる方は、以下の診断で強みを把握しておくといいです。

筆者
また、脱サラしたいなら、何をするにもお金が必要なので、まず貯金しておきましょう。(今やりたいことがなくても)

これは脱サラして歌手になったスガシカオさんも言ってることです。(それだけ大事なんですね)

お金さえあれば、やりたいことが見つかった時にすぐ動けるので、これは絶対にやっておきましょう。

以下のサイトでお金を無料登録だけでもらえてお得なので、チェックしましょう!

1万円もらえる!おすすめ口座
ストリーム無料の口座開設で5000円もらえる!
Streamアプリのキャンペーン

LINE証券無料の口座開設で5000円もらえる!

働かずにお金を得られると、さらにお金が貯まるので、以下のリンク先も見ておきましょう!

脱サラにおすすめの職業

では次に、おすすめの仕事を紹介しておきます。

以下が脱サラして成功しやすい職種。

共通点は、「(前職)本業のスキルを活かせる」「副業でスキルをつけられる」です。

・投資家、ブロガー(アフィリエイター、メディア運営者)、Youtber、インフルエンサー
・ライター・編集者、メディアコンサルタント、PR(広報)
・エンジニア、デザイナー、イラストレーター
・マーケッター(代理店、広告出稿)
・コンサルタント
・士業(税理士、弁護士。営業必須)、美容師、カメラマン

スポンサーリンク

脱サラする際に考えたい「商売」の原則

あと、起業なり独立する際は、以下の商売の原則を知っておくといいです。

というわけで、これを頭にいれて、以降の文章と以下の記事を読んでみてください

スポンサーリンク

メディア運営は脱サラに向いてる

低リスクな仕事で脱サラした身としては、上の4原則を満たしたメディア運営の仕事はおすすめしたいですね。

ぼくに限った話ではなく、他にもブログ、サイト運営で独立してごはんを食べてる人がいますから、不可能な話ではないです。

なので、脱サラを考えてるなら、副業でもブログを書いとくといいですよ。(仕組みなどは以下の動画でチェックしてください)

以下、読者から絶賛されまくっている記事です。

メディア運営に関わる仕事はいろいろある

また、自分でサイトを運営しなくても、ライターや編集者としてやっていく方法もあります。

フリーランスとして、複数社のPR担当として働いている方もいます。

あと、会社員として働き、スキルをつけてから独立する方法もあり、

スキルがつく会社は求人サイトでわかるので、みておくといいです。

筆者
独立する人が生まれてる会社を調べましょう

事業立ち上げのスキルがつく求人をチェック

ちなみに、人気の求人サイト「リクナビ」には新規事業立ち上げを経験できる求人が700件以上あります

スクリーンショット 2018-09-13 14.25.07

こういった仕事をすると独立するための力がつくので、チェックしておきましょう。

※リクナビには以下の人気診断もあるのでチェックしましょう!

専門職として脱サラして成功してる人たち

あと、エンジニア、デザイナーとして独立して成功してる人もいます。

鉄道からプログラマー

その辺は以下の記事をどうぞ。

専門職として独立するのに必要なこと

なお、エンジニアやデザイナー、ディレクターとして独立できた人は会社員時代にその道で力をつけていました。

なので、独立を目指すなら、それだけの力がつく会社(特にベンチャー)で働くといいですよ。

ホワイト求人のある人気サイト
type転職エージェント転職で年収1000万円の事例も!

就職Shop未経験からの転職で年収アップ者が続出

プログラミングができると有利

さらに、プログラミングができると独立しやすいので、まずはプログラミングを学ぶといいですよ。

学ぶ方法、未経験からプログラマーになる方法は以下の動画でチェックしてください。

最近だとプログラミングスクールに通うのが当たり前で、小藪さんも利用したテックキャンプが人気です。

まずは無料でサイトを見ておきましょう!

\ 実績や口コミを知る /

テックキャンプのサイトへ

プログラマーの現状は以下の記事でチェックしてください。

コンサルや移住支援で独立した人

コンサルなどで独立した人は、会社員時代、コンサル系の会社で働いていました

なので、その道で独立・開業した人はそういった会社で働くといいです。

(原則に沿わない)ハードル高めの脱サラ事例

うまくいってる人もいますが、個人的にはちとハードル高いと思う脱サラパターンは、以下。

・農業、カフェ・飲食店経営、パン屋、ゲストハウス経営

では、ここでも取材して聞いてきた話を載せておきます。

労働集約モデル、原価がかかる分野での脱サラは大変

あと、自分が働き続けないと報酬が入ってこない働き方をするときついですね。

フードコーディネーターとして独立した方がいるのですが、クライアントワークが多く、稼働し続けなければいけないので大変そうなんですよね。

自分で事業を作ろう(雇われでなく)

やはり、独立したら自分で商品や事業を作って稼いでいくのがいいですね。

他だと、原価が必要なものづくりも大変そうなので、覚えておくといいです。

専業投資家は無理ゲー

あと、投資一本で食ってく(デイトレーダー)のは、めっちゃむずいので諦めましょう。

稼ぐ力をつけつつ、稼いだお金を投資に回して年利10%で回しいくのが理想です。

儲からなそうだしやめた方がよい職業

脱サラの中でやめておいた方がいいと思うのは以下。

・フランチャイズ(コンビニ)
・音楽家(オフラインのみ)
・小売り

知人の親がコンビニオーナーで大変そうだった

特に、コンビニとかのフランチャイズ系は会社員と構造が変わらず、資本家に労働力を差し出すモデルですから、オススメしません。

オーナーとはいえども、雇われの身で「年収1000万円!」が可能なわけじゃないです。

実際に、知人の親がコンビニオーナーをやっていてその大変さを知ったし、

いま居酒屋をやってる人からもコンビニ経営のめんどくささを聞きました

なので、ぼくはこれまで紹介した通り、原価がかからない分野で自分で商品を作って売るやり方がいいと思ってます。

脱サラして後悔してる人に会ったことがない

ネットでは「脱サラして後悔した」系の体験談があるようですが、ぼくの周りではそういった人がいませんね。

脱サラして始めた事業がダメでも、また別のことをしたり、会社員に戻ったりして前向きに働いてます。

商売は作って売ればいい(あとはPDCA)

あと、自分でビジネスをやってみると、その分スキルもつくので、いい経験になるんですよね。

なので、過度に脱サラを恐れなくてもいいかなと。

脱サラが怖いなら

とは言っても、いきなり独立するのは怖いと思うので、まずは独立しても食っていくスキルをつけられる会社で働くのがいいです。

そして、そういった会社はリクルートなど、新規事業に関われる会社なので、その辺に転職しましょう

成功率は関係ない。やり続けたら成功する(マネーの拳、参照)

あと、脱サラの成功率が気になる人がいるみたいですが、そんなの気にしなくていいですよ。

なんだって、本気でやれば成功しますから。

なので、やりたいことがあったら、淡々と続けましょう。

働きながら(給料をもらいながら)、スキルアップする方法

IT、Web業界では人手不足で、常にプログラマーを欲していて、そんなに高いスキルでなくても、採用してくれるところがあるんですよ。

なので、脱サラ前にそういった会社で学びながら給料をもらって、スキルをつけるのもありです。

以下のサイトで求人を見ておきましょう。

ホワイト求人のある人気サイト
type転職エージェント転職で年収1000万円の事例も!

就職Shop未経験からの転職で年収アップ者が続出

脱サラ何をする?な人におすすめの職業

あと、食品配送のウーバーイーツで稼ぐ人もいますね。(1日の売り上げは4000円〜1万円)

※タクシー運転手のUberは日本では稼げません

脱サラで失敗・後悔しないために成功例を知る

あと、手持ちの資産を貸し出すことでも稼げます。(こういう小商いから本業にしていくといいです)

今のうちから稼げる事業を見つけておく

将来、脱サラ(起業、独立)を考えてるなら、会社勤めなどをしてる今のうちから稼げる事業・ビジネスを見つけておきましょう。

※ミニビジネスで商売感覚を養うと、独立できる事業が考えられるようになります

【お得】駐車スペースを貸し出して24万円稼げる

あと、駐車場スペースを貸して稼げる「特P」というサイトもオススメです。(スマホと駐車場があれば誰でも稼げます

バイク・車を止められる空きスペースさえ持っていれば、このサイトで不労所得を得られるのです。(放置でOKです)

筆者
駐車場貸し出しが気軽に楽に稼げる副業として注目されてます

脱サラして幸せです

脱サラで準備するものはお金だけ

お金があれば余裕ができ、思い切ってチャレンジできます。

それ以外は独立してからがんばってるとどうにでもなるので、まずは安心できるくらいの蓄えを用意しましょう

筆者
お金を用意するために、以下の記事もチェックしましょう

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。