【評判】CODEALのデメリットやコデアルで副業で稼げる求人を解説

Codeal

この記事では、エンジニアと企業のマッチングサービス「CODEAL(コデアル)」のデメリットや評判を解説します。

空いてる時間のあるエンジニアのリソースをフル活用できるサービスを知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
フリーランスが月に30~40万円の収入を得ている、本業がある社員でも副業で15万円稼げている

・リモートで働く人もいる

・大手や有名企業の求人もある

・スキルを活用して収入を得たいエンジニアにおすすめ

結論、コデアルは単価も良く、人気であり似たサービスとして、レバレックキャリアがあります

こちれでも高単価で週1OK、完全リモートOKの案件もあるので、チェックしましょう!

\ 年収1000万円も可能 /

レバテックキャリアで案件を知る

コデアル株式会社 代表取締役の愛宕(あたご)さんに独自取材してきました。

副業したいエンジニアと人が足りないスタートアップをマッチング

「CODEAL」は、副業したいエンジニアと人が足りないスタートアップをマッチングするサービス。

エンジニアは副業できる会社を探せて、スタートアップは副業したいエンジニアを見つけることができます。

エンジニアが「CODEAL」を使う際は、GitHub(ギットハブ)のアカウントと一緒に登録することになります。

意外とある「週3」「リモートOK」案件

なお、自由度の高い条件の仕事を探しているなら、「レバテックキャリア」と「レバテックフリーランス」も使ってみるといいですよ。

「レバテックフリーランス」だと、こんな感じで週3案件があります

スクリーンショット 2017 10 11 11 38 15  1

あと、「リモートワークOK」な求人も

スクリーンショット 2017 10 11 11 39 06  1

「レバテックキャリア」の場合だと、リモートワーク案件は「フリーランス」より多かったです。

スクリーンショット 2017 10 11 11 40 30  1

在籍するエンジニアの中には自宅でのリモート開発を行っている方も多く、自由度の高い理想的な環境が整っています

「週3案件」だと、「週2案件」なんて好条件もありました

勤務については週2回の打ち合わせのみ参加必須で、基本的には個人に出勤の有無が委ねられており、

在宅勤務も可。出勤時間や服装も全て自由となっています。

なので、興味がある方は、利用しておくといいですよ。

人気サイトです
レバテックキャリア年収1000万円以上も狙える

レバテックフリーランス週1OK、完全在宅OK

ギットハブ登録で、エンジニアのスキルがわかる

コデアルで使うGitHubというのは書いたコードを公開しておけるサービス。

ポートフォリオになる場所で、スキルをアピールできます。

GitHubを見れば、その人の学習意欲、実力がある程度わかるため、採用でチェックする企業もあるんです。

このようにして、CODEALでも実力を把握してもらうためにアカウントを載せておくのです。

スポンサーリンク

求人はスタートアップが多い

「CODEAL」に掲載されている企業は、スタートアップが中心。

例えば、弁護士ドットコム、PR TIMESなど。(最近は大企業、目がベンチャーの案件も増えました)

副業したいエンジニアが使っておくと、幸せになれるサービスCODEAL

中には、週1のミーティング参加でOKで、月15万円の条件も

副業で月15万円稼げる

もちろん、リモートワークOKの求人もあります。

スクリーンショット 2016 06 09 16 14 10

「所要時間」はあくまでも目安。あまり気にする必要はないとのこと。

スポンサーリンク

働いた時間でなく、出した成果で評価される世界を目指している

愛宕さん曰く「働いた時間でなく、出した成果で評価される世界を目指している」とのことで、

あくまでも成果を重視してほしいのだとか。

こうした考えから、報酬は時給でなく、「月額いくら」で掲載されているものがほとんどです。

応募から採用までの流れ

なお、「CODEAL」の求人を見て、いい企業があれば応募に進みます。

スクリーンショット 2016 06 09 16 24 43

応募の際は、企業に通知が行き、GitHubなどの情報をもとに選考が進みます。

申し込みによって、あなたの登録情報(メールアドレス含む)が、サービスの開発チームに通知されます。

ポートフォリオ情報を充実させておくと、連絡を受ける可能性が高まります。

その後、開発要件について説明を受ける日時を調整します。説明はビデオ通話、または対面で行います。

地方でリモートワークを希望する方は、ビデオ通話を利用すれば、オフィスまで行く必要はないとのこと。

GitHub以外にも判断基準がある

また、「CODEAL」のエンジニア採用では、GitHub以外の要素も見られるんだとか。

それが、適正とやる気。

スタートアップの採用では、技術以外の面も大事なようで、

技術が高くてもサービスにコミットする姿勢や、やる気がなければ採用は難しいそうです。

その辺は、ビデオ通話を通して評価されるので、エンジニアの方は意識しておくと良いでしょう。

30日間のお試し期間で辞退も可能

そして、実際に採用されると働くことになるわけですが、中には「働いてみて合わなかった」なんてケースも想定されます。

そんな時でも安心なルールが設定されているんです。

それが、30日間のお試し期間

不幸なマッチングを防げる

30日間働いてみて、企業が合わないなと判断したら、採用を見送ることができるのです。

また、エンジニア側も「イメージと違った」などあれば、そこで働くのを拒否することができるんです。

これにより、不幸なマッチングを防げるわけですね。

正直な運営姿勢がすばらしい

人材のマッチングサービスというのは、採用されることにより、企業から運営者が仲介料をもらえます。

なので、運営者としてはマッチング数を増やしたいわけです。

こうした事情があるため、通常は「お試し期間」はありません。

しかし、愛宕さんは企業とエンジニア双方の幸せを願っているため、こうしたルールを設けているんです。

これなら、企業も安心して採用できるし、エンジニアも気軽に応募できるようになりますよね。

人気サイトです
レバテックキャリア年収1000万円以上も狙える

レバテックフリーランス週1OK、完全在宅OK

掛け持ちして月40万のフリーランスも

では、実際に採用された人たちはどれくらい稼いでいるか、という現実的な話もしてみます。

CODEALには、案件を掛け持ちして30~40万円稼いでいるフリーランスもいるそうです。

その中には、リモートワークで参画する人もいます。

ドイツで働く人も

さらに、ドイツにいながら働く人もいるようで、まさに「場所に縛られない働き方」が体現されています。

副業でも、15万円の収入を得ている正社員エンジニアもいるそうで、

スキルを活用して収入を得る人を輩出しているわけです。

企業はエンジニアをスカウトできる

なお、最近は企業がエンジニアの情報を見て、スカウトできる機能も実装されました。

ただし、副業がバレることを懸念するエンジニアもいるため、情報は一部だけ見れるようにしているとのこと。

また、スカウトが殺到することを嫌がるエンジニアもいるので、そうならないように実装されています。

人気サイトです
レバテックキャリア年収1000万円以上も狙える

レバテックフリーランス週1OK、完全在宅OK

コデアルのデメリット

ただ、コデアルには以下のデメリットもあります。

・単価が最高クラスではない
・まだ無名ベンチャーが多い

それぞれ解説します。

単価が最高クラスではない

コデアルの類似サービスはいくつかありますが、それらよりはコデアルの案件は安めです。

また、コデアルでエンジニアを募集している企業は無名ベンチャーが多く、大企業は他と比べ少なめです。

その分自由度も高まりますが、報酬を重視したいなら、他のサービスがいいです。

なので、高単価を求めるなら以下2つのサービスを使いましょう!

人気サイトです
レバテックキャリア年収1000万円以上も狙える

レバテックフリーランス週1OK、完全在宅OK

コデアル(CODEAL)の評判、口コミ

次に、コデアルへの評価や感想をまとめます。

企業として、スポットでエンジニアを採用でき、便利に使える。
正社員採用でないため、採用のハードルが低い
エンジニアとして、自由な案件を求めていたので、ありがたい
完全リモートワークOKで、週2〜5コミットを選べるのがいい
東京や名古屋、大阪、福岡などの都市にいなくても、地方・田舎で収入を増やせるのはありがたい

コデアル(CODEAL)がおすすめな人

コデアルは、自由度高く仕事をしたい方におすすめです。

逆に、報酬などが良く、完全リモート、週1OKなどの案件を求めている人にはおすすめしません。

高単価の案件などを探している方は、以下のサービスを使いましょう。

人気サイトです
レバテックキャリア年収1000万円以上も狙える

レバテックフリーランス週1OK、完全在宅OK

【まとめ】スキルを正当に評価されるサービス

紹介してきたように、CODEALを使えば、空いた時間とスキルを活用して稼げるようになり、企業としては人手不足を解消できるようになります。

エンジニアは、リモートで働けて週1のミーティングに参加すれば、あとは自由に働くことができます。

その際は、適正な報酬ももらえます。

なので、空いた時間で副業したいエンジニアや、エンジニアが足りてないスタートアップの方はぜひ利用してみてください。

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。