短期間でJavaScriptを習得し、アプリ・Webサービスをつくるための勉強法

公開日: : 最終更新日:2018/06/26 WEBサービス, プログラミングの勉強サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回書いた「短期間でプログラミングを習得してWebサービスをつくるための知識と方法まとめ」が好評だったので、

今回は、JavaScriptに絞って習得するための方法をまとめてみたいと思います。

入門編としてご覧下さい。

なお、最後の方に一番大事なことを書いたので、必ず目を通してください。

JavaScript初心者でもなんとかなった

ちなみに、一番最初に、JSに触れた時は、Hello, Worldを表示させたり、aタグでリンクをはったりしかできませんでした

ですが、現在はjQueryで社内システムの画面作り(Ajaxとかを使って)を任せてもらっています。

スポンサーリンク

【重要な追記】プログラミング独学はキツい

と、本題になる前に重要なことを書いておきます。

僕も最初そうでしたが、JavaScriptなどプログラミングは独学だと難しくて投げ出したくなります

僕もできずに心が折れかけていました

そんな時に東京でプログラミング教室をやっていることを知り、参加してみたのでした。

>>プログラミングでできること、日常生活での活用例、主要言語などまとめ

スポンサーリンク

プログラミング教室で理解速度は格段に上がる

結果、プログラミングへの理解度がかなり高まり、その後の勉強がスムーズにいきました。

なので、僕はお金を払ってでも、プログラミング講座、スクールには行った方がいいと思っています。

当時、学生ながら3万円くらい払いましたが、そこに投資して本当に良かったと思っています。


>>プログラミングを無料体験してみる
“"

今ならネットで学べて、豊富なコースがある

最近だと、「オンラインブートキャンプ“"」というサイトがあり、ここではオンライン上でプログラミングを学べます。

スクリーンショット 2017 10 20 12 12 43  1

ここには、JavaScriptを学べるコースもあり、こんな人がオススメだそうです。

スクリーンショット 2017 10 20 12 13 17  1

僕が経験したように、スクールは理解度を格段に高めてくれますので、まずはサイトで無料体験してみるといいですよ。

>>無料体験でプログラミングを知る“"

※サイトには受講して就職(転職)できた人の事例も載ってます

なぜ、JavaScript(JS)がいいのか?なぜ勉強するのか?

では次に、なぜJSをお薦めするのかを説明します。

①ネイティブアプリがつくれちゃう。

ネイティブアプリとは、iPhoneアプリとか、Androidアプリのことです。

これまで、iPhoneならObjective-C、AndroidならJava(JSとは別物)というプログラミング言語を使って開発しなければなりませんでした

つまり、iPhone, Androidに対応するアプリを別々につくる必要があったのです。これは、非常に手間がかかります。

iOSとAndoroidの両方開発はしんどい!

さらに、両方とも学習コストが高く、スキルをつけるのに時間がかかります。

そこで、登場したのがTitaniumやPhoneGap, Sencha Touch。両OSに対応するアプリを同時に開発できる便利ツールです。

JavaScriptだけでiPhone、Andoroidアプリが開発できる

これらは、JavaScriptだけでiPhone, Androidの両方に対応したネイティブアプリがつくれてしまうのです!

ただし、Objective-C, Javaで開発したものに比べると、やや動作がもっさりしているという難点はあります。

しかし、そうした難点もスマホ自体のスペックが上がれば改善されていくはずです。

②Webでは必須の技術になる

近年、Ajaxを使ったWebアプリケーションが主流になっています。

Ajaxとは「ページ全体を更新しなくても、ページの一部を変更することが出来る技術」です。

具体的には、Google Mapでページのリロードをしなくても拡大・縮小できたり、facebookでリロードしなくてもコメントが表示されたりする、あれです。

これを実装するために、jQueryが使われています。

JQueryは開発が便利になる道具

jQueryとは、JavaScriptライブラリです。

ライブラリと言ってもわかりづらいと思うので、JSをよりカンタンに書きやすくした便利なものと思ってください。

こちらはJavaScriptがわかっていれば、すんなり習得できます。つまり、JSとjQueryを習得すれば、イケてるWebの人になれる訳です。

と、前提条件の説明が終わったところで、これから、私が実践したJavaScript学習法を紹介していきます。

JavaScript開発の学習方法

javascript

①とにかく書く!

前回も説明しましたが、最初のうちはわからなくても書いてみるしかありません。
書いたコード(または見本)を読み、一行ずつどんな意味かを理解していくのです。

そうすれば力がつき、自力で書けるようになります。コードの見本としては、やっぱりドットインストールがいいです。

そこで、Tips(小技)を覚えるのもいい勉強法です。

jQueryを把握するためには、Slideshareなどで技術者のスライドを調べて読んでみるのも効果があります

jQueryって何?という人向けにわかりやすくまとまっていますので、参考にしてみてください。

②深堀りするために本を読む

動画で要点をつかんだら、本を読んでみてください。
本を読むことで動画では抑えきれていない部分を習得することが出来ます。

本は、「Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門」がおすすめです。

実装例も記載されているので、それを参考にカンタンでもいいので
アプリケーションをつくってみましょう。
実際につくってみることが一番の勉強になります。

③わからないことがあったら..

次は、本を読んでいてつまづたり、わからないことがあったときに
参考にするサイトを紹介します。

Qrefy

こちらはjQueryのリファレンス(辞書)です。
「こういう機能を実装したいんだけど、どの命令を使えばいいんだろう?」といったときに便利です。
何パターンも実装例がありますので非常に勉強になります。

マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座

こちらは、文字ではわかりにくい概念を漫画を使って説明してくれるので、直感的に理解できるようになります。視覚学習は大事です。

あとは、ググる!(Googleで検索)

Googleで検索すると、同じ所でつまづいた人が
解決策をのせてくれているので、それを参考にしましょう

④素晴らしいコードを読む

人が書いたきれいなコードを読むのも勉強になります。
JS, jQueryだったら「jsdo.it」がおすすめ。

こちらには、HTML5, JSなどで書かれた作品が数多くあります。
ここには、天才的な作品が数多くあり、見なきゃ損ぐらいのレベルです。
ぜひ、参考にしてみてください!

⑤電車の中でも勉強

通勤中にも勉強したい方におすすめなのが「CoffeeScript At Once」というアプリ。

CoffeeScript At Onceは、iPhone上で
簡単なWebプログラミングをするための開発環境です。

CoffeeScriptを使えば、少ないタイプ数でJavaScriptの開発が出来る為、
iPhone, iPad上でのプログラミングにピッタリです。

また、jQueryやProcessingなどの外部ライブラリを使うこともできます。

電車の中でもコードが書けるのでおすすめ!

⑥スクールに通う

ここまで、独学の方法を紹介しましたが、僕はスクールにも通いました。当時は、初心者だったので、HTMLから勉強させてもらいました。

当然、有料です。こういった専門的なスキルはお金を払ってプロに習ったほうが身につきます。やはり、素人が一人で勉強しても限界があるんですよね。

実際、僕はスクールで払った以上の価値を得ました。その後の、学習速度が格段に上がったんです。

初期段階のハードルを越えれば、そのあと楽

プログラミングは初期段階でつまづきます。ほとんどの人はそこで挫折してしまいます。だからこそ、スクールを使って要点をつかむのです

そうすれば、以下のグラフのように成長の伸び率が高まります。

javascriptでアプリを作る方法を学習する

このように、実力をつけるために、ITエンジニア専門スクールの「オンラインブートキャンプ」を利用してみましょう。


オンラインブートキャンプのサイト>

社会人、学生などいろんな人が受講しているスクール

ここの売りは、未経験者・初心者でも4週間でしっかりとスキルをつけられるところ。サイトには受講者が開発したWebサービスの事例が紹介されています。

それくらい、学習効率の高いスクールなんですね。

さらに、講師にも直接質問できるんですよ。当然、JavaScriptの質問もできます

>>初心者時代、プログラミング独学に挫折したぼくが正しい勉強法やおすすめサイト、本まとめとく

返金保障もあり

また、オンラインブートキャンプは返金保障も導入しています。

オンラインブートキャンプの返金保障

こうした保障もありますし、サイトには受講者の体験エピソードや得られるメリットが動画で紹介されています。

なので、興味のある方はサイトで動画を視聴してみてください(もちろん無料です)。動画を見れば、受講の割引も受けられますので。

オンラインブートキャンプ

↓↓オンラインブートキャンプのサイト↓↓

オンラインブートキャンプのサイト>

JavaScriptを勉強して仕事に生かそう

以上が私が実践した、勉強法です。

紹介した中でいいなと思ったものを取り入れ、自分なりの勉強法を確立していってください。みなさんから、素晴らしいサービスが生まれることを期待しています。

JavaScriptは汎用的に使える言語ですので、身につけておくと就職、転職で役立ちます

>>プログラミングとは?入門者向けに勉強のやり方、無料アプリなどまとめとく

ブラウザの技術は無くならないので、身につけておこう

今は、ネイティブアプリ系のスキルが重視されていますが、ブラウザへの振り戻しは来るはずです。

その時にフロントエンドエンジニアとしてJavaScriptを極めていると、有利なので学習しておきましょう

最近だと、Nodo.jsでサーバーサイドの処理もできるようになっています。しかも、この技術はIT系のメガベンチャー・サイバーエージェントが使っていますから、身につけておくと得です。

こうしたスキルをつけておくと、転職で生かせます。

関連記事

>>web系プログラマーを辛い、辞めたいと思って1年で辞めた人間がその理由と当時の生活書いとくよ

>>【大企業とITベンチャー】リクルートなど副業・兼業OKな会社65社まとめ

>>「プログラミングをやると就職で有利になる」という理由で始めて仕事にすると後悔するよ

>>ベンチャー企業ランキングは参考にならないので、経験者として転職したらお得な会社まとめとくわ

プログラミングのスキルを仕事で活用できるか相談してみる

この記事をここまで読んでくれたアナタは、IT・Web業界の仕事に興味があるはずです。

そんなアナタにおすすめなのが、IT業界に強い転職求人サイト「レバテックキャリア」です。

こちらに登録すると、業界を知り尽くしたアドバイザーからネットでは探せない情報を聞けます

自分のスキルで活躍できる会社がわかる

聞ける情報は、IT・Web業界で求められているスキルや人材、イケてる会社など様々

そうした情報を知っておくと自分が活躍できる会社をイメージできます。また、気に入った会社があれば、待遇など詳しい情報も教えてもらえます。

情報を聞きにいく際は、平日でも遅くまで対応してくれるので、忙しい方でもOKです。

地方にいても電話で話を聞ける

また、地方の方でも電話やメールで対応してくれますので、まずは気軽に利用してアドバイスを受けてみましょう。

そして、プログラミング学習で身につけたスキルが役立つかも聞けますので。

>>プログラミングでできること、日常生活での活用例、主要言語などまとめ

>>短期間でプログラミング言語を学習してWebサービスをつくるための基礎知識と方法まとめ

仕事やお金で悩む人から人気の記事

【月商600万円!】ブログで稼ぐ方法を公開中

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、仮想通貨などの投資で役立つ情報が手に入ります。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!