「コンテクスト・文脈って何?」「ああ、ファンからもっと愛してもらうために必要なアレだよ」

公開日: : ブログについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

モノづくりを語る際、頻繁に聴かれる「コンテクスト」という言葉。これは非常に抽象的で、僕も始めの方は意味が分からずに「コンテクスト?何じゃそりゃ?」と、話の内容を理解することができていませんでした。

しかし、意味を知ってからは単語が引用された時も話の筋が分かるようになり、ブログ運営にも活きてきました。

それくらい「コンテクスト」という概念は重要ですので、ぜひ知っておきましょう。

コンテクストのそもそもの意味とは

ということで、まずは言葉の意味を英単語から理解していきましょう。コンテクストは「context」と表現され、以下のように定義されています。

context
【名詞】【不可算名詞】 [具体的には 【可算名詞】]

1(文章の)前後関係,文脈,脈絡,コンテキスト.

2〔ある事柄の〕状況,環境 〔of〕.

引用元:contextの意味 – 英和辞典 Weblio辞書

モノづくりの中で語られているのは、1の方ですね。「前後関係や文脈」という意味です。

英訳だと、まだぼんやりしていますね。
では、わりやすいように具体例を出して説明してみます。

内輪で通じる隠語のようなものが「コンテクスト」

例えば、ブログ界隈で頻繁に登場する「高知のプロブロガー」という表現。これは、その界隈の人からしたら高知件に移住してブログ生活を送っているイケダハヤトさんだと理解できます。

しかし、そういったコミュニティに関与していない人からしたら「誰ですか?」となります。

これがまさに「コンテクスト」なのです。「高知のプロブロガー」という表現から文脈を読んで、人物を特定するという。

では、理解度を深めるために、もう1つ例を出してみましょう。

「ミスター」という単語もコンテクスト

野球界において「ミスター」という単語があります。これ、野球好きにとっては「長嶋茂雄さん」を指すことは自明なのですが、そうでない方には誰のことだかわからないのです。

だから、野球好きな人と野球を全く見ない人が話していて「ミスターがさあ」という表現を出しても、相手には伝わらないでしょう。野球を見ない人は知識が無いために「コンテクスト」つまり「文脈」を読むことができないのですから。

前提知識があってこその「ハイコンテクスト」

こうした知識があること前提でしか体験できない「内輪感」を「コンテクスト」と表現します

そして、その前提知識を要しなければ、到底理解し難いコンテンツを「ハイコンテクスト」と表現します。その逆は「ローコンテクスト」で、前提知識が無い人でもわかりやすいコンテンツのことです。

ローコンテクストなモノの代表がグルメ情報です。あれは前提知識がいらず、ビジュアルで表現して直感的にその良さを理解できますよね。そして、そういったコンテンツほど見ている側に伝わりやすく、大衆ウケしやすいのです。

スポンサーリンク

文脈を読めれば、コンテンツをより一層楽しめる

では、なぜここまで「コンテクスト」について説明してきたか。その1つに、冒頭で述べた「モノづくりでよく使われる表現だから意味を知っておいた方が良い」という理由もあります。

しかし、モノづくりをしている人間なら、それ以上に「コンテクスト」を活用した方が良いです。なぜなら、既存のファンから作品をもっと好きになって貰えるようになるからです。

その「ファンの愛情度アップ」に寄与するのが、コンテクストによってつくりだす「内輪感」です。

日本の伝統芸能にも利用されている「内輪感」

内輪感はファンを楽しませる表現技法として重要です。それ故、日本の伝統芸能でも利用されています。その例が「落語」です。

「落語」というのは、お客さんが、演じる話を知っている前提で楽しむものです。ですので、その話を知らない人が聴いても真の面白さを理解することができません。

しかし、話の内容を理解していれば「やっぱり、このタイミングでこの件(くだり)が来た」と楽しむことができるのです。これは「俺たちだけが知っている(ドヤッ)」という部室のひそひそ話の感覚に近いです。

「押すなよ!」「ももクロの合いの手」もコンテクストが重要

そうした内輪を楽しむ風習は世の中に溢れています。現代における代表例が、ダチョウ倶楽部の「熱湯風呂、押すなよ!」です。

お笑い好きな僕にとっては、上島さんの「押すなよ!」が「自分がおいしくなるから押してくれよ!」というメッセージで、案の定、押されて熱湯に落ちた後のリアクションを楽しむ芸能だとわかっているからこそ、そのおかしさを体験できます。

しかし、その流れを前提知識として知らなければ、この芸能を楽しむことはできません。

他にも、桃色クローバーのLIVEにおけるファンの合いの手もコンテクストが重要です。彼女たちのファンはLIVE前、曲に入れる合いの手を事前に練習してからLIVEに向かいます。

そして、本番で練習してきた前提知識をアウトプットするのです。そういったコアで深い楽しみができるのがコンテクストを重視する醍醐味なのです。

スポンサーリンク

ファンと深い関係を築くなら「ハイコンテクスト」なコンテンツを

これまで紹介してきたように、コンテクストはモノづくりにおいて重要な概念です。これを知っておけば、熱烈なファンを増やすことができるのです。

ただし、最初から「ハイコンテクスト」なものを提示して、一見さんを困らせてしまうのは考えものです。ですので、ある程度間口を広げておいて、ファンが増えてきたなと持ったら「ハイコンテクスト」な方向に寄せていってください。

ということで、上記を踏まえてこれからのモノづくりに活かしてください。

ではまた!

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!