借金150万!消費者金融の借入から任意整理までの体験談:4社目でのクレジットカード限度額もまとめ

こんにちは。いま借金150万円くらいを返済中の23歳です。

今日は僕の借金体験について、時系列にそってお話ししますね。

はじめに:醜形恐怖症について

高校を卒業してすぐ、「醜形恐怖症(しゅうけいきょうふしょう)」という心の病気にかかりました。

>>任意債務整理の体験談:メリット・デメリットや弁護士の選び方、費用相場、必要期間まとめ

スポンサーリンク

醜形恐怖症とは?

醜形恐怖症というのは、「自分の美醜が異常に気になってしまい、日常生活に支障をきたす」病気です。

自分の鼻の形が嫌いだとか、肌が綺麗じゃないとか。

そういうのは誰にでもあると思いますが、それの強いバージョンですね。

コンプレックスに感じている部分を人に見られたくなくて引きこもってしまう、

自分の理想に近づくために整形依存になってしまう、などの症状が出ます。

>>【低金利】銀行カードローン、フリーローン比較(楽天、三井住友、みずほ、りそな)

スポンサーリンク

(盲目的に)美容にこだわるようになった

僕の場合は、「ひきこもり&異常なまでに美容にお金を費やすようになった」といった症状が主でした。

美容にお金を費やすようになったのは、「肌が綺麗になれば、自信がついて外に出られるようにはずだ」と思ったためです。

>>銀行カードローンで即日借りられる?極度額は?審査に厳しい金融機関は?総量規制とは?

借金の返済(債務整理)について知りたい人は、こちらを先に読んでください

スクリーンショット 2019-04-06 8.52.16

リンク先の「アルスタ司法書士事務所」のサイトには、借金を減らすために必要なことが書いてあり

スクリーンショット 2019-04-06 8.52.25

お金の悩みを解決するキッカケになります。(無料診断で減らせる借金の額もわかります)

スクリーンショット 2019-04-06 8.52.34

なので、悩んでいるなら、まずはサイトだけでもチェックしてみてください

スクリーンショット 2019-04-06 8.52.51
(こういった成功事例も詳しくチェックできますので)

無料診断で減らせる借金を知る

>>アルスタ司法書士のサイト

サイトを見るだけなので、お金を取られることは絶対にありませんから。(以下のような悩みがある人はぜひ)

スクリーンショット 2019-04-06 8.52.41

どんなお金の悩みでも、解決する場合があるので、まずはサイトで確認を

スクリーンショット 2019-04-06 8.52.57
無料診断で減らせる借金を知る

>>アルスタ司法書士のサイト

スクリーンショット 2019-04-06 8.52.01

借金1社目:楽天カードのリボ払い

  • 限度額:20万
  • 借入目的:整形
  • 使用用途:整形+浪費
  • 精神状態:症状が強く不安定
  • 金銭感覚:返せる自信あり

整形費用だけに使うつもりだった

入学してしばらく。

醜形恐怖症の症状が強く出てしまい、なかば引きこもり状態だった時のことです。

「このままでは単位を落としてしまう。なんとかして学校に行けるようにならないと」と思い整形をしました。

>>借金返済でお金がない、足りない時の気持ちや生活の仕方、借金がある時にやってた仕事まとめ

整形は成功。

自信がつき、少しずつ学校に行けるようになりました。カードを使ってでも整形してよかったと思いました。

ただ、あとリボを覚えてからはちょっとした買い物にもカードを使うようになりました。

>>銀行カードローンの注意点とリスク、甘い審査に通らない時の対策、過払い金の請求方法

>>無職は消費者金融でお金を借りられる?時効、金利比較(相場)、審査が甘い業者もまとめ

後悔ポイント①あとリボ

月々の給料の範囲内でカード利用をやりくりしていたはずが、ある時少しだけ足りなくなり、リボ払いに変更。

これがきっかけで「リボ払いって便利だな」と思うようになり、その後はあとリボを多用するように。

一括だけで支払っていた時とは比べ物にならないスピードで借金が増えていきました。

【補足】クレジットカードでの借入方法

なお、クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠、2種類の枠が存在します。

ショッピング枠の利用方法

クレジットカードの一般的な使い方をすると、ショッピング枠に貯まっていきます。

たとえばレジでの会計にカードを使ったり、ネットショッピングでカード会計をしたり。

クレジットカードを利用すると翌月に請求が来ますよね。

あれがショッピング枠の利用分です。

ショッピングリボには要注意

ショッピング枠利用は基本的に一括で支払うのが基本ですが、

リボ払いにした時のみ「ショッピング残高のうち毎月◯◯円ずつ返済する」ということが可能になります。

便利に見えるリボ払いですが、ショッピング残高が増えても毎月の支払金額が変わらないため浪費しても気付きにくいことに注意しましょう。

また利息がショッピング残高全体に対してかかるので、なかなか元本が減りません。

借金地獄への最初の落とし穴となるケースが多いです(僕もはじまりはリボでした)。

キャッシング枠の利用方法

クレジットカードのキャッシング枠とは、ショッピング枠とは別にお金を借り入れることができるものです。

カード会社・カードによって借入方法はさまざまですが、例として以下のような方法があります。

  • ネット申し込みで口座にお金を振り込んでもらう
  • ATMにカードを入れて現金を引き出す
  • ショッピング利用しようとして足りなかった時に自動でキャッシング枠から振替

安定収入がないとキャッシング枠を利用できない

キャッシング枠は消費者金融にお金を借りたり、銀行でローンを組んだりするのと同じだと考えてみると分かりやすいと思います。

そのため、ある程度安定した収入があって審査に通過した人しかキャッシング枠を利用することはできません。

借金2社目:オリコカード

  • 限度額:20万(合計40万)
  • 借入目的:美容皮膚科に通い続けたい
  • 使用用途:美容皮膚科・薬代(月3~4万)
  • 精神状態:肌に投資したかった
  • 金銭感覚:借金の感覚はあるが楽観的

借金してでも美容にお金を使うべきだと思った

整形したことで、醜形恐怖症の症状が落ちついてきました。

また、美容皮膚科の薬が効いているようで、晴れ晴れした気持ちで外を歩ける日も増えました。

借金しながら皮膚科に通っているという自覚はありました。

しかし、「今ここで通院をやめたらまた外に出られなくなってしまう」という恐怖が強く、借金もしかたないと思っていました。

後悔ポイント②自動リボ

あとリボに味をしめた僕は、一括払いで会計した支払がすべて自動でリボになる「自動リボ」設定でオリコカードを申し込みました。

あとリボは自分で操作する必要があったので「ああ、今月使いすぎてるなあ」と思う余地がありましたが、

自動リボにしてからは残高を見ることすらしなくなりました。

その月いくら使ったのかなんてまったく気にしていなかったと思います。

借金3社目:アコム

  • 限度額:20万(合計60万)
  • 借入目的:美容皮膚科
  • 使用用途:美容皮膚科+エステ,服,化粧品
  • 精神状態:もっともっと、と欲が出てきた
  • 金銭感覚:初めは少しずつ使っていたがだんだん我慢がきかなくなっていった

ここでやめなきゃ。と思ったが我慢できなかった

クレジットカードの時と違い、借入金を現金で受け取る。

お金を手にのせた時「ああ、落ちるとこまで落ちたんだな」という実感がわきました。

無人契約機に入っていくところを誰かに見られたら何かが終わるような気がして、

マスクに帽子、サングラスをして、犯罪者みたいな格好で行ったのを覚えています。

自分の人生が狂い始めているのが分かりましたが、分かっていても自分で自分を抑えることができませんでした。

後悔ポイント③金利を調べずに借入先を選んだ

金利が安い消費者金融を調べもせず、家の近くに契約機があるからという理由でアコムで借りることにしました。

「たかが数%だし変わらないでしょ?どうでもいいよ」と思っていました。

借金4社目:プロミス

  • 限度額:30万(合計90万)
  • 借入目的:とにかくお金が欲しかった
  • 使用用途:美容皮膚科,エステ,洋服,その他
  • 精神状態:非常に不安定になった時期。なにもかも嫌になって、大学を中退した
  • 金銭感覚:精神面の不安定さからか、お金を使うことでストレス発散していた

開き直り。借金しているという感覚がなくなった

醜形恐怖症の症状がかなりひどくなって、大学を中退。

そのストレスを発散するためなのか、どんどんと高額な洋服を買いました。

この頃はもう当初の目的である美容のためというより、お金に操られていたような感じです。

アコムでの借金時は開き直っていた

アコムの借入時にはかろうじてあったためらいや良心の呵責もこの時にはありません。

「お金がなくなったんだから、借りるのが当たり前だろう」と、もう開き直っていましたね。

契約だって慣れたもので、変装もしませんでした。

後悔ポイント④利息しか払わなかった

消費者金融2社とも、決められた返済額の半分(利息分だけ)しか返済していませんでした。

これは利息分だけ払えばとりあえず支払が来月に伸びるためです。

プロミスが限度額いっぱいになる頃には、毎月返済が足りなくて自転車操業になっていました。

後悔ポイント⑤借金に対する考え方が変わっていた

借金というのは自分のお金を減らす行為です。

しかし、この頃の僕は「借入額=自分の貯金」みたいな感覚で、お金を減らしているどころかお金が増えていると思っていました。

利息分だけしか返済しなかったのは、多く返済するだけ損だと思っていたからです。

借金5社目:アイフル【限度額いっぱい】

  • 限度額:50万(合計140万)
  • 借入の目的:消費者金融2社(アコムとプロミス)のおまとめ用
  • 使用用途:その他(結局おまとめには使わなかった)
  • 精神状態:非常に不安定。記憶がない
  • 金銭感覚:おまとめ目的で借りたが、他のものに使ってしまった。記憶がない。

返済が自転車操業になっていた

返済が自転車操業になっていることに気がついたのは、4社目のプロミスが限度額いっぱいになってからのことでした。

毎月4社に振込をするのはきつかったので、おまとめローンを使って利息を減らしたり、

返済日をまとめたりすることで精神的負担を減らそうと思いました。

借金しすぎて精神が病んでいた

しかし、おまとめ用で借りたお金をおまとめ以外のことに使ってしまったようです。

「ようです」というのは、この頃の記憶がほとんどないためこういう表現にしました。

おそらく精神状態がかなり不安定だったんだと思います。

後悔ポイント⑥おまとめ用のお金を別のことに使ってしまった

「おまとめして人生やり直そう、これからちゃんと返済しよう」と思っていたはずですが、たぶん無意識的に、他のことに使ってしまったようです。

結局、50万の借金が一気に増えることになりました。

当時の僕は「おまとめのお金を使ってしまったらまずい」と考えなかったのでしょうか。

最後は任意整理

5社目を限度額いっぱいまで使った後、これはさすがにやばいと思い任意整理をしました。

5年計画で、現在も少しずつ返済中です。

任意整理すると金利が0になり、支払日もひとつにまとまります。

精神的負担はかなり減りました。

任意整理すると金融ブラックになる

また任意整理すると金融ブラックになるので、あらたに借入しようと思ってもできません。

いつまた自分が暴走するかわからないので……金融ブラックは本来避けるべきものですが、今の僕にはそれがとてもありがたいです。

心の荷が少なくなったことで、醜形恐怖症も快方に向かってきています。

僕と同じ失敗をしないために

以上が僕の借金の体験談です。

借金なんてしないほうがいいに決まっていますが、どうしてもしなきゃいけない時もあると思います。

僕と同じ失敗をしないために、以下のことだけでも覚えておいてほしいです。

消費者金融なら簡単に借りられる。でもそれが危険なんだってことを忘れないで

銀行のローン審査に落ちるような信用力のない人でも消費者金融なら簡単に貸してくれます。

実際ぼくはバイト学生、しかも勤続0ヶ月だったのに20万円の審査に通りました。

必要になる書類は免許くらいだし(高額融資なら収入証明書も)、最近はネット完結で借りられるところがほとんどです。

でも、消費者金融で貸してもらえた=自分は返済できる、だと思わないでください。

借入額が生活費を超えた時点で沼にハマっている、危ない、と気付かなきゃいけません。

借金=自分のお金が増える、ではない

借金というのは、「使えば使うほど自分のお金が減っていく」ものです。

でも僕は「お金が増えた」と錯覚してしまいました。お金が増える魔法だと思っていました。

一度そういう考えになると、どんどんお金を借りるようになります。

返済するのが馬鹿らしくなります。

もしあなたがそういう考えで借りようと思っているなら、借りないほうが賢明です。

100%返せなくなりますよ。

リボは一度使うとハマる

リボは怖い、とはよく聞いていましたが「自分がハマるわけないでしょ」と思っていました。

結果、見事にハマってしまいましたが。

そもそもリボは、お金に困った時にはじめて手を出す類のもの。

一度でも利用してしまうような人がハマらないほうがおかしいんです。

クレジットは一括払いのみで利用するか、いっそデビットだけ使うのが良いと思います。

おまとめするなら、支払代行&追加借入不可のところを選んで

多重債務者の精神状態だと、僕のようにおまとめ用のお金を他のことに使ってしまう可能性があります。

僕も、無意識のうちに他のことに使ってしまいました。

それを防ぐためには、「おまとめできる額を貸すから、各社に自分で返済してくださいね」ではなく、

「うちが代行して払っておきますね」というところでおまとめローンを組むことです。

追加で借入できないシステムのところだとなお良いです。そして、支払ってもらったところのカードはすぐに切ること。

さいごに:借金してしまう原因・理由を探してみよう

僕の場合は「醜形恐怖症による美への執着」が借金の原因・理由です。

しかし、病気の存在にきづくのが遅れたために借金を増やしてしまいました。

気付いてたら借金して整形する前に、まず精神科行ってたと思います。

ギャンブルなどの浪費ぐせに注意

借金したい・している人は、自分で何かしら心当たりがあるはずです。

ギャンブルに使ってしまう、夜の遊びに使ってしまう、浪費グセがある、とか。

そうやって原因・理由を突き止めていって、「依存」という言葉が頭をよぎったり、

「私って、普通じゃないのかな?」とか思ったりしたら、精神科・心療内科を受診してみるのがいいです。

借金で悩む人が少しでも減りますように。

さいごに:借金体質の人は今すぐに債務整理するべき

最後の最後に僕を救ってくれたのは債務整理でした。

僕は任意整理を選択したので、利息が0になっただけで元本は減っていません。

まだ5年返済が残っていますし、金融ブラックにもなってしまいました。

それでも、任意整理してよかったと心から思っています。

>>任意債務整理の体験談:メリット・デメリットや弁護士の選び方、費用相場、必要期間まとめ

任意整理して相談で心が楽になった

任意整理して一番良かったのは、借金について他人に相談できたことです。

それまで自分ひとりで背負っていた大きな荷物を、ふわっと取り除いてもらったような感覚でした。

借金をしている人はそのことで頭がいっぱいで、心がきゅうきゅうと締め付けられている人がほとんどだと思います。

ヤバいと思ったら誰かに頼りましょう。人に相談してみるだけでも、心がずっと楽になりますよ。

>>借金を早く減らす方法!相談はどこに?消費者金融からの借り入れが多すぎて返せない時の対処法などまとめ

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。