リニア、ノンリニア、ハイコンテクストの意味を理解しよう

公開日: : 最終更新日:2015/06/03 ブログについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆるコンテンツを分類してみました。「リニア・ノンリニア」「ハイコンテクスト・ローコンテクスト」の意味を理解する上でも、モノづくりをしている方は参考にしてみてください。

コンテンツのポジショニングマップ

分類図(ポジショニングマップ)で軸にしたのは
「リニアかノンリニアか」
「ハイコンテクストかローコンテクストか」
というもの。

ちなみに、それぞれの言葉の意味は以下を参考にしてください。

リニアなコンテンツとは、初めから終わりまで一直線に連続した形で見てもらえることを想定したコンテンツのことになります。

ノンリニアなコンテンツの特徴とは何かと言えば、リニアの逆です。

つまり、制作者ではなく、読者側に時間軸のコントロールが委ねられており、最初から見なくてもいいし、どこからどう見ても成り立つように断片化されてバラバラになっているコンテンツ

引用元:「ノンリニア」から考えたWebでウケる文章と読み手のわがままな姿勢 → 田端 信太郎著「MEDIA MAKERS」

そして「ハイコンテクストかローコンテクストか」。
前提知識を要するかそうでないかという話ですね。

参照:「コンテクスト・文脈って何?」「ああ、ファンからもっと愛してもらうために必要なアレだよ」

では、これらを踏まえた上でご覧ください。
コンテンツのポジショニングマップ

モノづくりをしている方は自分のつくっているコンテンツがどこに位置するか確認してみて下さい。

図を見て分かる通り、映画、小説などは「リニア」、Web的なものは「ノンリニア」。コンテンツを楽しむために多くの前提知識を要する落語などは「ハイコンテクスト」、誰でも分かるものは「ローコンテクスト」という感じです。

上記の違いはモノづくりにおいて重要なので、ぜひ意識してみてください。ファンを増やすにも、既存ファンの愛情度を高める上でもヒントになりますので。

ではまた!

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!