成功率100%のデートの誘い方!男性、女性ともデートしてくださいはNG

この記事では、成功率100%も目指せるデートの誘い方を紹介します。

女性や男性がデートに誘う時の成功率は「伝え方」で何倍も上がるそうです。

デートに誘って断られたくない方、変な誘い方をして恥をかきたくない方は参考にしてください

記事の要点まとめ
「デートしてください」は禁句

「おいしいお店を知ってるので、おいしいご飯を食べに行きましょう」と誘うのが正解

・相手の目的が「デート」でなく、「ご飯に行くこと」になりハードルが下がるので、OKしやすくなる

結論、デートに誘うときは

伝え方のプロ
相手に好きな食べ物を聞いておいて、「それを食べられるおいしいお店があるので行きましょう」と誘いましょう

こうすれば、相手はOKしやすくなり断られづらくなります

伝え方のプロ
こういった誘い方を知れば、以下のマッチング婚活アプリでも恋人ができやすくなります。

ペアーズなどが人気で、恋人や結婚する人が続出しているので、まずは動画をチェックしましょう

デートの誘い方から学ぶ伝え方の重要性

これからは、『伝え方が9割』というベストセラー本を参考にコツを紹介します。

エージェント
ちなみに、著者の佐々木さんは、コピーライターとして活動し、郷ひろみさんやChemistryの作詞家としても実績を残している方

本の中で、以下のように伝え方の重要性を語っています。

伝え方のプロ
例えば、男性が女性をデートに誘いたい場合、以下の2つの誘い方ではどちらが効果的でしょうか?
伝え方のプロ
①「僕とデートしてください」
伝え方のプロ
②「とっても美味しいパスタの店があるんだけど、行きませんか?(相手がパスタ好きという前提で)
伝え方のプロ
これは、2の方が効果的です。

スポンサーリンク

相手のことを考えた提案でOKをもらおう

①の場合は、自分の都合しか考えていません。

対して、②の場合は相手の好きな食べ物を考慮し、メリットを提示しています

伝え方のプロ
こうした工夫をするだけで、相手を誘いやすくなるんです。

実際、これを試し、「異性をデートに誘うのに成功した!」という声が届いています

誘い方のプロ
本書には、他にもこうした「デートの誘い方」が紹介されていたので、共有してみます。

スポンサーリンク

デートの誘い方は3つのステップで決まる

効果的なデートの誘い方は、3つのステップが大切です。

1 自分のアタマの中をそのままコトバにしない

2 相手の頭の中を想像する

3 相手のメリットと一致するお願いをつくる

では、それぞれの詳細を説明していきます。

デートの誘い方1「考えをそのままコトバにしない」

男性、女性に限らず、願望をそのまま伝えるのはNGです。

相手のニーズを満たした上で伝えなければいけません

伝え方のプロ
そのためには、口に出す前に一度考える必要があるんです。

デートの誘い方2「相手の頭の中を想像する」

デートの誘い方では、相手の答えが「ノー」になりそうな時、以下のように考えることが重要です。

伝え方のプロ
相手の頭の中を想像します。

何が好きか?何がキラいか?どんな性格か?
わかりうる相手の基本的な情報を思い出してみましょう。

このように想像して、相手のニーズを捉えていくのです。

デートの誘い方3「相手のメリットと一致するお願いをつくる」

そして、ニーズを把握した上で、お願いするのです。

「成功しやすい誘い方」で紹介した、「おいしいパスタを食べに行こう」の部分ですね。

伝え方のプロ
目的はデートだけど、この「デート」はあえて言わない。だって、結果としてパスタの店に行くならデートになるのだから

これが相手のメリットと一致するお願いをつくる方法です。

「デートしてください」という直球よりも、相手のニーズを捉えた変化球の方が効果的なんですね。

そうすれば、目的を達成しやすくなるそうです。

伝え方のプロ
こうしたデートの誘い方の秘訣は男性、女性ともに実践したいところ。

デートに誘うときは以下の婚活アプリも有効なので、動画をチェックしましょう

デートの誘い方で役立つ6つの切り口

デートの誘い方が少しづつわかってきましたね。では、次のステップに進みましょう。

伝え方のプロ
ここまで紹介してきたことで特に大事なのは「2. 相手の頭の中を想像する」です。

この時に6つの切り口を意識すれば、誘った時の反応がもっと良くなるのです。

成約率の高いデートの誘い文句を考えるためにも知っておきましょう

2-1. 相手の好きな事から誘い文句を作る

これまで述べたように相手の好きな事を理解し、ニーズを捉える事が王道です。

伝え方のプロ
あなたの求める事をストレートに伝えるのでなく、相手の喜ぶこと、メリットを伝えるのです。

そう言い換える事によって「イエス」をもらえる可能性はぐんと上がります。

2-2. 嫌いなこと回避

人は「こうなりたい!」と前向きに願う気持ちよりも、

「〜になりたくない」という恐怖心から逃れる気持ちの方が強く心を動かされます。

伝え方のプロ
こうした習性をうまく利用するのが「嫌いなこと回避」です。
伝え方のプロ
「こちら嫌いでしょ、だからやらない選択をしましょう」という切り口です。
伝え方のプロ
芝生の立ち入りを禁止する場合、

「芝生に入らないで」と言うよりも、「芝生に入ると、農薬の臭いがつきます」の方が効果的ですよね。

相手のデメリットを教えてあげることもデートの誘い方では効果があるのです。

2-3. 選びやすくしてあげる

選択肢をいくつか用意してあげて、相手の負担をなくすこと、選びやすくしてあげることも重要です。

その際は、2つ以上、相手の好きなことを並べてあげることで、成約率はさらに高まっていくのです。

伝え方のプロ
人は、決断するのには慎重になります。

たとえそのお願いが、相手にメリットあるものであっても「イエス」と言わないことさえあります

人は「決断」が得意ではないのです。
一方で、人は2つ選択肢があるときの「比較」が得意です。

2-4. ほめる

相手を褒めて、認められたいという本能を刺激してあげることも重要。

男性、女性関係なく、人間は承認欲求を持ってますからね。提案の中でさりげなく入れてみましょう

2-5. 感謝

上記の4つを使ってダメな時は最終奥義「感謝」を使いましょう。「ありがとう」と感謝されると、人は断りづらくなるのです。

具体的な使い方として、会社でよくある光景を取り上げられていました。

伝え方のプロ
「領収書をおとしてください」
あなたのメリットでしかない

「いつもありがとうございます。領収書お願いできますか」
⇒感謝から入ると、「ノー」と言いにくい。

これも、デートの誘い文句で応用してみましょう。

男性と女性が参考にしたいデートの誘い方まとめ

大事なことをまとめます。

・相手を誘う際は3つのステップで考える

・1つ目は「思ったことをそのまま口にしない」

・2つ目は「相手の頭の中を想像する」

・3つ目は「相手のメリットと一致するお願いをつくる」
伝え方のプロ
ということで、これらをデートの誘い方に応用してみて下さい。そうすれば、異性とも食事に行けるはずです。
伝え方のプロ
以下のアプリを使えば恋人もできるので、無料で活用しましょう!(結婚する人が続出中!

以下、上場企業の運営で、無料の相性診断も面白いアプリです。

男性の立場から考える「嬉しい誘われ方」

これまでは、男性が女性を誘うシーンを考えましたが、以降では逆を考えてみます。

ぼく(男性)の立場から、嬉しい誘われ方を書いていきます。

伝え方のプロ
なお、女性からデータに誘うのは普通にアリだと思っているし、他の男性もアリと思っているはず。

「女性から誘うのは恥ずかしい」なんて思わずに、バンバン誘ってみるといいですよ。

伝え方のプロ
待ってたって何も始まらないのですから。

重く捉えなくていい誘い方がグッド

まず誘うときに大事なのは、気軽さです。「デートしてください」というのは重くて気が乗りません

一方、以下のような感じで友達ノリで誘ってもらえると「行くよ」とOKを出しやすくなるんですよね。

伝え方のプロ
このお店がきになるから、前からいってみたかったから行かない?
伝え方のプロ
・このイベント、映画が面白そうだから行かない?
伝え方のプロ
男友達、上司へのプレゼントで何を送ったらいいかわからないから、ついてきてくれない?
伝え方のプロ
・相談したいことがあるから、飲みに行ってくれない?(サシ飲み)

こんな感じならOKされやすくなります

「ついで、おごり」は絶対NG

逆に、以下の誘い方は照れ隠しであっても絶対NGですね。

伝え方のプロ
・友達が行けなくなったから、代わりに(ついでに)行ってくれない?
伝え方のプロ
・この名店、行かない?もちろん、おごりでw

こんな失礼な感じで誘われたって、全然嬉しくないので、絶対にやめましょう

いいなと思っている相手なら、ストレートに伝えてもらうと嬉しい

ここまでは「間接的に誘われた方が無難」と書いてきましたが、

伝え方のプロ
自分が「いいな」と思っている相手なら、直接的に誘われても嬉しいし、「行く」と言いやすいです。

なので、「あの人、自分に気があるかも」と思ったら、素直に「デートしませんか?」というのもアリですね。

伝え方のプロ
なお、気があるかどうかは、2回目の誘いをOKするかどうかで判断しましょう

2回目もOKなら、脈ありです。

誘いを断られたら、どうする?

これまで紹介してきた誘い方で断られても、気にする必要はありません。

伝え方のプロ
その時は、「了解!また何かあれば、お声がけさせて〜」と軽い感じで返しておきましょう

相手がただ都合が悪かった場合もあるので。

2回目、3回目もことわられたら諦めた方がいい

ただ、それ以降も誘って断られる場合や、だいぶ先の日程の誘いを断られた場合は、諦めた方がいいです。

伝え方のプロ
相手があなたと2人でご飯、遊びにいきたくないということなのですから。

なので、その際はしつこく誘わずに、別のいい人を探すようにしましょう

デートの相手はネットで探すのが当たり前の時代

また、そもそも誘える相手がいない、、という方はマッチングアプリ「pairs(ペアーズ)」を使ってみてください。

伝え方のプロ
ペアーズ など婚活アプリの評価は以下の動画でチェックしてください

これを使えば、理想の相手が見つかりやすくなります。

しかも、従来のいわゆる「出会い系」よりもずっと信頼できて安全なのです。

ペアーズなどから結婚したカップルが生まれています

なお、こうしたアプリを使うことを恥ずかしがる必要はありません

伝え方のプロ
実際、ペアーズなどから結婚したカップルが生まれています。非常に健全なサービスなのですよ。

なので、以下の記事を参考にして自分に合ったアプリを探してみるといいですよ。

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。