WordPressテーマにPHPファイルを追加してコードをスッキリさせる方法【よく使う部分を使い回す】

公開日: : 最終更新日:2016/03/14 WordPressテーマのカスタマイズ, ブログについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressブログをカスタムしていくと、ぶち当たるのがテンプレートのファイル複雑化問題。

single.phpなどにいろんなモノ(SNSボタンなど)を追加していく事によりコードがややこしくなるのです。

そうなると、思わぬ表示バグを生み出す事になってしまいます。こんな事は絶対避けたいですよね。

PHPファイルを別で作ろう

また、SNSボタンなど、よく使うものを重複して書くのもバグの原因となってしまいます。なので、パーツ化して1行で呼び出したい所。

そのために、これから紹介する「PHPファイルを追加する」方法を試しましょう。

PHPファイルを追加してそこによく使う部分をまとめてあげれば、1行コードを書くだけでそれらを呼び出せるようになります

スポンサーリンク

紹介する作業の流れ

1 FileZillaなどのファイル転送ソフトをインストール
2 ローカル(自分のPC)でPHPファイルを作成
3 作成したPHPファイルをアップロード
4 single.phpなどでPHPファイルの内容を読み込む

これだけです。では、1つずつ説明していきます。

スポンサーリンク

FileZillaをインストール

これは簡単にできます。こちらのサイトを見ながらインストールしてみてください。

ファイル転送ソフトを使えば、WordPressテンプレートなどが入っているフォルダにデータを送れます

single.phpなどが入っている階層に、「~.php」のようなファイルを入れることができるんです。

ローカルでPHPファイルを作成

まずは自分の手元でPHPファイルを作成しましょう。私の場合は、SNSシェアボタン群とフォローを促すSNSボタンを記述しました。

追加したいものを記述したら「〇〇.php」の形式で保存します。(私は、sns_share.phpというファイルを作成)

作成したPHPファイルをアップロード

PHPファイルが完成したら、ファイル転送アプリを使ってサーバーにアップロードします。

アップロードするべき場所は、
「/自分のドメイン/public_html/wp-content/themes/テーマ名/」の下です。

そこには、single.phpなどのファイルが揃っているはずです。
phpファイルを追加してsnsボタンを使い回す
そこに作成したファイルをアップロードしましょう。

その後、WordPressのダッシュボードを開いて「テーマ編集ページ」にいくと作成したPHPファイルが追加されています
phpファイルを追加してsnsボタンを使い回す
これでアップロード作業は完了です。

単一記事の投稿などでPHPファイルの中身を呼び出す

あとは、single.php(単一記事の投稿)などでファイルの内容を呼び出すだけです。呼び出し方は簡単で、get_template_part()関数を使うだけ

<!-- フォロー部分 -->
<!-- PC -->
<div class="category_wrapper" style=" padding: 10px; margin: -10px 0 20px; text-align: center;">
  <div><!-- SNS personal follow -->
  <div style="text-align:left; margin-bottom:10px;">
  LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
  <img src="http://laugh-raku.com/wp-content/uploads/2015/03/991515f998059b6f5609b44f8511f1d8.png" width="120" height="120">
  </div>
  <div class="fb-follow" data-href="https://www.facebook.com/takuro.suzuki.18" data-width="460" data-colorscheme="light" data-layout="standard" data-show-faces="true"></div>

  <!-- ウィジェット を表示したい位置に次のタグを貼り付けてください。Google+ -->
  <div class="g-follow" data-annotation="bubble" data-height="24" data-href="//plus.google.com/u/0/116553144999976859739" data-rel="author"></div>

<!-- 最後の ウィジェット タグの後に次のタグを貼り付けてください。 -->
<script type="text/javascript">
  window.___gcfg = {lang: 'ja'};

  (function() {
    var po = document.createElement('script'); po.type = 'text/javascript'; po.async = true;
    po.src = 'https://apis.google.com/js/platform.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s);
  })();
</script><!-- Google+ END -->
</div><!-- SNS personal follow END --> 
  
SNSにてネットで稼ぐ方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできます。仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」からお願いします。
</div><!-- category_wrapper END -->

(”)の中には作成したPHPファイル名を記述します。(sns_share.phpならsns_shareを入れる)
これでPHPファイルの中身が記事と浮こう部分で呼ばれます。

phpファイルを追加してsnsボタンを使い回す
これで作業は終了です。お疲れ様でした。

WordPressテンプレートでわからないことはネットで質問

・新たにPHPファイルを追加すれば、コードが煩雑になり運用が大変になるのを防ぐ事ができる
・PHPファイルにはよく使う部分を記述するといい
・PHPファイルを呼び出すときはget_template_part関数を使う

以上です。なお、WordPressのテンプレート周りでわからないことがあったら、「teratail(テラテイル)」を使いましょう。

ここには、WordPressのカスタマイズ関係のQ&Aが寄せられています。

wordpressテンプレートにphpファイルを追加する方法

わからないことがあれば、このサイトで情報収集してみてください。

>>Q&Aサイト「teratail(テラテイル)」のサイト

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!