無駄で意味ない?プログラミングスクールの現実や失敗談から必要ないか検証(独学との比較あり)

どうも。プログラミングスクールに通って、未経験から上場企業にプログラマー就職できたタクスズキです。

この記事では、ぼくの体験談や利用者への取材から、スクールが必要かを書いていきます。

「ネットに”スクールはいらない。独学で十分”と書いてあったけど、本当なの?」「現実はどんな感じ?」と思ってる人は参考にしてください。

スクールを使って失敗した人の話から、失敗しないための対策も書きます

【内容】この記事を読んでわかること

以下、記事に書くこと。

プログラミングスクールは必要ないのか?

スクールの現実(意味ある?プログラマーになれるの?)

スクールを使って失敗してる人の特徴と理由(反面教師に)

・正直、知識ゼロから独学で就職・転職は無理

では、それぞれ説明していきます。

スポンサーリンク

プログラミングスクールは必要ないのか?

結論、プログラミングスクールは必要です。

実際、ぼくはプログラミングスクールに通わなければ、プログラマーにはなれませんでした

※当時(2012年)はオンラインスクールがなく、都内のスクール(教室)に通ってました(費用は5万円で、1ヶ月のカリキュラム)

正直、知識ゼロの未経験者が独学すると、ほぼ確実に挫折するので、スクールは必要です。

スポンサーリンク

プロに質問して疑問を解決できるのは貴重

ちなみに、ぼくが通っていた所からは未経験からサイバーエージェント、DeNA、リクルートなどの人気ベンチャーに入る人もいました。

彼らも独学でプログラミングに挫折した人たちで、スクールに通うことで理解度を高め、内定をもらえたわけです。

そして、こうした経験をして、疑問点をその場でプロに質問できるのはとても大きいなと感じました。

※当時はPHPを学んでました(今なら、Rubyやるといいですね。使ってるWeb系の企業が多いので)

プログラミング独学では疑問点の解決が難しい

スクールに行く前は、独学で疑問があっても解決するのが難しかったです。

経験者ならわかると思いますが、プログラミングの本に書いてあることって専門用語が多く、読んでてもわからないんですよね。

そして、疑問点を解決しようとネットで調べても、難しい用語で説明してあってわからない。

結局、疑問が解決しないことも何度もありました

説明のうまい先生と出会えるのは貴重

しかし、スクールではそういった疑問点をプロの先生に質問でき、サクッと解決できました。

※ぼくは運が良く、説明上手な先生に出会えてそれまでに詰まっていた所を全て解決できました

また、講義でわからないこともすぐ質問できるため、独学に比べて理解スピードも早まり、学習効率がかなり上がりました

結果、簡単なWebアプリも作れて、それを実績に就活し上場企業から内定をもらえたのです。

効率よく学んで現状を変えたいならスクールは必須

お金を払ってでもスクールに通ったことで、ぼくは「上場企業からの内定」というすばらしい結果を出せました。

内定先は月給30万円でしたから、5日分の労働でスクール代の元が取れたわけです。

このように、就職することを考えるとスクール代は安いです。

就活で焦ってた僕を救ってくれたスクール

また、当時は既卒として就活していて「何か実績を作らなきゃやばい」と危機感を持っていました。

そうした状況で、スクールによって内定につながる実績を作れたのはとても大きかったです。

※ESとか面接でバイトやサークルのエピソード話すよりも、プログラミングでの成果物を見せる方が何倍も効果ありますからね

スクールの受講料はいい投資となった

というわけで、ぼくの体験談から言えるのは以下。

・未経験からのプログラマー就職を狙うならスクールは必要

スクールで学習効率が上がり、面接などでアピールできる成果物を作れる

・それによって内定につながり、就職後の給料で余裕で受講料を回収できる

なので、こうした点を魅力に感じた人はプログラミングスクールを使ってみるといいですよ。

>>無料でプログラミングを学べて、転職支援も0円!未経験のフリーターでもプログラマーになれるサイトがいま人気

今であれば、まず無料で説明会に参加することが可能ですので。

>>未経験OK!転職できない場合は「受講料を全額返金」のプログラミングスクール「DMM WEB CAMP」

プログラミングスクールが意味ない人もいる

ぼくはうまく活用できましたが、スクールを使っても意味のない人はいて、それは以下のような人。

・プログラミングスクールに入るだけで、就職できると思ってる(全て面倒見てもらえると勘違いしており、他人任せ)

こういった「自分でがんばる意思のない人」がスクールに入っても、スキル習得はできないし、たぶん就職もできません。

スクールは、自学できていた人が理解度を深めるための場所です。

>>【講師に取材】テックキャンプとエキスパートの違い、イナズマの評判、セミナー内容を聞いてきた

>>プログラマーの「現状の需要」と「将来性」まとめとく(消えることも、なくなることもない職業)

スクールに行く前にまず学ぼう(ドットインストールでもいいから)

また、何も知識がない状態からスクールに入っても、最初につまづいて嫌になると思うので、基礎ぐらいは自学しておきましょう。

今であれば、本を買わなくてもわかりやすい情報がネットにありますし、ドットインストールという神教材もあります。

なので、そういったありがたい教材を使って基礎を学び、最低でも「Hello, world」の出力くらいはできるようにしておきましょう。

>>プログラミングでできること、日常生活での活用例、主要言語などまとめ

プログラミングスクールの失敗談

では次に、スクールを使って失敗してる人の特徴と理由を紹介します。(反面教師にしましょう)

失敗の原因は以下の3つです。

・目的が曖昧(上で書いたように、なんとなくスクールに入って他人任せ)

・基礎を知らないので、ついていけない

・質問しづらいスクールに入ってしまった

では、それぞれについて説明します。

失敗理由①「目的が曖昧」

これはさっき説明しましたね。

「スクールに入ればプログラミングを習得できるんでしょ」ということで、なんとなくスクールに入ると失敗しますね。

ぼくのように、「Webアプリを開発できるようになりたい」みたいな目的がないと、ダメです。

なので、「プログラミングができるようになりたい」とふわっとした気持ちでいる人は、まず目的を明確にしましょう。

※「英語ができるようになりたい」となんとなく英会話学校に入って失敗する人と同じ感じですね

>>ゲームプログラマーになるにはどうすりゃいい?未経験で就職できた人間が年収などを書いてみる

基礎を知らないので、ついていけない

これもさっき書きました。

プログラミングスクールでは基礎も教えてくれますが、知識ゼロだとそこで挫折する場合もあります。

しかし、事前に学んでいればそこでの挫折もなくなり、すんなり実践的な学習に進めます。

スクールの良さは「実践的なところを質問しつつ学べる」というところなので、この恩恵を大いに受けられるように、基礎は事前に学んでおきましょう。

>>web系プログラマーを辛い、辞めたいと思って1年で辞めた人間がその理由と当時の生活書いとくよ

失敗の原因:質問しづらいスクールに入ってしまった

ぼくが通ったスクールは、かなり質問しやすく、講師の方もかなり丁寧に回答してくれましたが、そうでないスクールもあるらしいです。

あと、講師のレベルが低いところもるので、そういったヤバいスクールはやめておきましょう。

内定者などの実績もチェックしよう

また、サイトに内定者などの実績を出してないスクールは危険ですね。

>>無料でプログラミングを学べて、転職支援も0円!未経験のフリーターでもプログラマーになれるサイトがいま人気

※いいスクールだと、以下のように気軽に質問できます

スクールの現実(就職先など)

あと、プログラミングスクールの実態や卒業後の進路(内定先)などは取材してるので、そちらをチェックしてください。

>>無料でプログラミングを学べて、プログラマー就職(転職)できるスクールの就職先や違約金を取材した

>>【実態と評判】未経験からプログラマーになれる「ギークジョブ」に取材!フリーランスになれた受講生も

>>【評判】無料プログラミングスクールのおすすめは?(エンジニア志望の大学生、20代向け)

就職するならスクールはかなり意味ある

次は、「プログラミング学習」という観点でなく、「就職・転職」という観点でスクールの意義を考えてみます。

スクールを使おうと思ってる人の多くは、IT・Web業界に行きたいと思ってるはずなので、そういった会社に本当にいけるのか。

取材をもとに書いていきます。(スクールでしてもらえる就職支援もまとめます)

>>【未経験からの転職保証も】プログラミングスクール卒業後の就職先や支援まとめ

未経験者はスクールの就職支援に助けられてる

「GEEK JOB(ギークジョブ)」というスクールに取材してわかったのが、これ。

>>【口コミと評価】GEEK JOBは就職できない?違約金や就職先(インフラエンジニア)、学習コースまとめ

ここは10代〜20代向けに無料でプログラミングを教えてくれて、就職支援もタダでしてくれます。

そして、ここではプログラミング指導(Java)に加えて、就職支援にも力を入れており、IT企業への内定者をかなり輩出してるのです。

>>無料でプログラミングを学べて、転職支援も0円!未経験のフリーターでもプログラマーになれるサイトがいま人気

就職を狙うなら、内定のコツは必須知識

ちなみに、ギークジョブに取材してわかったのが「未経験からの就職を狙うなら、企業に刺さるポイントを知るのが必須」ということ。

若手が未経験から内定をもらう場合、プログラミングスキルに加えて、面接対策もかなり重要になるらしいのです。

※むしろスキルより人柄や社会人としてのマナーをアピールする方が大切らしい

なので、こういった点も重点的に指導してくれるスクールは貴重だし、使う意味があるのです。

>>IT未経験からプログラマー転職を成功させた20代文系と失敗した30代の話(大手への内定事例も)

スクールに通うことで、IT企業の実態を知れる

あと、ギークジョブ卒業生と現役生の交流イベントに潜入して、「現場の労働環境・実態」を知れるのもスクールのメリットわかりました。

ギークジョブでは就職先にSES企業もあります。

この「SES企業」は正社員ながら、別の会社に派遣されて働くスタイルでネガティブなイメージもあります。

しかし、イベントではそういったイメージが一面的なものとわかったのです。

SESで働いてるギークジョブの卒業生が、「今の現場はホワイト。残業なしで帰れるし、人間関係もいい」と語っていたのです。

スクールでブラック企業、ホワイト企業についても知れる

このように、プログラミングスクールでは卒業生から現場のリアルな話も聞けます。

また、「まず会社員として現場を経験し、フリーランスになれた」といった事例も知れます。

なので、エンジニアとしての労働環境、その後のキャリアパスを知りたい人もスクールを活用するといいですよ。

>>無料でプログラミングを学べて、転職支援も0円!未経験でもプログラマーになれるサイトがいま人気

>>20代で未経験から新卒エンジニアになれた!30代の転職だと難しいかも書いてみる

退職してからスクールに行くなら、相当な覚悟を

あと、会社を辞めてからプログラミングスクールに通って転職を狙う人もいますが、この場合は覚悟が必要です。

この記事で書いたように、転職は「働きながら」がベストで、退職してしまうと以下の理由で不利なのです。

・「無職の状態で転職活動するので、次がない」ということで焦ってしまう

・採用側から「この人は計画性のない人なのでは?」とマイナスのイメージを持たれてしまう

・貯金を切り崩した生活のプレッシャーが大きい

なので、こういった点も理解して、スクールに通う際は「在職中」なのか「退職後」なのか考えましょう。

>>退職してても大丈夫!就職支援が手厚い無料スクールがオススメ

無職やニートは就職できない?

他に、以下の記事も参考にしてください。

>>無職やニートはプログラミングスクールで就職できない?厳しい現実まとめとく(30代は特に難しいです)

>>第二新卒の転職って成功するの?大手に行ける?を求人サイトのエージェントに聞いてきた

>>将来性のある業界や、転職・就職でのおすすめ職種:ダメになる会社や仕事の特徴も紹介

おすすめ言語や後悔しないための知識

>>プログラミングを学びたい社会人や中学生、家で働きたいママから好評のプログラミングスクールに取材!意外な事実がわかったよ

>>「プログラミングをやると就職で有利になる」という理由で始めて仕事にすると後悔するよ

>>闇?やめとけ?退職してプログラミングスクールに通った人に挫折したか失敗談などを聞いてきた

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。