仕事がない地方で働くにはWebで起業という選択肢がいい

公開日: : 最終更新日:2015/07/31 ITベンチャーに転職ってどうなの?, 仕事・キャリア ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のWeb業界で働く人々は、地方の人からすれば相当優秀な人材です。それなのに、彼らは優秀な人同士で過当競争をしています。

そうならないためにも、地方の仕事に目を向けてWebスキルを活かして起業してしまえばいいのです。仕事がないと言われる地方ですが、働く手段はありますので、知っておきましょう。

web業界で働く人は起業できるくらいのスキルがあるのに

Webの業界にいて感じていたのですが、Web業界は求められるスキルが変わりやすく、常に移り変わるスキルをキャッチアップしていく必要があります。

IT・Web業界の転職サイトWORKPORTレバレジーズテックの求人内容を見てもわかるように、そのスキルを習得する学習コストは上がり続けています。

ソシャゲ業界でいうと、学習コストの高いスキルであるUnityやCocosでネイティブアプリをつくれるエンジニアが求められているのが現状です。それもあって、かつてブラウザゲーム全盛期で求められていたサーバーサイドに強い優秀なエンジニアが「俺やっていけるかな?」的感覚に陥っているケースもあります。

他職種で言うと、デザイナーに求められる要件もレベルアップしており、しんどい働き方を強いられている方も多いのではないでしょうか。

なお、Web業界ならではのしんどさはこちらこちらの記事にも綴られております。

スポンサーリンク

Webで起業して働く、仕事を地方で作るのはどうか?

しかし、しんどい仕事をせずもっと楽に働くことができると思うのです。そのある方法とは「地方の仕事に目を向けること」です。

そう思うきっかけになったのは、地方でフリーランスとして働くいけちゃんが書いた記事です。

田舎と都心ではITリテラシーが全然違います。

サイト制作やWEBマーケティングなどWEB関連のスキルを持っている人が少ないです。

都内で高いスキルを持ったITベンチャーと価格競争や営業に労力を割くより、田舎でITスキルを求める人たちを助けるほうが平和的で、みんなにとっていいはず。

引用元:IT系フリーランスが地方で働くことで得られる3つのメリット

この記事を読んで以来、東京でスキルを持った人々が地方に目を向けて、地方でスキルを活かしていけばもっと幸せになれると思ったのです。確かに、仕事がないと言われているちほうですが、そのチャンスはあります。

スポンサーリンク

地方には仕事がないのか?webで起業できるか?

では、地方で働く上でWebスキルを活用するなら、どんな仕事があるのでしょうか。

ヒントになるのがナリワイをつくるという考え方です。

「ナリワイ」とは『ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方』という本に登場する「個人レベルではじめられて、自分の時間と健康をマネーと交換するのでなく、やればやるほど頭と体が鍛えられ、技が身に付く仕事」のことです。つまり、無理せず自分の得意なことを活かして仕事を作るということです。

では、このナリワイの観点から私が思いついた「地方にて創りだせそうなWebの仕事」を紹介していきます。

プログラミングを教えて地方で働く

まず、思いついたのが地方の小中学生にプログラミングを教えるという仕事です。

楽天の社長が提唱するようにこれからの時代、プログラミングが間違いなく必要になるでしょう。プログラミングを習得するためにもぜひとも義務教育の段階から学習しておきたい所です。しかし、地方ではこうしたプログラミングを教えられる人が教育現場に存在していません。

そこで、東京で仕事をしていたプログラマーが講師としてプログラミングを教えるのです。形式はゼロからはじめるプログラミング講座のようなスタイルか、もっと個人に寄り添った家庭教師的なスタイルがいいと思っています。

こうした仕事は地方にないので重宝されるはずです。

企業のWebサイトを作成して地方で働く

2014年の日本国内における企業のWebサイト保有率は40%以下だそうなので、企業のWebサイトを作成する仕事も需要があるのではないでしょうか。

地方の企業がWebサイトを持つメリットは大きいので、スマホ対応のWebサイトを作成して地方企業の認知度を上げていく取り組みに従事するのもありだと思います。

こうした仕事はない、もしくは少ないので需要がありそうです。

地方ならではのWebサービスを開発して働く

Code for Japanが行う「フェローシップ」のように地方住民の悩みを解決するサービスを立ち上げるという選択肢もあります。

地方住民が感じている不便をWebサービスで解決するのも素晴らしい仕事です。Webのスキルを問題解決に利用できたら最高ですね。なお、Code for Japanの取り組みに興味のある方は以下の資料とサイトをご覧下さい。

参照:Code for Japan – ともに考え、ともにつくる

仕事がない地方で働く新たなアイデアが浮かんでくるかもしれません。

高齢者向けにタブレットの使い方講座を開催して地方で働く

家入さんが行った高齢者向けのタブレット講座も地方では需要があると思います。

高齢者の方がタブレットを使えるようになれば、LINEやSkypeを使って孫とも簡単に連絡を取れるようになりますから、きっと価値ある仕事になるはずです。

さらに、地方では高齢者が孤立しがちで、そうしたコミュニティも彼らにとってありがたい存在になるはずです。こうやって、仕事がない地方で働くという選択肢もあります。

仕事がない地方に目を向けてWebで貢献する

紹介してきたように地方でWebのスキルを活かして仕事をすれば、人の役に立つ仕事が生まれます。きっと、私が考えた以外にも多くの仕事を創れるはずです。

東京での戦いにしんどさを感じているあなたには、地方に目を向けてほしいと思います。仕事がないと言われる地方ですが、起業することによって仕事は生まれます。

東京でスキルの過当競争をするのはもったいないです。もっと自分が楽しく生きられる道がないか検討していきましょう。

なお、地方で働くことを考えるなら、福岡市と連携して地方で働ける仕組みをつくろうとしている「ワークポート」という求人サイトを活用しましょう。無料で利用できて、地方での仕事に関するセミナーや仕事選びのプロへの相談も無料でできます。

また、地方に住んでフリーランスとして仕事を受注するなら、「アットエージェント」がおすすめです。IT 案件なら、Web案件数業界最大級ですので、ぜひ。

地方の会社で働くなら「ワークポート」をどうぞ

フリーランスとして地方で仕事するなら「アットエージェント」をどうぞ

それでは!

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!