ゆとり世代のミニマリストが2015年に体験して良かった5つのこと

公開日: : ブログについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年も終わりそうなので、今年体験して良かったことを書いておきます。

買ってよかったものをまとめようと思ったんですが、今年買ったものって「カメラ」くらいしか思いつかないので、体験をテーマにしてみます。

振り返ってみて、ミニマリスト&ゆとり世代なので、やっぱりモノにはお金を使わない人間なんだな、と痛感しましたね。

1. 山梨でぶどう狩り&ワイン飲む

まず、これ。山梨がこんな素敵な町だとは思いませんでした。発酵デザイナーの小倉ヒラクさんに教えていただいた農園のぶどうとワインが素晴らしかったです。


参照:山梨県甲州市でワインを飲みながら屋外パーティー!日帰り旅行にぴったりな若尾果樹園は超おすすめ #勝沼町 #マルサン葡萄酒

若尾果樹園では、ぶどう狩りに加えて、バーベキューもできるんですね。さらに、ワインも販売していて、その場で飲めてしまうんです。

あまりにもハマってしまって、リピートしましたからね。ぶどう狩りも楽しかったし、ワインも非常に美味しかったです。

ワインが飲みやすすぎて概念を覆されました。2016年もまた行きたい場所です。

参照:極上ワイン、馬刺し、緑いっぱいの自然や滝を堪能できる温泉宿「雲峰荘(うんぽうそう)」はマジ最高 @山梨県甲州市

参照:【山梨でランチ】甲州ほうとう完熟屋っていう江戸屋敷がヤバすぎて雰囲気に金出せるレベル

参照:180種類のワインを試飲!恋人の聖地で絶景を!山梨県甲州市にある「ぶどうの丘」はCoolな日帰り旅行スポット

スポンサーリンク

2. 音楽フェス「ロッキンジャパン」

茨城県のひたちなか市で開催された音楽フェス「ロッキン」もすごく楽しかったですね。3年連続の参加でした。

back numberを生で観れたのはいい思い出です。楽しかったなぁ。来年も絶対行こうと思います

参照:ロッキン帰りの電車で常磐線の勝田駅から座って帰る方法 #ロッキン

スポンサーリンク

3. 地方取材

以下の記事にもまとめましたが、今年は全国を飛び回った年でした。

参照:20代が活躍する地域も!2015年に行ってよかった地方都市5選

回ったのは、北海道、東北、関東の端っこ(金谷、山梨)、京都、山陰(広島、島根、岡山)、四国、九州、屋久島。

26年の人生の中で、一番移動した年となりました。きっかけは、日常に飽きていたから。

朝起きて、記事を書いて、インプットして、寝てという生活が退屈だったんですよね。(1年もそれを続けたら、そうだろって感じですが。。)

目的なく旅を始めて、目的ができてきた

ということで、唐突に「旅に出よう」ということでいろんな地域に足を運ぶことにしました。当時は目的なんて、全くなかったですね。

一発目の北海道は友達に会いに行くための旅行だったし、その次の高知もイケダハヤトさんに会いに行くためでした。

しかし、そうやって現地で取材をするようになって、特殊な生き方をする人たちの活動が気になったんですよね。そして、広めていきたいと思うようになったんです。

というのも、僕が会社を辞めたがっていた時に、そうした働き方を夢見ていたから。

会社を辞めて地方で暮らそうと思っていた

以下の記事に書いていたように、会社を辞めたくてどうしようもなかった時代、ブログで15万くらい稼げたら、家賃の安い地方で生活しようと思ってたんですよ。

参照:「地方移住支援は?仕事はあるの?若者でも大丈夫?」などの疑問に答えるイベントに参加してきました

参照:仕事に疲れたときは、ゆるい仕事や地方に目を向けてみよう

収入がそれくらいあれば、生活コストの低い地方でなんとか暮らせますからね。結局、移住してないんですが、これと同じような働き方を望む人って多いと思ったんですよ。

ということで、地方で暮らすことのリアルを伝えるために、取材をしようと思うようになったんです。

働く場所は東京だけじゃなくていい

そして、今年、会社員から自営業者まで数十人レベルで地方移住者に取材できました。

実際、反響のある記事もあったし、本当にやってよかったと思っています。なので、来年も地方取材は継続して行う予定です。次は、北陸と沖縄に取材に行きたいですね。

関連記事:Youは何しに地方へ?

4. M-1予選を見る

根っからのお笑い好きなので、2回戦からM-1予選を見に行ってました。

M-1グランプリの予選見てきた。 6時間だったけど、飽きることなく観れたなぁ。有名な人以外だと、バニラボックス、ストレッチーズ、フレミング、ぺぺ、プリンセスキングが面白かった。 三四郎がヤバすぎた。テレビだと滑舌のいじりばっかでわかんなかったけど、ネタ面白い。久しぶりにゲラゲラ笑った。 ジャンポケもこんなに漫才おもしろいとは。キングオブコントもすごかったけど。 最後に豆知識。終わったあと、会場の入り口にいると、芸人さんに会える。 スリムクラブ、ジャンポケ、ベイビーギャング、タイムマシーン3号の方々がいた。 皆、いい人ぽかった。

Takuro_Suzukiさん(@twintkchan)が投稿した写真 –

その中で、メイプル超合金笑撃戦隊ダンビラムーチョといった面白いコンビにも出会えました。

さらに、予選の中でも芸人さんの生き方にも注目していました。

参照:夢を叶えるには、実現期日でなく諦める期日を設定すべき by #M1グランプリ

参照:芸人を辞めて年収700万円の会社員になるか、リスクを冒して好きなことをやり続けるか

決勝当日も素晴らしい内容だったので、その日のうちにこんな記事を書いてしまいました。

参照:ソシャゲの会社CygamesがM-1のメインスポンサーになっててKONAMIが心配になった件

参照:ハライチはM-1決勝のビリなのでなく、3472組のベスト9なのだ! #m1gp

やっぱり、生でお笑いを見るのは楽しいですね。絶対に来年も予選から見に行きます。直近でR-1の予選が始まるので、こちらも見に行く予定です。

5. 野毛で飲む

ずっと行きたいと思っていた飲んべえの聖地「野毛」に行けたのもいい思い出。


参照:野毛でハシゴ酒するときは「八郎酒場 桜木町店」からスタートを切ろう

第二の吉田類を目指す僕としては、どうしても制覇しておきたい街でした。


参照:【横浜】鮮魚をツマミにサザン!ライブ会場と化した「魚とワイン はなたれ 野毛店」が最高すぎた

前評判通り、飲み屋さんが沢山あり、テンション上がりましたね。飲み屋街をハシゴしたのは初めてだったのですが、その楽しさに気づいてしまいました。

既にリピートしてるので、来年も絶対足を運びます。

2016年もやりたいことに素直に

2015年は、やりたいことに素直な年でしたね。「やりたい」と思ったことは、すぐに行動に移すようにしていましたから。

人間、いつ死ぬかわかりませんから、2016年も「すぐやる、感情に素直になる」を信条にしていきたいものです。

では、来年もよろしくお願いいたします。良いお年を。

ではまた!(提供:らふらく^^(@TwinTKchan)

次回予告
「これぞ、ベテランのような締め方」

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!