「ダンビラムーチョ」の漫才で、NewsPicksの”難しい言葉を使いたがる長文コメンター”を思い出した

恒例のM-1予選レビューです。本日は、「ダンビラムーチョ」というコンビの漫才。

畳み掛けが特徴的な漫才です。ダークホースになると思ってます。注目してみてください。

89世代、大学時代の友人らしい

ダンビラムーチョの畳み掛け漫才

ボケの大原さん(立ち位置:左)、ツッコミの原田さん(右)によるコンビ。僕と同じ89年生まれらしいです。東京NSC16期とのことで「フレミング」、「ゆにばーす」と同期。

ちなみに、2人は大学時代の友人とのこと。M-1では、「大学時代の友達と漫才やってます」「幸せです」がつかみでした。

出てきた瞬間、どんな漫才するのかなーと思っていたのですが、開始30秒で衝撃を与えてくれました。スタイルとしては、コントに入る形式の漫才。

コントの設定は、「カツアゲされるおじさん」。大原さんがおじさん役、原田さんが若者役です。

ここで、輝いてたのが大原さん。動画を見てわかるように、声が通るし、いい声なんですよね。それが生きてるんです。

大原さん演じるおじさんが、カツアゲに対してブチ切れるんですが、その際、カツアゲする若者の姿勢を徹底的に論破するんです。

この姿を見て、NewsPicksにいがちな意識だけ高くて、難しい言葉を使って長文を書きたがるおじさんを思い出しました。

そんな風にして、若者の間違った姿勢に真剣に怒るボケを繰り返すんです。「警察?呼ぶと思うか、呼ぶわけないだろ。君のために血税を使うことになるからな!」とかツボりましたね。

さらに、おじさんはエキスパートし、他の人にも同じ語り口で、絡みまくって最後にツッコミの原田さんが「いい加減にしろ」のオチ。

「血税」のくだりから、最後の畳み掛けまで会場をボカンボカンと笑わしていた漫才。僕も涙が出るくらい笑っていました。

この辺は、M-1最適化されている感じがしたので、準決勝進出も夢ではないのでは?なんてことを思いました。

ただし、ツッコミが弱いので、決勝はどうかな?という感じです。いづれにせよ、芸歴も5年くらいでまだ若いので、これからに期待なコンビ。

同世代として応援したいですね。ということで、皆さんもこの機会に覚えておきましょう。

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。