100%解決!仕事もう休みたい!生きるのに疲れたと思った時の対処法

この記事では、仕事で疲れてしまい、「もう休みたい」「生きるのに疲れた」と思っている方向けに対処法を書きます。

昔は社畜
「仕事を辞めたい」「働きたくない」「もっとゆるい職場で働きたい」と思っている方は参考にしてください。
記事の要点まとめ
・疲れたら休んでもいい。有給などを使おう

しんどい仕事を無理して続ける必要はない

・死にたいと思うほど悩むなら、その仕事は辞めたほうがいい

仕事をしてなくても、日本なら制度が手厚く生きていける

昔は社畜
結論、しんどすぎる仕事を無理に続ける必要はありません

生活に支障をきたすほどつらくて、「休みたい」「毎日やめたい」と思っているなら、その仕事をやめたほうがいいかもしれません

昔は社畜
もっとまったり働ける会社に転職して幸せになった人は多いです。

以下の人気診断がある求人サイト「リクナビ」で、ホワイト求人を探しておきましょう

昔は社畜
今よりもっと満足して働ける環境はきっと見つかるので、以下の無料サービスも活用し、いい会社を見つけましょう!
人気エージェント
就職Shop年収1000万円も可能で人気

DYM転職未経験からOKのホワイト求人が多数

仕事に疲れた時に考えるといいこと

ではまず、仕事に疲れた時に考えるといいことから紹介します。

以下のことを知りましょう。

・今の仕事を無理しても続けるべきか
・じぶんに転職できる力はあるか
・会社内に残って問題は解決するか
・休職や有給で悩みは消えるか

それぞれ解説します。

スポンサーリンク

今の仕事を無理しても続けるべきか

まず考えたいのは、今の仕事を無理しても続けるべきかです。

昔は社畜
この世にたくさんお仕事がある中で、今の仕事をずっと続ける必要は基本的にありません

今は人手不足でもありますし、他の選択肢は多いです。

昔は社畜
そんな状況で、毎日つらいと思いながら、今の仕事を続けるべきかは考えたほうがいいです。

スポンサーリンク

年収、地位などより大事なものがある

仕事が辛いながらも転職できない理由として多いのが、「今の地位、年収を捨てたくない」というもの。

昔は社畜
今より年収を下げたくないから、転職できないという人は意外といます。

その気持ちはわかりますが、しんどいまま今のきつい仕事をしていると、体に悪影響が出るかもしれません

仕事疲れた!休みたい

病気になる前にゆるく働くことを考えてもいい

忙しい会社でよくあるのが、がんばりすぎてうつになってしまったというもの。

昔は社畜
こうなってしまったら本末転倒です。

仕事のせいで体調を崩す前に、休むこと、もっとゆるく働くことを考えてもいいはずです。

まず自分にとって大事なことを理解する

そして、仕事を続けるべきか迷っているなら、自分にとって大事なことをまず理解するといいです。

自分にとって大事なことは以下のように五角形を書くことでわかります。

仕事もう疲れた時の対処法

昔は社畜
まず、自分が仕事で大切だと思う項目(やりがい、年収、残業時間など)を5つ挙げます。

そして五角形を作り、それぞれに点数(5点満点)をつけます

大事なものとして選べるのは上位2つだけ

全ての項目に満点をつけてはならず、必ず差をつけなければなりません

昔は社畜
点数をつけたら、五角形を見渡して、点数の上位2つ(通勤、お金など)を「軸」にして下さい

それくらい絞らなければ、判断基準が多すぎて会社を選ぶことができませんので。

昔は社畜
そして、残ったものを大事にして今後働くべき環境を決めるといいです

選択肢は意外と多いと気付こう

軸を決めたら、次は他にどんな環境があるか、転職求人サイトで調べましょう

昔は社畜
見ることで、予想以上に選択肢が多く、他の環境もいいかもと思えます。

サイトごとに特徴がありますので、複数のサイトを見て、今以上の環境を探してみましょう!

昔は社畜
おすすめは以下の人気診断があるリクナビネクストです。
昔は社畜
他に以下の無料サービスもオススメなので、チェックしましょう
人気の転職サービス
就職Shop年収1000万円も可能で人気

DYM転職未経験からOKのホワイト求人が多数

じぶんに転職できる力はあるか

転職するのであれば、じぶんに転職できるだけの力、スキルがあるかも考えましょう。

昔は社畜
「転職したい」と思っても、採用側からのニーズがないと内定はもらえません

そういったニーズを知るためにも転職サイトは役立ちます。

昔は社畜
スキルや経歴を登録しておくと企業からスカウトメールが来て、じぶんへの需要がわかります

自分が転職できるかを理解するために、まずは無料登録だけでもしておきましょう

人気エージェント
リクナビNEXT強みや適職のわかる人気診断あり

DYM転職未経験からOKのホワイト求人が多数

会社内に残って問題は解決するか

仕事に疲れた時に考えるといいのは、会社内に残って問題は解決するか。

昔は社畜
転職しなくても社内で悩みは消えるかも考えたほうがいいです。

意外と部署移動などで悩みが解決することもあります

昔は社畜
たとえば、今の忙しい部署から「ゆとりのある部署」へ異動するという感じ。

チームが変わることで人間関係の悩みも解決するかも

他にはチームを変えるという選択肢があります。

昔は社畜
チームを変えてもらうことで、今の人間関係の悩みもなくなるかもしれません。

仕事の主要な悩みには3つあり、「人間関係」「やりがいがない」「給料が安い」が当てはまります

昔は社畜
大きな要素である人間関係が解決されれば、日々疲れたと感じることはなくなるかもしれません

こちらも検討しましょう。

休職や有給で悩みは消えるか

仕事で疲れたのなら、有給や休職を使うことも考えましょう。

昔は社畜
一定期間休むことでリフレッシュでき、「またがんばろう」と思えるかもしれません

働きすぎていると、どうしても「やめたい」と思ってしまうので、仕事から離れることも考えておきましょう

有給などは労働者の権利

「有給、休職」と聞くと、「うちの会社で有給なんて取れない」「休職はもってのほか」と思う人もいるはず。

昔は社畜
しかし、この2つは労働者の権利であり、法律でも「とっていい」と認められています。

なので、こういった制度も検討し、休むことで悩みがなくなるかも考えましょう

仕事に疲れた人の要因

次に、仕事に疲れてしまう人にありがちなこと、要因を解説します。

昔は社畜
それぞれの要因への対処法もまとめるので、ぜひ参考にしてください。
仕事で疲れる要因
営業などプレッシャー、競争がひどい

・仕事柄、体力の疲弊がすごい

対人関係など精神的なストレスが多い

・どうしてもがんばりすぎてしまう性格

上司、部下の関係で疲れてしまう

・パワハラなどがしんどい

それぞれ解説します。

営業などプレッシャー、競争がひどい

仕事に疲れてしまう原因として、営業などノルマや競争が厳しいというものがあります。

昔は社畜
上司などからプレッシャーをかけられ、しんどい思いをしながら働くのであれば、そりゃ疲れます。

他の職種でもいろんなプレッシャーがありますから、仕事で疲弊してしまう原因になります。

あまり真剣に向き合わないことも大事

プレッシャーなどがある場合の対策は、真剣にそういったものと向き合わないことです。

昔は社畜
まじめな人ほど真剣に向き合ってしまいますが、ノルマなど目標を達成できなくてもクビになることはありません

手を抜きながら70点くらいとれれば十分だと思います。

昔は社畜
特に心配性、悲観的な人ほど楽観的に考えたほうが仕事も人生もラクになります。

仕事柄、体力の疲弊がすごい

2つめの仕事で疲れる要因は、体力の疲弊がすごいというもの。

昔は社畜
たとえば、飲食店で働く人や配送業、引越し、農業などはかなり体力を使うので大変だと思います。

こういった仕事でしんどいと感じているなら、定期的に休みをもらうことも考えたほうがいいです。

人間ですから、体力を酷使すると限界がきます。

昔は社畜
そういったときは休んだほうが、その後の仕事もはかどるようになります。

休みをもらえない職場にいるなら

体力的にきつい状態で休みをもらえない職場にいるなら、転職も考えたほうがいいです。

昔は社畜
社員がしんどいのに休みをくれない会社はブラック企業の可能性があります。

もっといい企業はありますから、求人サイトでホワイト企業も探しましょう

昔は社畜
無料で仕事を探せるサービスは以下のものがあるので、チェックしましょう!
人気エージェント
就職Shop年収1000万円も可能で人気

DYM転職未経験からOKのホワイト求人が多数

対人関係など精神的なストレスが多い

3つめの仕事で疲れる要因は、人間関係などのストレスです。

昔は社畜
職場の人間関係もそうですし、接客業やサービス業ですと、対人でストレスを抱えることがあります

対人のやりとりがそれほど苦でない人ならいいですが、それが苦痛に感じる人であれば、疲れますし、いやになりますよね。

昔は社畜
こういった方も今の仕事を続けるべきかは考えたほうがよさそうです

どうしてもがんばりすぎてしまう性格

4つめの仕事で疲れる理由として、がんばりすぎてしまう性格というものがあります。

昔は社畜
まじめな性格でつい頑張ってしまう人がいます。

これはいいことですが、残業もしてずっと働き続けると、体に負荷をかけてしまいます

昔は社畜
頑張り屋な人ほど、しんどいなと思ったらすぐ休むことをおすすめします。

上司、部下の関係で疲れてしまう

5つめの疲れる理由は、部下として上司からパワハラ、セクハラを受けるなどの問題です。

昔は社畜
仕事内容が楽しく給料が良くても上司がダメだと、仕事に行くのが嫌になってしまいます

これは逆の立場でもそうです。

昔は社畜
たとえば自分が上司で、部下が言うことを聞いてくれない場合

組織管理、マネジメントの悩みもある

上司として部下にお願いをしても、理想通りに動いてくれない、生意気で仕事をしない場合、ストレスを抱えます。

昔は社畜
また、組織を管理するマネージャーとしても、うまくチームがまとまらず疲れてしまうこともあります

やはり、人が関わってくると、ストレスも増えますので、これが辛いならあまり人と関わらない仕事も検討しましょう。

昔は社畜
プログラマー、デザイナー、イラストレーターなどの仕事が一人でやりやすいので、以下のサイトで待遇などを見ておきましょう!
人気エージェント
就職Shop年収1000万円も可能で人気

DYM転職未経験からOKのホワイト求人が多数

業務時間外もやることが多い

6つめの「仕事で疲れる理由」として、業務時間外もやることが多いというものがあります。

昔は社畜
これは会社員時代のぼくがそうでした。

当時は、プログラマーをやっており、技術を高めるための宿題を出され、休日はそれに取り組まなければなりませんでした

昔は社畜
プログラマーとしての仕事が嫌いだったので、時間外の活動は非常に苦痛でした

土日も仕事で休めない

会社でも遅くまで残業して働いているのに、なぜ休めるはずの時間さえも犠牲にしなければならないんだと、疑問に思っていました

昔は社畜
会社では遅くまで働き、そのあとも勉強をしなければならない、休日も仕事をするという生活で体力的に疲れていたんですね。

さらに、精神的にも疲れてしまっていました。

もう限界なら仕事を変える準備を

このような状態の方であれば、ぼくのように仕事を変えるのもアリだと思います。

昔は社畜
ぼくは適性のないエンジニアをやめて、向いてる仕事についたところ、年収と満足度が10倍以上になっています

適性はそれくらい大事なので、以下の診断でチェックしておきましょう

昔は社畜
また、転職できるかどうかを人気エージェントに聞くのも大事なので、以下のサービスも見ておきましょう!
人気エージェント
就職Shop年収1000万円も可能で人気

DYM転職未経験からOKのホワイト求人が多数

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。