親、他人に迷惑をかけたくないと思ったときに考えたいこと

公開日: : 最終更新日:2016/12/06 ためになる話, 落ち込んだ時の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や就活によるうつ、自殺が多い原因は日本教育にも問題があるのではないかと思います。

日本では小さい頃から「人に迷惑をかけちゃいけないよ」と教えられますよね。それが原因の1つだと思うんです。

小学校での集団活動で「疲れた」「やめたい、帰りたい」と言えば、必ず先生に叱られます。こんな経験をしたら、それ以降の人生で素直な感情を押し殺していかなければならなくなります。

人に迷惑をかけるなと小さい頃から教育する弊害

海外はちがいます。

会社員時代、外国人と一緒に働いていたのですが、彼らは平気で「いやだ」、「帰りたい」という言葉を口にします。

そういった言葉に罪悪感を感じていないのです。海外では、個性を重んじる教育をしますから、日本ではわがままとされる行動も認められるんですね

「助けて、手伝って」が言いづらい日本

また、インドでは、「お前は人に迷惑かけて生きているのだから、人のことも許してあげなさい」と教えるそうです。

こうした教育を受けて育てば、困った時でも素直に「助けて」と言えるようになりますよね。

「いま助けてもらったから、お互い様で、今度は私が助けてあげればいいんだ」と思えますから。

これ、日本と比べてどちらが楽に生きられるかは自明ですよね。

明らかにインドの考え方のほうが生きやすいし、楽しく暮らせます。

スポンサーリンク

日本人はもっとわがままに迷惑をかけよう

以前、家入一真さんがこんなツイートをしていました。

その通りですよね。もっといろんな人に迷惑をかけて、怒られたら「てへぺろ」してしまえばいいんです。それくらい気軽に、自分の感情を出した方が健康的です。

素直に「助けて」と言おう。誰も怒らないから

なので、大変なこと、困ったことがあれば素直に「助けて」と言いましょう。迷惑をかけたくないなんて思う必要はありません。

相手が困ったときに今度はあなたが助けてあげればいいのですから。

そもそも、誰にも迷惑をかけずに生きていくことなんて無理です。

実際、僕は親や友達に迷惑をかけまくって生きてきました。

学費、おごってもらったり散々迷惑をかけた

まずは親にかけた迷惑が、学費。

中途半端な気持ちで行った大学院の入学料、授業料を払ってもらっていたんですよ。しかも、途中で嫌になってやめちゃいましたからね。

親からしたら、とんだ問題児だったと思います。しかも、その間、生活費とかももらってましたから。

迷惑をかけまくっていたわけです。

迷惑をかける相手がいるのは幸せなこと

あと、あまりバイトをしていなかった時代は、お金をもらっている友達の家に行ってご飯を食べさせてもらっていました。

他だと、家に引きこもっていた時期に、精神的に不安定になってどうしようもなくなったとき、サークルの先輩に相談にのってもらっていました。

今考えると、あんなメンヘラな自分の話を聞いてくれた先輩は本当に神様だと思います。

このように、僕はいろんな人に迷惑をかけまくって生きてきたわけです。

迷惑をかけた相手との関係性がなぜだか続いている

ですが、不思議なことにそういった相手ほど長く関係が続くんですよね。

実際ご飯を奢ってくれていた友達はいまも飲みにいく数少ない大学時代の友達ですし、先輩とはいまでも定期的に会っています。

僕、友達が多いほうじゃないのでこれは本当に珍しいことなんですよね。

しかも、親とは当時より今の方が仲良くなってますし。

感情を素直にぶつけるいいきっかけになる

こうしたことを考えると、素直に感情をぶつけて受け止めてくれた相手とは関係が長く続くんじゃないかなと思っています。

なので、皆さんもまずはお願いしてみてください。

まずは言わないと伝わりません。「助けて」と言って「NO」と言われたら、また別の人にお願いすればいいのです。

それを繰り返して行けば、きっと助けてくれる人が見つかります。そうやって、どんどん人に迷惑をかけていきましょう。

スポンサーリンク

「迷惑をかけちゃいけない」と思ってる人は遠慮しすぎ

なお、「相手に迷惑」と考えお願いできない人は、「自分には人から助けてもらうだけの魅力があるんだ」と思うようにしましょう。

「自分なんて」という真理があるなら、それは無視した方がいいです。

僕も、以前は遠慮してお願いができなかったんですが、「自分には魅力がある。だから助けてもらって当然」と思うようになったら、お願いをしやすくなりました。

なので、遠慮せず自分に自信を持ってどんどん迷惑をかけていきましょう。

感情に素直になろう

仕事でイヤな事があったら、「だるい」と言ってみましょう。

働くのがつらくなったら、就活がイヤになったら、友人に愚痴を聞いてもらいましょう。

相手にイヤな顔をされたら、「てへぺろ」で許してもらいましょう。相手が同じ状況になったら、お返ししてあげればいいんです。

迷惑をかける事をポジティブに捉えてみる

これくらい迷惑をかける事に寛容になれば、精神的に病んで、うつや自殺を考える人も減っていくと思います。

自分の人生なのですから、もっと自由きままに生きた方が良いです。

ちょっとくらい、嫌われたとしても大丈夫です。素のままのあなたを好きでいてくれる人って2割はいますから。

関連記事

>>仕事が辛いと悩んだとき楽になる方法

>>仕事がしんどい時に考えるべきこと

>>楽しい仕事と一生食っていけるスキルを見つけるために必要なこと

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!