仕事ができない悩みを即解決!毎日辛い時の対策!頭悪いポンコツ向け

仕事って辛いですよね。会社員時代、僕も辛くて毎日辞めたいと思っていました。

「辛い」、「悩みがあるけど、どうやって解決すればいいかわからない」などネガティブなことばかり考えていたんですね。

昔は社畜
そこで今回は、仕事が辛いときに実践すると効果的な対処法を書いていきます

今の仕事がしんどいからなんとかしたい、もっと楽に働きたいと思っている方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・仕事で悩んだら、今の仕事を疑ってみる

つらい仕事を無理して続ける必要はない

・もっと楽に働ける環境はある

無理をして体を壊したら元も子もない

昔は社畜
結論、今の仕事がしんどい方は仕事を変えることも検討しましょう

他の職場に目を向ければ、もっとゆとりを持って働けるところはあります

昔は社畜
実際、いろんな人が転職し満足した生活を送れるようになっています

なので、まずはいろんな求人を知るために転職サイト「リクナビ」を見ておきましょう。

昔は社畜
リクナビには以下の人気診断もあるので、まずは無料で今すぐチェックしましょう

この記事の目次

時間がないなら、目次をクリックして気になる部分を読んでみましょう。

仕事が辛いなら辞めてもいい
「そんな簡単にはやめられないよ」と思ったら

辞めてもいいようにリスクヘッジしておく
生活に必要なお金を計算してみる

雇用保険の失業手当という選択肢も
仕事を辞めたとしても日本なら生きていける

それぞれ解説します。

仕事が辛いなら辞めてもいい

本当に辛いなら仕事を辞めてしまっても良いと思います。楽しく生きていく事が一番大切なのですから。

昔は社畜
多くの人も「”3年我慢しないと一人前になれない”は昭和の常識」「身体を壊すのは本末転倒」と語っています。

なので、逃げる事も選択肢の一つとして頭の片隅においておきましょう。

昔は社畜
辛いまま無理をするのは危険です。

スポンサーリンク

しんどい会社を辞めてよかったです

ちなみに、僕は逃げるように会社を辞めて今の生活を送っています。

退職前は不安でしたが、今は会社を辞めて良かったと思っています

昔は社畜
当時はなぜあんなに悩んでいたのか不思議に思ってしまします。

スポンサーリンク

「そんな簡単にはやめられないよ」と思ったら

しかし、ほとんどの人は「そんな簡単に辞められない」と思うはず。

昔は社畜
では、会社を辞めずに問題を解決する方法も考えてみましょう。

そのためには、仕事を辛いと感じる原因を明らかにするのがいいです。

仕事で悩む原因

仕事で悩む原因は主に以下の3つ。

1. 仕事の内容
2. 待遇(給料、評価制度)
3. 職場の人間関係

これらについて対処法を見ていきましょう。

仕事の内容が不満なら部署異動を

僕は仕事の内容が嫌で悩んでいました。

昔は社畜
webベンチャーのプログラマーだったのですが、プログラミングが嫌いだったのです。

まず1年我慢して取り組んでみましたが、嫌いなままでした。

そこで実践したのが、上司に相談し部署異動を願い出ることです。

よっぽど、ブラックな会社でなければ社員の適性に応じた仕事を与えようとするので、話は聞いてくれるでしょう

異動するには今の部署で結果を出す必要がある

ただし、異動するには今の仕事でなんらかの成果を出しておく必要があります。

昔は社畜
なぜなら、何の実績もない人は信用できないからです。異動先でも同じように、嫌になったら逃げると思われているんですね

そうならないことを証明するためにも、今の部署で周りが認める成果を出す必要があります

昔は社畜
(成果の度合いがどんなものか、上司に聞いて見ないとわかりません)

僕の場合、「新たなプログラミング言語の習得」でしたが、「それは無理!」と思って会社を辞めました

もう、頑張る気力が出てこなかったんですよね。

キャパオーバーで仕事が毎日辛い

うつなど、どうしようもない時は特別に対応してもらえる

会社を辞めずに仕事内容を変えたい際は、「上司に面談→今の部署で結果を出す」という流れがおすすめです。

昔は社畜
ただし、今の仕事が限界でどうしても我慢できない、鬱になりそうという場合は部署異動できる可能性もあります。

僕が働いていた会社でも、仕事内容がきつすぎてこれ以上その部署に入れないということで、ゆるい所に移った人もいます。

給料などの条件は交渉してみる

待遇に不満がある場合もあります。その中で一番多いのが、給料。やっぱり、人間はお金で揉めやすいです。

昔は社畜
給料で一番辛いのが、「これだけ働いていて成果も出しているのに、なぜ給料が上がらないんだ!?」というもの

僕の会社でもそういった不満を持っているAさんがいました。後輩たちの給料が、入社した時点でAさんと同じだったんです

昔は社畜
Aさんはこれに腹を立てて抗議しましたが、給料が上がることはありませんでした。

成果を出しているなら、待遇改善を求めるべき

その後も彼は会社に不満を持ち、自分が考えている評価と会社の評価のギャップに違和感を感じていました

昔は社畜
現に、彼は成果を出していたので、不満をぶつけるのは当然だったんですよ。

でも、抗議をしても要望を受け入れてもらうことはできませんでした。

昔は社畜
そうしたこともあり彼は、転職していきました。(転職後の会社は給料もいいし、裁量も大きいようで満足していました)

給料に不満があると転職の原因になる

他に、給料に不満を感じ上司に面談で直訴した先輩もいました。

昔は社畜
その方は、グレードが上がったのに待遇が変わらなかったんですね。

しかし、直訴で給料が上がることはありませんでした。

結局、その方も会社に不満を感じて転職してましたね。転職後は、給料も上がったみたいです。

「退職する」と言えば、会社側も考えてくれるかも

僕がいた会社では、上司に直訴して待遇を改善できるケースはありませんでしたが、中には条件を飲んでくれる優良企業もあります

昔は社畜
待遇に不満があって退職を願い出た際、「そちらの要望は聞くから考え直してほしい」と言われた同世代もいました。

結局、その方は転職してしまいましたが、こうした会社もあるのです。

なので、諦めずに待遇で不満を感じていることを打ち明けましょう。そうしないと、問題は解決しません

昔は社畜
待遇に不満があるなら、以下の求人サイトで求人を見ておきましょう!
人気エージェント
就職Shop年収1000万円も可能で人気

type転職エージェント未経験からOKのホワイト求人が多数

職場の人間関係が辛い時は、自分に原因がないか考える

人間関係で悩む人も多いですね。僕もそのうちの一人です。会社に苦手な人が上司がいたんですよね。

昔は社畜
その人はゴリゴリの営業会社出身で、「成長するのは当たり前。そのために犠牲を払うべき」という人間でした。

なので、ゆとりを持って働きたい僕とは全く合わなかったんですね。

パワハラのような面談もあった

ある日、上司が僕のぬるい姿勢を見抜き、呼び出しをかけました。

そこでは、「やる気はあるのか?」「ちゃんとやれよ」ということで課題を出されてしまいました。

昔は社畜
しかも、その課題チェックのために定期的に面談をしなければいけなかったのです。

この時間は本当に苦痛でしたね。シメられるとはまさにこのことでした。

仕事がしんどいのは当たり前

辛い時は明るくなれる曲を聞こう

そのせいで、面談の前日は憂鬱になったし、会社でその上司と一緒にいることを考えただけでも吐き気がしました。

そんな辛い状況下では、明るい曲を聞いて励まされていましたね

昔は社畜
明るい曲を聞くと、辛い気持ちも少しは和らぐので、職場の人でストレスを感じている方は気持ちが明るくなる曲を聴きましょう。

職場の環境が変われば人でストレスを感じることもなくなる

そうした対策をしていると、ある時、人間関係の悩みが解決しました。原因は異動です。

フロアも変わって、その上司とは関わる必要がなくなったのです。

昔は社畜
それからは、天国でしたね。新しいチームメンバーはいい人ばかりでしたし。

このように、社内の環境が変わることで、人間関係の悩みからも解決できます

昔は社畜
なので、人で悩んでいるなら、上司に相談して相手か自分を別のチームに移動させてくれないか頼んでみましょう。

セクハラを受けた、仕事が忙しすぎるなども正直に打ち明けよう

僕以外の例だと、女性が、先輩男性から気持ち悪い扱いを受けたとのことで、その2人を離す処置がとられました

昔は社畜
言ってみると、どうにかなるものなので、気軽に相談してみましょう。

他だと、仕事が忙しすぎてプライベートの時間が取れない、

マネジメントがうまくいっておらず、仕事が多すぎて限界だ、という場合も相談の余地ありです。

昔は社畜
待遇改善って、社員に辞めて欲しくない会社であれば大事にしていることですので。辞められて、変な噂を流されても困りますしね。

新人のうちなら、悩みが多くて当然

新人であれば特に悩み事も多いでしょう。

昔は社畜
悩みの中で一番多そうなのが、直属の上司(教育係となった上司)との関係での悩み

上司から怒られて、仕事が嫌になるなんてこともあります。僕もそうでした。教育係の先輩は好きだったんですがね。

昔は社畜
僕自身の態度が良くなくて怒られていたんですよ。

スキルの問題でないなら、解決するための努力を

当時は同じミスをする、仕事で手を抜く、チェックが甘い、ゴールまでの道筋を見れていないとよく指摘されていました。

これは、スキルの問題でなく姿勢の問題で心がけ次第で改善できるんですね。

昔は社畜
なのに、いつまでも同じ原因で怒られていたのです。

このように、スキルがなくても解決できる問題はそのままにしてはいけません。

放置していると、怒られてへこむだけでいいことはないですし

怒られるうちが華

あと言っておきたいのが「怒られるうちが華」ということ。

あなたがそのまま取り組み方を変えなければ、先輩たちは愛想をつかして面倒さえ見てくれなくなります。

それこそ地獄ですよ

昔は社畜
なので、できることは必ず改善しましょう。最初は新人ですからスキルがないのは当然です。それで怒られるのはしょうがないんです。

仕事ができないで辛い時

仕事のたいていの失敗はなんとかなる

また、よっぽどのことをしない限り、失敗してもなんとかなります。

昔は社畜
僕は会社員時代、ゲームを開発していたのですが、ガチャでバグを出してしまって数十万円の機会損失を出してしまいました

その時でも、謝罪してなんとか許してもらえました。このように、たいていのミスは誠意ある謝罪で許してもらえます。

なので、失敗しても悩む必要はありません。(反省して再発しなければいいのです)

泣くほど辛いなら名言で元気を出そう

また、新人ですから仕事がきつくて泣くときもあるでしょう。そんな時は、休憩時間や昼休みに名言を見て、元気を出しましょう

僕は、以下の名言で励まされていました。

1日中礼儀正しく朗かな気持ちで仕事をすれば、1日中腹を立てて仕事をしたときよりも、夜寝るときの疲労がずっと少ない。

にこにこ朗かにしていれば緊張がほぐれる。

疲れるのは仕事のせいではない。心の持ちようが悪いのである。

この方法を一度試してみることだ。

昔は社畜
積極的に仕事をすれば、失敗するのは当たり前
昔は社畜
この名言を見ると、また頑張ろうと思えますので、泣きそうになった時は思い出してください。

辞めてもいいようにリスクヘッジしておく

ここまで書いてきたように、仕事を辞めずに今の職場での悩みを解決する方法はあります。

昔は社畜
しかし、それらじゃ効果がなさそうだと思うなら辞めるしかありません。転職活動をし、退職の準備をしましょう

以下の転職サイトを見て、他に良さそうな環境をチェックしましょう!

人気サイト
就職Shop年収1000万円も可能で人気

type転職エージェント未経験からOKのホワイト求人が多数

お金の不安への対処法

退職となれば、収入に関する不安が出てくると思います。

そこでオススメしたいのが本業以外の稼ぎを持っておく事です。

収入源は多ければ多いほど良いです。収入源を複数持っておく事で、今の会社を辞めたときの保険になります。

昔は社畜
収入源は何でもよく、ブログの広告収入だったり、アフィリエイトだったり、NAVERまとめだったり。

副業、稼ぎ方については以下の動画でも解説してるのでチェックしましょう!

生活に必要なお金を計算してみる

収入の次は、一ヶ月の生活にかかる費用を計算してみましょう。

昔は社畜
そうすれば、必要以上に働く無意味さに気づけます。意外と生活にかかるコストって少ないですからね。

辛いと思いながら、無理する必要はないんです。低コストなら、そこそこの仕事でも生きていけますし。

昔は社畜
有名作家でもあるニート「pha」さんの年収は約100万円ですが、phaさんは楽しい生きています

アルバイトでも生活していくことは可能

ちなみに、僕もアルバイト収入だけで、生活していたときがありましたが、贅沢しなければ暮らしていけました。

なので、まずいくら稼げば十分なのか認識しましょう。そうすれば「会社を辞めても大丈夫」と安心できます

仕事行くのが辛い、キャパオーバーなら無理しない

日本にいれば、100円でハンバーガーが食べられて、公園に行けば無料で水が飲めて、献血に行けばお菓子やアイスが食べられます

生きるためのインフラが十分に整っているのです。

餓死する事はほぼありません。

昔は社畜
仕事で辛い思いをして悩んでいると「生きていけるのか」と不安になりますが、そんな心配は不要です。

雇用保険の失業手当という選択肢も

退職後、雇用保険の失業手当を利用するという選択肢もあります。

雇用保険の受給期間は、原則として、離職した日の翌日から1年間(所定給付日数330日の方は1年と30日、360日の方は1年と60日)

その間に病気、けが、妊娠、出産、育児等の理由により引き続き30日以上働けなくなったときは、その日数だけ、受給期間を延長できます。

ただし、延長できる期間は最長で3年間となっています。

引用元:雇用保険手続きのご案内

1日7000円ほどを無職でももらえる

1日あたりの支給額は予想以上に充実しています。

昔は社畜
30歳未満 6,440円
30歳以上45歳未満 7,155円
45歳以上60歳未満 7,870円
昔は社畜
30歳未満であれば、6,440 × 30 = 193,200円と十分な額を受給する事が可能です。

1年以内に、他の仕事を見つければ良いのですから、不安を感じる必要は無いのです。

会社がしんどいは当たり前?

さらに、会社を辞めた後は「求職者支援制度」で職業訓練受講給付金を貰いながら、就職支援を受ける事もできます。

求職者支援制度の概要は以下の通りです。

最高
・「求職者支援訓練」または「公共職業訓練」を受講できる(受講料は無料)

・訓練終了後、ハローワーク側で就職支援をしてくれる

・要件を満たせば、「職業訓練受講給付金」がもらえる

昔は社畜
こうした制度もあるので、会社を辞めてもなんとかなるんですよ。

仕事を辞めても日本なら生きていける

ここまでで、辛いと思いながら仕事をする必要はないこと、

収入源を複数持っておけばすぐに嫌な仕事を辞められること、お金の心配が不要であることは理解できたはずです。

昔は社畜
これらの知識で、今までの仕事への考え方が間違っていたとわかりましたよね。

もっといい職場で働けないかプロに相談

転職求人サイトを見れば分かるように、仕事はたくさんあります。

日本にいれば職業訓練を受けられるし、職に困ることはないのです。

転職サイトを見れば仕事がたくさんあるとわかる
昔は社畜
なので、仕事で不安を抱えたら、こうしたサービスを使ってみましょう

無料で1分で登録できますし、企業からスカウトがくることもあります

昔は社畜
自分が働ける環境の多さに気づくためにもぜひ
人気エージェント
就職Shop年収1000万円も可能で人気

type転職エージェント未経験からOKのホワイト求人が多数

きつい仕事を知っておこう

なお、仕事で辛いと感じないためには、世にあるブラック企業、きつい仕事(SE、居酒屋店員など)も知っておくj必要があります。

そうすれば、しんどい仕事、つまらない仕事でストレスを抱えることもなくなります

なので、以下の記事を読んできつい仕事も把握しておきましょう。

【結論】悩んでいるだけでは何も変わらないから行動を

紹介してきたように、辛いまま悩んでいても何も変わりません。しかし、少しでも行動すれば、状況は良くなってくのです。

昔は社畜
なので、初めの一歩として紹介してきたサイトへの登録や、エージェントへの相談を行ってみてください。

登録も相談申し込みも数分で終わり、無料です。このチャンスを逃さないように、いま動きましょう

人気エージェント
就職Shop年収1000万円も可能で人気

type転職エージェント未経験からOKのホワイト求人が多数

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。