このカテゴリーでは、第二新卒の転職を成功させるために必要なことを紹介していきます。

第二新卒とは、学校を卒業後1~3年で、転職または就職を志す若年の方々(25歳前後)と考えられています。こうした人は意外と多いのです。

僕は社会人で言ったら3年目の年次になるのですが、周りには転職した友達が結構います。例えば、大手IT系ベンダーでエンジニアをやっていた友人はECコマースのベンチャーに転職し、メガベンチャーでエンジニアをやっていた友人はスタートアップに転職してエンジニアリーダーを任されています。

さらに、メガベンチャーから大学の研究員になった友人やソーシャルゲームの会社から独立し、フリーのエンジニアになった友人もいます。他にも、恵比寿の有名ベンチャーでマーケッターをやっていた友人はスタートアップに転職し、いまは営業として働いています。

このようにして、第二新卒に該当する年次で転職することは良くある話なのです。よく、最近の若者はすぐ会社を辞めると言われますが、昔から若者は3年以内で会社を辞めているんですね。これは、データにも出ていて雇用問題に関心のある人にとっては有名な話です。

しかし、一般的に転職は珍しいこととされています。この傾向は田舎で育った人で顕著です。僕もそうなのですが、田舎には民間企業が少ないです。働く先の選択肢がわずかで、転職のしようがないんですね。なので、一度入った会社で定年まで働かざるを得なくなります。

また、田舎特有の公務員、銀行、教師至上主義がありますから、それらの仕事は定年まで働くのが一般的です。なので、転職のイメージがつきづらいんですね。

さらに、転職したいと思っても第二新卒に踏み切れない理由として、情報の欠如が挙げられます。僕の周りには多いですが、たいがい、周りに転職する人は少ないようです。そうした事例がないことが第二新卒転職の不安を醸成しているようです。

他にも、自分のスキルで第二新卒という若さで転職できるのか?と悩んでいる人もいます。そうした人は一度転職エージェントで自分のスキルを客観的に評価してもらうと、悩みは解決するはずです。

僕も第二新卒の転職を考えていて、転職エージェントに相談に行きました。その際、ブログの実績を語ったら、十分転職できると言われたので、そこで客観的な評価を得ることができました。

なので、第二新卒の転職を躊躇している方は第三者の視点を利用しましょう。そうすることで、転職したい願望に正直に行動できます。

大事なのは、転職を恐れていないで、まず動くことです。そのためのヒントをこのカテゴリーに用意しているので、記事を読んでみてください。

「 第二新卒の転職を成功させる 」 一覧

新卒1年で仕事を辞めた結果どうなったか(独立してからのその後)を書いておく

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 気づいたら、会社を辞めて独立し2年半経っていたことに気づいたので、 ここらで思ってることや、これまでの経緯をまとめてみたいと思います

続きを見る

とりあえず3年働けば転職できると思ってた兄「俺、勘違いしてたわ」

こんにちは。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 地方から東京に転職してきた双子の兄から面白いことを聞きました。よく言われる「とりあえず3年働け」の弊害についてです。 これを信じてし

続きを見る

【まとめ】フリーターが正社員になるために利用したい就職サイトと就職活動ノウハウ

こんにちは。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 「JobQ」という仕事のQ&Aサイトと、コンテンツ作成に関して提携を始めたので第一弾を書いてみます。 取り上げるのは、「20代後半の

続きを見る

20代フリーターにおすすめはIT系職種のアルバイト!そこから正社員就職を目指してみては?

こんにちは。タクスズキ(@TwinTKchan)です。 小泉 進次郎さんhの言葉がすごく良かったので、レールを外れた後の生き方について考えてみます。 以下、その言葉です。 「レールに

続きを見る

第二新卒の転職に成功する人と失敗する人の違いや、おすすめの転職サイトをまとめとく

こんにちは。社会人で言うと、4年目に入ったタクスズキ(@TwinTKchan)です。 これまでに、社会人3年目で転職する人が増える、と書いてきましたが、4年目に入ってその流れが加速してきました。

続きを見る

【評判・口コミ】社会人2年目で転職活動をした時にレバテックキャリアを使ったから感想書いとく

実は僕、会社員を1年経験した後、転職活動をしていました。その体験記がこれから同じ道をたどる人にとって役立つと思ったので、書き残しておきます。 新卒入社2年目で転職を考えている方は参考にしてみてく

続きを見る

ソシャゲの会社CygamesがM-1のメインスポンサーになっててKONAMIが心配になった件

M-1グランプリ決勝を見ていたら、スポンサー企業の栄枯盛衰を感じました。 かつては、KONAMIのようなコンシュマーゲームの会社がスポンサーでついていたのに、今はCygames(サイゲームズ)の

続きを見る

時給34200円の仕事をするために必要なこと

先日、時給34200円の仕事を目の当たりにして、びっくらこいたので紹介します。将来、お金持ちになるためにはこういう仕事を選べばいいんですね。 高パフォーマンスな仕事をするために必要なことを再認識

続きを見る

新卒で入った会社を後悔する必要なんてないし、就活の段階で落ち込む必要もない

先日、就活から付き合いがある友人とお話してきました。 彼はネット系ベンチャーに勤める社会人3年目。驚くことにMVPをとったそうです。 入社後に巻き返しできる そして、その業績が認められ、

続きを見る

第二新卒の転職って成功するの?大手に行ける?を求人サイトのエージェントに聞いてきた

毎日、忙しい仕事で疲れていませんか? 東京で電車に乗っていると、疲れ切った顔をよく目にします。仕事が大変で、精神的にも参っているのでしょう。会社員時代の僕もそんな感じでした。 当時は、ベン

続きを見る

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!