第二新卒の転職って成功するの?大手に行ける?を求人サイトのエージェントに聞いてきた

公開日: : 最終更新日:2016/09/07 仕事・キャリア, 第二新卒の転職を成功させる

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日、忙しい仕事で疲れていませんか?

東京で電車に乗っていると、疲れ切った顔をよく目にします。仕事が大変で、精神的にも参っているのでしょう。会社員時代の僕もそんな感じでした。

当時は、ベンチャーでエンジニアをやっていて忙しかったので、もっと楽に働ける職場、精神的に楽な仕事を求めていました。

そこで、もっと楽にやれる仕事を探してみたんですよ。そしたら、色々と出てきました。しかも、正社員としてもそれらの仕事に就けるのです。

ということで、僕が調べた精神的に楽にやれる仕事を紹介しています。仕事で疲れている方は、参考にしてみてください。

転職支援サービスを提供するワークポートさんにて市場動向、第二新卒の受け入れ態勢などを伺ってきました。

ワークポートはこれまで、IT・ゲーム業界に特化した人材サービスでしたが、最近、総合型転職支援サービスを目指し、色んな業界の転職支援にも力を入れています

話を聞いたのは、ものづくり業界を担当するコンシェルジュ高田さん、建築業界担当の長友さん、IT・ゲーム業界担当の光山さん。

なお、転職コンシェルジュとは、競合の転職エージェントやコンサルタントを表す言葉でワークポートでは商標登録するほどにこだわっている言葉です。

ということで、そうした転職の話を第二新卒の説明と共に読んでみてください。

第二新卒とは「25歳前後の転職を希望する若者」

第二新卒とは、学校を卒業後1~3年で転職を希望する若者のことです。一般的に、25歳前後と考えられています。ただし、転職サイトによっては、大学院卒後3年と考えているところもあり、その場合は27歳前後ということになります。

また、新卒で就職先が決まらずに、大学卒業後も就職活動に取り組む方も「第二新卒」として分類されます。近年、第二新卒という言葉が注目されるようになったのは、卒業後も就職活動を続ける方が増えたからですね。

リーマンショック以降、企業が新卒採用を控えるようになって、就職活動に苦戦する学生が増えました。そうした背景から、就職の決まらない学生向けに「第二新卒」という枠を用意し、就職しやすいようにしたんです。

第二新卒の転職は成功しやすくなってる

他に、無理やり就職した先がブラック企業だった、などの理由で3年以内に退職する方もいるため、再度、新卒就職する人向けに「第二新卒」が使われています

実際、企業としても、リーマンショック時期に採用できなかった新卒が欲しいというニーズもあり、第二新卒には需要があるんですね。(会社の将来を考えると、新卒がいた方が持続性のある組織が作れる)

インタビューでも語られましたが、どの業界でも第二新卒へのニーズは高まっています。実際、僕の周りにも第二新卒で転職して成功している人や、大企業に転職できた人もいます

第二新卒の転職で重要なのはスキルより働く際の姿勢

その際に重要なのはスキルよりも学ぶ姿勢など、メンタル面。理由は「学ぶ姿勢や真面目さがあれば、スキルがなくても伸びる」と考えられているから。

実際、厳しい就職環境をくぐり抜けてきた2010年以降の新卒入社組は、就職の際に高いハードルをくぐりに抜けているので、従来の新卒よりも働くモチベーションが高いです。

なので、1社目が合わずに退職したとしても、働く意欲が高いため、次の会社では活躍してくれるはずと期待されています。そうしたこともあって、企業自体も第二新卒の採用を考えるようになったんです。

僕の周りにも第二新卒として転職している友人がたくさん

そうした背景もあって、第二新卒での転職自体も当たり前になってきています。

と、第二新卒転職の背景を説明したところで本題へ。転職の実態を現場の方から聞いてきました。

まずは、ものづくり、建築、IT・ゲーム業界全体の採用動向から。その後、第二新卒に絞って話を聞きましたよ。

それではインタビューをどうぞ。

スポンサーリンク

ものづくり業界「未経験でも転職チャンスが」

ワークポートで転職採用のトレンドを聞いてきた
(ワークポートのオフィス入り口)

ー 各業界の採用動向と人材のニーズを教えて下さい。

高田:
自動車関連メーカーでの求人が増えています。例えば、部品や車体を製造するメーカーです。この流れは、大手メーカー問わずサプライヤー(受託製造メーカー)なども対象です。

盛り上がっている職種は、機械設計です。それに伴う制御系エンジニアです。理系の中でも工学系を経験してきた人を対象としていますが、未経験の採用ニーズがある事は確かです。

スポンサーリンク

建築「オリンピックの影響で盛り上がっている」「未経験の場合は現場から」

長友:
建築、つまり建てる側の求人が活況です。企業側が求めている人材は、資格保有者です。例えば、一級建築士、1級施工管理技士など。そういった方々が大手ゼネコンに転職したり、大きな建物作りを目指して転職活動をしています。

オリンピックが控えていることもあり、建築物を建てたい企業の採用ニーズ高まっているんですね

採用側は、経験をそれほど求めませんが、企業によっては建築学科を優遇する所もあります。ただし、稀に未経験でもOKの所はあります。その場合、最初は現場作業員からのスタートになります。

IT・ゲーム「エンジニアは未だ人気」「マネジメント、リーダーシップが求められる流れに」

光山:
エンジニアの求人が盛り上がっています。そこでは、経験者が優遇される傾向になります。家庭用ゲームからソーシャルゲームの会社に転職する方もいらっしゃいますね。

最近では、作る以外にもマネジメントができる方、周りを引っぱっていける方が求められています。そういった事もあって、能力の高い大手ゲーム会社出身の方でも、ソーシャル系への転職で苦戦するという現象も起きています。

ー 求められるスキルのレベルはどうでしょう?

全般的にソーシャルゲームの求人レベルは上がっています。「スキル+α」といったように。こうしたことはディレクター、プランナー職種で起きている事ですね。

エンジニアはスキルがあれば、間口は広いです。求められているスキルは変わらずネイティブ系のスキル、Unityなどが挙げられます。また、開発期間の長いゲームを作る考え方を持っている人が求められています。ソーシャルゲームの会社では、あまりなかった考え方ですので。

また、スピード感に馴染める力も求められていますね。技術を学ぼうとする意欲のある人は求められる傾向にありますね。スキルもですが、気持ちも重要で、成長する意欲があれば、年齢はあまり関係ないです。

ワークポートで昨今の転職採用トレンドを聞いてきた
(右から、ものづくり業界担当のコンシェルジュ高田さん、建築業界担当の長友さん、IT・ゲーム担当の光山さん)

ものづくり業界「第二新卒の転職で重要なのは熱意」

ー 本ブログの読者に多い、第二新卒の採用動向はどうでしょうか?

高田:
第二新卒はあります。未経験、大卒2~3年であれば対象になります。スキルはなくとも「ものづくりがしたい」というマインドと、理系の頭脳を持っているかどうかで判断されます。特殊なスキルが必須ということではありません。

大手のメーカーさんでも可能です。実際、元気があればOKとも言われています。ホントにこういった言い方でしたね(笑)

第二新卒の転職理由「資格取得のために大手から中小へ」

長友:
第二新卒需要はあります。そうした年代だと、建築学科を出ている人が伸び悩む時期に当たります。例えば、資格が取れないといったように。

そうした資格取得を目指す大手勤務の方を採用したいというニーズは、中小ゼネコンであります。その場合、会社の中核を担っていく事が期待されています。

建築学科出身であれば、即戦力で活躍できるポテンシャルはあるので、ある程度転職はしやすいです。

応募者側では、資格取得しやすい会社、ワークライフバランスを重視したいという転職理由が増えています。転職後は、業務時間外で勉強し、資格を取って上のポジションに行く流れも増えています。

こうした事例が起きるのは、資格(一級建築士など)がないと上にいけない構造になっているからです。スキルアップのために資格を取るということですね。

IT・ゲーム「ゲームが好きである事、デザイナーは畑違いでも採用の可能性あり」

光山:
ゲーム、IT共に第二新卒はあります。「勉強したいマインドがあれば、会います」という企業が多いですね。また、ゲーム系で言いますと、ゲームが好きな人が求められています。

中には、ゲームレポート提出を求める会社もあり、ポケモンレポートを1枚書いた志願者もいましたね。そういった熱意を伝えると、選考でも評価しもらいやすくなります。プランナー職種で顕著ですね。

ゲームへの熱意は大事です。転職理由で「新卒でゲーム系に行けなかったけど、第二新卒ではそっちに行きたい、」という方もいます。転職で成功したいなら、その会社のゲームをやり込んでおくことが重要です。

これはソーシャル系、家庭用は関係ないです。ゲーム好きである事が前提ですね。

ー デザイナー・エンジニアなどの技術職はどうでしょう?

デザイナーですと、ポートフォリオがあれば見てはもらえます。Webでなくても、グラフィック系、2DでもOKです。入ってから勉強すれば大丈夫というスタンスの会社もあります。

ITでいうと、デバッガーさんの求人も増えています。そういった方をアウトソースしている会社で賑わっていますね。入り口は契約社員から正社員の流れです。未経験でもOKです。

エンジニアですと、第二新卒でも技術経験がないとキツいというのが実情です。ですが、「未経験でも、一旦は受け付けますよ」という会社は十数社あります。無いわけではありません。

「第二新卒がアピールすべきは意欲の高さ」「カメラ販売員からエンジニア内定の事例も」

ー (スキルのアピールが難しい)第二新卒に必要なこと、アピールすべきことを教えていただけますか?

高田:
元気ですね。あと論理性です。回答。まっさらに文系ですと厳しいですが。会社から元気のある人という声が。

長友:
学ぶ意欲の高さです。実務経験してからでないと、とれない資格があるため、常に向上心を持っている事が評価されます。そういったことを書類に書くと、会ってもらえる確率が上がります

光山:
学ぶ意欲です。独学レベルでもOKの場合もあります。募集要項に書いてある「実務経験」と「使用経験」が別である事は知っておいた方がいいですね。

「実務経験」は会社に入ってからの期間、「使用経験」は独学込みの期間です。

使用経験の事例として、もともとカメラ販売員の方で、仕事を辞めて半年間でたくさんの資格を取り、その姿勢が認められ内定したケースもあります。そして、エンジニアになりました。人柄も良く、社長が絶賛されていました。

「it系のGREE社、DeNA社は入社後の満足度が高い」など転職市場の動向などを聞いてきた
(オフィス内の高級感ある廊下。以前、利用した他社エージェントを思い出しました)

ものづくり「勧めるとしたら年収アップを狙う」

ー 第二新卒とも絡むのですが、本ブログの読者にも多いと思われる、すぐに転職したいわけではないが「いつか転職できれば」と考えている人へのアドバイスはいかがでしょうか?

高田:
ものづくり業界ですと、ぼんやり考えている方は、給料などに満足している人が多いです。そうした人には、メーカー系であれば、同じメーカー系に行って年収上げませんか?と提案します。

アウトソーサーにいる方には、メーカー系を狙ってみましょうか、年収を上げていってはどうですかと提案します。ものづくり業界では、同業種内の転職になります。

車なら車、医療なら医療といった感じです。営業職種も同じで、法人営業経験2年と書いてあっても、専門外(他業種)を受けてもうまくいきません。

業界内の暗黙のルールのようなものですね。

建築「転職時期は今」「大幅年収アップの事例も」

建築:
転職時期は今ですよ、というお話をします。オリンピック需要によって市場が賑わっているからです。さらに、築地から豊洲市場へ移管する工事もあいまって、都市建築のスピードが加速しているのも背景にあります。

また、オリンピック開催2年前になると、需要が無くなることも予想されていますので。

現に、長野オリンピックでそのような流れがありました。その時も建設が盛り上がっていたのですが、ピーク以降、業界の人材市場が陰りを見せ、リストラなどがあったんです。

そうならないためにも、需要が無くなる前に転職した方が良いとアドバイスします。

ー これって応募者は気づいてるんですか?

はい。転職希望者から大幅な年収アップの依頼があります。400万円の人が600万円を求めるといったように。

インターネット上の情報を見て、求職者の要望が上がっているのも事実です。そうした方には、現実をちゃんとお話しします。

中小のゼネコンで大幅の年収アップを検討している会社もあります。実際に大幅な年収アップをして第二新卒の転職を成功させた方もいます。

ー 羽振りも良く、優良な業界見たいですね。

はい。業界自体、歴史があるので、福利厚生が良く(住宅手当など)しっかりしているんです。これは大手に限りません。

施工管理として現場に出ている方は土曜の休みがないのですが、まとまって休み(1週間くらい)をくれるので、安心して働けます

IT・ゲーム「明確にスキルアップを狙う人が多い」「メガベンチャーは入社後の満足度が高い」

光山:
IT・ゲーム業界にいるなら、ぼんやり考えているというケースは稀ですね。明確に同業界内で働きたいと思っている方が多いです。逆に、業界未経験者の方がぼんやりしていますね。

ー ちなみに、今だとどういった会社が人気なのでしょうか?

光山:
いま人気なのは、ネイティブゲーム運営を強化している会社、プラットフォームも持っているメガベンチャーです。

メガベンチャーだと、実際に入社してみて「良かった」と感じる方が多いです。ネイティブゲームの人気タイトルを開発している会社の場合、入社前から業界内の評価が高くて有名ですね。仕事はハードですが、環境の良さなどが評価されています

ー 華やかに見えるIT業界には影の面もあると思います。それを教えていただけますか?

光山:
数値に厳しいところでしょうか。好調な会社はKPIはを厳しく設定していて、サービスのクローズまでの審査が早いです。

それ故、求められるレベルも高く、それに合わない方は離れていってしまうケースもあります。スピードや求められるレベルについていけるか考えた方がいいですね。

逆に、そのスピード感に疲れてしまった人を採用する会社もあります。受託の会社がワークライフバランスを保証して人を集める、これは老舗のデベロッパーさんで見られます。

ここでは、ソーシャル系でイケイケの感じに疲れてしまった人がターゲットになっていると思います。

「it系のGREE社、DeNA社は入社後の満足度が高い」など転職市場の動向などを聞いてきた
(面談ルームには世界都市の港(ポート)の名前が付けられています)

ものづくり業界「10年後には年収600~700万円になる事例も」

ー 各業界で応募者が抱える、転職理由を教えてください

高田:
年収を上げたくて来る方が多いです。ただし、現在の職場環境に満足しているので、明確な転職理由を持っていない人が多いです。

正直、転職しても年収はそれほど上がりません。ですので、求職者は年収が上がったら、転職しようかなくらいの心持ちですね。ずっと会社にいた方が年収は上がる業界ですから。

大手ですと、10年後には年収600~700万円になる事例もあります。逆に、ものづくり業界では転職回数がネックになり、転職回数の限度は3、4回です。

建築の転職理由「大きいものを作りたい」

長友:
大きい建物を建てたいという欲求を持っている方が多いです。業界的に、大手五社が日本中の建築物の6割を担っている現状があって、大手ゼネコンに行きたいという人が多いんです。

地図に自分が建てたものを残したいという欲求ですね。ただし、歴史ある業界ですから、転職するよりも長く勤めた方が年収は上がります。

15年くらい経った37歳くらいで年収が上がりだし、課長クラスだと、700~800万になることもあります。現場監督クラスだと1000万円レベルです。

IT・ゲームの転職理由「中規模からヒットタイトルに携わるために大手へ」

光山:
IT・ゲーム業界でいうと、年収アップを転職理由にする方はあまりいません。経験者ですと、現場の体制、スピード感に不満を持っており、自分と会社のスタンスが合うところを探しているケースが多いです。

他にも、中規模の会社にいるプランナーが、世に出るタイトルに携わりたい思いから、大手のメガベンチャーを目指すケースもあります。

ワークポート利用者の声はこちら>>

第二新卒の転職失敗事例も知っておこう

紹介してきたように、特にIT、建築業界で採用が盛り上がっているようです。その中でも、第二新卒の転職希望者にもチャンスは広がっています。

企業としても、マインド、やる気を重視する流れですので、転職を少しでも考えている方はまず相談してみましょう

【追記】中堅ITから大手への転職で年収150万円アップの事例も

他のエージェントからの話で明らかになったことを追記。新卒入社して半年後に、第二新卒として転職して年収をあげたエンジニア(23歳)もいるそうです。

実務としては、研修が明けてちょっとJavaで開発したくらいでしが、転職して年収が150万円も上がりました。これは、中堅SIerから大手SIerへの転職です。

これだけの経験で年収がアップしたのは学生時代からの経験があったからです。この方は、学生時代からプログラミングに取り組み、資格も取得されていてスキルもありました

また、転職先はヒューマンスキルも見てくれる会社だったので、人柄や仕事への取り組み方もアピールしました。それも転職できた要因ですね

このように、入社して間もなくても、第二新卒で大手に行けるし、転職を成功させることは可能なんですね。

第二新卒は25歳まで

当時のインタビューとは状況が変わっていて、今は第二新卒の定義が社会人歴3年以内に変わってきているそうです。

大学院卒(24歳から社会人)の場合はそこから3年だと27歳までとなりますが、その年齢を第二新卒と考える企業は少ないんだとか。あくまで、大卒からの3年と考えるところが多いようです

なので、第二新卒は25歳まで考えておいたほうがいいですね。「転職する際は在職しているうちに」というアドバイスも聞かれたので、こちらも覚えておきましょう。

なお、インタビューでは、第二新卒転職の成功事例が聞かれましたが、周りには失敗している方もいます。そういった方のほとんどが、情報収集を怠ったのです

必要な情報は転職エージェントから得よう

転職では情報が命になります。企業の情報はもちろん、自分に関する情報(スキル、転職市場における価値)を集めることも超重要です

転職を成功させるためには、企業と自分のもの両方を集めておきたいところですが、2つを得るのは大変です。特に、自分に関する情報であれば。

なぜならば、普段、就活の時のように自分の性格や価値を把握しようとする機会は少ないからです。忙しい社会人であれば、毎日の仕事で精一杯というのが本音でしょう。

なので、効率的に情報収集したいなら、プロに任せてしまうのが一番なのです。そして、そのプロというのがこれまで紹介してきたようなキャリアアドバイザーなのです

ワークポートで言えば、コンシェルジュの方々ですね。

第二新卒の転職サイトとしておすすめ!

相談する際は、ワークポートのサイトで会員登録して、コンシェルジュからの連絡を待ち、日程調整すればOK。登録、相談共に無料です。

こういったサービスをよく知らないと、有料と思いがちですが、「無料」とわかると早速使い始める人もいるようです。笑

なので、興味のある方はぜひ記事の最後にあるリンクから登録して面談に行ってみてください。

相談によってやりたいことが明確になる

最後に、相談に行くことをためらっている人向けに大事なことを書いておきます。

転職相談するメリットは大きいということです

相談に行けば、やりたいことが明確になるんですよ。

よく聞くのが、相談前はやりたいことがよくわからず、次にどんな仕事をしたらいいかわからないというもの。

でも、相談に行って、コンシェルジュから「あなたのやりたいことはコレじゃないですか?」「この仕事が向いてそうですよ」とアドバイスをもらうことで、やりたいことが明確になっていくのです。

僕自身も複数社のアドバイザーからいろんな提案をされましたが、それによって向いてること、やりたいことが明確になりました

なので、少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して相談に行きましょう。せっかく無料で向いてる仕事のヒントがもらえるのですから。いま動かないのは本当に損ですよ

ワークポートで相談してみる>>

ではまた!(提供:らふらく^^(@TwinTKchan))

次回予告

「履歴書を0から作ってもらえるとかギャグかと思った!働く場所として、福岡はもちろん大阪もアツいらしいよ」

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!