石の上にも三年?否!惰性でなんとなく働くなら新卒も3年以内で辞めるべき

この記事では、「とりあえず3年働け」の弊害について解説します。

1年で退職した男
これを信じてしまうと、3年をなんとなく過ごして転職できなくなってしまいます

この記事を読めば、時間をムダにしない働き方がわかります

1年で退職した男
新卒などで3年以内でやめて、すぐ理想の働き方をしたい方、今の職場から離れたい方は参考にしてください。
記事の要点まとめ
なんとなく3年働いても力はつかない

スキルをつけようといなければ、転職はできない

・転職前提で働くことが大切

1年で退職した男
結論、時間をムダにせず、もっと給料を増やす方法を紹介します。

それは、やりがいをもってやれる職場に転職することです。

1年で退職した男
なので、いま惰性で働いてる感覚があるなら、以下の人気診断でもっといい環境を探すだけでもしておきましょう。
人気求人サイト
就職Shop年収1000万円も可能で人気

DYM転職未経験からOKのホワイト求人が多数

【新卒も注意】3年働いても力はつかない

ではまず、知人の話を元に「まず3年」で働くことについて解説します。

1年で退職した男
知人の話で名言だと思ったのは「前職では3年働いたら力が勝手につくと思っていから、なんとなく仕事をしていた」というもの

よく、「(特に新卒は)とりあえず3年は働け」と言われますが、

1年で退職した男
これには「3年働かないと転職できるだけのスキルがつかない」という意味も込められているのだと思います。

つまり、「3年」がスキルをつけるための目安期間になっているのです。

スポンサーリンク

ただ3年続けるだけじゃ意味がない

これには特に異論はないです。

1年で退職した男
ただし、ここで危険なのが「3年働いたらスキルが勝手につく。それで転職できる」と勘違いしてしまうことです

スポンサーリンク

3年でやってきたことを語れるか?

そういった認識でいると、僕の知人のように働く目的が「スキルをつけること」でなく「継続すること」になってしまうんですよね

1年で退職した男
そうなると、転職で必要になるスキルを意識せず惰性で働くようになり、スキルはつきにくくなってしまいます。

これだと、職務経歴書とかで「やってきたこと」を書くときに困るんですよね。

1年で退職した男
思えば会社員時代の僕もそんな感じでした。

我慢していただけ。プログラマーとしての腕は上がらなかった

当時はプログラマーをしていたんですが、本当に仕事が嫌で我慢して働いていました。惰性で仕事をしてたんですよ。

1年で退職した男
そんな状態でしたから、プログラマーとして能力は上がらず、転職市場における価値はほぼ0でした。

実績を積み上げていたら、入社半年でも転職できる

この状態でとりあえず3年続けていても、プログラマーとして転職できる状態にはなっていなかったでしょうね

1年で退職した男
おそらく、僕が3年でつけていただろうスキルって人によっては半年とか1年で身につけられるんですよ

実際、入社半年で転職に成功した人もいますし。

1年で退職した男
こうしたことを考えると、働く際は「3年」のような年数よりも「できるようになったこと」を気にする方がいいわけですよ

実績を語れるようになった方がいい

当時の僕で言えば、「サーバーサイドに加えて、フロントエンドの技術も習得する」、

1年で退職した男
「Unityなどソーシャルゲーム開発で必要なものを触れるようになる」など。

営業であれば「月1億円の売り上げを出す」、

1年で退職した男
プランナーであれば「100万ダウンロードされるアプリを作る」といった感じですかね。

転職市場で評価される実績を作っておこう

このように、「できるようになったこと」や「人に評価されやすい実績」を念頭において仕事をした方が転職するだけの力はつくし、

転職もしやすくなるはずなんです

しかも、こっちの方が「とりあえず3年」と惰性で働くより、能力の上がるスピードは早まります

※個人活動でも実績の積み上げはできるので、以下の動画をチェックしましょう

3年より短い期間で転職できるだけの力はつけられる

そして、能力を上げるスピードがアップする職場は以下の求人サイトで探せます。

人気求人サイト
就職Shop年収1000万円も可能で人気

DYM転職未経験からOKのホワイト求人が多数

こうした環境で働くと給料も上がり、毎日の充実度も圧倒的に上がるのでオススメです。(ぼくの今の体験談)

スクリーンショット 2018-11-02 12.03.24

なので、まずは無料で「今より良い環境」や「ホワイト企業」を探すといいですよ。

人気求人サイト
就職Shop年収1000万円も可能で人気

DYM転職未経験からOKのホワイト求人が多数

転職すること前提で働くすすめ

なので、将来的に転職を考えているなら

「あと1年で3年働いたことになるから、とりあえず続けてみようかな」

ではなく、

「あと1年で転職できるだけの力はつけられるかな」という認識で仕事をしてみてください

1年で退職した男
そっちの方が市場で求めらられる人材になれるはずですので。

惰性でなく、力を伸ばそうと思える環境で働くのが大切

あと大事なのが、惰性なく働ける環境に所属することです。

1年で退職した男
ぼくのエンジニア時代と逆で、毎日「スキルを伸ばそう」と思える環境に入られたら、かなり幸せです。

おそらく僕も、今の天職、つまり書く仕事を会社員時代にやっていたら、もっとやりがいを持って働けていたはず。

1年で退職した男
このように、自分の得意なことを生かして仕事をするには、まず自分の強みを知る必要があります。

無料の強み診断は絶対に必須

そして、それを理解するのに役立つのが以下の無料診断です。

強みを生かせる適職につくと、ぼくのように年収が爆上がりします

前向きに働くためにもまずは診断を受けてみてください。

\ まずは無料で診断する /

グッドポイント診断のサイトへ

惰性で働く期間はあってもいい。焦らなくていい

ただ、いまの職場で惰性で働いているからといって、罪悪感をもつ必要はありません。

1年で退職した男
人間には「何かやらなきゃ」という意識があっても、必ず惰性で生きる期間があります

なので、そこは充電期間と思い、とりあず思いついたことをやってみましょう。

とにかく挑戦して「これだ!」を見つけることが重要

そして、いろんなことに挑戦していくと、やりたいことが見つかっていきます。

1年で退職した男
僕の場合、研究職、iPhoneアプリの企画、エンジニア(ちょこっとディレクター)、

ブロガーといろんな仕事を転々として「これだ!」と思える仕事を見つけました。

なので、いろんなことに挑戦しまくってください。

副業で他分野に挑戦するといい

向いてるかもわからないことに転職なりでいきなり挑戦するのは、リスクが高いので、

まずは副業、空いた時間でその仕事をやってみましょう。

1年で退職した男
そこで、「これはいける!」と思ったら転職や、僕のように独立すればいいわけです。

なので、こうしたことを理解して、まずはなんでもいいので行動してみましょう

副業、稼ぎ方については以下の動画でも解説してるのでチェックしましょう!

何をすればいいかわからないなら、まず情報発信してみる

あと、やりたいことが見つからないなら、まず自分の趣味とか好きなことをブログで発信してみるといいですよ。

ぼくはなんとなく始めたブログで人生変えられたので。

毎日、少しでもいいので変化させていく

あと、これも理解しておきましょう。

仕事を続けるか悩む、惰性で生きる人の声

おしゃべりする人、歩くの遅い人は仕事ができない

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。