WiMAXとドコモのモバイルWi-Fiルーターを料金、速度で比較してみた!おまけでワイモバイルも

インターネット回線をどうしようかなと考えている方のために、各モバイルWi-Fiルーターの違いをまとめます。新生活を迎える方、これから引っ越す方はぜひ見ておきましょう。

主なポイントは、「通信速度制限があるか」「電波のカバー領域は広いか」「月額料金の安さ」です。家電量販店の店員さんの情報と実体験をもとに書いていきます。

それでは、まずWiMAXから説明していきます。

>>ワイマックスが遅い時の原因と対処法!夜の制限でWiMAX2+の速度が急に低下したら高速化設定を

>>Broad WiMAXの機種変更キャンペーンは損?乗り換え時に繋がらない時の端末での対処法もまとめ

各モバイルWiFiルーターへの目次

以下の青文字をクリックすると、それぞれのWiFiルーターの特徴を記載した部分に移動します。比較する際に利用してください。

WiMAXのモバイルWi-Fiルーター「速度制限がない」
ドコモのモバイルWi-Fiルーター「カバーエリアが広い、ガラケーでもネットワークを使える」

Y!mobile(ワイモバイル)は「月額料金が安い」
新生活でメイン機として使うならWiMAXの「ギガ放題プラン」

>>【評判】Broad WiMAXを4年使った感想を暴露!ブロードワイマックスの解約金、乗り換えの口コミも!

スポンサーリンク

WiMAX「速度制限あるが、問題ないスピード」

WiMAXの特徴は月の通信速度制限がないことです。ただし、厳密に速度制限がない訳ではありません。
この記事の執筆時には、速度制限のないモバイルWiFiルーターとして有名だったWiMAX。しかし、2015年5月から3日間で3GB以上の通信をすると、速度制限がかかるようになってしまいました。

その際の速度は以下の通り。

モバイルWi-Fiルーター比較!WiMAX、Y!mobile(ワイモバイル)、ドコモの違い
参照:WiMAX2+の通信速度制限でも問題なく使えた!3日で3ギガ使っても10Mbps弱のスピード出たよ

どのくらいのスピードかというと、5:30のYouTube動画を2~3秒で読み込み、一度も途切れないレベルです。問題なく使える速度なのです

>>Broad WiMAXの速度は遅い?夜のギガ放題のWi-Fi速度や発送の口コミもまとめ

なので、がっつりオンラインゲームをやる、という人以外なら満足して使えます。では、こうした前提を知ってもらった上でWiMAXの料金やプランを紹介していきます。

プランには「ライトプラン」と「ギガ放題プラン」というものがあり、両方とも端末代金は0円で導入できます。結論から言うと、ギガ放題プランがおすすめですが、まずは「ライトプラン」から説明しておきます。

>>比較しWiMAXのおすすめプロバイダを断言!料金最安値やキャッシュバックあり、契約期間1年でOKの会社も

ライトプランではノーリミットモードで速度制限なし

ライトプランは「HWD15」という端末が対象。プランでは「ノーリミットモード(WiMAX)」「ハイスピードモード(WiMAX2+)」「ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)」という3つのモードを使い分ける事ができます。

WiMAX、Y!mobile、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの違いを家電量販店の店員さんに聞いてきた

名前からもわかるように、「ノーリミットモード < ハイスピードモード < ハイスピードプラスエリアモード」の順で通信速度が変わります。(ハイスピードプラスが一番速い)

「ライトプラン」では、ノーリミットモードを利用すれば、どれだけインターネット通信をしても速度制限はかかりません。ただし、上記モードの中では一番低速です。

ノーリミットモードでもYouTube視聴は問題無し

店頭でノーリミットモードを試したところ、YouTube動画は問題なく試聴でき、動画読み込みの段階で待つ事もありませんでした。

前述したような、3日で3GBの通信速度制限を回避したいなら、「ライトプラン」も選択肢としてはアリです。

将来的にノーリミットモードの速度保証は怪しい、、

ただし、ノーリミットモードには問題点があります。それは、速度が遅くなっていく、ということ。

これは、サービス提供者(UQコミュニケーションズ)がノーリミットモードの電波をハイスピードモードに割り振るためです。この割り振りは、ハイスピードモードをより高速で利用してもらうために行われます

ですので、今後の事を考えると、これから説明する「ギガ放題プラン」を利用するのが良いです。

ギガ放題プランは高速だが、速度制限の対象に

「ギガ放題プラン」は、「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」を利用できます。

ハイスピードモードも問題なく利用できる速度が出ます。

参照:ネットからの契約で約2万円割引!WiMAXのWi-Fiルーター「WX02」の申し込みから開通までの日数と手順、速度まとめとく

参照:WiMAX2+のカバーエリアで電波の弱い場所などを調べてきました(埼玉ー茨城ー栃木ー福島ー山形)

今後、高速化に力を入れていく、と運営元が明言していますから、契約を考えているのであれば「ハイスピードモード」が使える端末を選んでおくといいですね。(最新端末であれば間違いない)

なお、使ってみて「遅いな」「思ってたより速度が出ないな」と感じたら、フレッツ光など他の回線に違約金0で乗り換えられる販売会社もあります

それが、Broad WiMAXです。

モバイルWi-Fiルーター比較!WiMAX、Y!mobile(ワイモバイル)、ドコモの違い

クレジットカードで決済すれば、初期費用が約2万円も割引してくれるので、契約の際は「Broad WiMAX」を使うといいです

「ハイスピードプラスエリアモード」は必要ない

最後に「ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)」も説明しておきます。これは、ネットが使えるエリアが広がり、速度も速くなります。

利用するには、追加料金1,004円/月がかかります。ただし、ハイスピードモードで十分なので、必要はないですね。

よっぽど電波が悪いか、めちゃくちゃ速度がほしい時だけに利用すればいいです

将来を考えると「ギガ放題プラン」にしておくべき

まとめると、以下のようになります。

ライトプラン…月額料金が安くノーリミットモードが使えるが、将来は速度低下が想定される。

ギガ放題プラン…高速通信が使える。将来を考えるならこっちを使った方がいい。

ということで、WiMAXを契約するのであれば、ギガ放題プランをおすすめします。

なお、電波のカバーエリアが心配な方は以下のサイトで確認してみてください。

>>Broad WiMAXのサイトでエリアを確認する

スポンサーリンク

ドコモWi-Fi「カバーエリアが広い」

ドコモのLTE回線を使うモバイルWi-Fiルーターもあります。それがこちらの端末。

ドコモの高速LTE回線を使うWi-Fiルーター

特徴は、ドコモの回線を使うため、利用できるエリアがWiMAXよりも広いということ。

正直、WiMAXやY!mobileだと、地方では圏外になって利用できないところがあるんです。東京でも地下でつながらないところもあるし、高層ビルで電波が入らないところがあります。

しかし、ドコモならカバーエリアが広いので、そういった心配はほぼなくなります。地方でも使えるようになるのです

なので、地方に住んでいるからは、ドコモのWi-Fiを使うのがいいですね。また、都心に住む人でも出張が多いなど、地方に行く機会の多い人はドコモを使ったほうがいいです

>>Broad WiMAXの解約方法!「いつまで使える?日割りは?リンクライフに端末返却は必要?」に回答

WiMAXの方が2万円安い

WiMAXとの料金比較は、以下の通り。

  ドコモ LTE WiMAX
月額料金3,480円3,541円
初月利用料日割り日割り
月額割引なし

契約から3ヶ月間は

月額2,856円

端末代金

月額500円を36回払い

計18,000円

0円
初期費用3,000円

3,000円

※クレジットカード払い時

キャシュバックなしなし
最大通信速度150Mbps220Mbps
2年間の支払い額104,520円85,929円

※価格はすべて税抜き

WiMAXが2万円も安いです。これは端末代金の差ですね。ドコモの場合、約2万円の端末代金がかかってしまうんです。

なので、安く使いたい方はWiMAXを契約するのがいいですよ

>>Broad WiMAXで乗り換え時の違約金負担キャンペーン!解約金なしで払わない方法とおすすめプロバイダ

なお、これからワイモバイルの情報も書いていきますが、おまけと考えてください。Wi-Fiを使いたいなら、ここで決断してしまってOKです。理由は、ワイモバイルを使うメリットがないからです

通信制限はあるし、カバーエリアもドコモ以下、値段もWiMAXと変わりませんから中途半端なんですよね。なので、本当に気になる人だけ、これから先を読み進めてください。

Y!mobile(ワイモバイル)は「月額料金が安い」

ソフトバンク系の回線を使うY!mobileの特徴は、(ドコモよりは)月額料金が安いことです。Pocket WiFi「305ZT」「GL10P」などの端末では3,995円(税抜き)で運用できます。

ただし、月間7GB以上使ってしまったとき、3日間で1GB以上のデータ通信を行ったときは速度制限がかかります。7GBの制限の際は、500MBの追加通信料を500円で購入する必要があります

あと、地方の電波状況はドコモに劣ります。

参照:【随時更新】Y!mobileの速度を48エリア以上で計測!端末はPocket WiFi(LTE)のGL06Pです

参照:ワイモバイル(イーモバイル)の電波状況を北海道エリアで調べてきました

なので、使うとしたらWiMAXかドコモのWi-Fiですね。

>>WiMAX=完全無制限は嘘!速度制限なしで使える2つの条件、3日使って遅い理由を解説

新生活でメイン機として使うならWiMAXの「ギガ放題プラン」

紹介してきたように、各社モバイルWiFiルーターの特徴が異なります。どこを使うか判断する際は以下のように考えるといいですよ。

安くネットを使いたいならWiMAX、地方での利用が多く、カバーエリアを重視するならドコモのモバイルWiFiルーター

これが現状の最適解です。

>>WiMAXを違約金なしで解約する方法!期間(更新月)縛りなしのワイマックスプロバイダも調査

モバイルWi-Fiルーターは工事不要

モバイルWiFiルーターだと、固定回線のように工事不要で、端末が届いたその日から早速利用できるので便利です。

ちなみに、紹介したWi-Fi3つとも、2年間(24ヶ月)の契約期間の縛りがあります。24ヶ月以内に契約解除すると、解約金を払わなければいけないので、それも覚えておきましょう。

↓WiMAXのサイトはこちらから↓

ではまた!

>>【評判】ブロードワイマックスは使えない?4年使った僕が断言!Broad WiMAXの代理店リンクライフが最悪かも調査

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。