副業禁止はもう古い?会社員の複業で「残業20%減、教育コスト削減」などの効果が!

公開日: : 最終更新日:2014/12/11 仕事・キャリア, 就職・転職, 楽しい仕事を, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOKYO FMのラジオ番組「Time Line」にてエンファクトリーという会社が紹介されていました。この会社は「専業禁止」という理念を掲げており、個人が独立して生きていける社会を作るために会社員には本業以外での活動を推進しているそうです。

実際、ほとんどの社員が副業ならぬ複業をしているとの事。

「副業禁止」が一般的ですが、個人で活動している自分にとって共感する事ばかりでしたので、その内容を紹介します。

会社員として自立してほしいという願い

専業禁止の根本には「自立」というテーマがあると、エンファクトリーの方は語っていました。

会社員として自立してほしい。生き方をリテラシーしてほしい。
自分ごととしてお金儲けする、これが自立に必要だし重要。

スポンサーリンク

副業の「副」ではく複数の「複」

本業ともう1つの事業は「副業」ではないという話も。

副業の副じゃない、複数の複業。

これはナリワイという考え方に近いですよね。

スポンサーリンク

複業(副業)はメリットばかり

さらに、副業禁止ではなく「専業禁止」することで多くのメリットも。

メリットばかり。
自立により会社の仕事に対してプロ意識。
自分で商売やる感覚、経営者目線が身につく。

外部でやってると縁ができる。

残業も10~20%減っている。

本業以外にもう1つの事業を持っていると、そちらにも注力したくなって、効率的に仕事をこなせるようになるんだとか。そのおかげで残業も減っているようです。

副業禁止している会社にとっては、参考になる内容ですね。

会社から独立しても会社員として関係を続けられる

フェロー制度でいい関係を続けられる。名刺を持ち続けられる。

会社だけで働いている”会社員”は無責任

企業で働いている会社員は無責任。基本的に。
成果を出せば給料上がる。優秀な人ほど不況で人がやめる。

これはわかりますね。笑
会社員だと、周りに優秀な人がいて、その人が稼いでくれれば会社は存続しますから自分が頑張らなくてもいいという気持ちになりがちです。

しかし、自分で事業をやると「稼がねば」という気持ちを持つことができますから、会社員としての仕事にも責任感が持てるんですね。

複業推奨でコスト削減に

複業推奨で教育関連のコストを削減できる。どっちも(本業と副業両方を)効率的にやろうと思える。

残業するほど頑張っているとされる風潮の逆。良い流れ。

複業によって、本業にも活用できるスキルがついて会社側が教育の機会を提供しなくても済むんですね。これは素晴らしい効果です。副業禁止という考え方は古いものになっていくかもしれませんね。

会社員としてリスクヘッジにもなる

大企業こそ専業禁止の取り組みを。50代になって肩たたきはつらい。社内で活躍できる人材が求められる時代じゃない。

どこでも活躍できる人材が必要。だからこそエンファクトリーは挑戦してる。

企業のみで働く会社員は歯車になってしまう

賃金が上がらないのは生産性が低い。企業で働く会社員は歯車になるから。
逆で言うと、個人でやるとスキルが身につく。

外部の努力を待つのではなく独立して生きる

自分のポテンシャルを、信じてそこで働くのが幸せの道。

政府の努力を待つ人が苦しくなる。そうならざるを得ない。
それを理解して早めに行動を起こすのが重要。

これからは確実に複業(副業)する個人の時代

エンファクトリーさんのお話を聞いていて、これからは僕がブログで言ってきたような考え方が根付いていくと感じました。

例えば、個人が複業しながら、ルパン三世のように強くも弱くもない関係性でプロジェクトに参加していくことだったり。
ナリワイをつくって複業していくことだったり。
職に困らないために発信力をつけていくことだったり。

こうした他人には説明しづらい、これまでとは違った働き方が浸透いくでしょう。

ですので、前述した働き方の可能性に気づいている情報感度の高い方は、紹介した考え方を参考にしてみてください。会社員が副業禁止のもと働くのはマイノリティーになっていくはずですよ。

今回の記事に共感できる人が読んでおくと楽しそうな記事

個人として発信力を高めたいあなたが読むべき記事8選
情報革命の恩恵を受けるために必要な3要素「技術の活用」「コンテンツ」「評価」
祖父に聞いた「昔の働き方」が好きなことで生活していくための参考になった
これからは想像もしなかったような職業が生まれて夢を叶えやすくなっていく
ネットで稼ぐ人間こそオフラインでの人との繋がりが重要

ではまた!(提供:らふらく^^

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!