転職で仕事のブランク半年〜1年〜5年は不利?何もしてないと終わりなの?

転職エージェントや採用側の人事に取材し、ブランク・空白期間がキャリアにどう影響するか調査したので紹介します。

「転職しようかな」と考えている方はぜひ参考にして下さい。(転職での注意点、失敗を防ぐ方法がわかります

特に以下のような疑問を持っている方は、解決のために読んでみましょう。

・仕事のブランクは不利なの?
・すぐやめた第二新卒でも転職できるかな?
・転職回数は何回までOK?

結論、前向きな理由があればブランク期間はマイナス評価になりません

また、1年くらいであれば転職も可能なので、その辺の実態を以下の記事で知りましょう。

「職務経歴におけるブランク期間は不利」が90%も

まず、「仕事に就いていない空白期間」についての調査結果を紹介します。

「職務経歴におけるブランク期間があると不利になりますか?」という質問に対して90%もの企業がYESと回答しています

特にエンジニアやデザイナーなどの技術職だと、技術の遅れを懸念する企業が多いです。

これは技術進歩の早い業界特有であり、そういった職種の人であれば注意が必要です。

スポンサーリンク

ブランク(空白期間)の理由を説明できるように

ブランク期間がどれくらいだと問題になるかは明示されていませんが、

転職活動にかかる時間が3ヶ月とされていますから、それを超えてくると企業は気にし始めるはず。

離職期間が半年、または1年を超えているのであれば、面接でその理由を語る必要があります

ブランクの理由が「ただ仕事が決まらなかった」、「なんとなく過ごしてしまった」だと不利になります。

しかし、前向きな理由でのブランクなら、それほどマイナス評価にはなりません

スポンサーリンク

朗報!無職の期間を気にしない会社もある

たとえば、以下のような理由であれば、言い方次第でポジティブな評価に持っていくのも可能です。

・資格の勉強をしていた
・実家で親の介護をしていた
・フリーランスとして仕事をしていた

「何かに挑戦していた」のような前向きな理由ならOKです。

どんな理由であっても、上手い言い方をして不利にならないようにしておきましょう

ブランクの理由をうまく説明する方法

もし、「ダラダラしていた」のような理由でブランク期間があるなら、うまい言い方ができないか転職支援のプロに相談しましょう

以下の記事で紹介してる転職支援サービスを使うと、そういった相談が無料でできます

他に、ブランクがある人でも採用されそうな会社や職種を教えてもらえるので、まずは記事をチェックしてください。

\ 無料で相談する /

人気の転職支援サービスまとめ

ポジティブな理由があれば大丈夫と既卒就活で学んだ

なお、ネガティブな要因があっても大丈夫です。

ぼく自身、ネガティブ要因がありながら就職活動しても、ポジティブな理由を語ることで上場企業から内定をもらえたからです。

ネガティブ要因は「既卒(大学院中退)」というもの

当時は、ネットベンチャーでのインターンで夢中になり、大学院を中退した状態で既卒就活をしていました。

前向きに活動していれば、大丈夫

就職活動では、中退理由を以下のように語っていたら、不利にはなりませんでした。

インターンをやってみて、大学院よりも打ち込めるものを見つけたから

インターンでは「スマホアプリをリリース」という実績も出せてました

このように、実績があればネガティブな経歴があっても、不利にならないんですね。

※こういったことは転職活動でも同様だと、転職エージェントへの取材でもわかりました

\ 転職での成功例を知る /

無料!人気の転職エージェントまとめ

資格取得の勉強も不利にはならない

ブランクを説明する際、以下の理由も不利にはなりません。

前の会社を辞めてから2年間、資格取得の勉強をしていた

資格取得について、目的を明確に持ち、スケジュールをしっかり立てて臨んでいたことを面接で説明したら、

意味もなくブランクがあったのではないことを理解してもらえた

ブランクありでも1週間で3社から内定を獲得できた

こういった事例もマイナス評価にはなりません。


足の負傷により、1年半仕事をせず入退院を繰り返したが、英語の勉強をやり直し、さらに経理の知識を身につけた

ブランク中の過ごし方を履歴書と職務経歴書に記入しておいたので、

面接担当者に疑問を持たれることはなく、転職活動開始後、1週間で3社から内定を獲得できた

休職期間が半年、1年、2年、3年とあってもOK

以下の成功例も参考にしましょう。

休職期間が数年ほどあったのだが、それを「人生勉強の期間」とし

興味のあることはすべて見にいったり調べたりするなど、研究したことを細かく伝えた

会社側からはアグレッシブな人物ということで高評価を受けた

伝え方で印象がかなり変わるので、この辺のうまい伝え方は転職支援のプロに頼るのがいいです。

以下の記事で紹介してるプロは何万人もの内定をサポートしてますから、とりあえずチェックしましょう。

\ うまい伝え方を知る /

無料で人気!転職支援のプロまとめ

場合によって「ブランク期間が半年」はネガティブに

ブランク期間についてはエージェントごとに意見が異なるので、複数人の意見を参考にするのも大事です。

以下、@typeという転職エージェントの見解。

「離職期間」は半年くらいだと不利になりやすいです。やはり、理想は在職中に転職活動をすることです

仕事をしながらでは忙しく、転職活動ができないという理由で先に退職する方も多くいらっしゃいます。

「退職してから転職活動をしたいんですが」といったご相談を受けた場合には、決しておすすめしません、とお伝えしています

どうしてもリスクがありますので。

半年、1年、2年、、とブランクが長くなってしまうと不利になることもあるんですね。

このような疑問点はエージェントにいつでも質問できるので、気になる方は@typeのサイトを見ておきましょう!

\ 疑問を無料で相談する /

@type転職エージェントのサイトへ

離職期間が長いなら、早めに相談を

「業界経験者はブランクがあっても有利になる」ということもtypeエージェントへの取材で分かりました。

退職して転職活動をしたが、不採用続きのまま半年以上経過。

エージェントに相談したことで救われた

ダメだった時は焦ってリクルートエージェントなど「仕事探しのプロ」に相談したんです。

すると、これまで見たことがなかった求人をいくつか紹介いただきました

聞くと、業界経験者だけを対象に募集している企業は、エージェントだけに求人を出しているところも多いのだとか。

もっと早く相談すればよかったし、結局内定をもらえました

このように、事例はたくさんあり、チャンスをつかめる可能性があるので、まずは無料相談だけでもするといいですよ。

\ 悩みを無料で相談する /

@type転職エージェントのサイトへ

\ 転職失敗を回避する /

無料で人気!転職エージェントまとめ

離職後の空白期間4年、5年、10年だと、どう?

離職後の空白期間が長くても問題なかった人もいました。

ブランク7年、8年以上からの社会復帰は?

手に職なスキルがあれば復帰できそうですね。

うつ病でブランクがあっても再就職できる

こういった最新事情もエージェントに聞いておきましょう。

\ 悩みを無料で相談する /

@type転職エージェントのサイトへ

\ 転職失敗を回避する /

無料で人気!転職エージェントまとめ

前職の在職期間が1年未満だと採用に影響する

前職の在職期間についても貴重なデータを得られました。

「在職期間が1年未満だと採用に影響する」と69%の人事が回答しました

影響すると答えた中には以下のような意見が。

「理由にもよりますが、同じように短期で転職されるリスクがあるため気になる

「理由がきちんと言えなければNG。

会社の倒産など、やむを得ない理由があればOK。書類で落とすことはありません。」

理由が大切で、それさえ回答できれば1年未満でもチャンスはあることを覚えておきましょう。

「転職回数が3回あると気になる」が34.6%

転職回数についても面白いデータが。

転職4回で気になる企業は30.8%、5回以上は19.2%という結果も

逆に考えると、5回とたくさん転職していても気にならない企業が80%もあることには驚きです。

転職理由が明確なら大丈夫なんですね。意外と。

「職歴をもっとも重視」「学歴はさほど気にならない」

他にも転職に関するアンケートがとられていて、

応募書類の中で最も重視している部分はどこですか?」というものでは「職歴」が44.5%とダントツの結果に。

さらに、学歴を気にするかという質問でYESと答えたのは34%のみでした。

学歴は一つの基準であり、採用で有利になります。(以下の回答も大事)

「当社の統計上、高卒<専門卒<大卒の順で、発言や履歴書・職務経歴書の書き方、人間性の面で優れている」

転職の疑問はプロに無料相談しよう

紹介してきたような情報は、普通に生活をしてるだけだとあまり入ってきません

転職したい人にとってはかなり重要な情報であり、知らないと損です。

なので、転職を考えているなら、こういった貴重な情報を得るために、まずはエージェントで無料登録だけでもするといいですよ

以下のこともわかるので。

・転職ってどんな流れで進めていけばいい?
・履歴書にはどんなことを書けばいいの?
・自分のスキルにニーズはある?
\ 悩みを無料で相談する /

@type転職エージェントのサイトへ

\ 転職失敗を回避する /

無料で人気!転職エージェントまとめ

「内定から入社まで2~3ヶ月は待てる」が55%

あと、内定してからどれだけの留保期間があるのかというデータなども紹介します。

55%の企業は2~3ヶ月は待ってくれるそうで、15%の企業は半年も待ってくれるとの回答をしていました。

他には、70%の人事が「採用したいと思う人ほど、面接が長くなる」と回答しています。

採用したいと思える優秀な求職者とは色々話したくなってしまうのだとか。

その際は「会社の思いや魅力ををしっかり伝えたい」「社内で活躍できる分野を判断したい」などのニーズがあるとのこと。

第二新卒を積極的に行っているのは29%

僕と同世代の方が意識しておきたい第二新卒の受け入れ態勢について。

第二新卒を「積極的に行っている」と答えたのは29%。意外に多いなという印象ですね。

「どちらでもない」が37%、「積極的に行っていない」が34%となりました。

第二新卒を採用する理由
世の中に多くなってきているし、素直だから

・やる気のある若い方を積極的に採用したいから

こういった情報も無料でチェックしましょう。

\ 悩みを無料で相談する /

@type転職エージェントのサイトへ

\ 転職失敗を回避する /

無料で人気!転職エージェントまとめ

1ヶ月なら問題なし?職歴のブランクが怖い、不安な人の感想

他には以下のようなリアルな体験談も。

病気で何もしてない主婦は就職できる?

求人の「仕事ブランクok」とは「社会人経験にブランクがあっても大丈夫、歓迎しますよという意味です。

【まとめ】転職の空白期間1年は長い?

最後に要点をまとめます。

・前向きな理由があればブランク期間はマイナス評価にならない
・ブランクが1年なら転職も可能
・経験者はブランクがあっても採用される
・エージェントへの相談で有利になる

紹介したように会社によっては転職エージェントにしか求人を出さない場合があるので、

そのチャンスを逃さないために、まずは無料登録しておきましょう

\ 悩みを無料で相談する /

@type転職エージェントのサイトへ

\ 転職失敗を回避する /

無料で人気!転職エージェントまとめ

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。