【転職】仕事のブランクは不利と90%の採用側が断言!5年何もしてない人、ニートでもOK?

転職求人サイト「ワークポート」が調査した、転職に関するデータが面白かったので紹介します。

「転職しようかな」と考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。(転職時に気をつけることがわかりますよ)

特に以下のような疑問を持っている方は、解決のために読んでみましょう。

「仕事のブランクは不利なのかな?」

「第二新卒でも転職できるかな?」

「転職回数は何回までOK?」

おすすめ>>ブランクがあってもホワイト企業に就職できる!いま人気のサイトの実績がすごかった

「職務経歴におけるブランク期間は不利」が90%も

まず、転職活動でよく話題に上がる「仕事に就いていない期間」についての調査。

「職務経歴におけるブランク期間があると不利になりますか?」という質問に対して90%もの企業がYESと回答しています

特にエンジニアだと、技術の遅れを懸念する企業が多いようです。

これは、デザイナーなど技術進歩の早い業界特有ですね。

スポンサーリンク

ブランク(空白期間)の理由を説明できるように

ブランク期間がどれくらいだと問題になるかは明示されていませんが、

転職活動にかかる時間が3ヶ月とされていますから、それを超えてくると企業は気にし始めるはず。

離職期間が半年、または1年を超えているのであれば、面接でその理由を語る必要があります。

ブランクが不安なら働かずに稼ぐ方法を知りましょう↓

>【働かずに1ヶ月で45万円稼げた】少額OKのTポイント投資とは?

スポンサーリンク

朗報!無職の期間を気にしない会社もある

「ブランクの間、ただ仕事が決まらなかった」、「なんとなく過ごしてしまった」などの理由だと不利になりますが、

前向きな理由があればブランクも気にしなくていいはず。

例:資格の勉強をしていた、実家で親の介護をしていた、フリーランスとして仕事をしていた

500円から!働かずに稼げる

>>確実に貯金の2,000倍増やせる裏ワザが人気

ブランク関係なく採用してくれる会社を探す方法

さっきもちょっと触れましたが、ブランクのせいで就職できるか不安な人働かずに稼ぐ方法も模索しましょう。

ぼくはいま投資して働かずにお金を稼いでますが、意外と投資って気軽にやれるんですよ。(10円からTポイントでもやれます

>【遊びながら45万円稼げた】少額OKのTポイント投資とは?

なので、こういった手法を知り、働かなくても収入は得られるんだと知りましょう。

前向きな「空白期間」であれば、不利にはならない

まあとにかく、ただ単にブランクがあるというだけでは不利になりません。

前述したような前向きな理由があればOKです。

ということで、転職のブランクでは、空白期間の理由をまず語れるようにしましょう。

おすすめ>>【無料】仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

ポジティブな理由があれば大丈夫と既卒就活で学んだ

ぼくは、ネガティブな要因があっても、ポジティブな理由を語ることで不利にならないと既卒就活で学びました

当時、大学院にほとんどいかず、ネットベンチャーでインターンをしていました。

そして、夢中になりすぎて大学院をやめてしまいました

>>新卒で自分だけ就職できない人(大学生)はどうする?その性格(特徴)もまとめ

20代ニートやフリーターが再就職するには?

>>第二新卒の転職って成功するの?大手に行ける?を求人サイトのエージェントに聞いてきた

>>大学院を辞めて就職浪人(既卒)として就活してたけど不利になることはなかったよ

前向きに活動していれば、大丈夫

就職活動では、中退理由を以下のように語っていたら、不利にはなりませんでした。

「インターンをやってみて、大学院よりも打ち込めるものを見つけたから」

そして、インターンでは「アプリをリリース」という実績も出せてました

このように、実績などがあればネガティブな経歴があっても、不利にならないんですね。

>>会社(就職)四季報と業界地図を見すぎて就活に失敗した話

>>理系の学生が文系就職しても全然いいし、不利にはならないよ(もちろん大学院生も)

ダラダラ過ごしたニートでも就職できる時代!

あと、求人サイトを見ればわかる通り、今は人手不足でニートなどでも就職しやすくなってます

なので、ブランクなどを気にせず、まずは求人を見るといいです。(オススメの無料診断もありますし)

>>【無料】仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

つらい労働をせずに収入を得る!

あと、さっき紹介したように、労働以外の収入源を持つと人生が圧倒的に楽になるので、オススメです。

>【1人で月45万円稼げた】少額OKのTポイント投資とは?

転職サイトから、ブランクで不利にならない方法を学ぶ

求人サイトには他にも、ブランクを説明する事例として以下のものが紹介されていました。

前の会社を辞めてから2年間、資格取得の勉強をしていた

資格取得について、目的を明確に持ち、スケジュールをしっかり立てて臨んでいたことを面接で説明したら、

意味もなくブランクがあったのではないことを理解してもらえた

>>フリーターから正社員就職は難しい?25歳〜20代後半の体験談、高卒バイトからの成功例もあり

ブランクありでも1週間で3社から内定を獲得できた


足の負傷により、1年半仕事をせず入退院を繰り返したが、英語の勉強をやり直し、さらに経理の知識を身につけた

ブランク中の過ごし方を履歴書と職務経歴書に記入しておいたので、

面接担当者に疑問を持たれることはなく、転職活動開始後、1週間で3社から内定を獲得できた

>>まったりと精神的に楽な仕事をしたっていい。仕事は辛くなくっていい

>>きつい仕事ランキングまとめ!会社を辞めたいと思ったら参考にしてみよう

休職期間が1年、2年、3年とあってもOK

休職期間が数年ほどあったのだが、それを「人生勉強の期間」とし

興味のあることはすべて見にいったり調べたりするなど、研究したことを細かく伝えた

会社側からはアグレッシブな人物ということで高評価を受けた

こちらも参考にしてみましょう。

>>給料のいい仕事ランキングから年収の高い会社、資格関係なく稼げる職業をまとめてみた

>【働かずに月45万円稼げた】少額OKのTポイント投資とは?
スクリーンショット 2019 09 26 7 11 48

ブランク期間は半年だと、気にされるみたい

この記事を書いた後、@typeエージェントのキャリアアドバイザーに話を聞いてきました。

「離職期間」の話が出ましたが、どれくらいの期間だと不利になるのでしょうか?

半年くらいでしょうか。やはり、理想は在職中に転職活動をすることです

仕事をしながらでは忙しく、転職活動ができないという理由で先に退職する方も多くいらっしゃいます。

>>「地方には仕事がない」じゃなくて「若者が就きたい仕事がない」に変わってきてるヤバさ

退職後の転職活動は危険

「退職してから転職活動をしたいんですが」といったご相談を受けた場合には、決しておすすめしません、とお伝えしています

どうしてもリスクがありますので。

参照:新卒入社10ヶ月で転職し年収170万アップ!若手が転職で成功するためのコツを聞いてきた

このように、半年、1年、2年、、とブランクが長くなってしまうと不利になることもあるんですね。

>>【大企業とITベンチャー】リクルートなど副業・兼業OKな会社65社まとめ

>>時間が自由な仕事、ストレスのない仕事をしていて思うこと(正社員時代の経験含め)

離職期間が長いなら、早めに相談を

さらに、エージェント体験談ではこういった人もいました。

退職して転職活動。不採用続きのまま半年以上経過し、エージェントに相談したことで救われた

ダメだった時は焦ってリクルートエージェントなど「仕事探しのプロ」に相談したんです。

すると、これまで見たことがなかった求人をいくつか紹介いただきました

>>楽しい仕事と一生食っていけるスキルを見つけるために必要なこと

>>地方から東京への転職・就職を考える人が知らないとヤバいこと

業界経験者はブランクがあっても有利になる

聞くと、業界経験者だけを対象に募集している企業は、エージェントだけに求人を出しているところも多いのだとか。

もっと早く相談すればよかった、と思いました。

この方は、結局内定をもらえましたが、「1年のブランクがなければ、大手企業を狙えていたかも…」と後悔されていましたね。

>>定時で帰れる仕事&休みが多い仕事はここにありました

>>隠れホワイト企業を見つけたい就活生、転職希望者は「みんなが知らない超優良企業」を今すぐ読むべき

離職期間4年、5年、10年の事例は?(実体験から)

あとはこういった体験談も。

>>第二新卒で失敗を回避!転職の成功事例、大手は無理?、おすすめベンチャーはどこ?やり方は?を書いてみる

ブランク7年、8年以上からの社会復帰は?

まあ、手に職なスキルがあれば復帰できそうですね。

未経験から公務員並みに安定したエンジニアになれる

>>【リアルな口コミ】ネットビジョンアカデミーが講座、就職支援を無料でやれる理由、シェアハウスの実態を生活者に聞いてきた

>>未経験から公務員並みに安定したエンジニアになれる!スキルが身につく講義や就職支援も無料で、上京費用もゲキ安!これはかなりお得だね

うつ病でブランクがあっても再就職できる

「前職の在職期間が1年未満だと採用に影響する」が69%

在職期間が1年未満だと、結構大変みたいですね。なお、影響すると答えた中には以下のような意見が。

「理由にもよりますが、同じように短期で転職されるリスクがあるため。」

「理由がきちんと言えなければNG。会社整理等、やむを得ない理由があればOK。よって書類で落とすことはありません。」

理由が大切で、それさえ回答できれば1年未満でもチャンスはあることを覚えておきましょう。

>>仕事でやる気が出ない(だるい)時の原因とその対処法まとめ

適職に就くことが「転職成功」につながる

なお、転職を考える際に強く意識したいのは、「自分に向いてる仕事」です。

ぼくは会社員時代、エンジニアという「向いてない仕事」に就いていたのですが、

そこでかなり消耗しながら働いていたので、ジョブチェンジすることにしました

>>理系の学生が文系就職しても全然いいし、不利にはならないよ(もちろん大学院生も)

>>【理系やめたい】国立大学の理系はやめとけ!工学部はつまらないし、遊べないし、レポートつらいから

年収と満足度を上げるために

そこで、ぼくは副業でやっていた「書く仕事」が「向いてる仕事」とわかっていたので、それを選びました。

結果、仕事の満足度と年収は劇的に上がりました

なので、ぼくのように「向いてる仕事」に就くためにも、以下の診断を受けてみてください。

おすすめ>>【無料】仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

こうした「適職への理解」が「転職成功」にもつながりますので。

「転職回数が3回あると気になる」が34.6%

転職回数についても面白いデータが。

転職4回で気になる企業は30.8%、5回以上は19.2%という結果も

ちなみに、回数が気にならないとする企業がいることには驚きです。

転職理由が明確なら大丈夫なんですね。意外と。

>>仕事がだるいとき、行きたくないときの対処法8つ

>>【2chまとめ】仕事ができない、辛い、だるいといった知恵袋への投稿まとめ

「職歴をもっとも重視」「学歴はさほど気にならない」

他にも転職に関するアンケートがとられていて、

「応募書類の中で最も重視している部分はどこですか?」というものでは「職歴」が44.5%とダントツの結果に。

さらに、学歴を気にするかという質問でYESと答えたのは34%のみでした。

やはり、学歴は一つの基準という事なんですね。

>>「明日から仕事。憂鬱、行きたくない、嫌だ」と思った時に読む記事

学歴は採用で有利になる

ただし、以下の回答もあるため、意識はするでしょうね。やはり。

「当社の統計上、高卒<専門卒<大卒の順で、発言や履歴書・職務経歴書の書き方、人間性の面で優れている方が多いため。」

>>残業のない仕事が結構あることに最近気づいた

>>【2ch】楽しい仕事、楽な仕事、やりがいのある「おすすめ職業」まとめ

転職は分からないことばかり!一人でやるのは難しい

僕も転職活動をしてみて気づいたのですが、転職はわからない事だらけです。

例えば「転職ってどんな流れで進めていけばいいの?」とか、

「履歴書のスキルにはどんなことを書けばいいの?」とか「今って自分のスキルにニーズがあるのかな?」とか。

これらは成功のために確実に知っておきたい知識。

>>地方から東京への転職・就職を考える人が知らないとヤバいこと

>>【こんな会社は腐ってる】古い組織にいる若者は重要な仕事もできないし、結果も残せない

履歴書に傷があるならプロに相談

しかし、誰に聞けばいいか分からないし、どのサイトを信用すればいいかすらわからないんですよね。

なので、そんな時はプロの専門家に相談してしまえばいいのです。転職エージェントというやつですね。

転職における面倒なことはプロにやってもらって、なるべく省エネ運転した方がいいんですよ。

>>【副業】月5万円稼ぐ方法33コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

>>【口コミ】本当に稼げる副業ランキング!スマホで安全に儲かるものを紹介

市場価値のあるスキルを教えてもらえる

僕も何社かの転職サイトに登録して、エージェントに話を聞きにいったんですが、

そっちの方が自分で調べているよりもずっと話が早かったです。

>>【0円起業】副業でも一人で、資金なしで始められる仕事(商売)まとめ

>>サラリーマン、主婦、学生におすすめの副業まとめ:安全にネットで儲かる!アルバイトは非推奨

転職活動で失敗しないために!

エージェントの方からは、Web業界の求人の現状、市場で評価されるスキルの棚卸し、非公開求人など、

一人で調べていたら知ることのできないことを教えてもらえます

実際、その時に棚卸ししたスキルが僕のセーフティネットにもなってます。

非公開求人に魅力的な企業が隠れていることも知れたので、仕事の数に不安を感じる必要はないと気づきました

エージェントは履歴書添削などもサポートしてくれる

しかも、転職エージェントには履歴書添削など色んな部分でサポートしてもらえますので、気軽に利用した方がいいんですよ。

利用は無料で、「エージェントを利用したから、転職しなきゃいけない」なんてルールも無いですし。

>>今すぐお金がほしい時に読む記事(高校生、学生、無職が1万円、5万円、10万円稼ぐ方法も紹介)

転職サイトに登録しておくと、役に立つ情報が手に入る

転職サイトというと、ハードルが高く面倒な手続きをしなければいけないのかな、と思うかもしれませんが、そんなことはないです。

もっと身近なもので、手軽に利用することができるんですよ

自分にはどんな企業からのニーズがあるかを知るために利用するのも大丈夫です。

また、夜遅くまで面談してくれるので、仕事終わりにでも相談に行けます。なので、まずは気軽に相談してみてください。

「内定から入社まで2~3ヶ月は待てる」が55%

あと、内定してからどれだけの留保期間があるのかというアンケートも。

55%の企業は2~3ヶ月は待ってくれるそうで、15%の企業は半年も待ってくれるとの回答をしていました。

70%の人事「採用したいと思う人ほど、面接が長くなる」

面接時間におけるこんなデータも。

採用したいと思える優秀な求職者とは色々話したくなってしまうので、つい面接時間が長くなってしまうのだとか。

その際は「会社の思いや魅力ををしっかり伝えたい」「社内で活躍できる分野を判断したい」などのニーズがあるとのこと。

第二新卒を積極的に行っているのは29%

僕と同世代の方が意識しておきたい第二新卒の受け入れ態勢について。

第二新卒を「積極的に行っている」と答えたのは29%。意外に多いなという印象ですね。

「どちらでもない」が37%、「積極的に行っていない」が34%となりました。

なお、第二新卒を採用する理由としては「世の中に多くなってきているし、皆素直だから」

「やる気のある若い方を積極的に採用したいと考えているため」などがあるようです。

第二新卒での転職を考えている方は覚えておきましょう。

キャリア、仕事選びの不安を解消!

参照:新卒1年で仕事を辞めた結果どうなったか(独立してからのその後)を書いておく

>>社会人1年目、2年目、3年目、4年目、5年目、6年目で転職した会社員の事例(社歴)まとめ

>>【体験談】第二新卒の就活は厳しい?大手に就職できない?苦労や甘くない転職の現実も紹介

職歴のブランクが怖い、不安な人の感想

ブランク1ヶ月なら問題なし

病気で何もしてない主婦は就職できる?

仕事ブランクokとは:「社会人経験にブランクがあっても大丈夫、歓迎しますよという意味。

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。