まだやってないの!?愛する「Mac」の寿命を延ばす4つのメンテナンス方法

公開日: : 最終更新日:2016/09/02 雑学・豆知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんのMacの状態はいかがでしょうか?

「長く使っていて、電池の消耗が激しくなった」など劣化を感じている人もいるのではないでしょうか。ぼくはこれまで2台Macを使ってきたのですが、それを感じてきました。

そこで、今回はぼくが経験したような「Macの劣化」への対処法を紹介します。メンテナンスにより、Macの寿命を延ばすことができるんですよ。

①バッテリーのメンテナンス

バッテリーのメンテナンス

まずは、バッテリーを長持ちさせるためにやっておきたいメンテナンス方法を紹介します。

バッテリーはこちらの記事が参考になります。
>>Macbookシリーズを長く使うためのメンテナンス

ちなみに、PCのバッテリーに使われているリチウムイオンバッテリーは完全放電状態や完全充電状態が長く続くと品質劣化が進んでしまうので、100%の状態で充電し続けるのはやめましょう

1.Macbookをフル充電する
電源ケーブルを接続し、ケーブルのLEDが緑色に光っていればフル充電状態です。

2.フル充電状態を最低二時間以上維持する
バッテリーに最大状態を記憶させるために最低二時間以上はフル充電状態にします。

3.電源ケーブルを外し、バッテリー残量警告が出るまで使用又は放置する
バッテリー残量を減らすために省電力設定を解除することをオススメします。
システム環境設定→省エネルギー設定を参照して下さい。

4.バッテリー残量が残り僅かになり自動的にスリープモードに切り替わる
もし作業中のデータがあればスリープモードに切り替わる前に保存しておきましょう。

5.電源を切るか、スリープモードを5時間以上持続させる
バッテリーの最低量を記録させるために必要です。
おとなしく電源を切るほうが確実で早く済みますね。

6.電源ケーブルを接続しフル充電状態になるまで充電する
これでバッテリー調整が終わりとなります。

スポンサーリンク

②ケーブルの正しい使い方

たまに、電源ケーブルが断線してしまっている方を見かけますので、こちらも長く使うための方法を紹介します。

参照;MagSafe 電源アダプタケーブルの負担を軽減する方法

  • アダプタをぶら下げてケーブルを広げない
  • アダプタの接続部分で曲げない
  • T型アダプタの MagSafe コネクタに負担をかけない
  • L型アダプタの MagSafe コネクタに負担をかけない
  • T型アダプタの MagSafe コネクタをたるませる
  • T型アダプタのケーブルはコンピュータの底面に通さない

箇条書きになってしまいましたが、リンク先には写真付きで解説されていますので、参考にしてみてください。
また、問題が起きてからの解決方法はこちらからどうぞ。

参照;【備忘録】MacBook Airで正常に充電できない時の対処法

ケーブルは買うと、結構な値段ですので、取り扱いには注意しましょう。

スポンサーリンク

③Macをベストな状態に保つ

このカテゴリーでは、Macのおすすめアプリを紹介していきます。Macを高速化させたい、メモリ解放してパフォーマンスを上げたい、コピー&ペーストを簡単にしたいと思っている方は参考にしてみてください。

僕は22歳で初めてMacを使ったのですが、買った当初はパフォーマンスの高さ、使いやすさに非常に感動していました。

しかし、買って数ヶ月もするとパフォーマンスが落ちてくるのです。

インターネットにつながるスピードは落ちるし、普段の動作も遅くなり、虹のアイコンがくるくる回っていました。(追記:2台目のMacbook Airはもっと早い時期に動きが遅くなってしまいました。次買うときはMacbook12インチかProを買おうと思います)

そんな時に試したのがMacアプリの活用です。

Macのパワーを最大限出すためにアプリを

Macアプリを使えば、パフォーマンスを上げられると聞いたんですよ。

そもそも、Macというのは標準設定が、パフォーマンスMAXで動くように設定されているので、普段は使わない部分にもマシンのエネルギーが注がれており、効率のいいパワーの使い方がなされていないようなのです

そんな問題を解消するために有効なのが、設定変更とMacアプリです。

Macアプリが効果を発揮するのは、メモリとマシンのパワーを使ってしまっている箇所の特定です

メモリが多いと同時にこなせる仕事が増える

まず、メモリについて説明します。メモリとは、パソコンに備わっているもので一般的に、机の上のスペースに例えられます。

メモリの容量が大きいほど、机の上のスペースが大きいわけですから、パソコン(Mac)でできることが増えます

単純に考えて、メモリが4GBのPCと8GBのではできることに2倍の差があります

メモリを解放することによって動きがサクサクになる

一般的に、パソコンを使っていると、webブラウザ(google chromeとか)がメモリ領域を消費し、どんどんメモリが不足していきます。

そうなると、Macのパフォーマンスが落ちるわけですね。そうした問題を解決するためには、メモリを解放して領域を開ける必要があるんです

そのために、Macアプリを使います。このアプリはカテゴリーの記事の中で紹介しているので、ぜひ試してみてください。

他にも、コピーしたテキストを20こクリップしておけるアプリもあるので、よくコピー&ペーストを使う方は利用してみてください。

参照;Macのおすすめアプリ(高速化、メモリ解放、コピー)

Macのパフォーマンスを上げる方法

続いては、Macでベストなパフォーマンスを維持するためのメンテナンス方法を紹介します。

やるべきは以下の5つ。

1. 定期的にシステムソフトウェアをアップデートする
2. ファイルの整理
3. データを定期的にバックアップする
4. ほとんど使わないファイルをアーカイブしてディスク領域を増やす
5. Macの清掃(ハード面)

Macのメンテナンスをする際は参考にしてください。

④電池の状態をチェックできるアプリ

今までは、メンテナンス方法を取り上げてきましたが、今度は、バッテリーがどれだけ劣化したかという状態を教えてくれたり、普段使いの電池消費を抑えてくれたりする「アプリ」を紹介します。

MacBookのバッテリーを長持ちさせる10個のテクニック|詳細にバッテリー状態を表示してくれる「Battery Health」を試してみた

ちなみに、以下の10個がバッテリー消費を抑えてくれるテクニックだそうです。

  • 1 バッテリーのキャリブレーションを行う。(バッテリーをフル充電→完全に放電→またフル充電)
  • 2 不要な時はAirMacワイヤレスをオフにする
  • 3 Bluetoothをオフにする
  • 4 iSightカメラの使用を最小限にする
  • 5 DVDドライブからディスクを取り出す
  • 6 画面の輝度を低めにする
  • 7 バックライトキーボードをオン/オフを切り替える
  • 8 音量を下げるか、またはヘッドフォンを使用
  • 9 一度に少数のアプリケーションを実行/不要なアプリケーションをオフにする
  • 10 CPUコアを無効にしない

ぜひ、お試しあれ。

Macのメンテナンス大事だよ

普段、意識することのないメンテナンスですが、大事にしてあげるほど長く使うことが出来ます。

Macを愛用している方なら、ぜひ実践してみてください。

なお、Macの寿命は4年、iPhoneの寿命は3年とAppleが正式に公表しています。

・製品寿命が3年の製品
iPhone
iPad

・製品寿命が4年の製品
MacBook
MacBook Air
MacBook Pro
Mac mini
iMac

これくらいの期間Macを使っている方は、買い替えを検討してみてください。

なお、使えなくなったMacは以下のサービスで買い取ってもらうこともできるので、こちらも参考にしてみてください



>>Macを無料でオンライン査定してもらう

関連記事:重くなってきたMacをカンタンに高速化する10の方法

関連記事:「コピーして張りつけ」が10倍楽にになるMacアプリ「ClipMenu」が便利すぎ!!

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!