お笑い芸人が大好きな僕がおすすめの「芸人本」を紹介します。

芸人本は、自伝、ネタまとめ、連載、エッセイのまとめ、ビジネス書的な切り口など様々ですが、僕が好きなのは自伝です。

理由は、その人の生き様が書かれているからです。仕事を主なテーマにしている僕は、人の生き方を知るのが好きです。なので、芸人さんがこれまでどのように生きてきたかをしれる自伝は読んでて、テンションが上がります。

特に好きなのはオリエンタルラジオ・あっちゃんの「芸人前夜」です。この本を読むと、モヤモヤした時期をお笑いによって乗り越えたストイック芸人「中田敦彦」の本髄を知ることができます。

NSC在学中に独特の漫才を見つけてテレビに出たこと、相方・藤森さんとの葛藤など、悩みながらも独自のスタイルを確立していき、闇を持って生きてきた人間の素顔を垣間見れます。

お笑い芸人さんの自伝は、小学生の頃から今まで、細切れに過去を振り返り、その時点のエピソードのみを書いたものが多いです。なので、内容が薄くなりがちなんですが、「芸人前夜」は濃厚なエピソードと当時の思いが綴られています。ぜひとも、読んで欲しい作品ですね。

「 芸人の本 」 一覧

一貫性なく書きたい事を書けばいいし、弱さを見せればいい! by「ダイノジ大谷のROCK LIFE!」

ブログ運営で悩んでいた時に読んだので、相当救われました。僕の中でダイノジはもう芸人ではなく、ガンジーのような存在なのかも知れません。ダイノジ大谷さんの言葉に救われてきている 僕はダイノジという芸人が

続きを見る

面白い企画の作り方はめちゃイケ・片岡飛鳥さんの言葉を参考にしよう!

めちゃイケで面白い企画を考え続けてきた片岡飛鳥さんの言葉で目が覚めました。ものづくりに対する姿勢を改めようと思います。 ものづくりで企画する仕事についている方は、業務で重要なことを学べるはずです

続きを見る

【賛否あり】これまでに読んだお笑い芸人本まとめ

僕は、お笑いが大好きで深夜番組を見たり、深夜ラジオをよく聞いたりしています。その延長で特に好きな芸人さんの本もよく読んでいます。 そこで、今回は今まで読んだ本をいいモノから悪いモノまで一気に紹介

続きを見る

話が面白くなる方法

話の面白さは、インプット量に比例します。トークの引き出し、話し方の引き出しがなければ、面白い話をすることはできません。 おもしろい話をするために、芸人さんたちは養成所でたくさんの笑いを取るテクニ

続きを見る

渋谷「ラママ(lamama)」のお笑いライブで生まれたオードリー、ウッチャンナンチャン伝説について書いてみた

渡辺正行さんが主催する「ラ・ママ新人コント大会」をご存知でしょうか。ここから、お笑い芸人好きにとってはたまらない程の伝説が生まれているんです。 その例がオードリーとウッチャンナンチャンです。これ

続きを見る

ネットで炎上させたがる人は「一億総ツッコミ時代 」を読みなさい

最近よく感じる事があります。 それは「似たようなWebサービス、テレビ番組、商品」が増えたなという事です。 この原因はユーザーや視聴者からの苦情が増えた事にあると思っています。 近年Twit

続きを見る

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!