不眠症の原因を知って解消する方法

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 ためになる話, 充実した生活を

このエントリーをはてなブックマークに追加

不眠症というのは、恐ろしいもので、眠れない以外に様々な箇所に影響をきたします。この症状で悩んでいる方もいるでしょう。しかし、その原因をしれば、解消することができるんです。

ということで、不眠症の原因と解消するために有効な方法を知っておきましょう。

不眠症とは「眠れず昼間の生活にも支障をきたすこと」

まず、不眠症とはどういった病気なのかをはっきりさせておきましょう。

不眠症とは、夜、眠ろうと思ってもなかなか眠りにつけない、夜中や早朝に目が覚める、熟睡できない、といった症状で睡眠が不十分になり、疲れが取れない、気分が悪い、集中できないなどの不調があらわれ、昼間の生活や仕事に支障をきたす病気です。

引用元:不眠症

不眠症は昼間の活動に支障をきたすだけでなく、他の病気の症状を悪化させることもあります。非常に恐ろしい病気なんです。

スポンサーリンク

不眠症のチェック項目

概要を知ったところで、自分が不眠症に当たるかどうか、チェックしてみましょう。

・床に入り眠ろうという意思があるにも関わらず、1時間以上眠れない。
・眠ることは出来るが、トイレ以外で夜中に起きることが多い。(10分以内に再度眠れるのであればOK)
・もっと寝ていたいのに、または用事がないのに朝早く起きてしまう。
・怖い夢や緊張する夢をよく見る。
・眠っている最中に、体がぴくぴくと動くことが多い
・昼間に異常に眠たくなり日常生活に支障がある
・何となく今使っている枕や布団が合わないような気がする。
・朝起きても疲れが取れていない。
・睡眠時間が平均して5時間以内だ。
・昼間でもどこでもいつでもすぐに眠ることができる。
・コーヒー・紅茶・緑茶・コーラ・ドリンク剤などをよく飲む。
・昼間に屋外に出ていない。

参照:不眠症チェック | うつ病・自律神経失調症の整体「健療施術院」

これらに3つ以上当てはまると、不眠症の危険性ありです。これから紹介するする解消法に目を通しておきましょう。

スポンサーリンク

不眠症の原因「薬、精神状態、幼少期の習慣」

不眠症の原因1「ストレス」

一番多いと思われるストレスによる睡眠障害。ストレスは的でしかないので、徹底的に排除しましょう。ストレス解消法は以下の記事を参考に。

参照:ストレス解消に!イライラを抑える方法7つを紹介

不眠症の下人2「幼少期の習慣」

幼少期、決まった時間に寝なかった人は不眠症になりやすいです。子育てをする際は気をつけましょう。意外かもしれませんが、これも不眠症の原因になるのです。

不眠症の原因3「薬物の摂取」

薬物治療の副作用やカフェイン摂取も不眠症の原因になります。薬は、使用を止めた時にも発生しうるので注意が必要です。カフェインは有名な話ですよね。

不眠症の原因4「健康生涯」

他の病気による痛みが不眠症の原因になることもあります。

不眠症の原因5「精神障害」

精神面が安定しない事で不眠症になることもあるようです。確かに、精神状態と健康状態は直結しますから、普段から心を整えておきたいですね。

不眠症の原因6「睡眠への不安から」

十分睡眠を取っていても、自分の睡眠時間を過小評価して過度に不安視してしまうことも不眠症の原因になります。目をつぶっていれば、睡眠と同等の効果を得られる場合もあるようですし、あまり気にせずいきたいですね。

最後の項目は盲点ですが、意外と当てはまる人が多いのではないでしょうか。不眠症の原因は気持ちによる所が大きいのですね。

不眠症の解消方法

不眠症の原因がわかったところで、不眠症の解消方法を紹介していきます。

カフェインの摂取を抑える

有名な話ですが、カフェインには覚醒作用があり、眠気を妨げる作用があります。

さらに利尿作用もあるので、夜中にトイレで目が覚めるというダブルの悪影響をもたらします。ですので、就寝4時間前はカフェインの摂取は控えましょう。

寝る前にリラックスして不眠症を解消する

読書、音楽を聴くなど様々なリラックス方法がありますが、これが絶対的にいいというものはなく自分がリラックスできるものがいいとの事。

ですので、寝る前は自分の好きな事をして心を整えましょう。

無理せず眠くなってから眠りにつく

「眠らなきゃ」という強迫観念が眠りを妨げる事もあります。

眠くないときに無理に眠ろうとするよりも、眠くなるまでリラックスする方法を実践して、眠くなってから布団に入る方が眠りに入るまでのスピードは速いです。

眠る事にこだわらないのも重要なんです。

毎日、決まった時間に早起きする

休日だからといって遅くまで寝ていると生活リズムが崩れてしまい、平日の不眠症に拍車がかかってしまいます。早起きすれば、自然と夜は眠くなるので、休日も早起きを心がけましょう、

また、朝に太陽の光を浴びる事も大切です。

その体内時計のリズムを正しく動かす決め手は朝に太陽の光をしっかりと浴びることです。目から入った光を脳が感じることで体内時計が1日を刻み始め、夜(約15~16時間後)になると眠くなるよう、準備を整えます。

引用元:アステラス製薬|なるほど病気ガイド|不眠症 病気の基礎知識:

食事の取り方を変えれば不眠症を解消できる

朝食を食べる事で、目が覚めますので必ず食べるようにしましょう。

参照:忙しかろうが絶対食べてほしい!体に良すぎる朝食メニュー 【ダイエット】

夕食をたくさん食べてしまうと、寝付きが悪くなります。夕食は腹八分目ならぬ腹六分目ぐらいが睡眠にも体型にもちょうどいいです。

また、運動をしておくと不眠になりにくい事がわかっていますので、ジョギングなどを行う事をおすすめします。

参照: 私が1年で2270km走れた5つの理由とランニングをして得た3つの効果

不眠症の原因を知って解消していこう

紹介してきた不眠症の原因で、自分に当てはまるものをメモして、適切な方法で解消していきましょう。なお、私は、学生時代、不眠症だったのですが、その時は「生活リズムの改善」で解消できました。

生活の見直しは有効なので、試してみてください。

関連記事:転職の不安を解消するための考え方
関連記事:働くのが怖い時に!くじけない心を身につけるための7つの方法

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!