上から目線の相手の心理を理解して対処する方法

公開日: : 最終更新日:2016/12/06 ためになる話

このエントリーをはてなブックマークに追加

腹が立ちますよね。やたらと上に立ちたがる人って。評論家気取りの人もそうですし、異常に負けず嫌いな人もそうです。

特に会社を辞めてフリーランスになってからは、上からくる大企業の会社員とか公務員のバカが増えました。

一番ムカついたのは、あるホームパーティーで「俺、公務員なんだぜ。安定なんだぜ。あんたは?」みたいなことをひたすら語ってきたデブのおっさんです。

このように上から目線の相手はマジでムカつくので、その場は無視で通したんですが、そうもいかない状況は結構ありますよね。

例えば、仕事の付き合いのある相手だとか、上司だとか。

では、そういった場合どうすればいいか?ちゃんと対策があるんですよ。

僕はこれを会社員時代に実践していました。研修の時にやたら説教をしてきたおっさんがいたんですが、彼に対して使っていたテクニックです。

これを使えば、うまく対処できますのでぜひ試してください。

上からくる人には「常に勝っていたい」という心理がある

では、そもそもなぜ人は上から目線になってしまうのか?、その心理について考えていきましょう。

考えられる心理が「常に相手より上でいたい、勝っていたい」というもの。

これは営業出身の人に多いですね。実際、僕が嫌いだった上司もゴリッゴリの営業会社出身でした。

彼らには勝たせるしかない

彼らは、勝負事が大好きで自分が一番でありたい、誰にも負けたくないという気持ちが強いため、相手よりも上であろうとするのです。

こういった相手には真っ向から向き合うよりも、自分が折れて負けてあげると楽に対処できます。

つまり、相手の方が上と持ち上げてやるのです。そうすれば、相手は勝ちを確信して安心し、上からの態度はましになります。

スポンサーリンク

上から目線に隠れている「承認欲求」

あと、上から目線の人の心理には「認めて欲しい」というものもあります。

例えば、「俺はトヨタで働いてるんだ(上から)。だから、認めてくれ」。「公務員というすごい立場だから、認めてくれよ」といった感じで。

このような認めて欲しい気持ち、承認欲求というのは誰にでもありますが、上からの人は特にそれが強いのです。

これは自信がないから、認めて欲しがっているとも言い換えることができます。なので、この場合は相手に自信をつけさせるために「褒める」という戦略が効果的なのです。

スポンサーリンク

上から目線の人への対処法

では、対処法を書いていきます。

1. 負けてあげる

まず1つめがこれ。

「金持喧嘩せず」という言葉があるように、賢い人は上から目線の相手が来ても戦おうとしません。それが無駄になるとわかっているからです。

なので、相手が上から物を言って来たら「そうですね。その通りです。あなたはすごい」と適当に持ち上げしまうのです。

そうすれば、相手も満足してくれます。こうなれば、いらぬことでストレスを溜め込むことがなくなります。

人生をうまく生きるために「適当さ」が大事

たしかに、相手に付き合うのはだるいですが、これも修行と思って乗り切りましょう。

実際、会社員時代も適当に「はい、はい」と言って乗り切っていました。1時間の我慢で救われるのなら安いものでしたよ。

なので、適当にあしらうということも大切にしましょう。

2. 褒める

自信がなくて上から目線になっている相手にはこれも大事。このパターンは、冒頭で説明した公務員がそうでした。

イケメンでもないし、ずんぐり体型だしモテなそうだし、「公務員であること」くらいしか誇れることがなかった相手だったんですよ。

自分に自信がなく、自分のすごさを確かめるために僕を相手に上から来たのでしょう。

こういった相手は褒めていれば、自信を持ち、上からくることもなくなります。僕はその時できませんでしたが、そういうめんどくさいヤツがいたら嘘でもいいので褒めるといいですよ。

ただし、ウザい人を褒めるというのはなかなか難しいもの。そこで、いろんな場面で使える「褒め」の万能フレーズを紹介します。

効果的なフレーズ集

「いつも話題が豊富ですね」

やたら知識をひけらかしてくる人、ドヤ顔で自慢話をしてくる人に使えます。これで、相手の尊厳欲求を満たすことができます。

できるならば、その知識を得るまでの過程も褒めてあげましょう。相手は、単純なので、より気持ちよくなってくれます。

メモを取らせてもらってもいいでしょうか?

興味がなくても、メモをとる姿勢を見せるだけで、「あなたの話に興味を持っていますよ、ためになっています」という意思表示ができます。

これだけで、相手は気持ちよくなります。

「勉強になります、ありがとうございます」と良いながら、メモを取れるようになったら、あなたも「褒め」上級者の仲間入りです。

「当時の話を聞かせてください」

過去の実績を今でも誇りにして生きている人間に多いですね。過去のことなのに、それをネタに上からくるんですよ。

こういった相手もうざいですが、修行だと思って「当時の話を聞かせてください」と言ってみましょう。

そうすれば、相手が話し終えた頃には満足しているので、それ以上付き合う必要は無くなります。

その間は適当に「へ〜」とか「すごいですね」、おうむ返しを使っておけばいいのです。

実際、キャバクラ嬢はこの技を使ってどうでもいい話に対処しているそうです。こちらも試してみてください。

最後に

上に立ちたがる人と戦うのはいい方法ではありません。

そういったバカと戦うのではなく、バカをおだてる気持ちで接してあげましょう。そうすれば、対応するのも楽になりますよ。

関連記事:サバンナ高橋に学ぶ出世のための愛され術

関連記事:【ネタ】めんどくさい相手に使える万能フレーズ6選

仕事に関する記事

>>楽しい仕事と一生食っていけるスキルを見つけるために必要なこと

>>【まとめ】IT、Web業界の転職求人サイト33コ(ベンチャーに行きたい人におすすめ)

>>仕事のモチベーションが低下してた会社員時代にやっておきたかったこと

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!