人に影響を与えるには140文字で十分な気がしてきた。それを表すツイート13選。

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 アクセス・集客, ブログについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

心を動かされたツイートを見る度にはてなブックマークしていて気づいたのですが、Twitterの影響力ってスゴいと思うんですよ。140文字という短文なのにスゴく勉強になったり、ためになったりする。つまり、ショートメッセージでもきっちりメディアとして機能しているんですよ。

今回紹介するツイートは「まさにそういったことを表しているな」と納得できるものですので、ぜひ140文字の威力を体感してみて下さい。スマホ時代なら、もはや短文で十分なのかもしれませんね。

140文字で表現された元気の出る名言

まずは、アルファTwitterユーザーとして知られるあたそ (@ataso00)さんの名言から。この方は、笑える事からためになる事まで幅広くツイートしてくれています。


最後の言葉のおかげで、自由に好きなことをして生きる事への罪悪感が吹き飛びました。これほどのメッセージを無料かつ数秒で受け取れるなんてステキですね。

スポンサーリンク

フリーランスとして肝に銘じたいこと

フリーランスの先輩からフリーにおいて重要な事まで学べてしまうTwitter。

これも140文字以内で重要なことが伝わってきます。

スポンサーリンク

個人クリエイターとして生きていくには

ヒット漫画『アイアムヒーロー』の作者花沢健吾さんの言葉。

コンテンツを生み出す人間が考えたい事

Evernoteにメモっておきたい言葉も140文字で読めます。

インターネットという探偵からは誰も逃れられない


140文字でもこれほどハッとさせられる発信ができるのです。

Twitterって強力な広告塔ですよね

モデルさんのプロモーションツイート。RT4000件てどんだけの人に見られてるんだろ。140文字の威力ハンパじゃないですね。。

筧さんも。
モデルさんのネイティブアド的なプロモーションはTwitterで十分なのでは。

みんな、文字なんて読まないよね。そのモデルさんが好きだから、商品説明なんか分からなくても買っちゃうんだよねという話。

佐々木さんも。

実際、Twitterによりこんな効果もあったようで。


スマホの普及により、ネイティブアプリを介した流入が増えますのでTwitterみたいなソーシャルメディアでプロモーションしていくケースは増えるでしょうね。

既に実装されていますが、GoogleのリスティングみたいなものがTwitterやFacebookでも浸透していきますよ。きっと。それに伴って、参入していく業者さんも増えていくんだろうなあ。

140文字で得る最新情報と未来予測

140文字でこれだけ重要なことが学べるとは。

影響力と共に人々のインフラにもなっていくとは、ずいぶん強烈なメディアですね。

Twitterは誰でも力を持ち得るメディア

Twitterというメディアの力をご理解頂けたでしょうか。

今回紹介したこと考えると、今後は情報、広告、インフラという面でアルファブロガーのようにアルファTwitterユーザーが力を持っていくでしょう。ただし、140文字という制限の中で秀逸な表現ができる人に限りますが。

ということで、「ブログみたいな長文は辛いけど、140文字なら面白い事できそう」とお考えの方はぜひTwitterなどのソーシャルなメディアを活用して個人メディア力を高めていってください。140文字と言っても、バカにできませんからね。

ではまた!(提供:らふらく^^

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!