ブログと飲食店で大切なのはリピーター:優良顧客の獲得に役立つトレタが予想以上にすごかった

公開日: : 仕事・キャリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC01360 Fotor

毎度どうも。タクスズキ(@TwinTKchan)です。

飲食店向けの予約台帳システムを提供するトレタさんのオフィスに遊びに行ってきたので、オフィスの様子などをご紹介します。

遊びに行ったつもりが、飲食店に必要となるマーケティングなどを聞けて学びを得られました。後半で登場する「新規顧客をジャンジャン集めるより、優良なリピーターを」はブログでも同じだと思います。

ということで、詳しくは本編をどうぞ。

カフェ&バーがあるおしゃれオフィス(お酒飲み放題)

まずトレタさんのオフィスで面白いと思ったのが受付。こちらのiPadで担当者の方を呼び出せるのです。(電話なしで)

DSC01359 Fotor

このシステムはかなりイケてるなと思いましたね。

こちらがエントランスにつながっているカフェ&作業スペース。木目調のおしゃれな雰囲気。

DSC01362 Fotor

このスペースにはお茶が飲めるスペースがあります。(スタンディングデスクとしても使えるみたい)

DSC01349 Fotor

後ろには、社員さんのマグカップが並んでおり、コーヒーを入れる機械やバルミューダのトースターもありました。

DSC01369 Fotor

ちなみに、バルミューダは「トーストモード」「フランスパンモード」などパンの種類によって焼き方を変えられる万能器具。

こちら、オーブンとしても使えてお昼にグラタンをあっためる社員さんもいるそうです。

あと、おしゃれなカフェで見られるような光景も。

DSC01350 Fotor

こうやって気持ち良く過ごせる環境で仕事できるのはいいですね。

なお、後ろの冷蔵庫にはお酒がたくさん。トレタさんでは19時以降、このお酒が飲み放題になるそうです。

DSC01366 Fotor

飲んべえにはたまりませんね。

ちゃっかり、ワイングラスも。さすが、飲食店向けのサービスを提供している会社です。

DSC01367 Fotor

社内には本棚もあり、中には社長である中村さんの本も。

DSC01356 Fotor

この本棚の中に、今回プレゼントさせていただいた僕の本も置いてもらえるのでしょうか。気になります。

DSC01363 Fotor

ちなみに、この写真に写っているのは広報の田(でん)さん。今回、献本の依頼をしたらすんなりOKしてくださいました。(ありがたや〜)

スポンサーリンク

トレタが変える飲食店のマーケティング

ちなみに、「飲食店向けの予約台帳システムの提供」と言っても、トレタが何をやっているかわかりませんよね。正直。

実際、僕もそうでした。

ですが、田さんのお話を聞いて飲食業界に革命を起こす素晴らしいシステムだとわかったのでした。

スポンサーリンク

飲食店の安定経営に貢献

それは、この記事からもわかるように。

参照:新機能「メディアコネクト」が目指す、グルメサービスの未来 : TORETA(トレタ) ブログ

ざっくりした概要は以下の通り。

・本来便利であるはずの予約システムが各メディアごとに違ったため、お店側は予約管理が大変だった
(ここで言う、メディアとはヒトサラとかfavyとか飲食店の情報が載ってるメディア)

・トレタを各メディアに一括採用してもらうことで、お店側の予約管理の負担が減る
・ユーザーもネットから予約できるようになる

そして、予約台帳システムではお客さんのデータも取れるようになるため、これらが可能になります。

・メディアごとの集客数がわかり、どの媒体に出せば効果的か把握できる
・POSデータ(注文された商品)とも紐づいており、高単価な食事をしてくれるお客さんなどを把握できる
・飲食店に欠かせないリピーターの把握、リピーター獲得に必要な施策が打てる。

飲食店に必要なのはリピーター

例えば、POSデータによって2時間で3万円くらい使ってくれる優良なお客さんを把握できれば、その方をリピーターにするために「サービス品を提供する」など、お得意さんになってもらうための施策を店舗側は考えることができます。

一方、長くいるのになかなかお金を使ってくれないお客さんも見極めることができ、お店にとっての優良顧客を知ることができるのです。

これによって、誰をリピーターにすればいいかわかり、そのための施策が打てるようになるのです。

新規にお金をかけるよりリピーター育成を

他にも、リピーターに関して面白いデータが出ています。

それは、以下の「予約回数と次回来店率」のデータ。「1つのお店に対する予約回数」が増えるほど、次回来店率も高まっていくのです。

Yoyaku2
参照:トレタのデータから読む、常連さまづくりのポイント

例えば、初回来店のお客さんの次回来店率は7%ですが、2回目に来店してくれたお客さんだと次回来店率が24%まで上がっています。(3倍以上)

その後は、次回来店率が39%、50%、、、とどんどん上がっていくのです。

このように、予約台帳システムでデータをとれば、新規・2回目・3回目のお客さんを把握できて、それぞれに対するサービスを変えることができるのです。

キャンセルされた時のお見舞金をサポート

他にも、飲食店向けにトレタは手厚いサポートをしています。

参照:【プレスリリース】「トレタ」が飲食店への『お見舞い金サービス』をスタート:無断キャンセルや災害などで損害を被った導入店舗をサポート

参照:トレタのデータから読む、キャンセル/No Show対策

このように、取材してみて初めて、トレタのすごさをしりました。これで月額1万円ほどなら飲食店にとって、かなりありがたいのでは?と思いました。

実際、話を聞きながら、田さんに「え、飲食店が導入しない理由ないですよね?」と言ってました。笑

そのくらい革命的だなと感じましたね。

献本しに行ったつもりが、、

当初は、献本しに行って「献本してきた」的な記事を書こうと思ったのですが、トレタのすごさと飲食店が経営で大切にすべきことを学んで、そっち中心で書いてみました。

特に、「(離れてしまう)新規のお客さんにお金をかけるよりは、長期的な関係性を築けるリピーターさんを獲得するためにお金を使ったほうがいい」という発想にはかなり納得しました。

ブログでもそうですが、バズで1度だけ集まってくる新規さんよりは、長期的にブログを見てくれるリピーターが大切なわけです。

と、このように飲食店経営とブログ運営の共通点を学べた貴重な機会となりました。

ホント、飲食店の方はトレタ使ったほうがいいと思いますよ。

ではまた!(提供:らふらく(@TwinTKchan))

次回予告
「トレタで紹介してもらった痛風鍋について」

こっちも読んでほしい>>【3/22発売】副業ブログの出版本は電子版も出ます!note奮闘記との違い、「買いなのか?」などもまとめておきます(Kindleは19日発売)

仕事で悩む人から人気の記事

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!