アクセスアップへ!有名ブログのSNSシェアボタンを徹底研究

公開日: : 最終更新日:2015/04/04 アクセス・集客, ブログについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索エンジン以外にもっとSNSからの流入があればなと思い、人気ブログのシェアボタンを研究していました。
やはり、シェアされるブログには理由がありました。

gori.me

最新のAppleネタを爆速で提供してくれるgori.me。
フォローボタンに居座るキャラクターが印象的。
こういったキャラクターがいるブログは強いですよね。
うらやましい限りです。本ブログにも取り入れたいです。

snsシェアボタンの参考サイト

そして、gori.meと言えば、3カラムの中央部分にシェアボタンが存在します。
なかなか出てこない斬新な発想です。
snsシェアボタンの参考サイト

スポンサーリンク

Number333

パズドラなど、豊富なネタで凄まじいPVを誇るNumber333。
シェアボタンはこんな感じです。やっぱりきれいですよね。
また、こちらのブログはモバイルテーマも自作で、素晴らしい画面になっていますので、
スマホでもチェックしてみて下さい。
snsシェアボタンの参考サイト

スポンサーリンク

タムカイズム

最近、ブログタイトルを変更したタムカイズム。
シェアボタンからの、フォローを促す流れがスムーズで憧れます。
UXについて熟考されたデザインにホレボレしますね。
snsシェアボタンの参考サイト

男子ハック

もはや、web好きで知らない人はいない男子ハック。シェアボタンエリアは、もちろん素敵です。
マウスオーバーで色が変わる部分や、あえてfacebookのいいねボタンを置いていない所にもこだわりを感じます。
これからも、参考にしていきたいブログです。
snsシェアボタンの参考サイト

frasm

ヘッダーのナビゲーションから、ただならぬオシャレさを感じるfrasm。
ただ、それ以上にインパクトがあるのがシェアボタンです。
私自身、「サイト名はわからないけど、シェアボタンがジョジョのあのブログね」という感じでfrasmを覚えていました。
これだけ人の記憶に残るシェアボタン、作ってみたいですね。

snsシェアボタンの参考サイト

ガジェットTouch!

Apple系のネタを中心としたガジェットTouch!。
運営しているのはなんと、中学3年生の14歳男子だそうです。恐ろしい…
記事下に美しくまとまっているのが好きなんですよね。
多くの方が、アイコンを使ってフォローを促す中、ボタンで勝負している所も面白いですね。
snsシェアボタンの参考サイト

最後に

やはり、有名なブログでは、個性的なシェアボタンを作り上げているのですね。
どれも読者に「おっ」っと言わせる仕掛けを作っています。
また、シェアボタンでブログのブランディングができるのは大きな武器です。
本ブログでこれからは、シェアしたくなるパーツづくりを課題にしていきたいと思います。

追記

1年以上前に書かれたこの記事に対してキツくお灸を据えたいのですが、シェアボタンなんて関係ないです。
シェアされるのは記事の質が高いからです。
こんな事もわかっていなかった当時の僕は相当アホだと思います。

ですので、みなさんもこういう小手先の事にこだわらず良質なコンテンツを作り上げていってください。
シェアボタンに凝るのはしっかり記事を書けるようになってからで十分です。

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!