華やかな仕事を選んじゃダメ! 就職・転職での注意点

公開日: : 最終更新日:2015/07/31 ITベンチャーに転職ってどうなの?, 仕事・キャリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

統計学が最強の学問であるという本が出版されたように、統計学を扱ったデータサイエンティストという職種の人気が爆発しています。
これまでに何度もかっこいい職種名がバズワードになり、都度その時代の人気職種になってきました。
では、データサイエンティストのようにブームに乗って職種を選ぶとどうなるか、自分の体験談をもとに語っていきます。

そもそもデータサイエンティストとは?

データサイエンティストとは、今話題のビッグデータと呼ばれる膨大な顧客データを解析し、企業利益を最大化する職種です。
この仕事はソーシャルゲームのZyngaという会社が導入し、大成功を納めてから注目されるようになりました。
それ以来、日本のソーシャルゲーム会社を中心にデータサイエンティストの奪い合いが加熱しています。

データサイエンティストについてくわしく知りたい方はこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

以前のブームは何だっけ?

データサイエンティスト以前は、Web系の会社を中心にエンジニアがもてはやされ、これからアメリカのように最上位に位置する職種になるのではとも言われていました。
このような動きから、給料も高騰し、ある会社では新卒でも1000万という高待遇が話題になりました。

参照:
DeNAのエンジニアスペシャリスト採用、新卒でも最高年俸1000万円

今は少し落ち着いたようで、これからはデータサイエンティストでも同様の現象が起こっていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ブームに乗って仕事を選ぶという愚行

こうした職種ブームにおいて危険なのが、その職種に根拠のない憧れを抱いてしまう事です。
こうした憧れは仕事で一番大切な適正を度外視してしまっているため、残念な結果を招いてしまう事が多いです。
就活生が憧れだけでマッチングを気にせずに企業にエントリーしてしまい、落ち続けるあの現象と同じです。

ちなみに、わたしは職種ブームに乗ってしまい、失敗した人間です。
それまでは、アプリのマーケ・企画をやっていたのですが、エンジニアバブルの流れと「これからは実装できない人には価値がない」という意見を鵜呑みにした事から、エンジニアを志すようになります。

それが地獄の始まりでした。

最初は初めて触れるプログラミングというものを楽しめていました。
しかし、仕事にしていく訳ですから、どんどんレベルが上がっていきます。

さらに途中でコードを書く事が好きではない事に気づき(JSなどフロント側の言語は好きですが)、まわりには休日にもコードを書く事を趣味している猛者だらけ。

そんな環境では、自信をなくしてしまっていました。

憧れが悪い訳ではない

誤解してほしくないのは、ブームになっている職種に憧れを持ってはいけないという事ではないのです。
むしろ、憧れに対してはどんどん挑戦すべきです。

でも、3ヶ月挑戦してみて「なんか違うな。自分には向いていないな」と思ったら、すぐにやめるべきです。
人間の直感というのは恐ろしいぐらい正確です。こうした本能を大事にした方がうまくいくのです。

こうした本能でうまくいっているのが本ブログです。
昔から編集、情報をキャッチアップして書いて伝えるという事に強みを感じていた私は、NAVERまとめを始めてみました。

まとめにより、バズや読み手の反応がある事に快感を覚え、ブログも初めてみたのです。
すると、2ヶ月目にして38万PVを達成し、現在は安定して月間20万以上のアクセスを集める事に成功しています。

こうした本能は無意識のうちに自分の向き・不向きを判断してくれるので本能には素直になった方がいいと思います。

これからブームになりそうな職種

いろいろ言ってきましたが、これからも職種ブームは起こり続けるでしょう。
そこで、今後ブームになりそうな職種を予想してみたいと思います。
これからは、UI、UXのプロ「ユーザーの動向を理解できるコミュニケーター」がトレンドになってくると考えています。

いま様々なサービスが溢れ、どの分野もやり尽されている感があります。
どの分野もレッドオーシャンでどこで差をつけるかと言ったら、美しいUIと心地よいユーザー体験なのです。

実際にレッドオーシャンとされてきたToDoアプリにおいて「Clear」は独特のUIと心地よいUXから爆発的な人気を獲得しました。

こうした背景からもUI、UXのプロの奪い合いが起こってくるのではないでしょうか。

ぜひ覚えておいてほしい事

・ブームや今後の需要よりも適正を大事にして職種を選ぶ
・ブームにはどんどん乗ってほしい
・挑戦してみて向いてないと思ったら、すぐやめる
・これからはUI、UXのプロがアツいかも

以上の4点です。
みなさんも好きなことを仕事にできるようにこういった視点を持ってみて下さい。適正を考えずに職種を選んで「仕事辞めたい」と思うのはあまりにも勿体ないので。

ブーム職種のスゴさがわかる求人メディア

フリーランス、フリーエンジニアの為のIT求人【エンジニアナビ】

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!