消滅可能性都市での地域おこし協力隊は「ベンチャーで3年修行」以上のキャリアアップになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

地域おこし協力隊として地域活性化を行う

ビズリーチさん主催の記者発表会にて、消滅可能性都市で地方創生に取り組んでいる最年少副町長(29歳)と、移住者の話を聞いてきました。

2人が活動する都市は、鹿児島県長島町。副町長の井上さんがめちゃくちゃ面白かったんですよ。なんでも、その取り組みは石破大臣にも注目されているようです。

さらに、東京から移住し「長島xIT」をテーマに活躍する29歳の土井さんもアクティブでしたね。

こうやって29歳ながら地方で活躍する2人、これから地方で活躍したいと思っている方は必見ですよ。

副町長、求人サービス運営者、移住者の3方向から

イベントは、井上さん、土井さんとビズリーチの代表である南さんがそれぞれお話しする流れ。

井上さんは長島町の現状を、南さんは地方求人を掲載するサービス「スタンバイ」を、土井さんは移住のリアルについてお話ししてくれました。

まずは、井上さんのお話から。リアルタイムツイートとともにお届けします。

総務省から地方創生人材支援制度第1号として長島町へ

鹿児島県長島町の副町長

相当、バリキャリの方みたいですね。

地方はお金がないのではなく、人材が少ない

教育が手厚い!「ぶり奨学金」も

長島町の魅力は、特産品だけでなく教育支援にもあるようです。

薄利多売をやめ、ブランド化した商品を販売していく方針

欲しい人材「特産品を売れる人、人を呼べる人、商品開発できる人」

さらに、具体的な職種についてもお話ししてくれました。

スポンサーリンク

求められている職種はツアープランナーなど様々

誰でもいいから来てください、じゃない

スポンサーリンク

プロフェッショナル人材を地方へ

地方向け求人サービスを運営する南さん

続いて、ビズリーチの代表である南さんが「スタンバイ」の紹介を。

この話については、以下の記事に書いているので、そちらを参照されたし。

参照:年収下がるが、やりがいを!大企業から復興支援へ!30~40代の地方転職が盛り上がってる件について

地域おこし協力隊として、地域活性化を

地方企業が求人の問題「コスト、拡散力」

簡単なUI・掲載は無料

長島町は、移住者が活躍しやすい

鹿児島県長島町に移住した土井さん

続いて、長島町に移住した土井さんのお話。

このツイートの「長嶋さん」は間違いです。土井さんですね。訂正させていただきます。

長島町には縁もゆかりもなかった。それどころか知らなかった

特産品を販売するECサイトの立ち上げを担当

家は格安賃貸。100平米で3部屋

ここで、3人の話が終わり、質疑応答へ。

地域おこし協力隊は、定住に向けた助走期間

年齢関係なく優秀な人材を採用する

特に、特産品を売り込める人材が欲しい

地域おこし協力隊として自立した活動を希望

観光目的になる特産品と、外からの目を大事に

「スタンバイ」のマネタイズはリスティング広告

以上のような質疑応答がなされ、記者発表会は終了。

この会から、僕はこんなことを思いました。

人を受けて入れてくれる地域であれば、どんどん移住すればいい

鹿児島県長島町の「移住者を受け入れる姿勢」がすごいんですよね。外者を全く排除しないんです。事前に、土井さんにインタビューしていたのですが、そこでも現地の方の寛大さが聞かれました。

家、ご飯、車の提供など、困っている人にとにかく優しいんですよね。

地方移住であるのが、外から入ってきた人が冷遇を受けるというもの。「Wedge (ウェッジ) 2015年 11月号」でも、移住して農業を始めた方が、JA関係者にいじわるされた例が載っていました。

外者に閉鎖的な地域ほど、そういうトラブルがあるんですね。でも、長島町は違うんですよ。

長島町では、仕事も家も用意されている

外者にも優しくて、彼らが住みやすいように中の人がアシストしてくれるんです。

さらに、行政が仕事を用意してくれていますから、移住の一番のネックである「働く場所」の問題もありません。実際、土井さんもそうした不安は、移住前になかったと語られていました。

参照:京都移住の成功・失敗は転職先の仕事で9割決まる!実践者にぶっちゃけ話を聞いてきた

なので、地方で活躍したい、地域活性化の仕事がしたいと考えていた方はこういった地域に移住するべきなんです。キャリアアップにもなりますしね。

ベンチャーで働く以上に濃い経験ができる

「スタンバイ」において、長島町の地域おこし協力隊として「協力してもらいたいこと」を見ていると、ワクワクするような仕事が掲載されています。

・観光について詳しく、旅行業界などと連携できる方
・ドラマや映画のロケを誘致できる方

・地方創生の右腕
・就農希望者に長島町の魅力を伝え、農業を指導できる方

・若者等の起業に対するアドバイザーとなれる方
・獅子島の子落とし塾(中学生・高校生のための自修塾)の企画・調整を担える方

・空間デザインについて詳しく、心地よい場をつくることができる方
・センスのいいコミュニティーカフェを企画・運営できる方
・島外から嫁いできた方たち等が集う・活躍する場を提案できる方

最後の3つとか、僕が就活時代にやりたかったことですよ。こういう理想って多くの人が抱くんですけど、会社でこういう仕事をしたくても、なかなか経験できないんですよね。

大企業なら修行期間として10年以上かかるし、裁量の大きいベンチャーでも修行のような働き方をしないといけません。やれても、苦痛が伴うんですね。

しかし、長島町ならそれが可能なんです。話を聞く限り裁量も大きそうなので、ベンチャーよりも中身の濃い仕事ができそうです。

しかも、募集要項を見ると条件の良さにも驚くんですよ。

給料ももらえて、住居費も町が負担

【雇用形態及び期間】
「地域おこし協力隊」※
(1) 長島町の嘱託臨時職員として長島町長が委嘱します。長島町役場嘱託職員となっていただきます。
(2) 委嘱の日から1年間(以降1年ごとに更新可、最大3年間)
※「地域おこし協力隊」とは、主に三大都市圏、政令指定都市から過疎地などへの移住、定着を促すため、総務省が2009年度に創設。委嘱の日から1年間(以降1年ごとに更新可、最大3年間)。地域おこし活動の経費として1人あたり年間400万円を上限に国が支援。

【給与】
応相談 
※報償費年間200万円、活動費年間200万円
※交通費全額支給
(「地域おこし協力隊」の待遇) 基本的には「地域おこし協力隊」ですが、これまでのキャリア等を踏まえて、報酬の上乗せや将来の役場職員登用も検討します

【勤務時間】
(1) 勤務日:原則として月曜日~金曜日
(2) 勤務時間:原則として午前8時30分~午後5時15分、週38時間45分以内
(3) 年次有給休暇あり ※「地域おこし協力隊制度」では副業可

【接遇・福利厚生】
(1) 活動期間中の住居については町が紹介 ・ 斡旋し、費用については,町が一部助成します。
(2) 光熱水費等については隊員負担とします。
(3) 活動等に使用する車両は町が準備し貸与します。
(4) パソコンを貸与します。
(5) 健康保険、厚生年金及び雇用保険に加入します

このように、待遇が異常なほど手厚い長島町の求人。現地人の人柄や熱意も良いし、住む場所としても魅力的なので、検討してみてください。

長島町の仕事→ https://jp.stanby.com/ats/nagashima/jobs (12月1日までの募集なので、お早めに)

ではまた!(提供:らふらく^^(@TwinTKchan)

次回予告
「スタンバイに意外と知り合いがいた」

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!