京都移住の成功・失敗は転職先の仕事で9割決まる!後悔しない「おすすめ方法」を聞いてきた

金沢から京都に移住した奥田さんに移住の実態を聞いてきました。移住を考えている方は読んでみてください。

ちなみに、パーソナルな情報は以下の通り。

「38歳既婚で会社員。専業主婦の奥さん、2人のお子さんがいる4人暮らし。京都市内在住」。

家族を伴う移住のリアルも参考になるので、ぜひメモを。やっぱり移住と仕事は切っても切り離せないんですね。

おすすめ>>【スゴすぎ!】不動産屋と1度も会わずに部屋決めできる「ネット完結型の賃貸サービス」が革命的!コストも半分に

京都の自然で走りたくて移住を決意

では、まず移住の動機を教えていただけますか?


「京都が好きだった」というのが一番大きかったです。学生時代、京都で一年間浪人をしていたのですが、その時から京都に魅了されていました。

さらに、社会人になってからランニングを始めたことも大きかったですね。京都でトレイルランをしたのですが、走っているときの自然(山とか川)が素晴らしく、ここに住みたいと強く感じました。それ以降は、京都の求人が目に止まるようになりました。

スポンサーリンク

転職活動はめちゃくちゃ苦労した

そうした動機があったんですね。では、実際に移住を進めていく流れをお聞かせください。家族への説得、現地での仕事探しなど。

はい。まず、前の仕事から話しておくと、進めやすいので、そちらから。前の会社には11年間在籍しました。転勤族でしたが、収入は安定していました。

子供も2人いましたし、金沢に転勤してから1年経っていなかったので、移住は迷いました。しかし、子供が小さいときじゃないと、移動できないと思い京都移住を決断しました。これから転勤を繰り返すよりは、転勤のない会社に入って京都に住んだ方がメリットはあると考えていました。

仕事探しは苦労しましたね。かなり落ちました。35歳を超えると年齢で足きりになることが多かったですね。しかし、前の会社に在職中にTOEICの勉強をして800点を超えたり、営業実績も他社から自社に移行してもらうというキャンペーンで400人中1位を獲得したり、それなりの下準備、積み上げはじっくりとやっていました。

内定をもらった今の会社の面接では、京都の山が走りたいという面白い動機と、語学力、営業実績を総合評価して内定を獲得しました。

仕事が決まった段階で手取りなどがわかり、生活を具体的にイメージできるようになったのは大きかったですね。

そんなこともあるんですね(笑) やっぱり、正直な姿を受け入れてもらうのって大事ですね。

京都移住では仕事が大事と語る実践者
(京都に移住した奥田氏。ランニングをしていることもあって、スポーツマン体型。38歳にしてこの体型。自己管理の賜物である)

スポンサーリンク

年収はほぼ同じだが生活コストが上がったので、コストカットを

実際、転職してみてどうですか?年収など詳しく聞きたいです。

新しい会社は転勤がありませんし、気に入っています。業種は医療系です。

収入も前職とほとんど変わりません。

支出はちょっと増えました。前は転勤族だったので、居住費がいらなかったのですが、今はかかるので、節約するようになりました。家の水準に限って言えば金沢の方がいいですね。

ただし、京都は交通環境が整っているので、車が不要になり売ってきました。節約のためにも車にかけていたお金(駐車場代、ガソリン代など)を試算してみたのですが、5年で400万円ほどかかるとわかりました。こうした長期的な視点で固定費を考えることも重要と学びました。

仕事が決まれば移住の軸は固まる

リアルな情報を色々聞かせていただき、ありがとうございます。それでは、このブログの特性でもあるので、仕事について深掘りさせてください。仕事探しの流れの詳細、重要なことを教えてください。

まず、感じたのは移住における仕事選びの重要性です。移住では、収入が確保できるかに頭を悩ませます。家とかは、よっぽどへんなところに住まなければ大丈夫なので、移住は仕事で9割決まります。家族を納得させられるだけの収入ある仕事を見つけられれば、安心して移住できます。

仕事探しでは転職サイトの「リクルートエージェント」を使いました。対応が丁寧で、ここから紹介された会社で内定が決まりました。他にも転職サイトには4~5社登録しました。直接やりとりしたのはリクルート含め2社です。

最近だと、地方の求人にも力を入れている転職サイトがありますが、そうしたサービスは使わなかったのですか?

そうですね。使いませんでした。リクルートの方の対応が丁寧だったので、そちらを使っていたという感じです。

エージェントとのやりとりはどのようにしていたのでしょうか?東京に住んでいれば、直接足を運んでヒアリングしてもらうことができますが。金沢ですと、それが難しそうですよね?

関西にいるエージェントと電話やメールでやりとりしていました。メールでのやり取りが主でしたね。応募してから結果が来るのやりとりがスムーズでした。

地方からの転職でしたが、エージェントサービスを使って、特に問題はありませんでした。

京都移住者といった串カツや
(カフェでインタビュー後は立ち飲み屋さんへ。奥田さんが「一杯どう?」と誘ってくれました。爽やかなナイスガイです)

京都に移住して理想通りの生活が手に入った

なるほど。地方でも転職活動ってできるんですね。仕事探しのことがよくわかりました。次は、実際の生活について教えてください。ぶっちゃけ、移住してきてよかったですか?

移住してよかったですよ。理想通りの生活が手に入りました。予想以上の結果です。さらに、珍しい存在なので、いい名刺代わりにもなりました。走る時にしても「移住者の奥田です。」という看板は大きいです。覚えてもらいやすくなりますし。

子供も環境の変化に馴染んでいるようです。奥さんは、知り合いもいないし、まだ辛そうです。大人の方が変化に適応するのは大変なので、ここはちょっと時間がかかりそうです。

京都に転職して移住した人
(立ち飲み屋の後は餃子の王将へ)

本当に移住する気がないと失敗する

なるほど。家族を伴う移住だと、そうしたことがあるんですね。ちなみに、移住実践者として、これから移住を目指す方にアドバイスするとしたら、どんな感じでしょうか?

僕の事例を全てと受け取らないでほしいですね。僕はラッキーな例だと思うからです。皆が皆、こうなるかというとそうじゃないはずです。僕はハンパじゃなく京都に行きたかったので、移住の意思と覚悟が強かったです。

自分が死ぬと思ったときに「京都に住んで、朝起きて走って、家族と飯を食って、名所に行って、ライブハウスに行って」という生活を絶対に手に入れたいと考えていました。「ここで死んだら、悔いはない!だから移住したい」くらい強く思っていましたから。

本当に来たいと思って来ないと移住後に辛くなってしまいます。前の生活を捨てちゃうわけですし。前の生活には戻れませんからね。

知り合いにアドバイスを求められたとしたら、デメリットは必ず提示します。安易に移住しなよとは言えません。自分の失敗談を教えて、現実を知った上で来たいなら、移住すればいいと思います。

その際は、「お金、貯金はどのくらいある?」と質問するでしょうね。それに加えて「仕事はどうするの?」とも聞きます。やはりお金は大事です。貯金があれば、何かあった時でも冷静に判断できます。焦ってつなぎの仕事しないで済みます。仕事が合わなくても、止められる余裕を持てますしね。

貯金の目安として、家族持ちだったら1年分の生活費、独身なら半年分の生活費があれば大丈夫でしょう。実際、僕は蓄えていました。

他だと、引っ越し代、敷金・礼金もかかります。僕の引っ越しでは50~60万円かかりました。

そもそもですが、生活の質を上げるために来ているので、質が下がるようならやめた方がいいです。これだけ厳しく言うのは、周りから見るのと当事者では認識に差があるからです。移住ってポジティブに捉えられがちなので。

逆に言えば、それでも来たい人に道は開けます。本気でやりたいと思えないとイメージもできないし、計画も立てられませんからね。期限も決まらないし。

僕は2015年の12月31日を締め切りにしていました。大晦日、実家で「移住して、子供たちも安心して落ち着いてきたね」と話しているイメージできていました。

そうなんですか。移住に関して色々とタメになるお話を決めました。お金などリアルな話までしてくださって、ありがとうございました!

IMG 6100
(京都の王将は深夜でも人がいっぱい。関西の人って王将好きですよね)

おすすめ>>【スゴすぎ!】不動産屋と1度も会わずに部屋決めできる「ネット完結型の賃貸サービス」が革命的!コストも半分に

移住において仕事探しは超重要

奥田さんのお話で感じたのは、移住における仕事選びの重要性です。「仕事が9割」という言葉通り、生活費に直結する仕事は移住とは切り離せませんね。

なので、京都に限らず移住を考えているなら、その地域に仕事があるかは確認しておいたほうがいいです

その際は、求人サイト「リクナビNEXT」を使うといいですよ。

京都に移住する前に仕事があるかをチェクしておこう

最近だと、Uターン、Iターン者希望者向けに「地方、地元で働く特集」も組んでいます。

それくらい、地方に力を入れているので、ぜひ以下のサイトから登録して仕事をチェックしてみてください。

>>リクナビNEXTを使ってみる

1年弱のお試し移住が必要

また、奥田さんは「お試し移住があればいい」ということもおっしゃっていました。

奥田さんが京都に移住したいと思えたのは、一年間住んだ実績があったからなんですね。

それくらい住まないと、地域のメリット・でメリットはわからないそうですよ。

おすすめ>>【スゴすぎ!】不動産屋と1度も会わずに部屋決めできる「ネット完結型の賃貸サービス」が革命的!コストも半分に

移住で失敗・後悔しないために必要なこと

ある程度住んでおかないと、移住後に「こんなはずじゃなかった」なんてことにもなりかねないので、

早く「お試し移住」の文化が根付くといいですね。

そうすれば移住の失敗もなくなるはず。

ということで、京都に移住した方の実体験レポートは以上です。

参照:奥田さんのブログ「京都移住日記」

参照:奥田さんのTwitter(@kyotoijuunikki )

おすすめ>>【無料】仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

京都や大阪、神戸、奈良移住を成功させる

>>京都の移住支援者が言うに「東京でつけたスキルは地方の仕事で輝く」

>>「地元・福島に貢献したくてガイナックスのアニメーターになりました」21歳が語る”地方で働く”の現実

>>地方じゃ稼げないはウソでした!熊本県・南小国町の移住者「収入増えて支出が減りました」

>>家族で田舎暮らしをしたいなら移住支援に熱心な地域「島根県雲南市」へ!仕事も家も決まりやすいよ

2地域(2拠点居住)で働く(体験談・移住してみた)

>>島根と岐阜での二地域居住の事例をブログで取材!感想を聞いてメリットや課題を考えてみた

>>「地方移住ってクリエイティブっすよね?」と思ってたけど、リアルな話を聞いたら全然違った件

>>千葉の週末移住で房総エリアが人気と聞いたので現地での仕事について書いてみる

家付きの仕事紹介、住む場所も知る

>>「地方移住支援は?仕事はあるの?若者でも大丈夫?」などの疑問に答えるイベントに参加してきました

>>地方でフリーランスとして働くにはWebスキルが重要である

>>【副業】月5万円稼ぐ方法33コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

>>フリーランスの仕事にはこんな種類がありますよリスト(34職種)を作りました

地域おこし協力隊やカフェ開業について

>>【田舎への移住者募集も】鹿児島県で地域おこし協力隊として仕事する若者に現地の支援などを聞いてきた

>>【広島】コーヒー豆の販売店「MOUNT COFFEE」マスターから個人事業で食べてくコツを学んだよ

>>「ハンター(狩猟者)ってどんな仕事?給料は?」を調べてきた!〜広島の狩人たちに密着取材〜

移住してお店を開業!儲かるの?

>>もう花屋に店舗はいらない!元プロ格闘家のヤンチャ兄貴が切り開いた新時代の商売!これ、スゴいぞ。。

>>サラリーマン、主婦、学生におすすめの副業まとめ(アルバイトは非推奨)

>>東京から宮城にIターン転職!仙台に移住したメディア編集長に東北の暮らしや仕事状況を聞いてきた

Uターンして起業した人たち

こちらもどうぞ。

>>移住後、田舎暮らしに失敗する人と成功する人の違いを聞いてきた

>>地方で起業する方へ「地方は、どんな評判もすぐ広まる、シビアな環境だよ」

>>鹿児島でUターン起業した26歳と23歳コンビ「Web制作事業をアピールするために、まずは自社のサイトを本気で作りました」

移住はおすすめ?老後は大丈夫?

>>移住先で農業を仕事にした夫婦が!未経験ながら事業を起こすたくましさに感動した話 @宮崎

>>ゲストハウス経営と米作りで複業する25歳の移住者を発見!夢を叶えるコツを聞いてきたよ

>>お金のために働くことに疑問を感じ、島根にUターン!カフェとNPOの兼業でステキな生活を送る女性に話を聞いてきた

地方で開業・脱サラした人の話

>>「田舎に移住してカフェを開くと、どんな生活が待ってるの?」を聞いてきた @屋久島

>>【屋久島】移住者が開業したカフェ「Maruya」で「会社員が一番怖い」という名言を聞いた話

>>「機械でもできるモノづくりはもうやめました」カンボジアで、かごブランドを立ち上げた女性が目指す世界とは?

【ブログで取材】移住支援、仕事、費用を調査

>>【ブログで人生変えました】屋久島に移住して取締役になった女性のお話

>>「地方には仕事がない」じゃなくて「若者が就きたい仕事がない」に変わってきてるヤバさ

>>地域活性化の仕事がしたいなら「お金稼ぎ」と「片手間コミット」を重視すべき

移住コンシェルジュや補助金も頼る

※リモートワークOKの会社で働きたい方は、こちらから求人をチェックしてみてください

>>第二の人生を移住先で満喫する女性がいた!子供を育て上げたら屋久島でのんびりする生き方もあるんです

>>京都の移住支援者が言うに「東京でつけたスキルは地方の仕事で輝く」

>>消滅可能性都市での地域おこし協力隊は「ベンチャーで3年修行」以上のキャリアアップになる

>>イケダ氏より先に移住し月収100万円達成!千葉の田舎で活躍する89世代にリアルな話を聞いてきた

ではまた!

次回予告
「京都移住の次は宮崎が熱い!?」

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。