自分らしく生きる方法

公開日: : 最終更新日:2015/01/31 仕事・キャリア, 就職・転職, 楽しい仕事を, 自分らしく生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は自分らしく生きるために必要な事を紹介します。大事なのは「イタい人間」になることです。

夢を叶えて自分らしく生きるには?

自分らしく生きている人に共通するのが「イタい人間」ということです。この「イタい人間」とは、周りが引くほど物事にコミットしていて、難しそうな事もすぐにやってしまう人の事です。

僕の周りにもいます。Facebookで繋がっているSくんは、社会人2年目の男性です。彼は、1年目から目標に向けて真摯に取り組んでいました。

そして、朝早く会社に行って日記を書き、毎日実行していったのです(その日記はブログとFacebookに投稿されていた)。日記には自分が感じている事、課題、これからすべき事などが書いてありました。

彼は、それを毎日続けていきました。同期で同じ事をやっている人はいなかったように思います。それでも彼は、言葉通り実践していて、決まった時間になるとFBには投稿が流れてくるようになりました。

スポンサーリンク

自分らしく生きるには周りからどう思われても愚直に取り組む

しかし、ある時から彼の熱くて意識高い投稿にちょっとイタさを感じるようになりました。そして、彼の投稿はあまり見ないようになりました。

そんな事が続いたある日、久しぶりに彼の投稿が目に留まりました。出世していたのです。彼の会社の1年目で出世することは稀で、コメント欄でも驚きの声と祝福の声が多数寄せられていました。

その時から、彼に対する見方が変わり始めました。

スポンサーリンク

自分らしく生きる事で新人賞を取った方も

さらに、4月にはその年の優秀な新人が表彰されるイベントがあったらしく、彼は新人賞を獲得したのです。これは日記に加えて、真摯に目標を達成したおかげだと思います。

一時期、彼の姿をイタいと思っていた意識も完全にが変わりました。そして、自分らしく生きる姿を尊敬するようになり、「イタい事」をやり続ける必要性を学びました。

自分らしく生きるためにブログを書いている

ご多分に漏れず、僕も相当イタい奴だったと思います。会社員時代、ブログを書いている事は、数人にしか言っていませんでした。彼らは、当時の僕を「イタい人間」と認識していたと思います。

当初、周りの目を気にして遠慮がちな投稿をしいていました。しかし、Sくんのおかげで思った事を書けるようになりました。周りの目を気にして同じ事をしていたらダメだと気づいたからです。

自分らしく生きるために、イタいと思われるくらい本気で取り組めたので、専業ブロガーになる事ができました。何かを成し遂げたいなら、ツッコミ側でなくボケ側に回る必要があります。

自分らしく生きるためにも、どんどんイタい奴になってください。最初は勇気がいりますが、重要な事ですので。

自分らしく働ける職場を選んで楽しく仕事を

これは仕事でも同じです。仕事を楽しんで自分らしく生きるには、周りの目を気にせずやりたいことに取り組む必要があります。そういった環境を選ぶためにも、転職求人サイト「ワークポート」を利用して適した職場を探してみて下さい。

利用は無料ですし、色んな職場を知り尽くしたプロに相談もできますので。

ワークポートのサイトはこちらから

それでは!

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!