【口コミ】中小企業の資金調達術のファクタリング!会社設立後にネット完結型を使っても大丈夫か調査

この記事では、会社の資金調達で使えるファクタリングのメリット・デメリット、融資などとの違いを紹介します

手軽に資金調達して、会社の発展に役立てたい経営者個人事業主は参考にしてください。

>>個人も法人も簡単に資金調達できる「OLTA」がすごい!1万円からと少額OKで、上限なくお金を用意できます

効率よく資金調達するために

以下、記事に書く内容。

・ファクタリングと他の資金調達(融資、VCからの投資)の違い

・ファクタリングのメリット・デメリット

・ファクタリングは、設立まもないスタートアップに向いてる

・おすすめ事業者はどこ?(口コミあり)

・ネット完結のファクタリングは大丈夫?使った感想まとめ

では、それぞれ説明していきます。

>>ネット完結!請求書を買取してくれる「OLTA(オルタ)」で無料登録!その方法を紹介(とても簡単)

スポンサーリンク

ファクタリングと他の資金調達の違い

銀行やソーシャルレンディングからの融資、ベンチャーキャピタルからの調達との違いは以下の通り。

・担保がいらない

・保証(連帯保証人)がいらない

・めんどうな手続きがない

・かなり時間のかかる審査がない

・調達した資金を自由に使える

・会社の信用情報に傷がつかず、その後の融資でも不利にならない

・貸し剝がしのような急な取り立てがない

・税金対応、赤字の企業でも調達できる

これらも1つ1つ説明していきます。

>>【即日・来店不要】クラウドファクタリングで資金調達する方法!デメリットもまとめ

スポンサーリンク

担保などがいらない

銀行やノンバンクからの融資では、担保や保証人が必要ですが、ファクタリングではそれが不要です。

そもそも、ファクタリングは融資でなく、売掛金を買い取ってもらうことで資金を調達できるもので、それらとは全く違うのです。

大事なのは、請求書の発行先である取引先の信頼度なので、調達側の与信はそれほど重視されません。

>>中小企業・個人事業主向けの即日ファクタリングまとめ!フリーランスでも来店不要で少額からOK

めんどうな手続きがない

やってみてわかりましたが、クラウドファクタリングは手続きがかなり簡単です。

すぐ手に入る必要書類を提出するだけで、資金調達の申し込みがすぐできます。

素早く事業資金をゲットできる

一方、銀行から融資を受ける際はめんどうな紙の書類の手続きや面談、長い審査があり、調達までにかなりの時間がかかります。

>>クラファンでお金を貸す側に銀行との審査の違いを聞いて来た

※クラファンだと2日で終わる審査が、銀行だと1ヶ月かかるそうです

このように、調達までの早さもファクタリングと他の調達方法では異なるのです

調達した資金を自由に使える

銀行からの融資、VCからの調達だと、事業計画書などを出し資金用途も明確にしてからお金を出してもらいます。

それゆえに、申請時と違うお金の使い方をした場合、お金の変換を求められることもあります。

しかし、ファクタリングではそういったことがなく、自由にお金を使えるのです。

>>【評判、口コミ】ビジネスローン「LENDY」の融資額、金利、審査待ちの時間まとめ

会社の信用情報に傷がつかない

ファクタリングは融資じゃないので、調達しても会社の信用度が落ちません。(2社間の場合に限りますが)

なので、その後に銀行から融資する際も不利になりませんし、風評被害などで取引がなくなるなども考えにくいです。

>>個人も法人も簡単に資金調達できる「OLTA」がすごい!1万円からと少額OKで、上限なくお金を用意できます

貸し剝がしのような急な取り立てがない

銀行の融資だと、銀行側の都合で返済スケジュールが変わることもあります。

しかし、ファクタリングであれば、そういったリスクがなく、一度調達した資金は安心して使えます。

税金滞納、赤字の企業でも調達できる

ファクタリングは、いわゆる「ブラック」と呼ばれるような財務状況の会社でも資金調達できます。

その理由もさっき説明した通り、大事なのは売掛先の支払い能力だからですね。

このように、銀行から借り入れできないような企業でも資金を用意できるのがファクタリングなのです。

ファクタリングのメリット・デメリット

では次に、ファクタリングのデメリット、メリットを紹介します。

>>個人も法人も簡単に資金調達できる「OLTA」がすごい!1万円からと少額OKで、上限なくお金を用意できます

デメリット:手数料が高い

融資の場合は金利1%〜、株を渡してVCから調達する場合は返済すら必要ないので手数料ゼロですが、ファクタリングでは手数料が割高です。

とは言っても、最近はOLTA(オルタ)のように手数料2%〜のサービスもあり、条件はよくなっています。

>>ネット完結!請求書を買取ってくれる「OLTA」で無料登録!その方法を紹介(とても簡単)

なので、こういった点も理解して使うようにしましょう。

デメリット:ファクタリング実績が公にされる場合も

2社間のファクタリングなら、取引先などに使ったことがバレませんが、3社間取引だとバレてしまいます。(その分手数料は安い)

また、3社間取引で債権譲渡登記する場合、その実績を誰でも閲覧できてしまうため、取引先からの印象、銀行など金融機関からの審査に影響がでます。

このように、「2社間か3社間か」というのは大きな問題なのです。

債権譲渡登記にはもちろんメリットあり

ただ、債権譲渡登記をすることで、手数料が安くなるというメリットもあり、その理由は以下の通り。

・債権譲渡登記をする場合、売掛先の企業はファクタリング会社の口座に入金することになる

・この際、ファクタリング会社が売掛金を回収することになり、支払いを拒否されたら裁判所経由で売掛先の資産や預金を差し押さえることも可能に

・結果、焦げ付き(回収できない)リスクを軽減でき、安心な取引ゆえに(調達する側の)手数料も安くなる

>>「起業(独立)したいけど何をすれば?」「アイデアがない、お金がない」と思ってる人向けに対処法書いたよ

メリット:スタートアップでも調達しやすい

書いてきたように、ファクタリングは銀行融資やビジネスローンと比べて調達が簡単で、設立間もない会社でも調達できます。

特に最近は、手数料の安い「AIを活用したファクタリング」が出てきているため、今後スタートアップを中心に利用者が増えていくはず。

>>個人も法人も簡単に資金調達できる「OLTA」がすごい!1万円からと少額OKで、上限なくお金を用意できます

おすすめ事業者はどこ?(口コミあり)

いろいろと調べましたが、やはりOLTAは手数料も安く、使いやすく群抜いておすすめですね。

>>【使ってみた感想】クラウドファクタリングで資金調達するまでにやったこと(審査、必要書類まとめ)

>>中小企業・個人事業主向けの即日ファクタリングまとめ!フリーランスでもOKで来店不要

10年の運営歴と45,000件という実績

あとは、トップマネジメントも歴が長く、社員が顔出しで情報発信しており、信頼できます。

公式サイトでは、内装工事会社(石川県)への即日ファクタリング事例も紹介されており、感想も載ってます。

・外注費と材料代を確保したい

・本日中に外注と材料屋への支払いをしなければ、現場が止まってしまうため、何とか本日中の買取りを希望している

・フェイスタイムというiPhone搭載のテレビ電話で面談した(スカイプやGoogleのmeetでも対応可能)

口コミ「セキュリティ対策もばっちり」

・テレビ電話だと、電話と違い現場とかも見てもらえるので便利

・情報が漏洩しないようISO27001を取得し、社内全体でセキュリティ強化を行っている

・顧客にできる限り手数料負担がかからないように「本当に必要な金額の買取」にとどめてくれる

・「助成金を活用したコスト負担のない資金調達方法」も提案してくれる

・顧客目線でサービス提供している

このように好評なので、トップマネジメントも検討してみましょう。

ネット完結のファクタリングは大丈夫?使った感想も

対面がないと不安な人にオンラインで完結するファクタリングサービスの感想もまとめておきます。

以下、フリーランス向けのファクタリングサービス「FREENANCE」の感想。

(クライアントに)逃げられるとひどく悲しい思いをするので、それなりに不安はあったのだけど、保証してくれるサービスはいい

MF KESSAIの感想、評価

マネーフォワードが運営する「アーリーペイメント」では、以下のような感想が。

ヘビーユーザーもいましたね。

資金繰りをよくするための正しい使い方

ファクタリングは経営改善のために、正しく使いましょう。

>>脱サラしても失敗しにくい仕事(職業)は何か?成功例からおすすめを書いとく

>>自由に生きる!仕事とお金の必須知識10こ(ランキング、求人情報まとめ)

悪徳業者の違法ファクタリングに注意

金融庁からの警告もチェックを。

>>個人がネット起業するには?手続きや必要資金、成功例、助成金についてまとめ

>>「起業(独立)したいけど何をすれば?」「アイデアがない、お金がない」と思ってる人向けに対処法書いたよ

ファクタリングでリスクヘッジを

一なお、国内の取引ではサービスを先に提供してから後で代金を回収するシステムになっており、

代金が払われないリスクがありますが、ファクタリングによって、未回収の売掛金(つけ)に関するリスクを減らせるのです。

※留保金・前払金はほぼないです

※調達方法は他に、日本政策金融公庫の融資、信用保証協会の保証付融資、助成金•補助金などがある

リスクなしの融資サービスもすごい

BASEがリスク無しで即座に資金調達ができるサービスも注目。

スモールビジネスを始めたい人、趣味を副業につなげたい人には、嬉しいですね。

>>スタートアップが銀行融資以外から資金調達する方法!返済不要でおすすめ?

2社間契約の注意点

※2社間契約後、以下のことがあると集金委託業務契約を撤回し、直接売掛先から回収を行うことがあります

・調達側と連絡が一切取れない場合

・ファクタリング事業者が買取りした売掛債権を他社へ2重譲渡したり、使い込んでしまった場合

こうなると、取引先にファクタリングを使ったことがバレるので注意です。

売掛先が倒産しても大丈夫

あと、売掛先が倒産した場合、資金調達できないのでは?と思うかもしれませんが、これは以下の理由から大丈夫なのです。

・そもそもファクタリング事業者は、売掛先企業の調査をした上で買い取りしてる(倒産リスクを含めて実行するか判断)

・つまり、倒産しそうならファクタリングを断る(リスクに応じて手数料を変えている)

※審査費用や更新料などはかかるところとかからないところがあります。(ネット完結で人件費がかかってないと低コストになりがち)

給料ファクタリングは手数料が高い

>>優良?信用できる個人間融資はない!即日・対面で成功のクチコミ、ツイッターやLINE・掲示板の評判は無視しよう

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。