ブログの追尾型サイドバーにSNSリンクを表示する方法


今日は、SNSからのアクセスを伸ばしたい人に向けた記事を書きます。

SNSからのアクセスを伸ばすには?

方法はシンプルでFacebookページ、twitterアカウントのフォロワー、RSS購読者を増やす事です。SNS、RSSで記事を配信する際に、リーチできる人が多ければ多いほど、記事リンクをクリックしてくれる人チャンスが広がるわけですから、この3つをフォローしてもらう事が必須条件となります。では、SNSページをフォローしてもらうにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

フォロワーを増やす方法

SNSページをフォローしてもらうには、ブログの至る所にFBページのいいねボタンやリンクを設置する必要があります。その1つとして本ブログでは追尾型サイドバーを活用しています。

追尾型サイドバーとは、ページのスクロールと共に動いて読み手を追いかけてくるサイドバーの事です。
追尾型サイドバーにfacebookページリンクを設置し、アクセスアップ
これがあれば、読み手は「なんだろう?」と惹きつけられるので、通常のサイドバーよりもクリックしてもらうチャンスが高まります。今回はこのサイドバーをブログに導入する方法を説明していきます。

スポンサーリンク

Stingerを使えば、追尾型を簡単に設置できる

まずは、WordPressテーマの「Stinger」を導入しましょう。こちらの記事でも紹介しましたが、Stingerはスマホ対応もしてくれますし、SEO効果も高いWordPressテンプレートです。運用が楽になりますので、こちらの記事を参考に設置してみてください。

次に、WordPressダッシュボードから「外観」→「ウィジェット」を選択します。
追尾型サイドバーにfacebookページリンクを設置し、アクセスアップ
すると、画面右に「スクロール広告」という箇所があるので、そこにfacebookページやtwitterアカウント、Feedlyのリンクコードを設置します。
コードは以下のテンプレートを利用してください。

追尾型サイドバーにfacebookページリンクを設置し、アクセスアップ
<div id="follow-me">
<table>
  <tr><td style="border:none;"><a href="facebookページのURL" target="_blank" title="Follow ブログで生活したい人に向けた情報源らふらく^^'s public updates"><img src="facebookアイコンのパス"></a>Facebook</li></td>
  <td style="border:none;"><a href="twitterアカウントURL" target="_blank" title="ブログで稼ぎたいと思っている方はTwitterでらふらく^^さんをフォローしましょう"><img src="twitterアイコンのパス"></a>Twitter</td>
  <td style="border:none;"><a href="FeedlyのURL" target="_blank" title="Feeldyでらふらく^^をフォロー"><img src="feedlyアイコンのパス"></a>Feedly</li>
</td>
</tr>
</table>
</div>

これらを貼付ければ、完了です。これでユーザーにfacebookページやtwitterアカウントリンクをクリックしてもらいやすくなり、SNSやRSSからのアクセスアップが見込めます。

まとめ

・SNSからのアクセスアップのために追尾型サイドバーを利用
・追尾型サイドバーはStingerを使えば簡単に導入できる
・導入したばかりで、効果はよくわかっていないが、RSS購読者増につながっているので効果はありそう

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。