起業で失敗が怖い人へ!最初の一歩を踏み出す方法やぼくの1年目の売上などを紹介

起業で失敗が怖い人へ!最初の一歩を踏み出す方法やぼくの1年目の売上などを紹介

どうも。独立(起業)して6年目のタクスズキです。(会社を作って、1人で事業を複数やってる人間です)

この記事では、起業したい人向けに「実は起業って怖くないよ意外とうまくいくよ」ということを書きます。

失敗などが怖くて一歩を踏み出せない人、起業で失敗しないために必要なことを知りたい人は参考にしてください。

記事を読めば、起業に対する誤解が解けて、「低リスクなものでチャレンジしよう」と思えますよ

起業で成功したい人へ

以下、これから書くこと。

起業って実は怖くない(なんとかなる。ぼくの1年目からの売り上げも公開

起業の失敗パターンは決まってるから、その逆をやれば成功する

・怖がりの方が成功する

まずは小さく最初の一歩を踏み出すのが大切

軌道に乗るまで耐えれば、そのあと楽になる

では、それぞれ説明していきます。

スポンサーリンク

起業って実は怖くない

意外かもしれませんが、起業してがんばってれば何とかなります

実際、ぼくも起業(独立)前は「大丈夫かな」とかなりビビってましたが、

毎日淡々とやってたら結果がついてきて、脱サラ前には想像もしなかった売り上げになってます。(伸び続けてます

このように、起業前は不安でも、やることをやってればうまくいくんですね。

>>【副業】月5万円稼ぐ方法33コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

スポンサーリンク

ぼくの1年目からの売り上げも公開

ちなみに、独立して1年目の年商は500万円くらいで、2年目以降どんどん伸びて目標を達成し続けています

このように売り上げを伸ばしてきてわかったのは、目標を高くしておくことが重要ということ。

引き寄せの法則的な感じで、高い目標を紙に書いて、毎日眺めて音読してると、自然と叶っていくんでですよね。(言霊)

なので、起業が不安な人はこういった「おまじない」みたいなことも知っておくといいです。

>>フリーランスの仕事にはこんな種類がありますよリスト(34職種)を作りました

起業の失敗パターンは決まってる

起業をためらってる人は、「失敗パターンを知り、それを回避すれば大丈夫」ということを知りましょう。

実は起業の失敗パターンは以下のように決まっており、これをやらなければ成功確率は上がるのです。

最初からリスクの高い事業に手を出してしまう(例:商売経験のない人が脱サラして、飲食店・カフェを始める

・膨大な資金が必要な事業を無計画に始めてしまう

・何も決めてないのに会社を辞めてしまう

なので、起業する際はこれを反面教師にしましょう

成功する起業のパターン

そして、この逆のことをやれば成功します。(以下、大事なこと)

低リスク・低コスト(理想は0円)で始める

在庫を抱えず、利益率の高い事業をやる

まず小さく始める

・【挫折を回避】いきなり多くの時間をかけない(大きな成果を出そうと思わない)

・会社を辞めずに、まず副業で週末(土曜、日曜)だけやる

実際、ぼくもスタート時はこれを実践しており、ここまできています。

副業で稼いで本業まで育てるのがオススメ

ぼくは副業でブログを始めて、毎日続けていたら本業の収入を越して脱サラできると判断し会社を辞めました。

そして今は副業で始めたサイト運営本業にできています

しかもサイト運営はほぼコストゼロ・リスクゼロでやれて、日々の積み上げが資産になる、すごい事業です。

なので、こういったものを副業で始めて、会社員として安定収入を得ながら、徐々に育てていくといいです。

復業しつつの起業でも全然OK

最近は、企業が副業を容認してますから、プライベートカンパニーを作って副業するのもいいですよね。

>>完全無料で安全な簡単スマホ副業や、ほぼ初期費用なしで月10万以上稼げた複業まとめ

>>自由に働けて個人で稼げる環境が整ってるのになぜ苦しみながら働くの?

怖がりの方が成功する

経験してみてわかりましたが、心配性の方がうまくいきますね。

なぜなら、「不安だな」ということで将来への備えをしっかりするからです。

実際、心配性のぼくは将来何が起きても大丈夫なように、いろんなジャンルの記事を書いてリスクヘッジしてます。

「不安症」は起業家の成功要因

結果、それが成果につながっており、「怖がり」は起業家の成功要因でもあるなと確信してます。

>>小商いで月3万円稼ぐためのアイデア事例や種類、自由に暮らす方法まとめ

まずは小さく最初の一歩を踏み出すのが大切

そして、怖がりな人に言いたいのは、「あなたは大丈夫だから。まず何か始めよ。準備してたって何も変わらないのだから」ということ。

というわけで、こちらもぜひ。

>>新しいことや仕事に挑戦する人の特徴と、行動したい人向けに「勇気が出る名言」まとめとく

貯金しておこう

ぼくは独立前に300万円ほど(1年の生活費)貯金してました。

これがあることで、お金の不安を消せて仕事に集中できたので、こういった備えもおすすめします。

>>【貯金の比較】金利が高いおすすめの銀行やお得な積立定期預金キャンペーン、メリットまとめ

いろんな手法を試そう

そして、うまくいく事業を見つけるためには、いろんなことに手を出すことが大切です。

ぼくはそうやって、自分に合っていて成果も出せる事業を見つけてきました。

>>楽して儲けるのは悪いことじゃない!お金を稼ぐのは楽しいよ!例えば、団子屋、豆腐屋などで

起業のアイデアがない、お金がない人へ

>>「起業(独立)したいけど何をすれば?」「アイデアがない、お金がない」と思ってる人向けに対処法書いたよ

>>脱サラしても失敗しにくい仕事(職業)は何か?成功例からおすすめを書いとく

得意なことだけやろう:撤退する勇気を

あと、いろんなことに手を出してみて、「向いてない。効率悪い」と思ったら、すぐやめるのも大事です。

時間は貴重ですから、テンションの上がらないことや微妙なことに時間を割くのはかなりもったいないです。

軌道に乗るまで耐えれば、そのあと楽になる

なお、独立してからはしんどい時もありましたが、そんな時でも淡々とやってるといい時がきます。

なので、諦めずに努力を続けましょう。

起業していない人の話、ドリームキラーは無視

「起業する」と友達に相談すると、経験したこともない人から「やめとけ」と言われるかもしれませんが、それは無視してOKです。

そんな人の意見なんて全く当てにならないので、相談は経験者にするように。

>>他人の目(評価)を気にしないで行動するために見ておきたい偉人の名言集

>>自分にとっての天職の特徴!見つけ方、「適職」と感じる仕事を知れる無料診断も紹介

起業の怖さを取り除く方法

副業で始めて、ある程度売り上げがたってると、起業しても大丈夫だろうと安心できます。

なので、いきなり会社を辞めて起業せず、事業を育ててから退社しましょう。

※元LINE社長の森川さんの名言も参考に

起業の仕方(手続き方法)

法人設立に必要な作業、かかるお金もチェックしておきましょう。

>>個人がネット起業するには?手続きや必要資金、成功例、助成金についてまとめ

>>独立した方がいい人、起業してはいけない人の特徴!自営業が向いてる人の性格とは?

値切ってくるクライアントは要注意

>>週末OK!プチ起業の種類や個人の成功例、初心者へのおすすめランキング

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。