起業してはいけない人の特徴!自営業が向いてる人・独立した方がいい人の性格とは?

どうも。2014年に個人事業主として独立し、今は会社を経営しているタクスズキです。

この記事では、独立に向いてる人、起業して成功する人の特徴を書きます

会社を辞めて自分で商売をやってみたい、独立して好きなことで収入を得たい人は参考にしてください。

本記事の内容
・脱サラで投資家になるのもあり(働かずに稼げます

起業してはいけない人の特徴

ぼくが30歳で資産1億円を達成できたのは独立したから

・サラリーマンが向いてる人も当然いる

結論、得意なことを見つけて、毎日淡々と努力できる人は独立・起業に向いており成功します

得意なことは以下の診断で見つかるので、サクッとやっておきましょう。

ぼくは得意なことを見つけ、適職についたおかげで、30歳で資産1億円を達成できました

ぼくの収入源は以下の記事で解説してるので、気になる方はチェックしてください

\ 働かず投資でも稼げてます /

ひとりで収入を得る方法まとめ

独立が向いてる人の特徴

これは以下の通り。

独立が向いてる人の特徴
・自分を律する力がある、明確にやりたいことがある

・自分の決断に責任を持てる

ひとりが好きで、没頭できる(これが強みなので、今は投資で働かずに稼げてます)

・誰かの意見にジャマされることなく、すべて自分で意思決定したい

毎日でもやりたい仕事がある

スポンサーリンク

前向きで努力家の人は自営業で成功する

以下の項目も大事です。

自営業で成功する人
前向きで努力家。努力を努力と思わずやれることを見つけてる

・向上心が高い

・自責思考(他人のせいにしない)

リフレッシュするのがうまい(休み方がうまい、いい気分転換のやり方を知ってる)

投資など、自分以外に働いてもらって資産を増やす方法を知ってる

では、それぞれ解説していきます。

自分以外に働いてもらって資産を増やす方法は以下の記事でチェックしましょう

\ 楽にお金を増やしてます /

ほったらかしで稼ぐ方法まとめ

スポンサーリンク

自分を律する力がある

独立すると、会社のように監視の目がありませんから、サボらないよう自分を律する必要があります

毎日やれるように、適度にペースを保って仕事をするのも必要です。

じぶんを律する力、習慣化できる力がある人は独立向いてます

「習慣化の力があるか」などは以下の性格診断をやることでわかります。

自分の性格を知り、得意なことをやることで成果も出せるので、ぜひチェックしておきましょう

自分の決断に責任を持てる

独立すると自由になれますが、自由には責任が伴います。

会社員だと自由さはありませんが、責任を取る必要はなく気楽です。

なので、「責任を取るのは嫌だ。裁量の小さい仕事がしたい。適当に仕事したい」という人には独立が向いてないですね。

明確にやりたいことがある

会社員という安定を捨てでもやりたいことがある、どうしてもやりたいという人は独立した方がいいです。

ぼくはそういう気持ちで脱サラし、うまくいってます。

情熱を持てることをやれば成功するので、挑戦した方がいいですね。

\ 情熱を持てることで成功する /

独立し収入を得る方法まとめ

誰かの意見にジャマされることなく、すべて自分で意思決定したい

あと、わがままな人も独立に向いてますね。

「すべて自分で決断したい(責任は自分で持つから)」という人、会議・ブレストが苦手な人は1人で仕事した方がいいです。

なお、独立資金を得る方法は以下の記事で解説してるので、ぜひチェックしましょう

没頭できる力も必要です

「数字の改善が好き」「投資のチャート分析が好き」のように没頭できる人は独立すると、さらに成果を出せます

ぼくはほったらかし投資に没頭することで、以下のように稼げるようになりました。

限定キャンペーンで53,000円もらえる方法も書いてるので、以下の記事を読んでみてください。

独立して、ほったらかしでお金を増やす方法は以下の記事でまとめてるのでチェックしましょう

前向きで努力家

どんなことがあってもポジティブにとらえて、努力できる人は独立して成果を出せます

ぼくの周りで活躍してる経営者、フリーランスも前向きで楽観的ですね。

努力を努力と思わずやれることを見つけてる

周りから「努力」と思われるようなことをそのつもりなく淡々とやれる人も強いです。

毎日でもやりたい仕事、夢中になれることがあるなら、個人で事業をやった方がいいですね。

夢中になれることは以下の診断で見つかるので、サクッとやっておきましょう

向上心が高い

向上心ある人は高い目標を設定して、どんどん達成していきます。

逆に「現状維持でいいや」という人はぬるくサラリーマンやってた方がいいです。

自責思考(他人のせいにしない)

相手に迷惑をかけられても、自分の非を認め、教訓にできる人も独立向いてます。

どんなことがあっても他人のせいにせず、道を開いていける人はこっち側に来て成功できます

※独立して稼ぐ具体的な方法・職種は以下の記事に書いてるので、チェックしましょう

失敗を気にしない

これも大事ですね。

運がいい人は行動量の多い人で、行動が多いためチャンスを掴み、成功もします

いろいろ試して成功をつかみたい方は以下の記事も読んでおきましょう

いろんな収入を得る方法を知ることで、強みを生かしながら楽しく仕事ができます

\ 働かず楽に収入を得てます /

好きなことで稼ぐ方法まとめ

リフレッシュするのがうまい

休み方がうまい、いい気分転換のやり方を知ってる人も起業して成果を出せます。

独立・起業して成功する人の性格・パターン

独立(起業)してうまくいくのは紹介してきたような人たちです。

あと、以下のような成功パターンを知っており、お金稼ぎが上手い人も成功してますね。

個人事業(自営業)ではお金の稼ぎ方

自分で商売して成功したいなら、お金のもらい方やいいお客さんの見つけ方も知りましょう。

起業してはいけない人の特徴

独立(起業)してはいけない人は、紹介したのと逆の人ですね。(つまり、以下の通り)

脱サラしてはいけない人
自分を律する力がない(監視の目がないとサボる、だらだら夜型の生活をする)

・自分の決断に責任を持てない(責任のある仕事をやりたくない。楽に稼ぎたい)

明確にやりたいことがない(今の仕事が嫌だからという理由で、独立に憧れている)

前向きにやれる仕事がないなら独立禁止

起業しないほうがいい人
・他人任せ(自分で成果を出すという発想がない

・ネガティブ

努力を努力と思わずやれることを見つけられてない(仕事は辛いものと思っている)

・向上心が低い

・他責思考(基本的に他人に罪をなすりつける)

こういう人は独立して後悔することになるので、会社員を続けた方がいいですね。

楽な仕事は以下の記事を見ることでわかるので、チェックしておきましょう。

\ 楽で給料のいい仕事を知る /

人気の求人サイトまとめ

サラリーマンが向いてる人も当然いる

あと、「なんとなく仕事してお金が欲しい」という人は会社員が向いてるので、そちらをオススメします。

独立すると毎月の給料は自分で稼ぐ必要がありますが、会社員ならその必要はありません。

利益に直結しない仕事をしてても毎月決まった給料をもらえて、楽なんですよね。

自分の給料以上の利益を会社にもたらしてる人は少数

事務仕事とかをやってる人で、「給料が安い」と不満を漏らしてる人がいますが、その給料に見合った成果を出してる人って少数です。

※事務なら、月20万円の利益を会社にもたらしてる人はいないはず

会社員だと、優秀な会社員が稼いでくれた分を分配してもらえるので、フリーライダー的で楽なのです。

なので、意識の低い人、無気力な人は独立せずサラリーマンを続けた方がいいですね。

\ 楽で給料のいい仕事を知る /

人気の求人サイトまとめ

起業しなくてもいい。やめた方がいい人もいるから

「なぜ起業しない?」と煽る人がいますが、向いてない人もいるので無理して起業する必要はないですね。

「とりあえず起業」のような行動力も大事ですが、時頭の良さも大事なので、行動力バカになるのはよくないです。

※起業した方が儲かるのは事実ですが

【まとめ】起業、フリーランスに向いてる人の特徴

最後に要点をまとめます。

・毎日でもやりたい仕事がある、ひとりが好きな人は独立に向いてる
・前向きで行動力のある人は起業して成功する
・会社員としてなんとなく給料をもらうのもあり

というわけで、自分に合っていることを見つけるために、以下の記事も読んでおきましょう

※以下の記事では、お得なキャンペーンで53,000円もらう方法などを書いてます

\ 好きなことで稼ぐ /

楽にお金を増やす方法などまとめ

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。