看護師も年収800万円〜1000万可能!給料の高い病院の特徴を解説

こんにちは。現役で看護師をやっている20代後半の男です。(都内在住)

看護師の年収ってどうやって上げるんだろう?

「できれば楽に働いて、お給料もいい職場で働きたい

あなたもこのようにお考えですか?

「看護師はお給料が良い」と言われますが、業務内容は決して楽でなく残業も発生しがちで、収入面で満足していない方も多いはず

看護師
また、自分が勤めている職場以外の業務内容やお給料も気になるところですが、なかなか人には聞きにくいですよね。

というわけで、この記事では看護師が年収を上げていくための方法や、人に聞きにくいお給料の話を書いていきます

ぜひあなたのお給料アップや将来設計の参考にしてくださいね。

看護師
結論、美容外科なら年収1000万円を超えます

楽にゆるく稼ぎたいならルーティンワークの多い以下の仕事がおすすめです。

・「有料老人ホーム」「透析クリニック」「治験コーディネーター

こういった求人は以下の人気サイトで知れるため、年収などを見ておきましょう!

お給料の高い看護師の特徴

まずはお給料の高い看護師の特徴をみていきましょう!

実は夜勤や残業代がなくても、お給料の高い職場があります。

高収入であるからといって、必ずしも忙しく働いているわけではなく、職場によってはむしろ比較的楽に働けるケースも

また、キャリアアップによって収入を上げられるので、仕事のやりがいアップにもつながります。

スポンサーリンク

基本給や手当の高い病院、地域に勤めている

お給料の良い病院の特徴は規模が大きいことです。

特に私立大学病院はお給料の水準が高い傾向にあります。

看護師
また、働く地域もお給料を左右する大切な要素です。

スポンサーリンク

地域によって100万円以上の収入差がある

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、

最も平均年収の高い京都府が541.4万円であるのに対し、最も平均年収が低い宮崎県は395.9万円となっています。

地域によって100万円以上の差があるのは驚きですよね!

看護師
首都圏や関西圏が高収入で、東北・四国・九州は年収が低い傾向にあります。

同じ内容の仕事をするなら、できるだけ基本給や手当の高い病院、地域で働いた方がお得ですね。

【手当】専門・認定看護師の資格を持っている

専門・認定看護師の資格を保持していると、病院によっては手当がつきお給料がアップします。

看護師
手当の金額は病院によって異なりますが、参考例としてあげるなら専門看護師5,000円/月、認定看護師3,000円/月といった感じです。

もちろん、専門・認定看護師の資格を取得するメリットはお給料の面だけではありません。

資格をとれば給料がアップします

高度な知識やスキルを身につけることができたり、やりがいの大きい仕事を任せられたりといったメリットもあります

看護師
資格を取得するまでの道のりは険しいですが、挑戦してみる価値ありですよ!

師長・部長クラスの役職がある

日本看護協会の調査によると看護師長の平均基本給が37.1万円、看護部長になると平均基本給が42.7万円となっています。

看護師
基本給でこの金額なので、諸々の手当なども考えると、なかなかのお給料になりそうですね!

もちろん、管理職としてのスキルや責任は伴いますが、

看護師としても社会人としても大きく成長する機会だと前向きに捉えることもできるでしょう。

給料が高い人は自信がある

また、「でも、私なんかが師長や部長なんて能力不足だ・・・。」と、諦めている方はもったいないです。

看護師
同じく日本看護協会の調査によると、看護師長や看護部長への昇進のきっかけで「ポストの空き」が52.5%と半数を超えています

つまり、管理職になるためには能力や信頼も必要ですが、

上司の退職によって思わぬタイミングで昇格できることも十分にありえますよ。

美容系は若くして高給取りになれる可能性も

美容外科や美容皮膚科といった、いわゆる美容系クリニックの看護師は高給取りだという噂は耳にしたことがあるかもしれません。

看護師
噂のとおり、美容系クリニックはお給料が高い傾向にあります。

日勤だけで夜勤がない上、患者さんの急変や緊急対応などもほとんどないので落ち着いて

自分のペースで仕事ができるのが嬉しいポイント。

歩合で年収1,000万円も可能

接客が得意な人であれば、美容品の販売のインセンティブによって年収1,000万円を目指すことも可能です。

さらに、社員割制度のあるクリニックに勤めれば、日頃自分が使う化粧品もお得に手に入るので節約にもなります。

看護師のお給料について人に聞けないこと

ただ、お金の話ってなかなか人には聞きにくいですよね。

看護師
特に同じ看護師さん同士だと、仕事内容やお給料の比較がしやすくなってしまうので、なおさらでしょう。

しかし、お給料は働く上で大切な要素であり、仕事内容も楽であるに越したことはありませんよね

というわけで次に、看護師のお給料について、人に聞きにくいことをこっそりお伝えしちゃいます

看護師の平均年収:500万円〜600万円

先に看護師の年収について少し触れましたが、厚生労働省の調査によると看護師の平均年収はおよそ478万円とされています。

性別によるお給料の差はほとんどありませんが、

年齢は50代までは上がっていくにつれて、年収も上がっていく傾向があります。

看護師
こうなるのは、昇給に加え、家族手当や役職手当がもらえるようになるからです。

60代以降は夜勤に入れなくなったり、フルタイムでの勤務が難しくなったりすることから収入も減少する傾向にあります。

体力的にきつくなる前に稼いでおきたい

看護師の年収は景気に左右されにくいのも特徴です。

2008年のリーマン・ショックという世界的不況や、

ここ数年の好景気の影響をほとんど受けることなく、横ばいに推移しています

業務内容がハードで責任も伴うことは言うまでもありませんよね。

看護師
看護師の年収が業務内容と釣り合っているかと言われると、判断に悩むところです。

年収800万円~1,000万円の看護師は存在するのか?

結論から言うと年収800~1,000万円の看護師は存在します

しかし、役職がついていたり、美容系のインセンティブを含んでいたりするので、一般の求人でみかけることはないでしょう。

看護師
意外と非公開求人に穴場なものがあるので、求人サイトをチェックしてみるといいですよ

年収900万円を超える看護師の特徴

年収800~1,000万円の看護師になるためには、以下のことが大事。

・営業スキルを磨く
・管理職になる
・開業看護師になる
看護師
市場価値の高い、つまり他の人には取って代わることのできない看護師になる必要があります。

比較的楽に働けて、お給料もいい職場とは?

看護師の業務内容は職場により大きく異なります。

自分の勤め先以外の実態はなかなか知る機会がないもの。

看護師
楽に働けて、お給料もいい職場があればぜひ知りたいですよね。

現役看護師が語る年収の上げ方

なお、楽な仕事の割に給料も良いと言われているのは以下の職場です。

・有料老人ホーム
・透析クリニック
・治験コーディネーター

これらの職場の共通点は、「ルーティーンワークが多い」「力仕事が少ない」「比較的落ち着いている」ということです。

看護師
お給料も高い傾向にありますので、家庭やプライベートとのバランスを考えて仕事をしたい方におすすめですよ。

パート(バイト)看護師の年収はいくら?

パートとして働く看護師は働く時間が人により異なりますので、年収よりも時給で考えるべきでしょう。

パートの看護師の時給にも地域差はありますが、一般的なアルバイトと比較すると高い時給水準にあります。

都内であれば、時給2,000~2,500円の求人や30,000円/回の夜勤の求人も見かけますので、

パートでもしっかり稼ぐことが可能です!

看護師
とは言え、やはり常勤の看護師と比較すると手当や税金、保険料の面で不利になりがち。

ワークライフバランスやお給料を天秤にかけて、働き方を選んでいきたいですね。

まとめ:看護師でも給料は増やせる

いかがでしたか?

看護師
看護師が年収を上げていくための方法や、人に聞きにくいお給料の話をお伝えしました。

今後のあなたの働き方や、キャリア形成のお役に立てれば幸いです。

小遣い稼ぎして月収50万円いく?

精神科、美容外科の男性の給料は?

最近、男性看護師は精神科や救命に配属…なんて時代錯誤なことはないよ。

訪問看護師、保健師婦長で月収50万いける?

大卒の看護師で年収2000万?

この記事を書いた人のTwitterアカウント

ツイートをまず見てみる>>@TwinTKchan
フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ方法、投資でお金を増やす情報が手に入ります。

【無料】ブログで収入を得る方法をメルマガで配信中

知識0から「ブログで収入を得る方法」を学べるメルマガ
メールアドレス
YouTubeでも無料で学べます!

>>チャンネル登録はこちらから

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。