「VPSなにそれ?」って人向けのサーバー知識。さくらを借りたついでに。

公開日: : 最終更新日:2015/08/02 Ruby on Rails, エンジニア時代のプログラミング開発メモ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さくらのVPSを借りてみました。
とりあえず、これからはサーバーの勉強をしていきます。

VPSとは何か?

バーチャル・プライベート・サーバ(略称:VPS)とは、一台の物理的なサーバコンピュータ上で仮想的なサーバコンピュータを何台も起動する技術(仮想機械; Virtual Machine)によってつくられた仮想的なサーバコンピュータである。

引用元:バーチャル・プライベート・サーバ

つまり、実際は1台のサーバーしかないんだけど、技術を使って何台も動いているかのように使えるという事ですね。
サーバーは1台だけでも、何台もあるように様々な人がいじれたり、いろんな処理をさせる事ができる便利なものです。
以下の図はイメージ。

出典:アルナVPS(専有サーバー)
図があると、わかりやすいですよね。

スポンサーリンク

なんでVPSなの?

では、なぜVPSが必要なのでしょうか?
ロリポップのようなレンタルサーバー(共用サーバー)でもいい気がします。
これは用途によって違うのですが、個人で簡単に始めるブログなどであれば問題ないのですが、
サービス公開用にサーバーを借りていろいろいじりたい場合や
アクセスが集中したときに受ける影響を考慮すると、VPSが非常に便利なのです。

サービス公開用に専用サーバーを利用しようとすると、高度な知識が必要でハードルが高くなってしまいます。
しかし、VPSではある程度の部分は提供してくれるサーバー会社がやってくれるので、そこまでハードルが高くないのです。
つまり、VPSは気軽に始められる「共用サーバー」とプロ向けの「専用サーバー」のいいとこ取りをしている素晴らしいサーバーなのです。

今まで説明した部分はこの図がピンときます。


出典:共用サーバー、専用サーバーとの比較

この図は記事を書いているときに見つけたラピッドサイトというサーバー会社です。
仕事でレンタルサーバーを使う人にとって定番になっているようです。
ラピッドサイトのVPSは、共用サーバーのような手軽さと、専用サーバーのような自由度、
安定性を併せ持ったVPS(仮想専用サーバー)で、ビジネス向けに特化し、安定性、速度、サポートに定評があります。
サーバーの初期構築やアプリケーションのインストールが済んだ状態でレンタルできるので、
私のような初心者でもすぐに簡単に使うことができるのです。
ビジネス向けなので、さくらよりも値段は張りますが、仕事向けにがっちり使ってみたい方にはぴったりのサーバーと言えます。

スポンサーリンク

さくらのVPS

今回、私が利用したさくらのVPSは月額980円の1Gプランです。
今クレジットカード払いで申し込めば、2週間無料で使う事ができますので、申し込みはお早めに!

これだけは言わせてくれ

とりあえず、がんばるぞーー!
学んだ事の報告は逐一していく予定。

これを見ながら勉強します。

筆者Twitterアカウント

フォローいただければ、最新記事や、ブログで稼ぐ、アクセスを集める方法などをタイムラインにお届けします。

仕事で悩む人から人気の記事

ブログ「らふらく」を購読する→follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログで稼ぐ方法をまとめてます

関連記事はこちらからどうぞ!

いつもシェア感謝です!今回もぜひ

このエントリーをはてなブックマークに追加
※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!
SNSでも自分の得意なことで収入を得る方法を発信しています。フォローすれば更新をチェックできますので、ぜひフォローを。
仕事依頼などのお問い合わせは「iwgp545@yahoo.co.jp」か、「TwitterのDM」、「Facebookのメッセージ」からお願いします。

SNSでフォローしてお金を稼ぐための情報を受け取ろう
LINE@で友達追加(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード読み取り)
ブログで生活しているタクスズキと申します。「好きなことを仕事に」を当たり前にする活動をしています。よく「真面目」と言われる89世代の意識高い系です。 スズキについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
仕事のご依頼(広告掲載、記事寄稿など)はiwgp545@yahoo.co.jpからお願いします!